『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(試写会)

February 21 [Tue], 2012, 2:01
'12.02.10 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(試写会)@よみうりホール

rose_chocolatさんのお誘い。自分でも応募したけどハズレ 見たかったのでうれしい♪ ありがとうございました!

*ネタバレありです!

「9.11で父親を亡くしたオスカー。ある日、父のクローゼットから古い鍵を見つける。鍵が入っていた封筒には"Black"の文字。鍵にはきっとピッタリの鍵穴があるはず! オスカーはNew York中のBlackさんの中から、鍵穴を知る人物を探し始める・・・」という話。これは良かった。ジョナサン・サフラン・フォアの同名小説の映画化。原作は未読。どのくらい原作に忠実なのか不明だけど。とにかくオスカーが健気で泣けた。

実は、この作品の脚本家エリック・ロスとは何となく合わないものを感じていた。といっても見たのは『フォレスト・ガンプ』と『ベンジャミン・バトン』だけなので、一概には言えないのだけど、障害を持つ主人公が明るく健気に生きる姿や、彼らを温かく見守る人々を、おとぎ話的に描きつつ、反戦などの社会的メッセージを絡めてくる感じが、なんとなくあざとく感じてしまって・・・ 嫌な感じの人は出てきても、基本的にはいい人しか出てこないキレイなまとまり方も・・・ うーん。ごめんなさい 悪い人に出てきて欲しいわけじゃないし、おとぎ話的語り口も嫌いじゃない。軽いタッチで社会的メッセージや重いテーマを語る作品も好き。でも、何となく優等生っぽいというか・・・ 上手いし、見ている間は楽しいし、感動もしている。決して嫌いなわけじゃない。2時間超の作品も飽きることなく見れる。でも、あまり心に残らない・・・ とにかく、何となく合わないとしか言いようが無く、本当にこれはあくまで個人的な好みの問題。なので、決して前述の2作品がダメなわけでも、彼の脚本がダメと言っているわけでもありません! で、つらつら何が言いたいかといえば、今作はとても良かったということ。

今作の主人公オスカーは、頭は良いけど、人とコミュニケーションを取るのが苦手。アスペルガー症候群の検査を受けたことがあり、不確定と診断されたとのこと。アスペルガー症候群については、『モーツァルトとクジラ』『親愛なるきみへ』でも少し触れたと思うけど、「知的障害のない自閉症」と言われることが多い。主にコミュニケーションに問題があるが、知能が高く、ある分野に突出した才能を発揮する場合もあるらしい。でも、医学的には未整理である部分が多いのだそう。とっても難しいので詳しくはWikipediaで!(笑) オスカーは不確定。不確定とはその可能性があるのか、ないのか・・・ ただ、彼が人とコミュニケーションを取るのが苦手であることは、生前の父親がとても心配していて、New Yorkにかつて存在した第6区探しゲームをさせることにより、人とコミュニケーションと取るようにさせていたことから、事故によるトラウマだけではないことが分る。この探検ごっこがとてもよく考えられていて、少年が夢中になるのがよく分る。見ている側も本当に第6区が存在したんじゃないかと思ってしまう(笑)

このエピソードについては、オスカーがクローゼットで鍵を見つけた時、父の残した新たな謎だと思い込む伏線になっているし、彼がBlackさんを探す行為を冒険としてとらえていることに説得力がある。彼はこの冒険を楽しみたいと思っているわけではないけど、自分に与えられたタスクだと思っているのではないだろうか・・・ もちろん、やり遂げても父親が戻って来ないことは分っていると思うけれど。彼がアスペルガー症候群であるかどうかは別として、感受性が強過ぎるのは確か。感受性が強いと美しいものをたくさん見ることが出来るけれど、反面見たくないものも見てしまう。大人になって自分の感情を上手く出せるようになると、少し楽になるけど、自分の中に湧き上がった感情や思考が、自分でもコントロールできない子供の頃は、実は結構辛い 自分の中では思っていることがたくさんあって、ちゃんと全部分っているのに、言葉を知らないから、自分の思いを上手く伝えられず誤解されてしまう・・・ まぁ、子供の頃は誰でもそういう部分はあると思うのだけど、またちょっと違う。自分を例に取るとなんだかいやらしいけれど、実はblogを書くようになってすごく楽しくて、人ともコミュニケーションが取りやすくなったような気がする。と、書くと大げさで、何だか作家気取りみたいだけど、こんな拙いblogでも自分の思ったことを書くというのは、感じたことを整理できるし、それがどうすれば人に伝わるか一生懸命考えることは、実生活でコミュニケーションを取ることに役立っている気もする。って、自分のことはいいですね・・・(o´ェ`o)ゞ

オスカーはBlackさんを探す計画に夢中になる。子供の頃って基地を作ってみたり、自分ルールを作ったりするの好きだけど、オスカーはそれがハンパない! 徹夜でNew York中のBlackさんをピックアップ。地区ごとに分類。地図に印をつけて、1日で何件周るかペース配分を考える。正確な数は忘れちゃったけど450件近くあったんじゃないかな・・・ 1人1人カードにして分類したりして楽しい! こういう細かい作業好き 途中でキーッてなっちゃったりするけど(笑) とにかく、オスカーのこの準備作業がポップでかわいい! いくらオスカーが頭が良くても、クォリティー高過ぎでしょと思うけど、見ていて楽しいのでOK。納戸の秘密の部屋も好きだった。こういう感覚分る。自分で考えてしっかり荷造りして、リュック背負って出掛ける姿が、甥っ子1号(7歳)に重なっちゃって・・・ そう・・・ 書こうか迷ったんだけど、オスカーと甥っ子1号は似てる。もちろん甥っ子1号はアスペルガー症候群ではないけれど、やっぱり感受性が強過ぎるタイプで、自分の感情を持て余すところがある。オスカーのようにタンバリンで心を落ち着けなければならないというようなことはないけど、自分の思いが上手く伝えられないから「僕なんか・・・」ってなっている姿が見ていて辛い でも、自分で乗り越えないとね・・・ 最近あまりしないけど、こういう分類とか好きでよくしてた。何十冊も本を出版したり(笑) 自分のベッドを秘密基地にしたり。記憶力がすごくて1度見ただけで、完璧にお墓描いたりしてた。もちろんクォリティーは高くないけど・・・ また話がそれた(笑)

オスカーは初めての訪問で、ある黒人女性と出会う。彼女は精一杯優しく対応してくれるけど、今まさに夫が家を出て行こうとしている。彼女と夫は後に重要な役割を担い、オスカーも彼らに重要な影響を与える。こういうことがコミュニケーションの醍醐味なのでしょう。オスカーのBlackさん訪問の旅は、時々失敗もあるけど概ね好意をもって迎えられる。実は密かにあるミッションが進行していて、感動エピソードではあるのだけど、いつの間にっていう気がしないでもない(笑) ネタばらしは後ほど行われるので、この時点では見ている側も何も知らない。オスカーは「9.11で父親を亡くして・・・」と自己紹介するので、こんな言い方はどうかと思うけれど、ある種のキーワード的な感じなのかもしれない。当時、直接テロの被害に合っていなくても、アメリカ国民が悲しみを分かちあっていたのだと思う。だから、オスカーがそう自己紹介するたび、ハグしてくれる彼らの姿に説得力がある。

9.11については、ワールド・トレード・センターに偶然居合わせてしまった父からの留守番電話と、自分のオフィス・ビルの窓から夫の居るWTCを見守ることしか出来ない母の姿、そしてテレビのニュース映像で見せる。これは9.11そのものを描くのではなく、偶然そこに居合わせてしまったために、被害者となった家族の話。死を覚悟した父親が一番辛かったとは思うけれど、大切な人がそこに居ると分っているのに、何もできずにいた家族も辛い・・・ 何もできなかったのは仕方のないこと、でも自分を責めてしまうのだろうな・・・ 父親からの留守番電話は6回。6回目を聞いたのはオスカーだけ。これは辛かった・・・ 彼には勇気が足りなかったかもしれない。でも、誰も彼を責められない。あの日、こんな思いをした子供達は他にもたくさんいたかもしれない。テロ実行犯も、指示した人物も、犠牲者や彼らの家族の顔も知らない。やり切れない・・・ 9.11のこと自体の善悪は声高に語ってはいない。だから余計に響いてくる。この描き方は良かったと思う。

で、もう一人重要な人物が登場する。オスカーの向かいのマンションに住む祖母の家の間借人。彼は過去のある出来事により失語症になってしまった老人。偏屈だから気をつけてと言われて怖がるオスカー。オスカーと祖母との距離感も良かった。オスカーのベッドから祖母のベッドが見える。電話で話したり、光で合図したりカワイイ。どうしても祖母が起きてくれなかった夜、間借人から光のコンタクト。間借人を訪ねて筆談。間借人は一緒に鍵穴を探そうと言ってくる。この時点で見ている側には間借人が誰なのか分る。2人の感じがまた・・・ 自分の父親は口ベタで感情表現の下手な人だった。決して怖い人でも癇癪持ちでもなかったので、上手く愛情表現出来ず威張ってしまう日本オヤジではなかったけれど。愛情表現はとんでもなく下手だった。間借人とオスカーの姿が、甥っ子1号と自分の父親に重なる。時にコミカルに描かれる感受性豊か過ぎるオスカーのルールや、感情表現に戸惑う間借人。おかしくもあり切ない。オスカーもすぐに間借人の正体に気づく。その気づき方もいい。オスカーはある日、留守番電話の6回目を間借人に聞かせようとする。一緒に受け止めて欲しかったから・・・ でも、間借人には受け止めきれない。ここの2人の演技は素晴らしい!

オスカー最大の傷。6回目の留守番電話は意外な人物が受け止めることになる。これも良かったと思う。同じ痛みを抱えている家族だと、お互い辛過ぎて受止めきれないかもしれない。でも、第三者ならば受け止められるし、それが自身の癒しとなることもある。この辺りちょっとおとぎ話的ではあるけれど、オスカーの鍵は、持ち主の鍵を開けたし、オスカー自身の鍵も開けた。そして、彼自身を受け止めてくれる存在に気づく。心を開けばコミュニケーションを取ることはそんなに難しいことじゃない。

キャストが豪華。父親にトム・ハンクス。実はエリック・ロスとほぼ同じ理由でちょっと苦手。上手いので感動するけど、ちょっと優等生っぽい感じで・・・ この映画もトム・ハンクスがもっと前面に出てたら、個人的に印象違ったかも。ごめんなさい あくまで個人的な好みです! でも、この映画の登場の割合はすごく良かった。少ない出番ながらも、しっかり印象を残す。父親がちゃんと自分を見てくれている、愛してくれていることがオスカーに伝わってる感じ。やっぱり上手い!(←フォローじゃなく本心) 母親のサンドラ・ブロックも良かった。自身も傷を抱えていること、夫とオスカーとの結びつきなど、彼女自身がオスカーに接することに臆病になっている感じが伝わってきた。前半ちょっとかわいそうだけど、後半感動エピソードが! ちょっと盛り過ぎな気もするけど、サンドラなら出来る気がする(笑) ジェフリー・ライトも良かった。彼になら話せちゃう気持ち分る。間借人のマックス・フォン・シドーが素晴らしい! 失語症の役なので一言も話さない。なのにちゃんと感情が伝わってくる。愛情表現が下手過ぎて、かわいくてしかたがないのに表現できない・・・ 大げさな表情をするわけではなく、むしろ無表情なのに全部伝わる。イヤ、もう画面に居るだけでスゴイ存在感はさすが! 素晴らしい!

でも、この映画は何と言ってもオスカーのトーマス・ホーンくん! 実はクイズ番組に出演していたところをプロデューサーに発見されたそうで、何と演技は初めて。初めてでこの演技はスゴイ! 繊細で、頭の回転が早く、感受性が豊か過ぎる彼の、心の支えであり、感情を上手く吐き出させてくれた父親を失った悲しみ。その悲しみすら、ある事のために出すことができない。その辛さゆえバランスを崩したり、自傷行為をしてしまったり・・・ ちょっと背中を押したら崩れちゃいそうな危うさ。でも、鍵に思いを託して進む姿。リュック背負って、タンバリンを持って間借人と歩く後ろ姿がいい。感情のコントロールが出来ないから、時々キレてしまって厄介といえばそうだけど、それすら彼の感受性の豊かさゆえと思えてしまう。よく彼を見つけてくれました! プロデューサーGJ 子役出身はなかなか難しいと思うけど、彼にはこのままいい役者になって欲しい。

オスカーの部屋のデザインが好き。彼が好きなものを集めた感じ。訪ねたBlackさんの写真などをコラージュするスクラップ・ブックもカワイイ! ポップなオスカーに黒ずくめの間借人という画もいい。怖がって乗れなかったブランコを思い切り漕ぐオスカー。このラストいい。彼は冒険をして勇気を手に入れた。

そう、これちょっとロールプレイング・ゲームっぽいかも・・・ だから、おとぎ話的な感じやポップな感じがすごく合う。『リトル・ダンサー』のスティーブン・ダルトリー監督だけに少年を描くの上手い! 英語タイトルそのまま日本語にした邦題も(・∀・)イイ!!

3.11で傷ついた日本。勇気をもらえる映画! オススメ!

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』Official site
  • URL:http://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/1682
Trackback
Trackback URL



 ネットでは感動したという書込が多く、評判上々の作品、ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのレビュー記事です。。
よしなしごと  July 25 [Wed], 2012, 23:15


あの日は、TVのチャンネルがどこもビルの崩壊を映していて異様に思っていた。何が起きたのかよくわからなかったし、テロだといわれても実感がなかった。幸い知り合いも誰もいないので切羽詰まった心配をすることはなかったが、歴史に残る大惨事となってしまった。
誰にでも必ず訪れる大切な人の理不尽な死は、受け入れ難いもの。9.11同時多発テロで父を失った神経恐怖症ぎみのオスカーは、謎の鍵が父からのメッセージだと思い込み、その鍵がどこの鍵のものなのか探すというストーリーだ。
序盤の少年は、傍若無人で悲劇のヒーローを気取ってすらある。母親に向かって母親が父親の代わりに死ねばよかったとも言う始末。それが本心であることを母親もが知っている。オスカーにとって父親は誰よりも大切な人だったから。しかし彼が心の底から叫んでいた嫌いな物が全部9.11繋がりだというのは切なくなりましたね、人々の心に与えた衝撃は大人も子供も変わらないんだって。
オスカーがマックス・フォン・シドーさん演じる間借り人の老人と出会ってからが面白くなる。ブラックと鍵の封筒に書いてあったことから市内のブラックさん宅へと足を運ぶオスカーと老人。間借り人...
いやいやえん  June 23 [Sat], 2012, 19:48
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE/11年/米/129分/ドラマ/劇場公開(2012/02/18)
?監督?
スティーヴン・ダルドリー
?原作?
ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

?出演?
*トム・ハンクス…トーマス・シェル
過去出演...
銀幕大帝α  June 20 [Wed], 2012, 4:11
★★★★★“たくさんの人との出会いを通じて父の死を受け入れる少年と、さりげなく寄り添う母親の愛情に感動です”予告などの告知を見ていないので何の予備知識もなく、タイトルだけで観に行ってしまいました。(映画を観る前は劇場で上映される予告編を見る程度で前もっていろいろ調べたりとかはしないことが多いです) タイトルを見たときに最近のコメディー系のライトノベルによくあるようなタイトルだなと思ったことから、笑える感じのコメディーだと勝手に思っていたら、いい意味で全く正反対でした。 しかもオスカーが言う“最悪の日...
映画とライトノベルな日常自販機  March 12 [Mon], 2012, 17:18
主人公は9・11で父親を亡くした少年オスカー。 タイトルの「ものすごくうるさくて
はらやんの映画徒然草  March 11 [Sun], 2012, 22:31
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。

(1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。

 ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言えるで...
映画的・絵画的・音楽的  March 11 [Sun], 2012, 8:07
過去、鑑賞中に一番泣いた映画は何かと言うと、間違いなく『リトル・ダンサー』という作品です。
イギリスの炭坑街出身のバレエ・ダンサー、ビリー・エリオットを描いた、スティーヴン・ダルドリー監督作です。

単純に“悲しい”とか“感動する”という感情とも違うのですが、




『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』---EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE---2011年(アメリカ)監督:スティーヴン・ダルドリー
出演:トム・ハンクス 、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー 、ヴァイオラ・デイヴィ...
こんな映画見ました?  March 05 [Mon], 2012, 23:40
素晴らしい映画。半分以上は泣きながら観ていたと思う。
或る日の出来事  February 29 [Wed], 2012, 23:06
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」★★★★
トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、
ジェームス・ガンドルフィーニ、ゾーイ・コールドウェル出演

スティーヴン・ダルドリー監督、
129分、2012年2月18日公開
2011,アメリカ,ワーナー・ブラザース
(原題:Extremely Loud and Incredibly Close )





<リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい←


「この映画はアメリカでなら『9.11』
我が国日本でなら『大震災3.11』以後と以前では
同じ様な映画が作られたとしても
感じ方は随分違ったと思う、
もし、そんなことが起こったら・・・という
仮定で語られるものじゃなく
自分達は人災も天災も起こってしまうこと、
その事実を痛いほど分かっているから」


主人公は9歳の少年オスカー(トーマス・ホーン)、
彼は父親(トム・ハンクス)とのゲームに夢中だった、
父親の示唆する僅かなヒントから
目的のものを探すゲームには
マンションの向かいに住むおばあちゃんも駆り出され
人付き合いの苦手なオスカーは
ゲームのなかで他人と触れあう...
soramove  February 25 [Sat], 2012, 23:02


□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー...
京の昼寝?♪  February 25 [Sat], 2012, 9:08
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...
映画のブログ  February 24 [Fri], 2012, 22:10
注・内容、台詞に触れています。ジョナサン・サフラン・フォアの小説をスティーブン・ダルドリー監督が映画化『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』出演はトーマス・ホーン、トム・ハンクス、サンドラ・ブロ
映画雑記・COLOR of CINEMA  February 23 [Thu], 2012, 22:41
ブランコを思い切りこいで飛ぼう  公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/extremelyloudandincrediblyclose原作: ものすごくうるさくて、あり
風に吹かれて  February 23 [Thu], 2012, 18:51
[ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード
 トム・ハンクス&サンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・ブラザース)。最初タイトルを聞いた時には『これ、一体何の映画??』なんて思ったりしたんですが、いやいやどうして、なかなかの感動作でございましたよ。しかし、このタイトルは憶えられんな〜(^^;。


 9.11のアメリカ同時多発テロで突然、最愛の父・トーマス(トム・ハンクス)を亡くした少年・オスカー(トーマス・ホーン)は、母・リンダ(サンドラ・ブロック)とも上手く向き合えなくなり、深い...
シネマ親父の“日々是妄言”  February 22 [Wed], 2012, 11:21





 EXTREMELY LOUD
 AND
 INCREDIBLY CLOSE

 "Are you there?"

 2001年、NY。9歳の少年オスカー(トーマス・ホーン)は、最愛の父(トム・ハ
ンクス)を9.11テロで亡くす。一年後、オ...
真紅のthinkingdays  February 22 [Wed], 2012, 10:05


ランキングクリックしてね &larr;please click


アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年の希望と再生を描いたジョナサン・サフラン・フォアの
2005年に発表されたベストセラーを、
「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」のスティ...
我想一個人映画美的女人blog  February 22 [Wed], 2012, 9:56


原題: EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE
監督: スティーヴン・ダルドリー
出演: トム・ハンクス 、サンドラ・ブロック 、トーマス・ホーン 、マックス・フォン・シドー 、ヴィオラ・デイヴィス
試写会場: よみうりホール [2012年2月18日公開]

公式サイ...
Nice One!! @goo  February 22 [Wed], 2012, 6:16
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>q サマ

9.11のことはあえて善悪は語らず、描いているのがよかったね。
間借人とオスカーの関係は良かった!
マックス・フォン・シドーはさすがの存在感だった。

そうか・・・ 辛い体験だったね・・・
February 27 [Mon], 2012, 1:08
ボクからのてがみ
ねぇmaruちゃん
パパがくれたボクの部屋、観た?
アイデンティティで溢れてたでしょ〜
ボクね「パパの鍵」を探して いっぱいの事と出会ったよ
心の旅。これからのボク。色々と拾って来た
落とさないように・・・気をつけなくちゃ
maruちゃん
痛みには愛がある証拠だね
ねぇねぇ!パパは、あの鍵でママのハートも開けたの?
ふふふん♪ボクのママすげーでしょ
うわー大変!沢山の「I love you」をママにプレゼントだよねっ
愛があるのは優しくて強いからなの?
ボクね。怖くてふかふかであたたかくて
しあわせって思うんだ
.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*
具体的な「主題」はあえてボヤかして
観た人それぞれ。ってコトかなぁ
マックス・フォン・シドー 超超素敵過ぎ
もーマックス様目線だったのだーっ
9.11ではnyっ子の幼友達を何人も失くしたから
フクザツだったなぁ・・・
February 22 [Wed], 2012, 22:16
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
http://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新記事 ・
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月15日)
アイコン画像rose_chocolat
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月13日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる