『トゥルー・グリット』

March 20 [Sun], 2011, 23:55
'11.03.10 『トゥルー・グリット』(試写会)@一ツ橋ホール

yaplog!で当選。見たかったコレ! 試写状届いた瞬間ガッツポーズだった!

*ネタバレありです!

「父親を雇い人チェイニーに殺されたマティは、アル中保安官コグバーンを雇う。テキサス・レンジャーのラビーフも加わり彼を追う…」 という話。これは面白かった。王道な展開で、冒頭マティの父親が殺されたと伝えられるだけで、特に大きな出来事も起きないけれど、約2時間の長さも感じさせない。じんわりと感動できて見応えのある作品となっていた。

1968年に連載開始されたチャールズ・ボーティスの同名小説が原作。翌1969年にはジョン・ウェイン主演で映画化されているけど、これは未見。true gritとは"真の勇気"という意味。監督はコーエン兄弟。彼らの作品は『ファーゴ』『ビッグ・リボウスキ』『バーバー』『ノーカントリー』を見た。すごいファンという感じではないけれど、見た作品はみんな好きだった。1番好きなのは『ファーゴ』かなぁ… ブシェミ出てるからね(笑) 今回の主演はジェフ・ブリッジス。『ビッグ・リボウスキ』でも主演だった。オリジナルの主演ジョン・ウェインといえば往年の名優で、もちろん知っているけど、作品を見た覚えがあまりない。たぶん、見てはいると思うけれど… ということで、つらつら書いて何が言いたいかというと、原作・前作にあまり思い入れがないけど、コーエン兄弟作品には少しありますということ。だから何という感じですが(笑)

西部劇は別に嫌いじゃないけど、特に好んで見る方ではない。何となく男くさい気がして…(笑) ジョン・ウェインといえば"西部劇"というイメージ。よく知らないけど(笑)要するにさっきから書いているように"男くさい西部劇"ということ。だからオリジナルはもっと男くさかったのかなという気がする。オリジナルは未見なので、マティがどんな描かれ方なのか不明なのだけど、今作では彼女の視点で描かれる。それがとっても見やすかった気がする。主人公はマティということになるんだと思うけれど、おそらく真の主役はコグバーンなんだと思う。ジェフ・ブリッジスも、実は自分が主役であるというように演じていたと思う。上手く言えないけど…

マティは遠く離れた街から父の遺体を引き取りに1人でやって来た。弁護士からある程度の指示を受けていたとはいえ、ひとくせある男達とも対等あるいは、それ以上に渡り合う。度胸はスゴイけれど、その向こう見ずさは弁護士も呆れるほど。到着した日、ホテル代がないからと、父の他3体の遺体と一緒に葬儀社で寝るなんて、なんてタフ(笑) しかも彼女は14歳! 同じくチェイニーを追うテキサス・レンジャーのラビーフが、寝顔はかわいかったけど、殴りたいくらいムカつく的なことを言っていたけど、ホントにスゴイ。彼女の母は父親と一緒に帰って来るよう言い付けたらしいけれど、彼女はルースターを雇い自分もチェイニーを追うつもり。一度はコグバーンに出し抜かれてしまうけど、馬で駆け、川を渡り必死に追いつく。その必死さと、逞しさにコグバーンも彼女を受け入れる。このマティを演じたヘイリー・スタインフェルドがすごく良くて、生意気過ぎず、健気過ぎず、芯が強く、自分の意志をしっかり持った少女となっている。

コーエン兄弟の作品はまぁまぁ見ている方だと思うけど、これが"コーエン節"だとつかめているのか謎(笑) でも、淡々とした中に暴力やシュールな笑いを盛り込んでいるって感じなのかな… この作品もそう。全体的に結構暴力的だったり、痛いシーンも出てくるのだけど、どこかコミカルな感じ。それに救われている部分もある。居留地に逃げ込んだチェイニーの手がかりを得るために、雑貨店(?)に立ち寄るけれど、店のバルコニーに座る先住民の子供を何故か蹴落とすコグバーン。店を出る時も蹴落とす。実は人種差別的な要素があるのかもしれないけれど、何故かクスリと笑ってしまう。コグバーンなりのコミュニケーションなのかもしれない。3人が追うチェイニーが意外にヘタレでくだらない男なのも皮肉といえる。これは今ではコーエン兄弟作品の常連と言う感じのジョシュ・ブローリンのおかげで、極悪人というよりは無知で考えが足りない男になっていて、滑稽で少し切ない感じがする。その切なさは決してチェイニーに対しての同情ではないのだけど・・・

でも、彼が小者である分、スカッとさせる部分はチェイニーをかくまっていたお尋ね者のネッドとコグバーンの対決シーンとなっている。数としては4対1なので派手さはないけれど、でもやっぱり不利ではある(笑) このネッドが割りと敵ながらカッコイイ。悪漢ながら約束は守るみたいな。まぁ、大好きな池波正太郎先生の「鬼平犯科帖」の”本物”の大盗賊のかっこよさにはかなわないけれど(笑) でも多分、連邦保安官コグバーンの狙いは、このネッドだったのでしょう。まぁ、最終的にはラビーフも加勢するけど、このシーンはかっこよかった。西部劇というと、背中合わせにお互い決められた歩数を歩き、振り返って撃つ1対1の決闘とか、大勢の騎馬隊というイメージだけど、そういう派手さはなかったものの、緊迫感も迫力もあって見応えがあった。

おそらくコーエン兄弟が本当に見せたかったのは、この後なんだと思う。毒ヘビに噛まれて瀕死の状態のマティを救うため、コグバーンはマティの愛馬リトル・ブラッキーを全速力で駆けさせる。馬が限界だと思えばその体にナイフを突き立てて走らせる。とうとう馬が倒れると、自らマティを抱えて走る! ここで生きてくるのが、前半部分でマティが彼を初めて見た裁判シーン。犯罪者とはいえ殺し過ぎるのではないかと裁かれていた。コグバーンは正当防衛を主張していたけれど、見ている側にも印象は悪い。でも彼は今、救うべき命を必死で救おうとしている。それは彼が正しかったということではなくて、おそらく彼の中で何かが変わったという事なんだと思う。そして、その彼の必死さによって、リトル・ブラッキーを心配するマティと、同じ気持ちで見ていた側の甘さを思い知らされる。”生きる”ということ”生き抜く”ということは、そういう事なのだということ。リトル・ブラッキーの犠牲の上にマティは生きることになる。もちろんそれは誰かを犠牲にしてまで生きろということではない。それだけ命は重いということ。この事実自体は重いのに、映し出される映像は美しい星空の下、何もない砂漠を走り抜ける2人と1頭の姿。説明過多じゃなくてもしっかり伝わる。だからこそ伝わる。ちなみにこのシーンでナイフを刺されたのは、アニマトロニクス用のロボット馬とのこと。よかった!

全体としてマティ目線で描かれている。だから最初のヤマ場である、チェイニーを含むネッド一味の待ち伏せ作戦や、意見相違によって別行動をとっていたラビーフが巻き込まれてしまう様も、遠景で映される。でも、これもよかった気がする。本来はそんな視点なわけだし。その直前に指切断とかさんざん痛い場面を見せられたので、銃撃シーンなどはそんなに見たくないかも。でも、迫力がないわけではない。馬に引きずられたラビーフの舌のエピソードは痛かった・・・(涙) そいいう、正統派じゃない痛いシーン。そこ? って感覚も好きかも(笑) そして、このシーンを遠景でしか見せなかったことが、ネッド対コグバーンの対決シーンを引き立てる形になっている。

ほとんどのシーンが居留区の中で展開されるため、森の中とか自然の中のシーンが多い。なので”西部劇”という感じがあまりしない。前半の街並みとかもそんな感じではなかったかな・・・。これはマティ目線で描かれているので、いわゆるスウィング・ドアをバーンと開けて酒場に入るなんてシーンもなかったし(笑) 意外に街並み自体もゆったりとしたスケール感だったのは、自分の中で比較対象になっているマカロニ・ウエスタン映画が撮影された撮影場のスケール感だったりするのかな・・・。イヤ別にそれがダメと言っているわけではなく、あくまで好みの問題。何度も書くけど、あんまり男くさい映画が苦手というだけ。男くさいというのは荒っぽくて、お風呂も入らないような・・・(笑) コグバーンはちょっそんなタイプだったけど、比較的キレイなイメージなのはジェフ・ブリッジスのおかげかな。居留地の自然の映像がすごく良かった。シーンによってトーンや色を変えたりして、映像は全部キレイだった。

キャストについてはチラチラ書いて来たけど、マティ役のヘイリー・スタインフェルドが良かった! 一歩間違えば生意気で鼻持ちならくなりがちな役を、意志の強いしっかりした少女にしていた。適度に健気なのがいい。美少女過ぎないところも役に合っていたと思う。ラビーフ役のマット・デイモンも地味ながら好演。ラビーフも一歩間違えば足手まといな人物になりがち。でも、彼は彼なりの立場があるのだと思わせるのはさすが。コメディー担当でもあるけど、その辺りも良かったと思う。ファンの方にはラスト活躍の場がちゃんとあります(笑) ジョシュ・ブローリンの登場シーンは少ない。ネッドに持って行かれちゃった感もあるけど、ヘタレっぷりが良かった。必死に追ってきたのはこんなくだらないヤツなのかという皮肉がきいている。そして、やっぱりジェフ・ブリッジスが上手い。こういう映画の常として、コグバーンは初めはうさん臭くないとおもしろくない。敵か味方かっていう感じ。でありながら、さりげなくマティを守ってる感じや、スゴ腕であることを感じさせ過ぎずに、感じさせないとかっこよくない。見たことないので分からないけど、ジョン・ウエインだとこの辺り、うさん臭くてもカッコイイんじゃないだろうか。もちろんそれは全然OKだし、むしろそれが正統なんだと思う。だからこそジェフ・ブリッジスはあえてかっこよくなく演じたのかなと思う。意外に弱音吐いたり(笑) それが人間っぽくて良かった。そして、その感じがコーエン兄弟なのかと思う。

男くさい、いわゆるマカロニ・ウエスタンのような西部劇好きな方には、少し物足りないかもしれないけれど、"真の勇気"がしっかりと描かれている。それは正しいと思ったことをするということ。そして、その責任は取るということ。マティはこの復讐の旅で大きな代償を払った。それは自分で引き受けるしかない。

役者がいいとホントに見応えがある。約2時間あっという間だった。オススメ!

『トゥルー・グリット』Official site

*この試写会の翌日に東北関東大地震が起こった。自分も帰宅難民になった。余震が続く中、次々伝えられる被害の大きさに愕然とし、原発事故で恐怖を感じた。被災者の方に比べたら、ホントに甘いけれど、なかなか西部の世界に戻れなかった。10日が経ち、この2日天気もよく、少し気持ちが落ち着いたので、やっとレビュー書けました。遅くなってすみません
  • URL:http://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/1194
Trackback
Trackback URL


父親を殺された少女の復讐とロードムービーな感じでウエスタン。
頭を使った巧みな交渉術からこの主人公の少女マティが賢い少女だとわかる。飲んだくれの連邦保安官コグバーン、テキサス・レンジャーのラビーフを加えたこの3人が主人公ですね。
西部劇特有の悠然と構えたような自然と人との距離感が凄く良かったです。
コグバーンを演じるジェフ・ブリッジスさんが格好いい。銃を構える仕草が様になってます。
でも、根本的にどちらかといえば地味な作品で淡々としてますね。やっと見つけたチェイニーとの邂逅も、なんだかいまいちだった。ただ1対4のネッドとの対戦は燃えるものがあったけどね。
一方マティはチェイニーを仕留めたものの穴に落ちてしまい、毒蛇に噛まれてしまう。医者にみせるために疾走し続けた愛馬も力尽き、殺さねばならなくなった後も、コグバーンがマティを抱えて運んだ。マティが気づいたときには片腕を失っており、コグバーンとはそれきりもう会えなかった。
これは25年後のマティが語る自分の若き日の物語でした。リメイク作品なんですね。

【概略】
父親を殺したチェイニーへの復讐を決意した14歳の少女・マティが、連邦保安...
いやいやえん  September 29 [Thu], 2011, 11:16


劇中にも何度か出てくる真の勇気
正しいと信じるものを貫き行動する

死の谷を歩こうともわたしは恐れない
この少女、マティの鉄の意志

これは、掲げる正義が正しいかどうかということよりも
正し...
as soon as  June 15 [Wed], 2011, 1:01
『 トゥルー・グリット 』 (2010)  監  督 :ジョエル・コーエン、イーサン・コーエンキャスト :ジェフ・ブリッジズ、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、ヘイリー・スタインフェルド、バリ...
ブログネタ:GW中に見た映画、読んだ小説や漫画
参加中

月一回行っている脚本ゼミのメンバーで行く
映画を観る会。
この回は私が作品を選ぶことになっているのだけれど、
何かピンとくる作品がない。
「ザ・ファイター」と悩んだのですがこちらにしました。
コーエン
映画、言いたい放題!  May 16 [Mon], 2011, 8:25



 親は西部劇が好きなのですが、親父が見る西部劇はどうも古くさくて好きになれなかったんです。と言うわけでまともに西部劇を見た事もなかったのですが、うちの親父の好きだった作品の1つ勇気ある追跡がコーエン兄弟によってリメイクされるという事で観に行こうと思っていました。そんな時、試写会に当たったので楽しみにしていたんです。ところが震災で試写会会場が打撃を受け中止に。試写会時に配ろうと思っていた招待券を希望者には郵送するという連絡があり、ありがたくいただく事にして、観に行ってきました。と...
よしなしごと  May 08 [Sun], 2011, 14:25
ランキングクリックしてね←please click

ジョエル、イーサン・コーエン、製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグ

試写にて鑑賞。
アカデミー賞、作品賞ほか10部門でノミネート。
ジョン・ウェイン主演の西部劇『勇気ある追跡』のリメイク
コーエン兄弟...
我想一個人映画美的女人blog  April 29 [Fri], 2011, 17:32
  

本年度アカデミー賞作品賞、主演男優賞、助演女優賞ほか10部門ノミネート。
主演は去年のオスカー俳優ジェフ・ブリッジス、
監督はコーエン兄弟ということで気になってた。


そしたら嬉しいことに、
映画ブロガーの rose_chocolat さんにチケットいただいちゃいま
まいふぇいばりっと ゆる日記  April 28 [Thu], 2011, 22:53
「バートン・フィンク」、「ノーカントリー」などの奇才コーエン兄弟の西部劇です。
はらやんの映画徒然草  April 16 [Sat], 2011, 20:16
でっぷりと膨らんだお腹をさらけ出し、いぎたなく眠りこけたりしてしまうジェフ・ブリッジスの演技がなんとも素晴らしい、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の最新作『トゥルー・グリット』。

ジェフ・ブリッジス演じる酔いどれ保安官、コグバーンだけじゃなく、頑なで小生意気
原題:TRUEGRIT監督:ジョエル・コーエンイーサン・コーエン出演:ジェフ・ブリッジス 、マット・デイモン 、ジョシュ・ブローリン 、バリー・ペッパー 、ヘイリー・スタインフェ...
NiceOne!!  April 05 [Tue], 2011, 3:43
 
 
□作品オフィシャルサイト 「トゥルー・グリット」□監督・脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン □原作 チャールズ・ポーティス □キャスト ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、ヘイリー・スタインフェルド■...
京の昼寝?♪  April 03 [Sun], 2011, 21:47
「トゥルー・グリット 」★★★★
ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、
ジョシュ・ブローリン、ヘイリー・スタインフェルド出演

イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン監督、
110分、2011年3月18日公開
2010,アメリカ,パラマウント ピクチャーズ ジャパン
(原作:原題:TRUE GRIT)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい←


ジェフ・ブリッジスがアカデミー賞主演男優賞候補に、
14歳のヘイリー・スタインフェルドが助演女優賞にノミネートされた、
どちらも見終えて納得の演技だった。


「予告で分かっていたのは
父親を殺された少女が、
助っ人にお金を出して
復讐を遂げる映画ということ、
ほぼその通りだったが
リアルを追った映画というより
本を読んでいるような
ちょっと変わった味わいの映画だった」


先日のアカデミー賞授賞式では
14歳の少女のマティ(ヘイリー・スタインフェルド)に
金で雇われた連邦保安官ルースター・コグバーン役のジェフ・ブリッジスが
もしかしたら2年連続で主演賞受賞かという雰囲気で
たしかに「クレイジー...
soramove  April 03 [Sun], 2011, 11:26
 『トゥルー・グリット』をTOHOシネマズ六本木で見てきました。

(1)ことさらな西部劇ファンでもなく、またコーエン兄弟の作品に通じているわけでもないため、本作品についての事前の情報など何もなしに、ただ『ヒア アフター』のマット・デイモンが出演しているというの...
映画的・絵画的・音楽的  April 02 [Sat], 2011, 8:46
映画「トゥルー・グリット」観に行ってきました。
アメリカ西部開拓時代を舞台に、14歳の少女が2人の男と共に父親の仇を追う復讐劇を描いた、1969年公開の西部劇映画「勇気ある追跡」のリメイク作品です。
映画「ヒアアフター」と同じく、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を、マット・デイモンが主演のひと
タナウツネット雑記ブログ  March 24 [Thu], 2011, 1:16
映画「トゥルー・グリット」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、バリー・ペッパー、ヘイリー・スタインフェルド、ブルース・グリーン、マイク・ワトソン、他 *監督:ジョエル・コ…
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
maru♪
>ノルウェーまだ〜む サマ

まだーむこんばんわ!
追悼式コレですね
英ウェストミンスター寺院で追悼式|毎日jp
世界の方々が忘れずに見守って下さること本当にありがたいです(涙)

息子さん大丈夫だったでしょうか? 風邪でしょうか?
私も4月に同じ症状の風邪を引いてしまったのですが、
ヨーロッパの方でO104が流行っていると聞いて心配しています。
たいしたことがないといいのですが・・・

コーエン兄弟節はさりげなくって感じでしたね。
悪党でも頭になるにはやっぱり大物なんでしょうか?
もちろん「鬼平」の大盗賊にはかないませんよね♪
June 07 [Tue], 2011, 0:37
mayuちゃん、久しぶり〜
明日、ロイヤルウエディングもしたウエストミンスター寺院で、「東日本大震災の追悼式」をやるのですよ。
息子も日本人学校代表でお友達と献花をする予定だったのに、下痢と嘔吐で寝込んでしまってて・・・(涙)明日報道あるかしら?

さてさて、コーエン兄弟っぽさはゆるーくある映画だったけど、いずこも大盗賊の頭は「男」だよね。鬼平ほどではないけど・・・・
June 05 [Sun], 2011, 2:18
maru♪
>tomoco サマ

そうなんですよ・・・
ちょうど会社で歯磨きしてて何気なくtwitter開いたらネタバレです
見終わってみれば公式アカウントの言い分も分かるんですけど、
でもそれはネタバレ自体を知ってから解釈するわけだから・・・
ってあんまり書いちゃうとネタバレですね(笑)

2人の関係良かったですよね。
恋愛要素よりも"親娘"って感じの方が強かったですけど(笑)
何もない荒野と月と馬・・・ 絵的にも良かったですよね!

ブックマークありがとうございます!
うれしいです♪
こちらこそよろしくお願いいたします!
May 01 [Sun], 2011, 4:05
maru♪ちゃん、今日はブラックスワンの試写だったのね☆
直前にツイッターでネタバレ見ちゃったのね、
私も知っちゃったわ、、ひどいよね(;_;)
感想楽しみにしてるね〜

こちら、私は結構楽しめました
ジェフとヘイリーのコンビよかった☆
うんうん、あの馬を走らせたシーンはぐっと来たわ〜

事後になっちゃったけど、
遅ればせながらブックマークさせていただきました♪
改めてよろしくです。
April 28 [Thu], 2011, 22:56
maru♪
>mig サマ

地震怖かったね・・・ 震度6強って余震じゃないよ

コーエン兄弟作品って見ている方だと思うけれど、
"らしさ"って聞かれると分からないんだよね(笑)
でも、確かに昔の方がおもしろかったかなぁ・・・

リンク了解! ケータイで記事は読んだよ♪
後でコメしに行きまーす♪
April 10 [Sun], 2011, 0:37
maruちゃん
さっきの地震、怖かったねー。。。
まだまだ油断できないよ、、、、(泣

これ、、、コーエン兄弟のは好きなんだけど今回と、シリアスマンは私ダメだった、昔のが好きだなあー。

そうそう、最新記事にリンクを記事内にはらせてもらっちゃった。
April 08 [Fri], 2011, 2:07
maru♪
>rose_chocolat サマ

この翌日でしたねぇ・・・
ホントにあれから世界が一変してしまいました
帰宅できなかったトラウマで1人で遠くに行くのちょっと怖いです・・・
早くまた映画を見に行きたいですね!

うーん・・・ コーエン兄弟の作品結構好きなんですけど、
「らしい」というのがどういう感じなのかというと、どうなんでしょう?(笑)
割とシュールな感じの事を淡々と映す感じなのかなと・・・
で、それがちょっと「クスッ」ってなっちゃうような・・・
この映画も淡々としているのは「らしい」のかなとは思うのですが、
別にそんなにシュールでもなかったような・・・
April 07 [Thu], 2011, 1:17
ありがとうございました 
この翌日でしたねえ・・・。
何か3月長かった。
あれから試写会も一斉に中止になっちゃってて、でも予定も立てにくくなりましたね。 でもまた行きましょう〜

マティは子どもらしからぬしっかりさでしたね。
でも昔の人って寿命が短かったし、西部劇の舞台なんてしょっちゅう人が死んでるから、あのくらいじゃないとやっていけなかったのかな。
コーエン兄弟作品ってそんなに観ている訳じゃないんで、「らしい」っていうのが自分は今一つわかんなかったんだけど、これは「らしい」の?
April 05 [Tue], 2011, 3:52
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
http://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新記事 ・
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月15日)
アイコン画像rose_chocolat
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月13日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる