公証人役場
2009.03.06 [Fri] 23:41

公証人役場へは3度足を運びました。
公証人役場は各市単位であるようなので調べてみてください。

公証人役場への持ち物は、
離婚協議書・自動車運転免許証(身分証明)・実印・戸籍謄本・
財産分与がある場合は不動産の登記簿謄本などが必要です。

また公証人役場での手続きは、離婚の場合、基本的には当事者がしなくてはいけません。
保証人を付ける場合は、代理人でも可能でした。

よく代理で申請してくれるという会社を見ますが、
夫婦としての最後の作業ですので、ぐっと我慢で行ってください。

公正証書が出来上がるまでには1週間くらいかかります。
出来上がるともう一度公証人役場へ行き、公正証書に間違いがないか双方で確認して、
捺印し、手数料の支払いを済ませて完了です。

肝心なのは、原本はあなたが持っていなくてはいけません。
強制執行をかける人が原本を所有します。
絶対に間違えないでくださいね。
>>有利な離活の方法
<関連情報>
離活の慰謝料
離婚届の書き方
離活の財産分与
離活を女性が有利に進める方法