読み聞かせ「タンゲくん」

March 03 [Wed], 2010, 13:47
対象…小学四年生。読書の時間に。

あるひ、わたしのうちに、いっぴきの ねこが やってきました。
ねこは、かたほうのめが けがで つぶれていましたが、
おおきくて とても りっぱでした。
おとうさんは、ねこに「タンゲくん」と なまえをつけて、
うちの ねこに しました。
タンゲくんは、わたしの だいじな ねこ!
でも、タンゲくんは、ときどき どこかに いなくなってしまうの。
タンゲくん、どこで なにをして いるのかしら…?

猫が大好きな女の子の気持ちを、
やさしくつづった物語。
風来坊? のタンゲくんを、健気に待つ主人公が
かわいらしい。

片山健さんの絵は、ダイナミックだけどとても繊細で、
あたたかみがあり、わたしは大好きです。
この絵本は、細かな描き込みもたくさんされていて、
こどもたちも、
「とかげだ! 」
「こっちには、とかげのしっぽだ! 」(タンゲくんに、とられてしまった…)
など、喜んで見入っていました。

低学年から高学年まで、意外と年齢を問わずに楽しめる本だと思います。
大人の女性にも、人気が高い。

猫の「おしり」の描写が秀逸。と思う。
個人的に…(^_^)




『タンゲくん』 片山 健/文・絵
福音館書店 1992年
(読み聞かせ時間は、約8分ほど。)








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:marmelo
読者になる
本と子どもにかかわる仕事をしています。
読書と映画鑑賞、ヨガが趣味です(^-^)
備忘録的に、
日々の仕事と趣味(の中で、楽しかったもの・こと)について、
書いていきたいと思っています。

コメントなど、お気軽に(^_^)



2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/marmelo/index1_0.rdf