ありがとうございました。

March 28 [Wed], 2012, 23:21
 
私は無事 京都大学医学部人間健康科学科検査技術科学専攻 に合格しました。
去年の晩秋頃からblogを作りなおしていたので移転のお知らせとさせていただきます。

marino's diary2+随想録 http://marinosdiary2.cocolog-nifty.com/

数か月ぶりにログインしてアクセスログ見てみたらビックリするほどあってビックリしました(日本語w
こっちは特に高1夏〜のを脊柱側湾の人に見てもらえたら少しは心配の種を減らせるかもしれないし
高校の思い出がいっぱい詰まっているので
そのまま残しておきます。

それでは。さようなら。


川上未映子か直子

October 30 [Sun], 2011, 10:32

うぅ。勉強面倒くさい。


ブログを読み返してみた。
私が浪人中勉強せぇへんだろうことは3月から分かってたんだね
当たった(・ω・)〜
でも去年は勉強してたと思うのだが。


うちは両親とも宅浪経験者で、聞いてみた。何やってたん?

父:勉強してなかった。田舎行って畑の手伝いしてた。
母:マンガ書いてた。フフ

そーかよく分かったぞ!
この家みんな進路決めんの失敗する(・∀・)弟もきっと
そして浪人すると勉強しない(笑)



勉強嫌やから、ちょっと最近気になる川上未映子風に千切ったノートにつらつら書いてみてん。
べたべたの大阪弁でつらつらつらつら思い付くままに
ほんじゃあどんどん溢れてきたけど一時間経って丁度ノート2ページ分書いた頃には手足痺れてきて疲れたから止めた。

もっと書きたいな
後期終わったら書き始めよかな
どーせ四六時中センター対策とかできひんやろ私。

川上未映子。ぐろい。吐寫っていう言葉が思い付くんやけど 寫 がなんか嫌いやから嘔吐 でも嘔吐も変にリアルで嫌やな

直子。ワタナベくんに側にいてほしい
助けてほしい
何も言わないで助けてほしい
さみしい
自殺する
commit suicide


2人ともいってしまってる
私はまだいってしまってない
パソコンほしい
パソコンに向かって吐きたい
吐いたらおさまるのかというと分からん



…あかんな、これ公開文書じゃない
気を悪くした人ごめんなさい

私来年大学生なって現世戻れるんかなぁ
ほんま不安なってきた
最近著しくコミュニケーション能力減退してるし大丈夫なんかな私

同じような人がいればいい
私が自分の世界に引きこもるのをただ見とくかちょっと手貸してくれて
その人が自分の世界に入りだしたら私はただ見とくかちょっと手貸す

でもそんな人がいればそもそも自分の世界に入る必要がなくなるな

早くそんな人と出会えばいいのに。




人間疎外

September 30 [Fri], 2011, 21:24

【疎外】
人間が自己の作りだしたもの(生産物・制度など)によって支配される状況。
さらに、人間が生活のための仕事に充足を見いだせず、
人間関係が主として利害打算の関係と化し、
人間性を喪失しつつある状況。 (広辞苑から抜粋)

  → 駿台やろ。


今日の授業で一生懸命先生が説明してるの聞いて
「いや、それ自分ww」と思た(^q^)


人間、手段として扱われ扱ってるときほど苦しい時ないっすわー
たまに目的として扱われるととても嬉しくなる

常態が精神的嘔吐。



日美「画家たちの二十歳」

September 21 [Wed], 2011, 9:41

突然休講になってやることないから撮り溜めてた日曜美術館を見ることにしました

「画家たちの二十歳」ということで、いろんな画家の二十歳の頃が紹介されていたのですが
中身の濃い言葉にいっぱい出会いました


「我が孤独なのは、我が見たものは我が初めてこの世界に見出したものだからである」岸田劉生
「このアカデミズム!」
「きっとかこう きっといいものを画こう 最大な目的のまとをめがけて 真実をつかめば それでいいのだから」佐伯祐三

葛藤、孤独、絶望、野心
とてもよく表れている

私が見て感じてる世界をそのまま誰かと共有することはできない
それは孤独だ。
一部、分かってくれているだろう人は存在する
でもその人との違いが露呈したとき、悲しさが増す

高校→予備校→大学
きっちりと社会の型にはまったレーンに乗っている
そこに「このアカデミズム!」の一喝

それでいて、idoraを取り除いて真実を見たい欲求

2人とも昔の日本画家だけど
自分とシンクロする点は多い


「19の時、とにかく二十歳になりたくなかった」
「同じようなやつはいくらでもいる」大竹伸朗

技術的に同じようなやつはいくらでもいるけど、そこからどう抜きんでるか
それは自分に合致するものにいつ出会うか

この人はかなりアーティスティックだ
私はそこまでの反骨精神は持ち合わせていないけれど。


番組の最後に美術館の館長が
「よく見てよく感じて それをまた自分が表現する それは絵を描けということではなく
それがほんもののアーティスト」



今思えば、高野山行きは社会から離れる体験だった
離れた私は新しい境地を体験してたしかにいきいきしていた
でも社会で闘っていられるのは若いうちだけで、
それはそれで若い時に必要なことでもあると思って下山したんだった。
敢て社会から反れる体験、それで気付かされることは多い。


番組では、東大の美術サークルの人たちが出てたんだけど
さすがに東大にはものをきちんと考えてる人がちゃんといるようだ。w

周りでそういう人になかなか出会わないから、私は結構厭世的だったりする。
でも浅い付き合いの中でそこまで自分曝け出す人なんていない、というかいたら逆にビビるし、
私も余程仲のいい子にしか内面は見せてないわけで
もしかしたら世の中捨てたものじゃないかもしれない。

とか言いつつもそこは東大だからか?とも思ったりw
でもきっと京都にはいるよね。少なくとも彼は私より高い位置で考えている。
実は駿台でも2人、ちゃんとものを考えている人に出会いました。
一人はかなりしっかりしていて、
ただ私との違いは、思想に埋没せずガンガン勉強してるから、
会うと穴に入りたくなる///


やっぱり考えてるかどうかって、人格としてどう扱われるか、扱うかに関ってくるな。



最後の館長の言葉に、ほっとしました
私は明らかに書くことだ。
早く自由な時間がほしい。
書きたいことがありすぎて、頭の中で渦巻いてるんやけど時間がない。

夏休み終了

August 29 [Mon], 2011, 9:27

浪人生の夏休みが終わりますよ。
昨日京大実戦やって、本気で肩潰れる腕千切れるほどの死闘を尽くして
明日から後期ー……。

さっき春からの日記を見なおしてみて、
落ちた直後に「これ以上伸びる気がしない」と書いていたのですが
それは誤りだった。
国語と理科は伸びました。去年勉強できてなかったんやから今思えば当たり前です。

ただ、どうも私には駿台という商業主義で十九歳を勉強させる組織が合わないようで、虫酢が走ること多々あります。
まだ後半年あるのかと思うと気が遠くなります。
というか他の人の半分ぐらいしか勉強してないです。
いろんな人が言う、「この1年は絶対糧になるよ」という言葉が、受け付けない。
別に悪いことばかりじゃないけど、そう思ってもトータルで考えると私にはかなりマイナスの1年。

そこは拭い去られていないのですが、この夏休みには転機がありました。

8/13〜17で、高野山に家族と行ってきました。
家族4人揃って旅行なんていつ振りかわからないほど久し振りで、
お互い多少の我慢はあれども4人同じ部屋で暖かい心持ちで過ごせるのがとても嬉しかった。

下界とは隔絶された地で、宗教に出会う。
宗教や文化、芸術なんてものは一人称でしか感受できないのでここには書きませんが
初めて宗教のもつ力を知った。
倫理勉強してて腑に落ちなかったことがいくつも解決された。

例えば、

キルケゴールの実存の三段階。
私の場合、美的実存が高一夏までで、手術をきっかけに倫理的実存に移行したと捉えていますが、
倫理的実存の次に絶望したとき宗教的実存に移行するというのが理解できなかった。
それが、すっと理解できました。私は今年の夏に宗教的実存を少なくとも知りました。
ただ、若い間はそう宗教に浸っていられない。
あそこには5日以上いると下界に戻ってこられなくなる。そうも思いました。
だから移行はまだしていません。

偶像崇拝、専修念仏、本地垂迹説。
今までお参りをするときは「みんなが平和に生きられますように」とか「大学受かりますように」とか
現代の口語で心の中で唱えていましたが、
それを例えば「南無大師遍照金剛」とか「南無阿弥陀仏」と唱えると
みんな揃ってるから一体感が生まれるんですね。
あと口に出すこと。言霊の存在を私は信じています。書いた、話した言葉は現実味を帯びる。
そうすると力を持ちます。
日本古来の神道は、神々の姿が現れることは直接的にはなかった。
あくまで物語であるので衆生を救うとかも言わない。
そこに仏像という形をもつ仏を信仰し、救いの手を差し伸べてくれる仏教が伝来した。
それは力を持つはずだ。



高野山で非科学の力をありありと見せつけられたわけですね。
大日如来の存在や、弘法大師の教えを本物の尼僧さんから聞くこともでき、
気付かないまますり減らしていた心をペタペタと修復し、満たされた思いです。

ただ前述したとおり、若い人が浸る場所ではない。
特に科学は若さとvitalityがなければやっていけない世界です。
私にとって科学が魅力的であるのは確か。
なおかつ非科学の力を知っているというのは私の強みになるかもしれない。
それは社会的に何か役に立つという意味の強みではなくて、安定した人間に近づくという意味で。

友達の中には科学しか受け付けない子もいる。そのまま大人になる人がいるのも分かる。
その人たちにはそういう生き方だと肯定はするけれど
「中庸」は科学‐非科学にも適用できると思う。

私は中庸を目指します。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:marino
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1992年8月15日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・ファッション-可愛い×カジュアル
    ・お勉強-好きよ(笑)多分性にあってるw
読者になる
また1年お勉強〜(´-`)
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像東京メトロン星人
» 教材交付 (2011年04月11日)
アイコン画像コロン
» コメ返:しずくさんへ (2010年11月27日)
アイコン画像木崎友紀
» 回想 (2010年10月10日)
アイコン画像りィ
» 8月1日 (2010年08月08日)
アイコン画像さー
» 5/3 コーデ (2010年05月03日)
アイコン画像友里
» お花見at学校 (2010年04月09日)
アイコン画像あすか
» スタバ サクラスチーマー (2010年03月31日)
アイコン画像しずく
» コメ返:しずくさんへ (2010年03月31日)
アイコン画像友里
» 追い出し会 (2010年03月26日)
アイコン画像てけこ.
» Sunny Side cafe (2010年03月12日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる