まちがえた

May 15 [Wed], 2013, 14:53
いつもマリネラの営業ブログに送信してる内容こっちに送っちゃった。
削除の仕方がわからないので失礼いたします。
アホ丸出しですいません。しかし必ずいつかやると思ってはいた。


本日マリネラ

May 15 [Wed], 2013, 14:51
聖子です!

本日、ペンネアラビアータが食べたいので(私が)ご用意してお待ちしております!

なお、今週末の18日(土)は、貸切営業とさせていただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。


いつも愛が足りてない

May 11 [Sat], 2013, 12:56
うちの近所で、1000万円のひったくりが発生したらしいんですよ。

ニュースで見たんだけど、やっぱオレオレで、
息子を名乗る電話におばあちゃんが銀行(か郵便局か信金かわからんが)から引き出して、銀行の外に出た途端ひったくられたらしい。

確かにそのニュースの前日、うちの周辺を警官やパトカーがうろうろしてたから、なにかあったんだろうと思ってはいたのだけど、
ニュースで、防犯カメラに映った犯人の映像が公開されてて、ばっちりうちの最寄りコンビニで撮影されてたり。めっちゃ近所だったわけですが、


なんで1000万、引き出せちゃったんだろうか?

うちの地域は、佃煮にするほど年寄りがたくさんいて、
というかもはや年寄りしかいなくて、
それも何十年と持ち家で代々暮らしているおうちが圧倒的に多いんですよ。

住んでる人口のわりに店屋さんが少ないので、とくに銀行や郵便局なんていったら、必ず行き着けのところがあるはずなんです。

で、どこの銀行も郵便局も、とくに用はないのに店内に何人も行員がうろついてて、
なにかというと話しかけてきたり、年寄りの介添えをしたり、ひまな年寄りの話相手になったりしてる。

振り込め詐欺に気をつけて! なんて貼り紙が、これでもかと壁中に貼られている。

そこまでやっておいて、なんであっさり1000万引き出させるかね?

窓口でしょ?

確かに、犯人は、おばあちゃんちから遠い、行き着けでない銀行を指定したのかもしれない。
それでも、このご時世、あれだけ予防しようと全国でキャンペーンを打っておいて、当の銀行さんや郵便局さんがあっさりおろさせちゃ駄目でしょう!

若い人ならともかく、相手はおばあちゃん。
額が額なんだから、用途を聞いたり事情を聞いたりすれば、辻褄が合わなかったりおかしなところが必ずあるはずなのに。


いちばん悪いのは犯人。それは当然です。年寄りから金をだまして巻き上げる人間は、絶対に畳の上では死ねないと思います。
次に悪いのは、申し訳ないけど被害者。自分の頭でなかなか考えることが難しくなってきたと自覚したら、なんらかの手段をこうじておかなければならないと思います。

でもね、

銀行さんたちもね、
あれだけ店中に行員うろつかせておいて、高い給料払って、
みえみえのいかにもあやしい物件をやすやす見逃す手はないですよね。



うちの近所をのろのろ走りながら「最近、ひったくりや振り込め詐欺が多発しています。皆さん気をつけましょう」とテープを流している防犯カーがむなしいです。


ただ泣きたくなるの

April 19 [Fri], 2013, 10:52
たいがいの「おひとり様」は経験していると自負している切ない私ですが、
(ひとり居酒屋、ひとり焼き肉、ひとりカラオケ、ひとり銭湯…あ、でもひとりディズニーランドはさすがに…)

ひとりで下着売り場に行ったことないんです。

つーか、女性用下着売り場で買い物をしたことがない。


ブラジャーもパンツも、正確な自分のサイズを知らないんです。


そんなもん、従業員に言ってサイズ計ってもらうんだよ通常! と思うじゃないですか?
しかしね、私、もしかして自分がたいへんな人見知りで、なおかつ神経質なのかもしれない!! と生まれてはじめて考えるに至ったのは(結果どっちも備わっていなかったが)、

中学だか高校のときの身体測定のとき。

女性教師が、女生徒の胸やウェストやらメジャーで計りますよね。

私は、あの行為に果てしないエロチックを感じてしまい、
しかもこう言ったらみもふたもないけど「げひん!!」と感じ、
自分の番がきて、女性教師の腕や手が私の脇の下を背中からくぐって、胸のふくらみのてっぺんをやや押しつける強さでメジャーを交差させる。しかも、背中からメジャーを回すときに、顔と顔も限りなく近づくではないですか。


これはね、思春期の、少女まんがばかりで恋を知らなかった娘には、家族以外での「はじめての、他人との密着状態」だったんですね。
もうね、相手が女性だろうが男性だろうが関係ないのよ。頭ん中がそーゆーことでいっぱいなわけだし。しかも女性教師だから、香水だか石けんだか、まあ女性特有のいい香りもするんですよ。これがまたドキドキに拍車をかけてね…。


もちろんその後、男性なりとお付き合いすることもなくはなかったし、
2回目の成人式が間近に迫るような年になった現在でも、


下着売り場で採寸されることに、卑猥で淫靡な空気を感じ、
恥ずかしすぎて気軽に行けない私がおります。


密室あるいはうすいカーテンの裏で、
計られるほうは上半身裸、もしくはタンクトップかキャミ一枚。ブラは外す。
計るほうが「失礼します」と小さな声でささやくと、
計られるほうは、自分から両腕を開いて上げる。
その脇の下から、計るほうの腕が差し込まれ、メジャーを背中から回し入れる。このとき、計られるほうがあまりに薄い体格でない限り、
計るほうの顔は、計られるほうに接近する。しかしどちらも目は合わせず、息も止めんばかりの緊張感。
計られるほうは、何気ない顔を装いながらも(体臭に気づかれませんように…)と、身を震わせる。
背中から回されたメジャーは、ブラジャーに守られていないむき出しの胸の上で交差され、その胸元を、計るほうはじっと覗きこむ。計られるほうは、その髪の毛の柔らかい香りを鼻にしながら、なるべく計るほうに接触しないよう、顔を上向きに目線を上向きに…


どうよ!!
ちょうエロじゃね!?
こんなの、白昼堂々飛び込みで入ってできるわけないんだよ!!


…まあそんなわけで、私はやはり未だに自分の胸のサイズは知りません。
だいたい合うやつ。
ぱんつは、半年に一度くらい実家に帰ると、かあちゃんが10枚千円の特売ぱんつ買っといてくれるから、それ履いてる。


…世間のアラフォーて、だいたいこんなもんだよね。


リンリンランラン双生児

April 16 [Tue], 2013, 13:35
なんかもう自分があまりにアホすぎるのはわかっているのですが、

こないだテレビ観てたら、デーブ・スペクターがホワイトハウスのことを「ワイハウ」て発音してまして、

あーそうだ、あれだ、中学で習った、「Hではじまる単語は発音しない」てやつ。

ホワイとかホワッツとかって、「ワッ」「ワッ?」て言うあれ。


ならなんでH書くんだ。綴りに。


あとあれ、会話とか文章の中の「a」は読まないってあれ。


ならなんで書くんだ。


中学のとき、授業中ずっとその疑問で頭がいっぱいで、まったく集中できなかった思い出がフラッシュバックしてきて、いても立ってもいられなくなる午後。


例えば日本語なら(母国語を基準にして他言語を比較することに意味がないのはわかるけど)、
「食事のとき」と言おうとして「食事んとき」て発音になるけど、
もとから発生しないのをなんで書くんだ。


しかしどうしようもないアホですね。果てしないですね。


とっちらかっても呼ばれりゃババババーン

April 03 [Wed], 2013, 13:43
あたくし、またいかってるんですが、書いてもよろしいでしょうか。

つーかね、もういかりというか、呆れて笑える。怒るだけもったいないというかね…。


あれです。スカイツリーの受信試験。
うち、ばっちり映らないんですよ。

で、
ここに電話しろって、テレビ画面にコールセンターの電話番号が出るから、しますよね。

3分や5分ならともかく、先々週の土曜なんか一時間も試験していたし、その間にすべてのチャンネルがまったく映らなくなるので、それは少し困ると。


だいたいあんなに大騒ぎしてテレビを全国民に買い替えさせておいて、まだこんなバタバタしやがって少しはおちつけという怒りもありますが、とりあえず今日はコールセンターへの呆れ怒り。


で、電話したらもちろん待たされる。しかも、20秒ごとに10円かかる。
先々週の土曜に電話したときは、男性のコールマンでした。
映らない旨伝え、住所、名前、状況も伝え、
その上で、賃貸なら不動産屋の名前と電話番号を教えろというので伝えました。

不動産屋に、コールセンターから電話して、工事の日程や立ち会いなんかを決めさせるとのこと。何とか、5月の本チャンには間に合わせますとのことで電話を切りました。


さて2週間経っても、コールセンターからも不動産屋からもなんの連絡もない。
もちろん、試験受信は映らないまま。

で、さっきまたコールセンターに電話しましたよ。
どういう流れになっているのか聞くべく。少なくとも、不動産屋にもう連絡してくれているのなら、これからの連絡は私が直接不動産屋に連絡すればいい話だし。まだなら早くしてくれと言おうかと。


そしたら、また長いこと待たされて、
コールレディさんにまた同じことを伝え、不動産屋の電話番号がわからないなら調べようがないからもういっぺん、調べてから電話しろと言われ…

…あったま来たからもう電話なんかするか、と思ったけど、ここでなんの答えも得られないままだったらドブ金だわ、と思い直し、不動産屋の電話番号調べてもっかい電話しましたよ。

そしたら、また違うコールレディが出て、
今まで話してた人の名前を告げても、いえ私が承りますの一点張り。仕方なくまたいちから説明。
不動産屋の電話番号を伝えたら、少々お待ちくださいと待たされ、

あげく「ちょっといま大変混み合っておりまして、お客様のことを不動産屋に伝えたかわかりかねます。私が責任もって不動産屋に電話はしておきますが、なんせ混み合っているのでいつになるかはわからない(順番)し、したあともその旨報告はしません。工事なんかの予定は、お客様と不動産屋でやってください。このあとはすべて不動産屋に連絡をしてください」
とのご回答。


「…じゃ、このあとは、私は、不動産屋に連絡するか、連絡を待てばいいのね?」
と聞くと、なぜか焦った様子で「いえ、不動産屋にわたくしどもが連絡しますのが、順番になりますので…(いつになるかわからんよと言いたいのだろう)」

…………………


思わず笑ってしまって「つまり、何もいまの時点では、話は進行しないんですね? で、だいたいの目処もお約束いただけないんですね?(それを過ぎたら再度連絡する、というような)……わかりました。面白いですね」と言って切りました。


急ごしらえで、寄せ集めのコールセンターなのはよくわかる。私もコールセンターにいたことあるし、大所帯のセンターでは、ひとりびとりが上の指示をただ仰ぐだけしかできないのもわかる。


でもね!!
なにもできない、横の連携も、客の番号管理もできない、一応の見せかけだけのコールセンターに金を取るんじゃないよ!!


時代が変わるとき、さまざまな不都合や犠牲が伴うのは仕方ないし、その恩恵を受けているんだから、できたら快くその波に乗らせていただきたい。
だからこそ、受け皿はちゃんとしていただきたい。金をとるなら、きちんとシステム化してくんないかなあ。


ちょっとカリカリしてお肌に悪いので、
青汁飲んで出直してきます。まあ普段から肌に気を使ったことないですが。


涙が出ちゃう 男のくせに

March 21 [Thu], 2013, 11:53
私は、父親にも教師にもわりとよく殴られましたが、

殴られるほうって、
これはしつけなのか、愛のムチなのか、単なる殴るほうのむしゃくしゃからなのか、同じことされてもよくわかるもんだと思うんですよ。


親父は、げんこつも蹴りも平手打ちもあったけど、
私が子どものころ、確か食事中になにかで叱られたとき、
親父の使ってた箸で頭をはたかれたことがありまして。

そのとき、
「箸でぶつのはやめて。私は動物じゃない」
とかなんとか言い返したと思うんですよ。

そしたら以降、物でたたかれることはなくなったんですね。


同じく高校のとき、
私立だったもんで、朝のHRに遅刻した生徒は教室に入れず、
HRが終わるまで廊下で待機、終わったら担任が出てきて、一発ずつ張り手を食らってから教室に入れることになってたんですが、

ある雨の日、
教師が、何人かの遅刻者(私含む)を並ばせ、はじから傘で頭をはたいていったんですね。

で、私は
「先生、傘で殴るのはやめてください。私たちは物じゃありません」
て言ったんですね。
そしたら教師は、私だけ殴らないで教室に入れたんですが、
以降、モノで生徒を殴ることはしなくなりまして。

今でも思い出すたび、私だけ殴られないで他の子に悪いことしたな、て思うんですが。


なにが言いたかったって、「叱る目的」で手をあげる親や教師は、
話せばわかるんです。わからない人、言い返して激高する人間は、ただの「暴力をふるう人」です。


絶対にやり返せない立場の人間(子ども、生徒)に対して鉄拳をふるうというのは、
この痛みはなぜなのか、なぜ殴られたのかを考えさせるためにあると思います。
動物を調教するため、恐怖で屈服させるものでは絶対になく、
それをやり続けると(これは暴力に限らず、精神的にもだけど)、鎖でつながれていない人間は、必ず追いつめられると爆発します。
逃げ場がなくなったら、そこから飛び降りるか、
「敵」に向かってやぶれかぶれにとっこんでいくしかないんです。


「人様の子どもを殴ったらいけない」てのは、その親の所有物だからではなくて、
その「殴ることによって伝わる愛」が、親より難しいからだと思ってます。


信頼関係がなかったら駄目ってこと。



木の芽どきなので、浮ついたこと書いちゃってすんません。
酔ってないよ!


状況が裂いた部屋に僕ら宿る

March 11 [Mon], 2013, 21:33
震災から2年。

いまだに、仮設住宅どころか、学校の体育館で寝泊まりしている方々がいる。


日本国中、世界中から集まった義援金、募金はどこに使われているのか。
どこを見れば、なにを読めばその詳細がわかるのか。
経済白書に書いてあるかな?
国会中継を毎日観ればわかるかな?


衣食住足りねば、人間「不幸の基準」がおかしくなる。
今日はおにぎりが食べられたから幸せ、今日は雨じゃなかったから幸せ、今日は十円拾ったから幸せ。

小さな幸せは大切なことだけど、
衣食住が足りている、この前提に立っての「ささやかな幸せ」でなければと思う。


東京に大地震が来て、議員宿舎や東京電力本社、国会議事堂が全壊しても、
復旧に2年以上かかると思っていいんでしょうな。


大切なのは人の心であって、
金という紙切れじゃないんだよ。




(無題)

March 09 [Sat], 2013, 17:14
聖子です!


本日、どうにも体調が悪く、
お休みさせていただきます。
土曜日なのに、申し訳ありません。



ちょいと一杯のつもりで飲んで

February 28 [Thu], 2013, 22:55
父の姉が死んだ。

拡張型心筋梗塞とかいうかたい名前の病気。
十年前に死んだ父も同じ病気だった。

父は、人工心臓を入れて、仕事もせず酒も飲まず、無理をしなければあと二十年は生きられるという話だったが、
仕事をして酒を飲んで死んだ。
だから、無理したから悪かったんだと思っていたが、
仕事もしていず酒もそう飲まないおばちゃんがやはり発症から二年で死んだのを聞いて(実際、報せをおととい聞くまで病気にかかっていることも知らなかったんだが)、
あんま関係ないんじゃん、と思った。
72歳。昔ならかなりの長寿だし。



ガキの頃、
東京は向島(スカイツリーのある辺り)で寿司屋を夫婦でやっていたおばちゃんは、
よくうちに、寿司桶いっぱいの赤酢寿司の握りをさげて遊びにきた。
私や弟は、それを食べるのが大の楽しみだったが、
なんの前触れもなしに「今から遊びにいくよ」の電話に、母がイライラしていたのは覚えている。
おばちゃんからしたら、弟夫婦の家に急に遊びにいくのも、普通のことだったのだろう。
明るくて気さくで、いかにも下町で寿司屋をやってるていのおじちゃんおばちゃんは、私は嫌いではなかった。


大人になって、新橋で飲み屋を開けたとき、
思い立って、急に向島の店に立ち寄ったことがある。
寿司を出してくれてビールもいただいて、私から金をとるわけにはいかなかっただろう、気前よくご馳走してくれ、
「おまえ、商売はじめたんだって?」と嬉しそうに言ってくれた。


いろいろあって、おばちゃんたちは青森(父の実家)に帰ることになった。
それからも何度か法事で逢ったけど、
向島でちゃきちゃきやってたおばちゃんは、青森は肌に合わないように思えた。


きれいな人だった。いつも身なりをみぎれいにして、
笑顔を絶やさない人だった。
商売をやることに向いていた人だった。


亡くなった報せを聞いて、
できれば葬儀に行けたら、と思ったけど、
母に聞いたら「雪害で、青森の三沢空港は普段の半分しか飛行機が出てなくて、
2泊よけいに泊まることになる」
とのことであきらめた。

そんなことであきらめてしまう肉親のつながりがある。


おばちゃんお疲れさま。


私の大好きだった赤酢の寿司は、
ずいぶん前から、金がかかるからやめてたって聞いた。



P R
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
最新コメント
アイコン画像はちおうじ
» ただ泣きたくなるの (2013年05月17日)
アイコン画像どうきょにん
» ただ泣きたくなるの (2013年04月24日)
アイコン画像たかむん。
» 涙が出ちゃう 男のくせに (2013年03月21日)
アイコン画像あり
» (無題) (2013年03月10日)
アイコン画像店主
» これからそいつを殴りにいこうか (2013年02月28日)
アイコン画像あり
» これからそいつを殴りにいこうか (2013年02月19日)
アイコン画像おおた
» 奇跡は間に合わないだろう (2013年01月28日)
アイコン画像店主
» 愛のために あなたのために (2013年01月15日)
アイコン画像もと
» 愛のために あなたのために (2013年01月13日)
アイコン画像あり
» 迷宮に迷いこんでも (2012年11月05日)