あめあめ

August 15 [Sat], 2015, 12:10



別になんとなくだった。


部屋のゴミを片付けて、
テーブル拭いて
乗り過ごして仕方なく歩いて帰ってくる旦那のこと、ぼーっと待ってた。


帰ってきた旦那は、
部屋綺麗になってる、
広くなったように見えるね 。


って言って二人でわたしの好きな音楽をぼーっと聞いてた。


アロマキャンドルに火を灯して、
窓を開けて、小さな扇風機回した。


いつの間にかあんなに大好きだったビールをわたしは飲めなくなってた。


だから流しに全部流した。


旦那と久々にセックスして、
一緒にお風呂に入って、
一緒に寝た。


夫婦なのに、セフレみたい。
って何故か思った。


だから左手の薬指をずーっとさすってた。


充分満足してる 。


だけど、
まだ安定剤は手放せない。


眠れない夜は頭を撫でてくれる旦那の手が何よりの安心なんだ 。


あ、わたしはこのままでいいんだ って思った 。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:水
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/marin1472/index1_0.rdf