イメージはいつでも雨のち晴れ。 細々とつづけているブログ。

2006年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像まりこ
ありがとう (2006年05月16日)
アイコン画像みなプー
ありがとう (2006年05月16日)
アイコン画像さいちゃん
知識 (2006年04月24日)
アイコン画像マユコ
トルコのお話 閑話 (2006年04月14日)
アイコン画像まりこ
フィギュアスケート (2006年03月27日)
アイコン画像ゆりちゃん
フィギュアスケート (2006年03月25日)
アイコン画像つん
フィギュアスケート (2006年03月25日)
アイコン画像イシイ
トルコのお話B' 追記 (2006年03月21日)
アイコン画像Estuary
勉強 (2006年02月23日)
アイコン画像ゆりちゃん
おっ、2月 (2006年02月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:marimariko71
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
もやもや / 2006年10月01日(日)
きょう、SPI模試を受けた。就活のために。
で、とても憂鬱な気分になった。
出来がとてもとても悪かったのは言うまでもなく、
だけど、結果を抜きにしたってとても憂鬱だった。

あたし、一体なにをしているんだろう。
就活ってなんなの?就職ってなんなの??

SPIとかの試験で能力を点数化して分布を見て。
それにどんな意味があるんだろう。
就職するためにはきちんと対策して、高い点数を取る必要があるかもしれない。
今からきちんとやっておけば、本番でうまくいくかもしれない。
けど、あたしがなりたいのは就活マスターでもエントリーシートマスターでもない。
就職は手段であって、目的ではない。
本当に行きたいって思う企業に就職したい。
熱意とかやる気とか、そういうもんだけでやってけるほど甘くないのはわかってるけど、
それでも自分を点数で表されることとか、それに対して対策をとることに
違和感をいだいてしまいます。

自分が考えていることと、やっていることがどんどん離れていく気がする。

ほんとうに自分が一体なにをしたいのかよくわからない。
何を目指したいのか、何を大切にしたいのか。
流される前に一度考えないとダメみたい。

 
   
Posted at 00:34/ この記事のURL
コメント(0)
最近 / 2006年09月30日(土)
ずっと放置してたブログを久しぶりに書く!
だれか見てんのかな、これ。(汗)

最近そこそこな感じでやってます。
アツい夏が終わって(うん、アツかった!)秋学期もそろそろ1ヵ月。
授業にも慣れてきたし、卒論の教授もなんとか決まりそうだし。
卒論指導の希望を出した先生の授業をとっているのだけど
それがキツイけどすごく楽しい。おもしろい。
めちゃくちゃinterestingで、頭使うけど。
readingの量がはんぱなくて既に読みきれていないけど。

しかし。どうーも目先のことばっかりに囚われてる気がしてなりません。
やるべきことはたくさんあるのに、わかってるのに。
なんかね、ダメなの。
しっかりせんと!!!
 
   
Posted at 01:00/ この記事のURL
コメント(0)
あたしのよくない癖 / 2006年08月17日(木)
それは、すぐに人と自分を比較するとこ。
人は人、自分は自分とはよく言うけど、それってなかなか難しい。
開き直って自分勝手になるんじゃなくて、
まわりとのバランスとか自分の位置とか気持ちとかを考えながら
自分っていう芯をもってる人にはほんと憧れる。
憧れるだけじゃなくて、自分もそうなりたい。

最近もついつい自分と友達をくらべて、どうしても焦ってしまう。
まわりがインターンしたり、勉強したり、いろんなものを見ていろんなことを考えてるときに
あたしはバイトとサークルでいっぱいになりながら過ごしてる。
もちろん自分がやりたくてやってることだし、得るものだってたくさんある。
だけど、それでも自分のフィールドの狭さとか、視点の狭さとか
考えの甘さや浅さとか、行動力のなさに辟易としてしまう。
このままじゃほんとに社会に出ていけない。
焦る。

だけど焦ってなにかをしようとしたって、結局付け焼刃みたいで
実際自分のちからにはならないような気がするし。
まわりと比べて焦るんじゃなくて、流されるんじゃなくて
自分のちからで泳げるようになりたい。
 
   
Posted at 01:14/ この記事のURL
コメント(0)
イスタンブールのお話A 夏の空とボスポラス海峡 / 2006年08月14日(月)
お台場でひさしぶりに海を見たらボスポラス海峡のことを思い出した。
ので、愛すべきボスポラス海峡について書いちゃいます。



イスタンブールはボスポラス海峡をはさんでアジアとヨーロッパにわかれてる。
つまりボスポラス海峡はアジアとヨーロッパのど真ん中!
それだけでもなんだかわくわくで魅力的なんだけど、
さらに夏のボスポラスはすばらしい色です。青い。蒼い?碧い??
あれを見るために今回イスタンに行ったと言ってもいいくらい、あの海が好き。
ずっとずっと眺めていたいと思った。

イスタンブールの交通にはフェリーもあって、ヨーロッパ側からアジアに行くには
車よりフェリーのほうが断然早かったりする。
あたしはバスには乗らなかったけど、フェリーには毎日のように乗ってた。
あんまり高くないしね〜。
フェリーに揺られて、風を受けながら海とか空を見てるのがたまらなかった。
なんというか、自由!って感じがした。
アジアでもヨーロッパでもないとこで、いろんな場所からきた人に囲まれて
海も空も風も最高に気持ちよくって。

自由!って感じしない?

フェリーに乗ったり、海を眺めたりしながらぼーっとしてるのがとても幸せだった。
いろんなこと考えたりもした。
夏のイスタンブルは考えごとをするのにもぴったりだと思う。
どんなに考えても暗くならないから。
ポジティブになれる気がするから。



 
   
Posted at 00:54 / イスタンブールのお話 / この記事のURL
コメント(0)
イスタンブールのお話@ ひとりぼっちイスタンブール / 2006年07月22日(土)

イスタンブールの新市街の街並み。
忘れないうちにイスタンブル日記を書きはじめたいと思います!

一人旅ってたまらないです。
寂しくってたまらないし、不安でたまらない。つかれる。
だけど、それと同じくらい楽しくってたまらないの。
なんとも言えないけど、ほんっとたまらない!快感。
絶対また行きたい。

ひとりで歩くイスタンブールは素敵なだけじゃなくて
ちょっと不安だったり、こわかったりもした。
毎日毎日おもしろいくらい迷子にはなるし、声はかけられるし、
スリにあいそうになるし、客引きもいるし、
英語さえ通じないこともあるし、寂しいし。
なによりごはんをずっと1人で食べるのはさみしかった。
実際なんどか涙がでました。

それでも夏のイスタンブールは最高!!!(だと思う!)
海の色とか空の広さとか陽射しとか風とか・・・
すべてが気持ちいい。

イスタンブールがとてもとても好きです。
なにがそんなに好きなのかよくわからないけど。
あの、坂の多いとこだとか(本当に坂道ばっかり!)
ボスポラス海峡だとか、人ごみ(あんま好きじゃないけど)とか。
旧市街の雰囲気とか新市街のヨーロッパっぽいとことか。
ほんとうに素敵な街なの。
アジアとヨーロッパが出会うところ。
アジアから来た人はそこにヨーロッパを感じ、ヨーロッパから来た人はアジアを感じるらしい。
どっちでもあるようで、どっちでもなくて。
深い歴史を刻んでて、でも近代的で。
ほんとに絶妙。
いろんなものがごちゃまぜになった、おもちゃ箱のようなところ。
宝石箱っていうよりおもちゃ箱なんだな〜。
イスタンブールはイスタンブール以外の何者でもない・・・というか
イスタンブールとしかいいようのないところ。
とにかく大好き。素敵なんです!!!


こっちは旧市街をフェリーから撮ったの。




 
   
Posted at 00:34 / イスタンブールのお話 / この記事のURL
コメント(0)
21歳の夏やすみ / 2006年07月16日(日)
21歳の夏休みがはじまってそろそろ1ヵ月!!
なんだかんだでいい夏を送っています。
やっぱ夏がすきだなあ。

テスト終わってすぐサークルの合宿があった。
6日間みんなと一緒にサンバしたり、おしゃべりしたり、考えたり。
お友達にベースを教わったり、新しいこともして楽しかった。
なにより後輩の成長ぶりに感動。うかうかしてられんね、これは!
友達とか後輩が頑張ってるところで自分ができることってなんだろ?とか考えたりした。

合宿後には学校のば○山で飲んだり、お誕生日をお祝いしてもらったり。
友達と腹を割って(?)話せてとてもうれしかった。
お誕生日はいろんな人にお祝いしてもらってすごくすごく幸せだった。
去年よりもっと、まわりの人に生かされてるなあ〜って実感した。
すごく魅力的なひとたちに囲まれてる。
ほんと、あたしは幸せ者だ。

で、初の海外ひとり旅(?)に。
行く前は飛行機とかミサイルとかテロとか客引きとか1人でごはんとか
不安で不安で行きたくない気分でいっぱいだった。
でも夏のイスタンブールも一人旅も最高!!!
いろいろイヤな目や怖い思いもたくさんあったけど、
それ以上にいいことがたくさんあった。
たまらないです、1人で歩くのって。
まだまだビビリだけど、これからもっといろんなところに行きたい。

イスタンブールが好きすぎて帰ってきたくなかったけど
帰ってきたら素敵なことがたくさんあったし、これからもありそう。
今まではわりと遊んでばかりだったので、これからはそれ以外も考えたい。
っていうか考えなくちゃ!!
まずはずっと先延ばしにしてたエントリーシートと向き合おう。はらはら。
まわりを見ると焦るけど、流されないでちゃんと泳いでいきたい。


トルコ。イスタンブールのトプカプ宮殿から見たボスポラス海峡!
向こうに見えるのはアジア。
イスタンブールの夏の空と海は最高。
 
   
Posted at 23:09/ この記事のURL
コメント(0)
What do I want? / 2006年06月22日(木)
驚いたことにブログを一ヶ月も放置していました。わわ。
気づけばもう6月も終わり。
今日からあたしは夏休みです。(早!)

いつもなら「ファイナル(期末)おわったー!」「レポートばいばい!!」とか
解放感に浸っているはずなのに!
今回はなんだかすっきりしない。もやもやもやもや。
頭に霧がかかったよう。

いつも以上にユルいレポートを出してしまったから?
この夏不安なことがあるから??
その先が見えないから???

あたしは気づけば大学3年生になってて、
専攻もえっちらおっちら決まって、だけど、そんなに一生懸命勉強してるわけじゃない。
サークルだって責任ある役職についてもう9ヶ月くらいたつのに
いつまで経ってもリーダーシップなんて取れない。
「なんで部長なの?」なんて聞かれてしまう始末。頼りない。
インターンやろうかななんて考えてるけど、悩んでばかりで行動にはうつせてないし、
だけど、まわりの友達がどんどん進んでくのを見ると焦る。
普段の生活だって、なんとなく過ぎていって、
それはゆるくてとてもラクチンだけど、とても空っぽな気もする。
あいまいにへらへら笑っていることが多い気がする。

あたしは何がしたくて、何がほしいんだろう?
何がすきで、どうしたいんだろう?

じぶんが一番じぶんをわかってる。なんて言うけど
じぶんがわからないよ。

でもこんな風に頭の中でいろいろ考えてあそんでられるのは
恵まれている証拠なのかもしれない。
結局甘えたいだけなんだろうな。
ゆるゆるなのにさらに甘えてるなんて情けない。

今のために将来をないがしろにしちゃいけないし、
将来のために今をだいなしにしてもいけない
悩むより動いてみようと思います。
いつも言うけどなかなか難しいね。


イスタンブール、トプカプ宮殿から見たボスポラス海峡。
手前がヨーロッパで向こうがアジア!
夏のボスポラスは真っ青なんだって!
2週間後にはまたここにいると思うと、もやもやもちょっと飛ぶ。
 
   
Posted at 03:16/ この記事のURL
コメント(0)
なんだか / 2006年05月15日(月)
最近不安定だ。
とてもポジティブになったり、どんぞこまでネガティブになったり、
ものすごく何かに打ち込みたくなったり、全部捨てたくなったり、
考えごとにふけったり、なんにも考えたくなかったり
「あたしフェミニストになる!」って決意したり、「やっぱフェミはむりだ」とか思ったり、
うきうきしてると思ったそばから寂しい気分になったり。
たまらなく人恋しくなったり、突然ひとりになりたくなったり。
浮いたり沈んだり。

これってうわさの五月病?

いろんな現実から逃げ出したい気分。
よわっちい自分や宿題やテストや毎晩訪れるかなしばりとか。
いろんなわずらわしいものから。
この先訪れるであろう課題の山やきつい授業や就活や日本社会とか
押しつぶされてしまいそうな、たくさんのものから。

でも逃げたところでそこはからっぽでしかない。たぶん。
だからやるしかないんだけど。
あーーー、やる気でない。

きっとね、今のことも満足にできてないのに
就活とか先のことばっかり考えて不安ばかり増やすのがいけないんだ。
甘ったれだなーとつくづく思う。

今のために将来をないがしろにしてはいけないし、
将来のために今を楽しまないのももったいない。
これは大好きな言葉なんだけど、今のあたしはどっちにもあてはまらない。
今からも将来からも逃げたい。
タイムマシーンがあったらいいのに。

もやもやがどこにあるのか、なにが原因なのか
さっぱりわからなくて、自分をもてあましてる。

今週は楽しいことがある(はず!)だから、そのうちラクになるかしら。

 
   
Posted at 00:54/ この記事のURL
コメント(0)
ありがとう / 2006年05月13日(土)
この前読んだ本に「サービスされたポップコーンにお礼も言えないような子はかわいくない」的なことが書いてあった。
まあいろいろつっこみどころがあるのかもしれないけど、
最近の自分のことを言われているようでどきりとした。
親しき仲にも礼儀あり。
人間関係のだいじなとこができてないなーと思う。

あたしは変なとこで妙に意地っ張りなので、
たまに(いや、しょっちゅう?)すごくひねくれた気持ちになる。
「どうせあたしなんか」とか「なんでわかってくんないの?」とか。
そういう気持ちのときは、やさしさとか親切とかそういうものを素直に受け取れない。
受け取れても、なんだか照れくさくて恥ずかしくなってしまう。
素直に接することができなくて、あとで1人で反省会とかする。(笑)

でもやっぱり思うのです。
感謝の気持ちだけじゃなくて、思ってることを素直に伝える人は魅力的だと。
それもやりすぎるとわがままとか自己中になっちゃうのかもしれないけど。
言うべきことを伝えられるひとはステキだなーと。

せめて、「ありがとう」っていう気持ちだけは忘れたくない。
きちんと物事のありがたみを噛み締めたい。
 
   
Posted at 00:29/ この記事のURL
コメント(2)
かもめ / 2006年05月06日(土)
「かもめ食堂」を観ました。
すごく観たい映画だったので大満足。
おなかすいた。

フィンランドはきれいなところだし、
お話はすてきだし、
ごはんはおいしそうだし、
役者さんはみんな演技うまいし!!
拙い感想ですけど、いい映画でしたよ。
かわいかった。
なんかね、肉じゃがみたいな映画なのよ。

あたしは小学生くらいの頃から、ごはん屋さんをやりたいと思ってた。
自分の好きなものとか、好きな本に出てくるお料理を出すお店。
まあそれは真剣な希望ではなくて、単なる妄想にすぎないんだけども。
だけど、この映画を観たら「飲食店経営ってほんとにいいかも!」と思ってしまいました。
いや、無理だと思うけど。
トルコとかアイルランドでごはん屋さんとかできたらステキよね〜。なんて。

あー、おなかすいた!
 
   
Posted at 00:12/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.