青汁やケールを主成分とした青汁が便秘にも効くそうです。

August 24 [Sat], 2013, 18:33
明日葉やケールがなぜ便秘にいいのでしょうか。

明日葉には、明日葉独自の健康成分「カルコン」があります。カルコンは明日葉の根や茎を切るとあふれ出てくるネバネバした黄色い汁で、体の巡りをスムーズに促進し、むくみの原因となる老廃物をスッキリと洗い流してくれる不思議な力があるのです。


ケールが成分の青汁も便秘にはいいようです。

ケールとトマトの栄養素を比較してみました。

ケールには現代人の食生活で不足しがちなビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素をバランス良く含まれ、その結果便秘にもいいといわれています。

ケールはキャベツやブロッコリーの原種の植物ですが南欧が原産地。トマトとケールを比較すると次のような違いがあります。

  カロテン・・・・・ケールはトマトの5倍
  ビタミンC・・・・ケールはトマトの5倍
  ビタミンB2・・・ケールはトマトの8倍
  食物繊維・・・・ケールはトマトの4倍
  カリウム・・・・・ ケールはトマトの2倍
  鉄分・・・・・・・・ケールはトマトの4倍
  カルシウム・・・ ケールはトマトの31倍

ケールには食物繊維をはじめこうした栄養素がぎっしり詰まっています。そのため青汁なら絶対ケールがいいという根強い青汁ファンもたくさんいます。

青汁を飲むタイミング

August 24 [Sat], 2013, 18:32
ダイエットに効果的なのは食前青汁
ダイエットを目的として青汁を飲む方も多いと思います。なぜなら食前に飲む青汁というのは、栄養素を送り込むことで脳の満腹中枢に満足感が生まれるからです。

食前青汁を意識することでご飯抜きという自体を防ぐことが出来る
青汁は朝ご飯を食べないことが多い現代人の味方です。青汁を食前に飲むという習慣をつけることによって、忙しくてご飯を抜かなければならないときにも青汁だけは飲むという習慣が生まれます(経験談)。必要な栄養を必ず摂取するという習慣がつくという意味で食前というタイミングを設定しておくことをおすすめします。

以上の理由から食前がベストです。ただ、これはあくまで参考程度にしてください。なぜなら、青汁をいつ飲むのか、と考えることももちろん大切ですが、それよりも大切になるのは「青汁を常に携帯する」そして「青汁を続ける」ということです。今はパックタイプのような携帯することが出来る青汁も数多く出ているので、いつも持ち歩けば、あなたが毎日無理なく飲むことが出来るタイミングが自然とわかってきます。

大麦若葉によって得られる効能

August 24 [Sat], 2013, 18:31
大麦若葉は、そのものの名前ではなく、大麦や小麦の幼穂期に30センチほどを刈り取ることで得られる材料の別名です。

主な効能として宣伝されているのは、「高血圧の予防」や「コレステロールを抑える」、「がんを予防する」などがあげられます。

では実際にどのような効果が期待できるのかを以下に説明していきたいと思います。

大麦若葉の効能を語ることができる理由の一つは、その栄養価の高さにあります。
ビタミンやミネラルといった基礎的な栄養素から、アミノ酸であるロイシンやイソロイシン、食物繊維、葉緑素、特に効能として期待されるSOD酵素などがあります。


まず、大麦若葉から栄養をとることの利点ですが、ビタミンやミネラルといったサプリメント単体では摂取の難しい食物繊維が含まれていることです。現代の食事において、インスタント食品や加工食品が中心になっており、先ほどあげたような効能を必要とする人の多くは食生活に問題があるといえます。

そこで不足してしまうのが食物繊維です。食物繊維によって得られる効能は、腸に老廃物が溜ることで起きる便秘などを解消することが期待されます。

おすすめの青汁

August 24 [Sat], 2013, 18:25
私のいつも飲んでいる青汁はちなみに→ローヤルゼリー青汁です。

味がおいしく続けやすい
健康に気を使い、飲み始める青汁なのですが続かなければ意味がありません。毎日ゴクゴクっとおいしく飲める青汁を選びましょう。青汁の主原料はケールでアブラナ科の野菜です。青汁を飲みにくくさせている、この癖のある野菜に工夫がされているかというのが選ぶ時のポイントです。

1杯分のコストが低い
毎日飲むものなのでお金もあまり掛けたくないというのが本音ですよね。健康のために、身体にいいから購入するのだけれども、お財布に厳しいとなると続けるのも残念だけど難しいです。できるだけお財布に優しい商品を選ぶといいでしょう。

青汁に使用される野菜

August 24 [Sat], 2013, 18:25
● 「ケール」 ヨーロッパ原産のアブラナ科の野菜で、各メーカーでも青汁の原料としている野菜です。
ビタミンやミネラルさらには食物繊維が豊富な事で知られています、栽培される土地の性質で味にも多少の違いがあります、アブラナ科野菜で「イソチオシアナート類」と言われる辛味成分がありますから脳血栓を予防したり殺菌作用や解毒酵素の活性化、あるいは抗ガンにも良いと言われています。
● 「大麦若葉」 大麦の若葉でイネ科の植物です、食物繊維とカロチンが非常に多く含んでいます、またビタミンやミネラルも多く含んでいますから栄養素がバランスよいのが特徴です、特に冬に育つ大麦の若葉には、クロロフィル、タンパク賞、ビタミン、ミネラル、酵素、フラボンなども含まれているほかに、アミノ酸が2〜100個ほど結合した「ポリペプタイド」も含まれていますから、中性脂肪の減少や、コレステロールの抑制と言った効果があり、胃潰瘍や糖尿病の改善には適しており、アトピー性皮膚炎で悩んでいる人にも症状の軽減などがあるようです。
● 「明日葉」(あしたば) 明日葉は今日芽を摘んでも明日は芽が出ると言われるほど生命力の強いせり科の植物で、明日葉の青汁は、カロチンやビタミンB、ナトリウム、カリウムなどが多く含まれていて、生活習慣病の予防には最適な青汁です、また青汁以外の健康食品にも多く使用されています。
● 「桑の葉」 日本では昔から桑の葉を乾燥させ生薬として利用されてきました、桑の葉にはミネラルや鉄分、カルシウムなど多くの栄養素がありますから、桑の葉の健康面での効果と言えば、血糖値の上昇を抑制するとも言われています。
● 「しそ」(紫蘇) 特に栄養価が高い野菜です、老化を防ぐ効果があると言われ、β-カロチンが特に豊富に含まれています、またミネラルやビタミンB1・B2・C、α-リノレン酸も多く含まれています、胃腸の調子や免疫力の回復、貧血予防、などに効果がります、最近の研究では抗酸化作用、消臭作用、血中のアルコール分解促進作用、煙草のニコチンやタールをうすめる作用などが報告されています。

青汁で野菜不足を解消

August 24 [Sat], 2013, 18:10
青汁で野菜不足を解消と言いますが、いったい青汁には私達の体にとってどれほどの効能があるのでしょうか、野菜には体の機能を整えるための働きである、ビタミンやミネラル、食物繊維と言った成分が含まれていますが、ではそのビタミンやミネラル食物繊維と言った成分は体の中でどんな働きをするのでしょうか。
青汁の効能の中でも一番に挙げられるのは便秘の解消です、たかが便秘されど便秘で、便秘は体にとって大変に良くない事です、腸内環境を整える事は栄養の吸収や老廃物の排泄と言った健康を維持するための大切な要素です。
腸内環境を青汁で整えておけば便秘もせず、女性には嬉しい美肌効果があると言う事ですね、さらには青汁の成分でもあるメラトニンが貴女のお肌をツルツルにもしてくれます、抗酸化成分も豊富に含まれていますからアンチエイジング効果も期待できます。
さらに青汁には免疫力を高め病気に強い体を作ると言うメリットが上げられます、免疫力が高まれば花粉症やアトピーと言った悩みからも解放され快適な生活が送られると言う事ですね、免疫力が高まれば癌の予防にもつながりますから、普段から青汁で免疫力を高めましょう。
青汁は血液をサラサラにする効果も期待できますよ、血液をサラサラにすると言う事はエコノミー症候群などの血栓の予防にもつながりますし、コレストロールを抑える効果もあります、さらにはダイオキシンを体内から排泄すると言う効能まであるそうです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:marikocancan12
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる