肩こり、腰痛 

2008年11月30日(日) 1時39分
【肩こり・腰痛の薬】
1.肩こり・腰痛の薬とは?
■ 肩こり・腰痛の薬とは?
・原因…肩こりは筋肉の硬直、血行不良、知覚神経の障害
     腰痛は骨や筋肉の衰え、疲労
・筋肉の緊張やこりをやわらげる、血行を良くする、末梢神経を正常にする、炎症を鎮める薬を用いる

■ 肩こり・腰痛の薬の分類
・外用薬…塗布剤、湿布剤に分類。配合成分はほとんど同じで消炎鎮痛成分が中心
・内服薬…ビタミン主薬製剤、漢方薬、女性用保健薬、筋弛緩剤(筋肉の緊張をほぐし、こりや痛みを緩和)
2.外用薬
■ 外用薬の成分
・刺激型消炎鎮痛…知覚神経を刺激で知覚麻痺を起こし痛みを鎮める。末梢血管拡張で血行をよくし炎症を緩和
・経皮吸収型(プロスタグランジンの産生を抑える)…インドメタシン、ケトプロフェン、フェルビナク、ピロキシカム
・抗炎症成分(グリチルリチン酸、グリチルレチン酸)、局所刺激成分(メントール、カプサイシン)、血行促進成分(ニコチン酸ベンジル、酢酸トコフェノール)
■ 外用薬の剤型
・塗布剤(ハップ剤とプラスター剤)と塗布剤(油性・クリーム・ゲルの軟膏とローション・エアゾールの液剤)
3.内服薬
■ 内服薬の種類
・ビタミンB1主薬製剤…ビタミンB1は糖質から筋肉や末梢神経に必要なエネルギーを作るのを助ける
・ビタミンB1B6B12主薬製剤…目、肩、腰の疲れをメイン
・ビタミンB12主薬製剤…ビタミンB12のうち、唯一の活性型ビタミンのメコバラミンは末梢神経の傷を修復
・ビタミンE主薬製剤…末梢血管の血行障害の改善、ホルモンバランスを調整(更年期障害の緩和)
・筋弛緩剤…メトカルバモール、クロルゾキサゾン、フェンプロバメート
・漢方薬…葛根湯(肩こり)、八味地黄丸(下半身の筋肉の衰え)、疎経活血湯(坐骨神経痛)、桂枝加朮附湯(ひえを伴う関節痛、神経痛)
・女性用保健薬…血行不良、自律神経の乱れ、生理不順の緩和…シャクヤク、センキュウの生薬など
・コンドロイチン硫酸の単味剤…コンドロイチンが体内の保水性や弾力を維持→関節部分で潤滑油の役目
・生薬…ほとんど滋養強壮剤として発売
■ 内服薬の剤型
・錠剤、顆粒剤、カプセル剤の固形剤とドリンク剤の液剤
4.その他
■ 健康食品
・グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、MSM、キャッツクロー
■ 医療用具・健康器具
・磁気治療器、マッサージ器などの医療用具、ツボ押、お灸(自己治癒力を高める)などの健康器具、カイロ、サポーター、コルセット、入浴剤


【肩こり・腰痛の薬の販売ポイント】
1. 売のポイント
■剤型ごとのおすすめポイント
・サリチル酸配合は軽い肩こり、腰痛に
・インドメタシン(スイッチOTC)などは痛みが強いとき。妊婦には使えない
・ビタミン主薬製剤は神経組織の再生や筋肉のエネルー産生、血行促進
・痛みがひどいときは鎮痛剤
■症状による販売の基本
・まず、症状が急性か慢性かを確認。急性の時は外用薬、慢性の時内服薬を

2. 顧客パターンとおすすめ商品
■肩こりに効く商品は?
・疲労からくる急性の肩こり…筋肉のこりをほぐす外用薬
・内服薬は慢性の症状におすすめ…軽いこりはビタミンB1、さらに進んだ時はビタミンB1・B6・B12
・更年期の肩こり…ビタミンEで血行を良くする。女性用保健薬(トウキ・シャクヤク)を服用
・高齢者の肩こり…血行不良や筋力の低下、代謝機能低下など慢性的な症状のためビタミンEや漢方薬がおすすめ腰痛に効く商品は?
・軽い腰痛なら外用消炎鎮痛剤、強い痛みをとるなら鎮痛剤
・患部を動かさないで安静、コルセットも有効
・ビタミンB群やビタミンEが効果的(血流、筋肉の硬直、末梢神経の損傷を改善)
・しびれなど重症な時はビタミンB12主薬製剤で末梢神経修復
・生理に伴う腰痛はイブプロフェン配合の鎮痛剤、漢方薬の当帰芍薬散が効果的
■関節痛に効く商品は?
・テニス肘はテーピングなどで固定して休める
・炎症の緩和を促すMSM(メチル・サルフォニル・メタン)などを配合がおすすめ
・五十肩は筋肉をほぐし血行を良くする薬剤を使い、痛みにはインドメタシン配合などの外用消炎鎮痛剤
・長期的には関節部分の損傷を回復するためコンドロイチン硫酸などの内服薬
・グルコサミンやキャッツクローは関節の痛みに効く健康食品
■その他
・磁気治療器は磁気で血行促進
・入浴剤は体を温め血行促進
・マッサージ器具は刺激を与え、筋肉を揉みほぐすことで痛みをやわらげる
・お灸は熱でツボを刺激して血行を良くする
・グルコサミンは関節の周辺組織に滑液を補給し、動きを滑らかに
・キャッツクローには消炎作用がある
・MSM(メチル・サルフォニル・メタン)は炎症を抑え関節炎の痛み緩和

眠くならない風邪薬 

2008年11月16日(日) 9時29分
今まで、眠くならない風邪薬は“葛根湯”

でも、風邪の初期の時だけ

くしゃみ、鼻水の症状があるときは

総合の風邪薬。

どんなに個人差があっても

鼻の症状を緩和する抗ヒスタミン剤は

喉が渇いたり、眠くなったりする作用がある

頭痛、発熱だけなら解熱鎮痛剤

咳の時は咳止めをすすめてた

でも・・・

大正製薬が、眠気や口の渇きを起こす成分がない風邪薬

「パブロン50」を発売!!!

眠くなったり、尿が出にくくなる抗ヒスタミン薬や、

便秘を起こしやすいリン酸ジヒドロコデイン・が入っていません

トランシーノ 

2007年09月05日(水) 22時39分
トランシーノ            
「トランシーノ」の効能・効果: しみ(肝斑に限る)

肝斑とは: 頬骨に沿って左右対称にできるしみ

肝斑というしみの原因: 女性ホルモンが関連

肝斑の特徴
30代〜50代の女性に多く見られる。
・目の周りを避け、頬、額、口の周りに左右対称にできる。
・紫外線の影響により濃くなったり薄くなったりする
・レーザー治療で悪化

「トランシーノ」は、肝斑の有効成分として初めてトラネキサム酸 を配合した商品

服用方法
・効果がわかるまで、少なくとも1カ月(1ビン)は続けて服用
・服用して1カ月で効果が現れた場合は、十分な改善のため、さらに1カ月(合計2カ月)の服用
・2カ月でいったん服用を止め、次に服用を再開するまで最低2カ月あける

肝斑に対する作用
・トラネキサム酸は、メラノサイトを活性化する情報伝達物質の一つプラスミンを阻害し、メラニン生成を抑制
・ビタミンCは、メラニンを直接還元しメラニンを薄くする。
・L-システインは、肌のターンオーバーを促進しメラニンを排泄

頭痛 

2007年06月24日(日) 1時36分
<頭痛の種類>
・一次性頭痛:起こる原因がはっきりとわからない頭痛
(緊張型頭痛、片頭痛)
・二次性頭痛:明らかな病気など、原因がハッキリしている頭痛
一次性頭痛は、検査に異常が現れづらい。
→ 頭痛外来では、問診によって頭痛のタイプを見極めていく

<片頭痛>
・原因:脳の血管の拡張
・起こり方:発作的(1〜2日で治まる)
・随伴症状:ある(吐き気、光や音に過敏になるなど)
・対処法:冷やす、コーヒーを飲む(音などの刺激は×)

<緊張型頭痛>
・原因:筋肉のコリ(肩や首の血管が収縮)
・起こり方:いつとはなしに始まり、ダラダラ続く
・随伴症状:ない
・対処法:肩や首の血流をよくする(マッサージ、温めるなど)

その他にも、目覚まし時計頭痛、ポニーテール頭痛など
頭痛のタイプは様々。
対処法が異なるため、自分の頭痛のタイプを知っておこう。

腰痛 

2006年10月29日(日) 19時07分
午後は○○ おもいッきりテレビ 2002/02/04
腰の周りの筋肉を柔軟にしてゆがみを正常に戻す

中腰姿勢の時は内股にする(股関節を意識することが良い影響)

腰の骨のゆがみを進行させやすい「朝の起床時」
・朝は足を伸ばしてひざをかかえてから起きる→高血圧症も改善
・上半身を動かす

腰の骨のゆがみを招く「くしゃみ」
・お腹の圧力があがる→ぎっくり腰・脊髄の圧力があがり坐骨神経痛
・くしゃみがでそうになったら 腰をおさえる(ひざを軽く曲げて)
・出てしまったら腰をたたく

特に飲んで欲しい飲物
・「麦茶」・・・麦の成分ピラジンが血液の循環を良くする

ゆがみを改善する歩き方→かかとから着地してゆっくり歩く

外出する時のガードル
・はかない方が良い
・はく時は ガードルの上部分を折り返してはく

入浴は41℃位のやや熱めのお湯(※1回に3分以上お湯につからないこと)

週に2日は枕を使わないで寝る

タンパク質とムコ多糖類を多く含む食材は 腰の周りの筋肉と骨を柔軟にする
→納豆・カキ・カレイ・マグロの中おち など



ビタミン剤なら妊婦さんOK? 

2006年10月03日(火) 20時13分
答えはNO!です

ビタミンAの過剰摂取がダメです

                

☆販売時のアドバイス☆

 用法・用量をきちんと守って服用

★過剰症があるので用法用量は守る。とくに脂溶性ビタミンのビタミンA・D

ビタミンAの過剰症は頭痛や肝機能障害、ビタミンDの過剰症は腎臓障害など

★ビタミンCを大量に摂ると、まれに下痢を起こす

 ビタミン剤を服用するタイミング

これは胃腸の消化活動が活発になる「食後」

★脂溶性ビタミンは油といっしょに摂ると吸収を助ける

★ビタミンB1はアルカリに弱い⇒制酸剤入りの胃薬と併用しない

★マグネシウム剤は緩下作用があるので牛乳といっしょに飲まない

 ビタミンB2製剤や総合ビタミン剤を服用後の尿は黄色。副作用ではない

妊婦さん 授乳中の方 

2006年09月29日(金) 20時00分
妊婦さんや授乳中の方がよく薬を求められます

殆んど添付文書に使用上の注意が記載されています

特に妊娠初期は薬は控えたほうが良いのでは?

授乳中の方には“母乳をやめて、しばらくの間、粉ミルクにかえて・・・”

とアドバイスしました

今日は頭痛薬を求められました

アセトアミノフェンは大丈夫???妊娠10週だって!

病院で相談してくださいと・・・

コレカットレモン 

2006年09月16日(土) 20時00分
夫がテレビ放送で見ました。コレカットレモン

コレステロールの吸収を抑えるらしい

水溶性食物繊維(低分子化アルギン酸ナトリウム)を配合

もしかして???大正製薬のコレスケアと同じでは?

昆布などのヌルッとしたヌメリらしい

注文して欲しいと言ったけどたぶん無理

絶対に無理。テレビで放送したら売り切れだよ〜

でも話を聞くと・・・夜中のテレビだったので、OK

        

★生活習慣病
3大生活習慣病は、"ガン""脳卒中""心臓病"
+高血圧、糖尿病、歯周病、痛風、肥満、高脂血症など
原因:食生活の変化。ストレスの増加や環境汚染

★メタボリック症候群
内臓脂肪の蓄積により、さまざまな病気が引き起こされた状態
"メタボリック症候群"は高血圧、高脂血症、糖尿病などと重なり合っている状態
肥満、遺伝による体質、運動不足、栄養過多

"メタボリック症候群"
ウエスト周囲が男性で85cm以上、女性では90cm以上
・中性脂肪値が150mg/dl以上
・HDLコレステロール値が40mg/dl未満
・最高血圧が130mmHg以上か、または最低血圧が85mmHg以上
・空腹時の血糖値が110mg/dl以上
*ウエストと診断基準のうち、2つ以上に該当した場合、メタボリック症候群


★中性脂肪とコレステロールの違い
血液中の脂肪分は、"中性脂肪"と"コレステロール"
中性脂肪は、主に体脂肪として蓄えられ、脂肪酸に分解されてエネルギーとして使われる
コレステロールは、リン脂質といっしょに、体を構成する細胞の膜の構成成分
エネルギーになるのが中性脂肪、細胞や神経、ホルモンなどの構成成分となるものが、コレステロール

★コレステロールが高めの人
“キトサン”“低分子化アルギン酸ナトリウム”

坐骨神経痛の方来店 

2006年09月14日(木) 20時00分
坐骨神経痛の方が来店されました

病院も行ってるしコンドロイチンも飲まれているけど

まだ数日しかたっていないのでまだ効き目がイマイチ

なにか良い薬は?って言われました

コンドロイチンやグルコサミンですぐには痛みは取れないのでは?

今は出来るだけ安静にして重いものを持たない

病院で薬をもらっていらっしゃるのでは・・・

それでもお客様は薬局を???

カルシュウムも食事に取り入れて早く痛みが少しでも和らぎますように

          

★グルコサミンのはたらき

骨と骨の接合部の関節に、間に弾力のある軟骨が存在、
衝撃をやわらげるクッションの役目
これがすり減ってくると
骨と骨が直接ぶつかり、痛みを感じる

軟骨の生成を助ける成分のグルコサミンやコンドロイチン硫酸を摂取
グルコサミンには関節にかかわる2つの重要なはたらきがあります。

軟骨は、プロテオグリカンという高分子体が主成分、
グルコサミンは最終的に体内でプロテオグリカンのもとになるコンドロイチン硫酸に変化
これによって、すり減った軟骨を補充

軟骨の修復や滑液の補充が行われるため、
「グルコサミン」や「コンドロイチン硫酸」を摂取で、痛みが軽減

★慢性の腰痛

腰痛を解消には、血流、筋肉の硬直、末梢神経の損傷などを改善する必要あり
ビタミンB群やビタミンE。重い症状の場合は、神経の修復作用のビタミンB12の主薬製剤を服用

 ――――――― ポイント ―――――――
内服薬
・ ビタミンE : 血流を改善して、筋肉の疲労物質の排出を促す
・ ビタミンB12 : ビタミンB1・B6、葉酸でさらに末梢神経を修復
・ イブプロフェン、アスピリン : 鎮痛作用により、痛みを内部から

ナイシトール 

2006年09月08日(金) 12時01分
テレビで放送されたらしくって(“ ちちんぷいぷい”)

ナイシトールが完売

テレビの影響はすごいなぁ〜って思いました

この商品は「おなかの内側の脂肪」の分解・燃焼を促す漢方薬

防風通聖散(ボウフウツウショウサン)

今年の3月に発売され面白いネーミングについつい・・・

私も購入していました(笑)

でもまだ全然飲んでいません。何故飲まなかったか?

発売されてすぐクレームが来ました

“激しい下痢”

こわ〜い。便秘気味の方はこの薬が合うらしいけど・・・

仕事しながらトイレに駆け込むのは病気の時だけで十分

漢方薬飲んで駆け込むのはイヤだなぁ〜

http://www.kobayashi.co.jp/seihin/ns_t/
♪プロフィール♪

★HN★rinko・麻里衣

★誕生日★ 9月11日

★出身地★ 大阪

★生活★ 昼、クリーニング。夕方、薬局でバイト

★趣味★旅行・スイミング・山登り・エアロビクス

★血液型★ O型

2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:marii1240
読者になる
Yapme!一覧
読者になる