矢沢永吉のAKB商法批判の真相は

August 08 [Wed], 2012, 17:25
CDではなく握手券が売れているだけだとAKBを批判した矢沢永吉。


矢沢永吉の思惑とは。


「元々矢沢は『音楽で億万長者になりたい』という明確なビジョンを持っていた人間です。第一線で、かつ売れ続けるには、どうしても話題性が必要になることを十二分に理解している。リリースやコンサートを控えたこの時期に、『矢沢永吉、AKB48を批判!』というニュースが出ることは、まさに彼の思うツボなんです」(レコード会社関係者)



「かつて桑名正博率いるロックバンド『ファニー・カンパニー』を執拗にライバル視して注目を集めていたのと、まったく変わらない“絵作り”ですよ」(同)






「今やアイドル歌手の定番であるグッズ商法ですが、国内で最初に成功を収めたのは、確実に矢沢でしょう。コンサートでは、必ずタオルを振り回したり、投げたりしなければならない曲を盛り込んでくるため、現在でも会場では飛ぶように売れています」(芸能記者)


しかしただでさえ売れている矢沢永吉がわざわざ話題のためにAKB批判するのかと言う感じはします。


自分の実績とAKBの実績は違うのだという思いもあるのではないですかね。


AKBはアルバムは売れない、ソロも売れない、売れるのはAKB握手券だけの状態になっていますからね。




  • URL:http://yaplog.jp/marihima/archive/71
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。