【 更新情報 】

スポンサードリンク

ルタオのスイーツで楽しい気持ち

スイーツの中でもチョコレートは別格。大切な人へのプレゼントもちろん、自分へのご褒美に、疲れたり落ち込んでしまっているときの気分転換、けんかの仲直りなど、いろいろな場面で暮らしの中になくてはならないチョコレート。チョコレートは、楽しい気持ちをさらにふくらませたり、落ち込んだ気分を立て直したり、プラスの気分を生み出す魔法の食べ物。
ルタオのスイーツには、そのチョコレートの魅力をもっと知っていただき、楽しんでいただきたいという気持ちがいっぱい詰まっています。毎日のおやつタイムに食べるチョコレート、気軽なプレゼント用のチョコ菓子などバリエーション豊富に用意されています。世界でも希少なシングルビーンチョコレートなど本格派の通の方には充分ご満足出来る品揃えでチョコレートの素晴らしさを伝えている。そして チョコレートといえば バレンタインデー。「ロイヤルモンターニュ」はピラミッドの形をした、紅茶味のチョコレートです。上品なダージリンの香りが口いっぱいに広がります。食べやすく、かわいらしいビジュアルも魅力的です。
バレンタイン限定!のケーキもあります。アップルブランデードゥーブルはアップルブランデーのふくよかな香りとマスカルポーネチーズの味わいとのバランスを考えて、カカオはメリハリのあるフレーバーのトリニダッド&トバゴ産「トルトゥガ」を使用。甘いものが苦手な男性にも喜ばれる、大人のドゥーブルです。

ルタオのショコランジュの口コミ

チーズケーキが有名なルタオ。ほかにもケーキはあるはず。チョコレートのケーキがショコランジュ。
これはかなり濃厚なチョコのケーキだ。ルタオのチーズケーキはやわらかな あっさりとした食感などの感想が多い。しかし このショコランジュはちょっとちがう感想がある。
ふっくらという感じでは無く、多少ねっとりとしており、チョコレートの比率がかなり高い。
ケーキのように食べようとすると濃厚すぎて辛いかも。ケーキというより チョコレートそのものみたいな様子。
このケーキには砂糖無しの珈琲か紅茶を用意しなければ克服できない。チョコレート好きにはたまらないケーキかもしれない。無糖のブラックを用意して、このチョコケーキに挑む事になりそうです。
それでもかなり厳しい。なんといっても脂っこいのだ。好みの問題もあるが これはヘビーなケーキらしい。
人気のドゥーブルフロマージュにもう一つ 仲間があるようです。チーズケーキがショコラ風味。トリニダット産カカオ豆使用のチョコレートを練り込んだベイクドチーズとマスカルポーネを二層にしてショコラドューブルもあります。違うショコラのケーキを気分によってたべわけるのもいいですね。
私たちの生活の中でいろんな場面でスイーツが登場します。スイーツでほっとするなど 気分転換の使う機会が多いと思うのですが そんな時にルタオのスイーツがあれば最高の時間が出来ますね。

ルタオのジャージープリンの口コミ

ルタオといえばチーズケーキが有名。看板商品になっているくらいだからおいしい。その他の物もきっとおいしいはず。小樽ジャージープリンも人気があるようです。
今や定番となった瓶スタイルのプリンで、まず見た目がかわいい瓶にひかれてついついかってしまうとか。
プリン専用のカップ型ではなく、牛乳など、もともとプリン用ではない形であるのがおもしろい。このルタオもやはり瓶入りヨーグルトのようなスタイルである。ちょっと小さめに一個315円は決して安くない。
チーズケーキは二つのチーズを二層にしてあるが このジャージープリンは三層にになっている。濃厚さにびっくり 感激。カラメルソースが甘すぎないので 濃厚なのに比較的あっさりとしている。とろんとしたくちどけ。
上の層はジャージー牛乳を使用した濃厚なクリーム、下の層は生乳感のあるさっぱりとしたミルクプリン。
ミルクプリンはゼラチンを使ってるような、ババロアのような食感。カラメルソースが大人の味をだしている。
そして瓶にはいっているので かなりソフトなやわらかなぷりん。
小さい瓶の中に違う味のものが喧嘩しないでおさまっている・・・・・こんな感想が多いのです。
もちろん通販も出来ます。

ルタオのチーズケーキを通販する。

北海道 小樽市で有名なルタオのケーキ。いくらおいしくても 遠くに住んでいる人は買いにいくのは難しい。いろんな所で開かれている北海道物産展では毎回長蛇の列 売り切れ必至の大人気商品なため、通販がお奨め。
一つ1260円。直径12センチ 冷凍便で送られてくる。丸い外箱よりひとまわり以上に小さいのでびっくりしないように・・・という口コミもあります。ちょっと高めのお値段にもうらぎることのない 味なのです。
通販で申し込んでも 届くまでにも少々時間がかかるらしい。それほど人気商品なのですね。二週間ほどでとどいても まだ!解凍に時間をかけます。冷蔵庫で3時間ほど解凍。これには理由があるようです。
二種類のチーズからできているドゥーブルフロマージュは不思議な食感のやさしい 繊細なケーキ。
二層になったケーキの周りはスポンジ生地が細かくまぶされている。解凍を適当にしてしてしまうとこの周りのスポンジが水分を吸収してしまうらし。せっかくのチーズケーキがべった〜っとしてしまい台無しになって価値がなくなってしまう。
早く食べたい気持ちは少し抑えて 時間と神経をつかった解凍が必要です。
かなり小さめのこのチーズケーキは送料が加わることを考えると決して安いとはいえません。
それでも取り寄せる価値はあり。送られてくる包装もおしゃれ。手土産 プレゼントに最適。

ルタオのチーズケーキ ドゥーブルフロマージュ

北海道の小樽市で有名なスイーツショップが「ルタオ」。開店当初からドゥーブルフロマージュというチーズケーキがとても人気らしい。そして看板商品になっている。ドゥーブルフロマージュとは フランス語で 「二つのチーズ」という意味。そのネーミングの通りケーキは二つのチーズが使われていて それは二層になっている。北海道 大樹街産の牛乳をたっぷりつかったベイクドチーズ(クリームチーズの層)に とろけるようなマスカルポーネ(レアチーズの層)の2層からなるチーズケーキ。 
一つで二つのチーズを味わう事ができる贅沢なレアチーズケーキ。レアチーズと聞くと 滑らかとかしっとりしたものを想像してしまうが食感はフワフワやわらかいらしい。濃厚な感じではなくさっぱりの甘さが楽しめる。 なんとも不思議がケーキのようだ。
マスカルポーネは豊富な乳脂肪分でとても クリーミー。ティラミスに使われているので有名。
舌に載せると解けていく感じ。いい感じの繊細な軽さ。
クリームチーズの層はマスカルポーネに比べてかなり固め。どっしりをした濃厚な正統派のベイクドチーズの感じがします。一層を別々に食するだけでも質に良さが伝わってくる。
この異なる質感 味わいのケーキを同時に頬張ると渾然一体となって「ルタオ」のケーキとなり口の中に広がります。
一度は食べてみたい。リピーターもたくさんいます。