婚約者とのギクシャク 

March 17 [Fri], 2006, 12:17
最近毎日のようにけんか。

昨日は私が家に帰りたくないっていって
電話越しで数時間もめていた。

彼のことは本当に大好きなのに、今気持ちの不安定と戦っている。

今日、岩田さんと少しお話ができた。

でも、あんまりうれしくなかった。

婚約者とうまくいっていないときは、やっぱり好きな人と話しても
うれしくないものなのかな。

岩田さんを好きって思い込んでいる自分に酔っているのか。。。。。

ぶっちゃけ、岩田さんに抱いてもらえればそれでいいのか。

あたしの悪女時代の病気はなおっていないのかもしれない。

別にSEXが好きなわけじゃないんだけど、

お気に入りを自分のものにしたい。

自分に興味のない男を自分のとりこにするまで押して、
ものになったらゲーム終了。

そのゲームのがまたスタートしたのかも。

岩田さんはそのターゲット。

やりたい。

私は最低な人間です。

一瞬だけど 

March 16 [Thu], 2006, 12:32
今日は出張。 今朝岩田さんから着信があった。 来週会議あるからよろしくって。 用件はそれだけ。 でも 携帯に着信があることがうれしくて、思いがけず 声が聞けたのが嬉しくて、気持ちが一気にハッピーになりました。 私は岩田さんの心の中に 少しでも入っていけたらいいのになって思う。 会話はなくていいから、近くにいたいな…

初恋のような感覚 

March 15 [Wed], 2006, 14:28
私の恋をしている既婚者を、仮名で岩田さんとします。

岩田さんとはもう4年ほど顔を合わせているけど、特別仲がよいわけでもなく、
ほとんど会話をしたことがない。

岩田さんは38歳。結婚していて2歳と5歳の子供がいる。

数ヶ月前、私は仕事で失敗をした。

岩田さんも関わる仕事だったので、初めて相談をした。

初めて向き合って長く話をした。

岩田さんの知らなかったやさしさと男らしさを感じた。

それがきっかけで、少しずつ会話が増えてきた。
でも、本当に少し。

目が合うこと、横にいられる数秒の時間がうれしくて、
どきどきする。

初恋みたいだ。

私は婚約者がいる。
岩田さんは奥さんも子供もいるし、私は仕事上の部下。

それだけ。
本当にそれだけなのに。

意識していることを悟られないようにすればするほど
失敗がおおくなる。

明日はしゃっべってもらえなかったらどうしようって
そんなことまで考えるようになっている。

私の婚約者 

March 15 [Wed], 2006, 11:56
彼はとても優しく、思いやりがある。
送り迎えも、自分から進んでしてくれるし、
浮気は…きっと今はしていないだろう。

私は彼が大好き。

毎日くっついて、毎日一緒に寝て、毎日愛しあう。

でも、彼の優しさを知ってしまい
それに慣れてしまうと、
今よりもっと…と上をみてしまうのかもしれないね。



喧嘩もするけど、私はこの幸せがずっとずっと続いて、
彼とずっと一緒にいたいと思う。 なのに…… 毎日一緒にいるからかな。

彼に対してドキドキする気持ちがもうなくなってしまったのに気付いた。

愛してると言い聞かせても、ふと気づくと
既婚者のあの人の事を考えている。

次に会えるのは 明後日。


仕事で少し顔を合わすだけなのに、なぜか楽しみで、 明後日を待ってる時間がとても長く感じる。
隣には 婚約者がいるのに。

私は 最低だ。
わかっているのに、恋をしている。

叶わない恋だからこそ、ますます好きになっちゃうのかな。

心と体は別物 

March 14 [Tue], 2006, 16:18
今まで何人の男に抱かれてきただろう。。。

好きなんて、0.0001パーセントも思ったこともない人に。

私より、二倍も三倍も年の離れてる人に。

お金のために、どうでもいいおやじに抱かれていた私。

彼氏も常にいたが、どの彼氏にも本気で愛情を注いでいた。

でも続かなかった。

そうだよね。だって私、あなたたちに隠れて、内緒でおやじと寝てたんだもん。

どうして、みじめだって気づかなかったのかな。

貧しい家庭に育った私。

お金持ちになんらかの憎しみがあったのかもしれない。

親の姿を見て育ったから。

でも。心で好きだって、愛してるって思うのはいつも一人。
それなのに、体はいろんな人に抱かれても何も思わなくなっていた。

わたし、いつまでこれが続くのだろう。

そして、今の婚約者に
おやじといるところを発見されて、

はじめて・・・・はじめて私は

まわりに男がいない人生になった。

うれしかった。

なんか、やっと神様が気づかせてくれた気がした。

おやじを経験した16歳 

March 14 [Tue], 2006, 16:01
私は、あるビジュアルバンドの追っかけをしていた。

どうしてもコスプレをしてライブにいきたくて・・・・・
でも、お金がなかった。

バイトをしてはいけない高校に通っていたから。
家も裕福ではなかったので親からお金をもらうことなんて
できない。

私はテレクラに電話をした。

初めてつながったおやじと会う約束をした。

高校をさぼっておやじに会った。

はじめての体験。
抱かれてる間、当時付き合っていた彼氏の顔がずっとはなれなくて、

抱かれてる間、ずっと泣いてた。
目を閉じていても涙が溢れ出てきた。

おやじにもらったお金。

ライブにいったけど、ぜんぜん楽しくなかった。

でも、
こんなに簡単に大金が手に入るって・・・

そのときから私の人生が変わった。

切ないいけない恋 

March 14 [Tue], 2006, 15:51
私には、付き合って二年になる彼氏がいる。

彼のことはすごく大切で、大好きだ。

でも、今恋をしている。

既婚者に。

仕事先の上司だ。

何年も顔を合わせ、まったく意識もしたことのなかったひと。
むしろ、怖くて嫌いだったひと。

どうして・・・
どうして突然こんな気持ちになったのか。

うそだと思いたいけど、考えれば考えるほど
 彼を好きになっている自分がいる。

彼氏とは婚約している。

もう一緒に住んでいる。しかも彼の実家に。

こんな私の今までの人生を書いていきたい。
P R
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像Honesty
» 切ないいけない恋 (2006年03月14日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mariaemiri
読者になる
Yapme!一覧
読者になる