カメラマンの写真撮影&バレエ鑑賞 / おうちごはん(フランス料理:2016年・1月) 

2017年01月22日(日) 23時37分
今日は朝から都内の公園に行き、プロカメラマンさんによる野外での家族写真の
撮影をして頂きました

娘の七五三の撮影でお世話になった会社なのですが、その時の写真の仕上がりが
とても素晴らしかったので、またお願いしたいね、という話をしていました

息子も生まれて、子供たちもここ数年がいちばん成長が著しい時期なので、この
貴重な時期を素敵な写真に残しておきたいなぁと思い立って、今年は季節ごとに
野外での家族写真の撮影をして頂くことにしました







初めは笑顔が固まっていた娘も遊ばせているうちに笑顔が出るようになってきて
とても自然な写真を撮ることができました

息子もまだねんねちゃんですが、次に撮影して頂くころには、はいはいができる
ようになっているかもしれないので、そういった成長を記録していきたいです

春夏秋冬、1年分の写真が揃ったら、イヤーアルバムを作りたいと考えています

撮影のあとはランチを挟んで、娘の希望でバレエの発表会を見に行きました

先日バレエを見てからバレエにはまってしまった娘。まだきちんとした舞台には
連れて行けないので、4歳になったら入るバレエ教室を決めるための下見を兼ね、
今後半年くらいでいくつかの近くのお教室の発表会を見せて頂くことに


今回見せて頂いた発表会は「おさらい会」といった位置づけのようで、大道具は
使わず衣装と音楽と照明だけを使い、生徒さんは全員バリエーションを踊っての
舞台だったようです。

バリエーションだと一つの作品が数分で終わるので、まだ飽きやすい年齢の娘に
ちょうどよかったかもしれません

娘は本当にバレエが好きでいくら見ても足りないようで、発表会が終わった後も
「もっと見たい」と言っているほど。あまりにも真剣なので、来月は誰でも見学
することができるバレエのコンクールを見に連れて行くことにしました

発表会が終わって帰りの車の中で娘はぐっすりと夢の中へ

夜は子供たちを早めに寝かしつけて、ディナーを楽しみました

今日のお料理のレッスン記事はこちら↓
【フランス料理教室:2016年・1月】


前菜は3種盛り合わせです。レンズ豆のサラダ、レンズ豆のディップ、レンズ豆の
サモサと、メインに使うレンズ豆を再利用したレンズ豆づくしのメニューです

レンズ豆のサモサは、自分なりのアレンジで茹でたじゃがいもを合わせました。
夫がこれをとても気に入ってくれたので嬉しいです


きょうはかぼちゃのスープを追加で作りました。自然な甘みを大切に作ったので
とても優しい味の、ホッとするスープです。


メインは豚肉とレンズ豆の煮込み。ルクルーゼのお鍋で作っているからか水分が
逃げずお肉がパサパサにならないので、とっても美味しく出来上がりました

デザートはほうじ茶のプリンを作ったのですが写真を撮り忘れてしまいました

お稽古場のママ会 / おうちごはん(イタリア料理:シチリア料理中級・1月) 

2017年01月21日(土) 23時22分
今日はお茶のお稽古場で仲良くさせて頂いていた、ここ数年で出産した方々と、
お稽古場の近くで子連れランチ会をすることになっていました

家族全員でお稽古場に向かってみなさんと合流し、まずはお師匠さんにご挨拶。
私は先日の初釜でお会いしていますが、他の方々は久しぶりなので、子供たちの
顔をみせつつ、ご挨拶をしました

私も息子を連れて行くのは初めてだったので、息子のお披露目をさせて頂いて、
大きくなった娘もご紹介できました

ご挨拶のあとは夫はそのままお稽古へ。私と子供たちは他の方々と一緒にお店に
移動して、ランチ会を楽しみました


去年のランチ会のときにはそれぞれにごはんを食べさせるのも大変で、子供たち
自身もバラバラに遊ぶことも多かったのですが、今年は1年経って成長し、食べる
のも自分たちでできるようになり、お互いにやり取りをしながら一緒に遊ぶ姿が
見られるようになってきて嬉しいです

私は息子がいたのでそれなりにバタバタとしていたものの、こうして回を重ねる
ごとにそれぞれの成長を感じて、ランチ自体も楽に楽しめるかなぁと期待をして
いるところです

ママ同士で子供の成長で気になることや今後のことを相談したり情報交換したり
しつつおしゃべりして、楽しい時間を過ごすことができました

数時間楽しんだあとで、そろそろ子供たちのお昼寝の時間になるということで、
お稽古の終わった夫と合流してランチ会は解散。

夜は子供たちを早めに寝かしつけて、ゆっくりディナーを楽しみました

今日のお料理のレッスン記事はこちら↓
【イタリア料理教室:シチリア料理中級編・1月】


前菜はマグロとオレンジのカルパッチョ。日本だと魚のマリネにはレモンを使う
ことが多いのですが、シチリア料理なので、シチリア特産のオレンジを使って。
こちらのほうが酸味が柔らかく香りも良いので私はオレンジマリネが好きです


パスタは海老とズッキーニのミント風。本来はヤリイカで作るのですが、我が家
では夫がイカを食べないので海老で代用しています。海老のほうがズッキーニの
緑と海老の赤で色合いが綺麗になりますね


メインはタラとトマトのオーブン焼き。一度ソテーしたタラを、オリーブなどと
一緒に基本のトマトソースをかけてオーブン焼きにした、冬らしいお料理です。
イタリアンを習うまであまり食べなかったタラもここ数年は沢山食べています

今日は大寒・厳寒を感ず 

2017年01月20日(金) 23時13分

今日は大寒。一年でもっとも寒さが厳しいころですが、日が次第に長くなって、
春へ向かう時期でもあります

初候である1/20〜1/24は「款冬華さく(ふきのとうはなさく)」。
蕗の花が咲き始め、凍てつく地面の下では春の支度が着々と進んでいます。昔は
二十日正月と言って、正月の祝い納めとして1月20日には仕事を休むならわしが
あったのだそうです。この時期に美味しいのは小松菜。霜を受けて甘みが増し、
葉が柔らかく美味しくなっています

次候である1/25〜1/29は「水沢腹く堅し(みずさわあつくかたし)」。
沢の水が厚く張りつめるころで、寒さが最も厳しい時期。この時期には厚く氷が
張った湖などで、わかさぎ釣りが解禁されますね。湖の氷の上にテントを張って
火を持ち込み、釣ったばかりのわかさぎを頂くのはとても楽しそうですね

まだ花の少ない時期ですが、黄色の可愛らしい福寿草が咲き始めます

末候である1/30〜2/3は「鶏始めて乳す(にわとりはじめてにゅうす)」。
鶏が卵を産み始めるころです。今では養鶏が盛んで一年中産卵するようになって
いますが、本来の鶏の産卵期は春から夏にかけてです。この時期は節分があり、
いよいよ暦のうえでは季節は冬の終わりになります

このころになると金柑がようやく綺麗に色づいてきますので、甘露煮など作ると
良いですね。夫の実家の庭に大きな金柑の木があるのですが、正月用に甘露煮を
作ろうとしたら、12月末ではまだまだ薄い色の実ばかりでした

節分が終わればもう春。実際にはまだまだ寒さの厳しい時期ですが、暦だけでも
春という字を見ると、なんだかワクワクするような気がします

息子の食器(陶磁器) 

2017年01月19日(木) 23時10分
昨日の記事では息子の離乳食用の食器をご紹介しましたが、今日は少し気が早い
ものの、ついでだからと買ってしまった2歳以降に使う食器のご紹介

娘も2歳になったころにメラミン製の食器から陶磁器の食器に変えて、1度だけ
小さな食器を割ってしまいましたが、それからは食器を割ることもなく、大切に
扱うことを覚えてくれています

息子も2歳くらいになったらプラスチックから陶磁器製の食器に変えるつもりで、
プラスチック製の食器と一緒に買ってしまいました


買ったのはこちらもはらぺこあおむしシリーズ。お茶碗・両手マグ・片手マグ・
お皿・深皿・スプーン&フォーク&レンゲなど

この食器が使えるようになるころは息子も自分で上手にご飯を食べられるように
なっていますし、娘も5歳くらいになるので、お食事の時間がだいぶ落ち着いた
ものになってくれるかなぁと期待しています

息子の食器(離乳食用) 

2017年01月18日(水) 23時04分
早いもので、今月末で息子も生後6か月を迎えます

生後5か月を過ぎたころから、そろそろ離乳食を始める時期を考えなければなぁと
思っていたのですが、あまり早く始めても消化器が未熟で負担がかかってしまう
のは良くないので、6か月に入ったら始めるつもりでいます

離乳食を始めるにあたり、息子用の食器も用意してあげなければと考えて、先日
いろいろと食器を購入しました


離乳食期用にと購入したのは、こちらのはらぺこあおむしのプラスチック食器。
やはり離乳食開始から1歳半くらいまでは食器を落とさないように注意するという
ことが子供自身ではできないので、落としても危なくないものを

ライスボウル・ボウル・コップ・スプーンとフォークを買いましたが、この他に
離乳食用のスプーンも用意しないといけないですね

成長度合いに合わせて使えるように、マグも同じシリーズで揃えています。娘の
ときにはかなり長いあいだ家でも外でもマグを使ったので、今回のマグも活躍を
してくれそうです

また野菜やお魚のすりつぶし&冷凍の日々が始まります

桶谷式母乳育児教室 

2017年01月17日(火) 23時03分
昨年10月から生後3か月の息子を保育園に預けて仕事復帰をしました

娘の時には初めての育児&仕事復帰&夫が転職前で激務だったため、私も余裕が
なくて仕事復帰をして2か月ほどで母乳が出なくなってしまったのですが、その
ときの後悔がずっと残っていました

今回息子を預けて復帰するにあたり、できる限り母乳を続けられるように努力を
したいと思い、平日は日中かならず2回搾乳し、息子と一緒にいる時間はなるべく
ミルクを使わずに母乳にしたり、母乳に良いハーブティーを飲んだりと頑張って
この3か月を過ごしてきました

さらにメンテナンスとして1か月に1回桶谷式母乳教室にも通い、マッサージして
頂いたり、母乳の分泌を維持するための正しい知識などを教えて頂いています

おかげで3か月経った今も保育園に預けている以外の時間は基本的に母乳で育てる
ことが出来ています(夫に息子をお願いする時や体が疲れている時のみミルク)。

桶谷式母乳教室に通うことができたのはかなり影響が大きく、マッサージによる
影響よりは、正しい知識を教えて頂けたことが一番の収穫でした

ネットでもいろいろな情報を自分なりに仕入れていたつもりですが、それでも、
きちんと知識を持った方から自分の状況に合わせたお話をして頂くのは、とても
貴重な機会だなぁと実感しています

今後卒乳にするか断乳にするかはわかりませんが、それまでは月に1度通っての
メンテナンスを続けていきたいと思います

小正月のかき餅 

2017年01月16日(月) 23時01分
1月15日の昨日は小正月でした。小正月は古代日本では1月1日にあたります。

昔は今日までを松の内として、小正月の夜に正月の飾りを仕舞うものでしたが、
江戸時代に、徳川幕府の命によって1月7日までを松の内と定められた関東では、
もう既にお正月飾りは片付けらているお家が多いことでしょうね

この日の朝には小豆粥を食べて一年の邪気を祓う習慣があります。小豆の赤には
魔を祓う力があると信じられていましたので、節目の日には小豆粥や小豆ご飯を
食べることが多いそうです

小正月で外された正月飾りの門松や注連縄を持ち寄って焼く左義長も、この日に
行われます。この火は神聖なもので、この火でお餅や団子を焼いて食べる習慣も
あるのだそうです


実家ではいつも小正月にかき餅を揚げる習慣があります。もともとは小正月にも
お餅をつく習慣があって、かき餅用のお餅をついたそうなのですが、今は年末の
餅つきだけで終わりになりますので、鏡餅を欠いたものでかき餅を揚げます

揚げたてのかき餅にお醤油をかけて頂くのですが、これがと〜っても美味しい

今日でお正月気分も本当に終わりです。

公園&吹奏楽のコンサートへ / おうちごはん(フランス料理:2015年1月) 

2017年01月15日(日) 23時56分
今日はとても寒かったのですが朝から良いお天気でしたので、寒いからと言って
家に閉じこもっているのはもったいないなぁということで、たくさん着こんで、
公園へ遊びに行ってきました


娘は今日もアスレチックに挑戦。本来はロープにつかまって登るようなものも、
ロープを使わず手と足だけで登ってしまったり、めざましい成長を見せました



高いところにでも怖がらずに上っていくので、ついていく私たちのほうが大変な
くらいでした。子供って本当に元気ですよね


たっぷり遊んだあとはランチタイム。娘がラーメンが食べたいというので、家の
近くの中華料理屋さんで台湾屋台風のラーメンを。ここは科学的なものを使わず
きちんとダシを取っているので安心して食べさせることができます


午後は吹奏楽のコンサートを聴きに行きました。音楽が好きな娘は大喜びです。
娘は見た目が華やかな管楽器よりも、ドラムやシンバルといった、音に迫力ある
楽器が気になっていたようです

夜は子供たちを早めに寝かしつけて、久しぶりのフレンチディナーです

今日のお料理のレッスン記事はこちら↓
【フランス料理教室:2015年1月】



前菜1品目はアスパラガスと帆立貝のシャルロット仕立て。ジャガイモとホタテの
サラダをアスパラガスで取り囲んだとってもおしゃれな一品。思えばフレンチの
レッスンの第1回目でこれを習って、とても感動したのでした



前菜2品目は人参のポタージュ・バニラの香り。人参とバニラの組み合わせって、
意外ですがとっても良く合うのです。人参のスープ自体にも甘みがありますが、
バニラの香りが加わることでより甘みを感じる気がします


メインは桜香る鯛のア・ラ・ヴァプール、ブールブランソース。鯛の切り身を、
塩漬けの桜の葉で巻いて焼いたお料理で、とってもおしゃれ。ソースが白いので
黒いお皿のほうが映えますね。黒いお皿が欲しいなぁ


デザートはいちごのヴェリーヌ。ミックスベリーと白ワインで作ったジュレと、
いちごのムースを重ねて作った可愛いデザート。冷凍のいちごで作っても良いの
ですが、今日は安いいちごを見つけたので生のいちごで作りました

実家で娘の茶道デビュー / おうちごはん(イタリア料理:手打ちパスタ中級・1月) 

2017年01月14日(土) 23時49分
今日は夫が午前中はお仕事、午後はお茶のお稽古に行く日ですので、私は朝から
子供たちを連れて実家へ遊びに行っていました

娘の通う保育園では、年長さんの秋になると毎週茶道のお稽古があるのですが、
それに合わせて娘にも年長さんになったら私たちの通うお稽古場に入門をして、
茶道を習わせようと考えています

その前の段階として「茶道」というものに親しんでもらうために、実家などで、
私や母がお点前をして娘にお茶を飲んでもらう機会をたびたび設けようと考え、
今日その第1回目を行うことにしました

実家の和室には炉が切ってあるわけではないので風炉を使うしかないのですが、
今日はより簡単に、事前に鉄瓶で沸かしておいたお湯を使っての盆略点前を


思いついたのが昨日だったので事前にお道具を準備していなくて、母の持ち物の
茶道具や普通のお盆を使ってのお点前です


お菓子は上生菓子にするか干菓子にするか子供向けのふつうのお菓子にするかを
迷ったのですが、やはり初めは一番美しいものを見てもらいたくて上生菓子に

今日は鶴屋吉信の「福梅」「若松」「梅が香」の3種類を母・私・娘の3人用にと
用意しておきました


「これからお茶ごっこをするから、おばあちゃんのまねをしてきちんとお座りを
していようね」とお話をすると、しばらくはきちんと正座をしていた娘ですが、
きれいなお菓子やお茶の道具が気になって、どうしても、立って私のそばに来て
しまうので、母が何度も連れ戻していました(笑)

綺麗なお菓子をひとつ選んで懐紙に取ると、黒文字でなんとか口に運びました。
美味しいといってぺろりと食べてくれたのでひと安心


薄茶を点て終わり、娘が飲む番に。お茶碗が大きいので母に支えてもらいながら
ひと口飲むと、苦いからか「もういらない〜」と言って嫌がってしまいました。
ちょっと抹茶の量が多かったかな?次回はかなり薄めに点てようと思います

初めての茶道体験ですが、月に2回くらいはお茶を飲む練習をさせていこうかと
思っているので、少しずつ慣れてくれたら嬉しいです

夫の帰宅に合わせて私たちも家に帰り、夜は子供たちを早めに寝かしつけて夫婦
水入らずでゆっくりディナーを楽しみました

今日のお料理のレッスン記事はこちら↓
【イタリア料理教室:手打ちパスタ中級編・1月】


前菜はフェノッキのグラタン風。本当はフェンネルを使って作るお料理ですが、
父の趣味の畑で育ててもらっているフェンネルがまだ大きくなっていないので、
今日はセロリで代用しました

味はフェンネルでもセロリでもどちらも美味しいのですが、フェンネルで作ると
甘くて良い香りがするので、残念です


パスタは手打ちのパスタ・エ・ファジョッリです。うずら豆のスープにパスタを
浮かべて食べる、家庭料理らしいパスタ。合わせるパスタはシンプルなもので、
レッスンではマルタリアーティを教えて頂きました


メインは豚肉のくるみソース煮込み。くるみを使っているので、ソースにコクが
あってとても美味しく煮ることができます。煮込み料理のお肉は固くなりがち。
今日は豚バラのブロック肉を使ってみました。とても美味しいですよ

祇園甲部「初寄り」 

2017年01月13日(金) 23時48分
毎年1月13日には、京都最大の花街である祇園甲部で「初寄り」と呼ばれる行事が
行われています。これは祇園甲部唯一の舞の流派である「井上流」お家元宅へと
芸舞妓さんたちが集まり、お稽古始めのご挨拶をする行事です


祇園甲部では松の内(1月15日まで)は紋付の正装を着ることになっているため、
黒紋付を着る正月三が日・7日の始業式・小正月である15日以外は色紋付の正装を
身に着けており、この初寄りにも色紋付を着て集まります

黒・白・赤のコントラストが艶やかな黒紋付もキリッとしていて本当に惚れ惚れ
するほど美しいですが、それぞれに様々な地色の色紋付を着た芸舞妓さんたちが
集まるのはまた別な華やかさがあります

紋付なのでやはりどのお着物も普段のお座敷着よりも格調高い色柄ですし、手の
込んだ友禅が施されていますので、この日の様子が様々なブログにアップされる
のを毎年楽しみに待っています

他のお座敷着に比べて地色の色合いは少し強いものが多いような気がしますが、
その格調高い柄は礼装の別誂えの参考にさせてもらっています

しばらく明るく淡い色合いの紋付き付下げを続けて作りますが、ひと段落したら
濃い地色の訪問着を作ろうと思っているので、今年も色々な方のブログを巡って
たくさんのお写真を拝見したいと思います
P R
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みなみ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:千葉県
読者になる
綺麗で可愛くてふわふわしたものが大好きで
可愛いお人形(SD)にハマってお洋服を作る
ディーラーをはじめました

綺麗な着物を着たくて着付けを習い
毎週着物を着られるように茶道のお稽古を始め
美しい所作を身に付けたくて日舞を始めたら
日舞の伴奏である三味線まで習い始めてしまい
毎日仕事とお稽古とディーラー活動に明け暮れています
Yapme!一覧
読者になる