【茶懐石料理教室:2017年6月】 

2017年06月02日(金) 23時26分
今日は5回目となる茶懐石料理教室へ行ってきました



6月のレッスンということで、ひと足早く七夕の懐石料理を教えて頂きました。


向付は「鱸へぎ造り 碇防風 莫大 山葵 加減酢」。薄造りにした鱸にごく薄〜く
塩をあてて、防風と莫大を添え、山葵を天盛りにして加減酢をかけたもの。


汁物は「南京 赤味噌仕立て 落とし辛子」。色紙に切って面取りしたかぼちゃを
下茹でしてうす味で煮含め、赤味噌を合わせたもの。


煮物椀は「鱚の真蒸 じゅん菜 おくら 木の芽」。開きにして骨や尾を外した鱚を
皮目側だけ軽くあぶり、皮目が下になるよう型に敷いて、その上にしんじょ地を
流して蒸したもの。サッと茹でたじゅん菜とオクラを添えて。


焼物は「いさきの木の芽焼き」。三枚におろして食べやすい大きさに切り分けた
いさきを醤油とみりんのタレに漬け、5〜6分グリルで焼き、木の芽を添えて。


強肴は「蟹と寒天の胡麻酢和え」。細切りにして下味をつけた胡瓜と茗荷に、
固めに戻して薄い味を含ませた糸寒天、蟹身を合わせて、胡麻酢で和えたもの。


八寸は「とこぶし生姜煮 枝豆」。殻から外して軽く切り込みを入れたとこぶしを
生姜を加えたお湯でさっと茹でたものと、塩茹でした枝豆。


香の物は蕨のきゃらぶき、たくあん、ナスの3種類。


お菓子は「星雲」。道明寺粉を混ぜた涼やかな衣でこしあんを包んだものです。

氷室の節句 

2017年06月01日(木) 23時25分
今日は6月1日。一般的には「衣替えの日」として認識されていますが、昔から
この日には「氷室の節句」の行事が行われてきました

氷室とは、山中の洞窟などの涼しい所に冬の間にとった雪や氷を、夏まで貯えて
おく場所のことです。昔は冷蔵庫などがなかったので、こうして氷を保存して、
夏のあいだに使ったりしていました

旧暦の6月1日にはその氷室から雪や氷を取り出して、天皇家や将軍家に献上する
「氷室開き」という行事がありました。その日を氷室の節句と言って、献上した
氷などの上に小豆餡を載せた氷餅を、天皇や将軍が暑気払いに食べたそうです

そういった身分の高い人しか氷を手に入れることは出来ないのですが、庶民の間
でも氷の代わりに、氷に見立てた白いういろうを三角に切り、その上に小豆餡を
載せたものを食べていました。三角は氷のかけらを表すそうです


このお菓子は「水無月」と呼ばれて、いまでもこの時期になると和菓子屋さんの
店頭に並び、お茶会などでも出されています

茶道の世界で6月に三角のものが出てきたら、氷を連想するのがお決まりです。

氷のように冷たくはありませんが、水無月を食べて涼を感じるのも良いですね

パパとママの似顔絵 

2017年05月31日(水) 23時23分
昨夜娘がお風呂上りにお絵かきをしていたのですが、「ママ見て〜」というので
のぞいてみたところ、なんとママの似顔絵を描いてくれていました


少し前まで○の中に目と鼻と口を書いたニコニコ顔しか書けなかったのですが、
それに髪の毛をつけて、輪郭も○ではなく少し顔らしいものになっていました


「パパのお顔も描けるかな」と聞くと「うん」と即答して、その場で描いて
見せてくれたのですが、ママの顔とはまた違って、きちんと違いを認識して絵を
描いているのだと、とてもびっくりしました

そのあとも息子やおじいちゃんおばあちゃんの絵をかいてくれました

私は何も教えていないのですが、子供って自分でどんどん上達していくのですね

おめでたいご報告が続いています 

2017年05月30日(火) 23時23分
このところ、立て続けに私の周りで出産のご報告が続いています

ご報告を頂くたびに毎回とても嬉しい気持ちになり、新しい命の誕生というのは
それだけで人を幸せにするものすごい力があるのだなぁと実感します

お生まれになったお子様たちが、健やかに幸せに成長して行かれますように

ハイハイが上手になってきました 

2017年05月29日(月) 23時19分
少し前までなかなかハイハイをしないなぁと思っていたのですが、まぁ男の子は
女の子よりゆっくりめだというし、と気にせずにいました

そんな息子も少しずつハイハイに近い動きをし始めて、ある時に一歩進むことが
出来たと思ったら、数日後にはどんどん進める距離が伸びて、今では自分の行き
たいところにどこへでも行けるようになってしまいました


いままでお座りで周りを見渡すことしかできなかったのが、動ける範囲がぐんと
広がったことで息子自身とても嬉しいようで、毎回嬉しそうにニコニコしながら
ハイハイで近づいてきます

ねんねの赤ちゃんだと思っていたのにもうハイハイができるようになり、きっと
すぐに歩き始めてしまうのだなぁと思うと、やはりさみしい気がします

上野動物園へ / おうちごはん(イタリア料理教室:シチリア料理編・6月) 

2017年05月28日(日) 23時17分
以前から行こう行こうと思っていたのですが、先日ニュースに出ていたのを見て
行きたくなり、今日は子供たちを連れて上野動物園へ行ってきました

近場の動物園には何度か連れて行ったことがあるものの、大型動物のいる場所は
初めてなので、娘がどういう反応をするか楽しみにしていきました


先日ニュースで、メスのパンダのシンシンが妊娠の可能性があるため公開中止に
なったと知りオスのリーリーしかいないことはわかっていましたが、だからこそ
通常よりは空いているかと思って、まずはパンダ舎に{パンダ}


でかける前に娘には「今日はパンダさんに会いに行くよ」と伝えてあったので、
上野駅を降りたときから娘はあちこちにあるパンダに反応し「あパンダ」と
なんども指を挿して期待に胸を膨らませていました。

残念ながら私たちが見に行ったときには寝ていたパンダですが、それでも本物の
パンダを見ることができて、娘は嬉しかったようです

「もう1回見に行く」というので、少し時間をおいて、帰る間際に再挑戦。

それまでは園内を色々見て回ろうと歩き出したところで、パンダ像と記念撮影が
出来るスポットがあり、娘が立ち止まってじーっと見ていました。

「パンダさんとお写真撮りたいの?」と聞くと無言で頷いたので、こういう時は
とってもやりたい時なので、家族で記念撮影をすることに


パンダ耳のカチューシャを借りて、写真を撮ってもらいました。写真を購入する
こともできますが、自分たちのカメラでも撮ってくれるのが嬉しいです。写真を
1枚購入して、記念に持ち帰りました

そのあとはゾウやトラやライオンのコーナーに。大きな動物に少しびっくりして
いたものの、やはり興味があるのかとても楽しそうに見ていました


ゴリラも見に行ったのですが、こちらは残念ながら寝ていたので、近くにあった
ゴリラ像に登って記念撮影


そのあとはペンギンを見たりキリンやサイを見たりと十分に楽しんで、ランチを
挟んでモノレールに乗り、最後にもう一度パンダを見て帰りました

娘も大きな動物園を楽しめる年齢になったので、これから度々連れて行ってあげ
ようと思っています

夜は子供たちを早めに寝かしつけて、ゆっくりディナーを楽しみました

今日のお料理のレッスン記事はこちら↓
【イタリア料理教室:シチリア料理・6月】


前菜はマグロとナスのシチリア風サラダ。日本ではあまり加熱した食材と生物を
合わせることはないのですが、この組み合わせがとっても美味しいのです。松の
実のプチプチした食感がほどよいアクセントに


パスタは鰯とフェンネルのパスタ。父が趣味の畑で育ててくれたフェンネルで、
今年最後の株を使って作りました。フェンネルがもう少し気軽に手に入るように
なれば良いのですが、スーパーではほとんど見かけません


メインはメカジキのア・ギオッタ。トマト缶を入れすぎて今回はだいぶトマトの
強いソースになってしまいましたが、カリカリに焼いたジャガイモに良く合って
とても美味しかったです

お茶のお稽古(白地能衣蝶柄小紋) / おうちごはん(イタリア料理:基本・6月) 

2017年05月27日(土) 23時15分
今日も暑い一日でしたね。朝起きた時にはめげそうでしたが、風はカラッとして
いて蒸し暑くはなかったので、今日も着物を着てお稽古へ


袷を着られる最後の日なので、今日もお気に入りの一枚を選びました。気温から
考えるともう単衣でおかしくない時期なのですが、やはり茶道は暦通りの装いが
基本になりますので、暑いのを我慢しながらの袷着物です


こちらの着物は別誂えではなく既製品の反物でしたが、柔らかな白地にパステル
カラーの優しい色合いで描かれた柄がとっても可愛くて、一目ぼれをしたもの。
毎年この時期に着ていますが、地色もあいまって、初夏にぴったりの一枚です


着物は縦縞の地模様のある少しアイボリーがかった白地に、ピンク・イエロー・
ミントグリーン・スカイブルー・チェリーレッドなどのパステル系の色遣いで、
舞い踊る能衣蝶が描かれた小紋。

帯はサーモンピンクの塩瀬地に、写実的な紫の花菖蒲が描かれた染め名古屋帯。

帯揚げは菊唐草地紋のある白い綸子地に赤で蝶々の絞りを表現している輪出し。
帯締めは白〜鶸色のグラデーションになった組紐。

今日のお稽古は先週と同じ桑小卓を使った、濃茶のお点前をさせて頂きました。
お菓子は藤色の餡の白い模様のある寒天を合わせた「浮き雲」で「清月堂」製。
お軸は珍しく能画の短冊です。「杜若」を題材にしたものが飾られていました。
茶花は梅花空木と河原撫子が活けられていました。

夜は子供たちを早めに寝かしつけて、ゆっくりディナーを楽しみました

今日のお料理のレッスン記事はこちら↓
【イタリア料理教室:基本編・6月】


前菜はペペロナータ。パプリカを一度焼いて固い皮をむいてからトマトソースで
煮込むお料理なので、口当たりがとっても良くて、美味しい一品です。バジルの
香りが爽やかで、冷やして食べるとこの時期によく合います


パスタはスパゲッティ・ペペロンチーノ。日本でも定番中の定番のパスタです。
こういうシンプルなパスタは水加減が一番難しいのですが、今日は今まで作った
ペペロンチーノのなかで一番美味しく出来たが気がします


メインは牛肉のタリアータ。タタキ用の和牛肉を買ったのですが今日のお肉は
私たち好みのサシが入りすぎていない赤身のお肉だったので、とっても美味しく
出来ました。シンプルなお料理なので、素材にとても左右されますね

仲良しな二人 

2017年05月26日(金) 23時14分
平日の朝は息子を起こしてからが時間との勝負なので、息子を起こしたらすぐに
オムツを変えてご飯を食べさせて、急いで保育園へ

保育園では8時から18時までは年少〜年長クラスと、それ以下の年齢のクラスは
別々に遊ぶので、あまり娘と息子が一緒にいる時間がありません

お迎えのあとは二人にそれぞれご飯を食べさせて、時間差でお風呂に入れ、娘が
お風呂から上がるころには息子はベッドへ行ってしまうので、実は平日は息子と
娘が一緒に過ごす時間というのはとても少ないのです


そのせいか、娘は息子を起こしに行くときには自分が先に起こしたがりますし、
お休みの日には朝はべったり一緒にいるなど、とても可愛がってくれます

女の子ということもあるのか息子のお世話をしたいようで、ミルクや食事のとき
には率先して手伝ってくれて、本当に助かっています

最近は息子の動ける範囲が広がってきて、娘が被害にあうことも多いのですが、
姉弟喧嘩をしながらも、仲の良い二人でいてくれたら嬉しいです

ハートとネコのパンケーキ 

2017年05月25日(木) 23時13分
娘のアレルギーについて小麦と卵の除去が解除になり、最近少しずつ卵の入った
お料理を食べさせるようにしています


先日は朝食にパンケーキを作ったのですが、娘には少しでも楽しいものをと思い
ネコとハートの形をしたパンケーキを作りました

焼いている最中から楽しみでソワソワしながら覗き込んでいた娘

メープルシロップをかけてあげると、なんと3枚ともぺろりと完食してしまい、
私も夫もとても驚きました

今まで食べられなかったものが色々食べられるようになったので、さらに楽しい
食事タイムになるように、私も工夫していきたいです

珍しい芍薬 

2017年05月24日(水) 23時06分
数年前の母の日に、いつもお世話になっているお花屋さんで苗木を買って、母に
プレゼントした芍薬

初めの年はつぼみが付いただけで咲かなかったのですが、翌年には1つ咲いて、
今年はなんと3つも花を咲かせてくれたそうです

実家に昔からある芍薬は白い大ぶりなもの。とても華やかで香りも良いのですが
白一色なのもさみしいかなと、少し変わった色合いのものをプレゼントしました


周りの花弁はピンク色なのですが、中心の花弁は白という、バイカラーの芍薬。
この変わった色合いが気に入って選んだのです

年々咲く花の数が増えて行っているので、来年にはいくつ咲くのか楽しみです
P R
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みなみ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:千葉県
読者になる
綺麗で可愛くてふわふわしたものが大好きで
可愛いお人形(SD)にハマってお洋服を作る
ディーラーをはじめました

綺麗な着物を着たくて着付けを習い
毎週着物を着られるように茶道のお稽古を始め
美しい所作を身に付けたくて日舞を始めたら
日舞の伴奏である三味線まで習い始めてしまい
毎日仕事とお稽古とディーラー活動に明け暮れています
Yapme!一覧
読者になる