アルバイト。 

September 04 [Tue], 2007, 21:57
今日はアルバイトの面接に行ってきました。
観光地のど真ん中の京料理のお店です。

何年か前、百貨店でお歳暮受付した以来。。
ちょっと緊張して、しり込みして、なかなか始めることが出来なかったけど、
なんだか今日、勢いで電話して、面接して、明日から働くことになりました!
でも飲食店で働くのは初めてなので、ちょっとしんぱい。。


最近は、毎日ホントにのんびりしてて。
就職活動、レポート期間、教育実習(英語版)もおわって、
ホントにやることなしで手持ちぶさただったから。



ブログを書いていない間に、
自分はのんびりするのもすきだけど、
やっぱり忙しく動いてる自分のが好きだってわかった。

そして、何か忙しいことがあったほうが、
てきぱきこなせる&上手くいくってわかった。

自分のメンタルなコントロールの仕方も、
仕事のマネージメントの仕方も、「これ!」っていうのを
身につけたのです。


そして、”学生さんはお金がない”的状況を状況を打破するために。
・・・おかげで夏休みはどこにも行ってないからなぁ。
(彼氏もちということで、みんなに放置されてたのもありますが

春休みこそは最後のlong vacationをエンジョイして
旅行にも行きたいしなぁってことで、お金を稼ぐことにしました


今日は、お電話して、いきなり面接!ってなって、
バイト初めてな私も全然大丈夫!って感じで快くOKしてもらいました。

そして明日からいきなり働くことに、、
・・・こころよく、っていうより、ホントに人足りてなかったのね。

働くところで採用してるビールは☆ビール!
今日の面接でも、いきなり「☆の営業さんはよくしてくれてるのよ〜。」
って話をしていただけたし。なんだか勉強になりそう。

見た感じでは、固そうなイメージもあったけど、
おだやかに働けそうだ。(ただし、今日はきてないボス&中ボスはいるらしい。汗)


2ヶ月の短期で働くことになるけど
きっと飲食店で働くことは私にとって最初で最後になるし、
うん。がんばってくる!やるからにはやるぞぉぉ

明日からは、早起きです。
がんばらなきゃな一番はそれです。
今日はお風呂はいって寝ちゃいま〜す☆

バイト面接&職ゲット。good job!

おひさしぶりです。 

September 04 [Tue], 2007, 2:18
おひさしぶりです。

ひさしぶりにこのブログを開いてみました。
そして読んでみました。

・・・

自分って、過渡期にいたんだなぁってすごく実感。


自分におきた変化:

@仕事。
教師を辞めて、院生になって、いっぱいいっぱいに過ごしていたけれど、、
来年からは、、なんと一般企業、しかもビール会社で働くことになりました。笑

A恋愛。
元彼に、もどってしまいそうな、、そんな危うい感じは全くなくなりました。
(彼のone of the 最高の理解者であるっていう自信はいまだにあるけれど。)
そして、元彼、さえもう出来てしまいました。。汗
そう、あの人は元々彼です。
そしていまは、元彼と友達にもどる大作戦中。笑
すごいわ、人間って。

Bそして学業。
すっかり2年生。
どうやって”院生”をしていいのかわからなかった去年と比べて、
いまはどんなふうに力を抜いたらいいのかもわかるくらいの2回生になりました。
のびのびです。後輩はかわいいです。
修士論文の作成に、気持ちだけはしっかり追われています。




まさしく「のど元過ぎれば熱さを忘れる」?あれ、ちょっと使い方ちがう?

でも、ホントそんな感じ。
あのときは、しんどくてしんどくて。

自分の中の一番まんなかにあった大きくて重くて、苦しくさせてた塊が、
今はすっかり?、いやそんなこともないけど、
ほとんど、「ない。」

すくなくとも、あのときこころのなかにいっぱいあったもので
あれほどしんどくなることはもうない。


なんとでもなるよ。

大丈夫だよ。

長い目で見れば、たいしたことないのよ〜。


そんなことが言える女になりました。(笑)


いま、現在進行形でいっぱいいっぱいな人。
しんどい人。苦しい人。

絶対大丈夫になりますって。

だから自分のできることを出来る範囲で続けること、
それだけで充分です。


たいしたこともない私の経験ですが、
通り過ぎてみて、乗り越えてみて、ホント、そう信じてます。


その間、支えてくれた家族、友達に感謝。
そして、その分、ちゃんとお返していきます。期待しててね。笑

まだま村。 

October 09 [Mon], 2006, 23:57
今日は学部時代のの友達と一緒に茨木市にあるまだま村っていうカフェにいってきた。

茨木市すごい!バスに40分も揺られたら、段々畑ときれいな川の流れる
すごいむかしなが〜らな景色のなかへ。。十分すぎるくらい非日常でした☆

まだま村は、竪穴式住居のなかでカフェをやってるの。
すごくゆったりとした空気の中で、なんだかのんび〜りできちゃった。

ごはんももちろんおいしかったんだけど、そのあとにお願いしたカフェオレが素敵☆
ほっこり、とはこういうことをいうのね!な感じでした。

今日は、三連休の最後の一日だけど、
もちろんうちの大学はそんなことは気にせずばっちり授業日。

7時過ぎからの授業に間に合うように、の限られた時間の中でのごはんだったけど、
思い切って外に出てみてよかった。
とっても有意義な時間をすごして、忙しい毎日でも合間合間にちゃ〜んと
リラックスための時間をつくって、外に出かけることって大切だなっておもった。

気持ちの持ちようと、時間の使いよう。

ほんと、最近そんなことを感じます。

また出かけてみようっと!

お電話。 

September 14 [Thu], 2006, 0:36
昨日は素敵な人と電話した。

てっきり会って話をするもんだと思っていたから、
街中で電話をかけて、そのまま話し続けて、そして路上で泣いてるわたし、、☆
きっと通りがかりの人は、見ちゃいけないものをみた!と思ってたんだろうなぁ。

新聞社に勤めてる友達。
はっきり言って、ゆっくり寝ることもできてないんだろうな。
それでも、電話に付き合ってくれたことに感謝。
そして、タイミングよく研修の日に連絡ができた私はホントに恵まれてる。
(今しかない。って直感。我ながらホントにすごい。)

そんな彼と話をして、私が思ってた悩みが、少し晴れた。
でも、それ以上に元気が出た。ありがとう。感謝です。

でも、それ以外に感じたことがたくさん。

仕事で寝る暇もないのに、
今は何もかもが貴重な体験って言って、弱音も文句も言わずに
今、頑張ってる友達。
私は去年一年間、しんどさから文句も弱音もでてたのにたのに、
もっとハードな環境でがんばってるはずの彼は、文句も、弱音もはかない。

そして、そんな中で、自分の信念を持ち続けてる。
しまった、ホントにかっこいいや。
また泣きそう。


そして、そんな彼と話をして、気がついたこと。

考え方次第で、しんどいことはしんどいって感じずに乗り越えられちゃう。

他人のせいにすること。私のだめなところだと思ってたし、いまでも思ってて、
やめなきゃ、と思って、自分の意志で決めることに躍起になってたけど、
それよりもいい方法があるんだって、気がついた。

いまの自分の状況には”自分の意志”が入ってる”って考えること。
自分の”やりたい”から、いまの状況になってるって考えれば、
自分の”〜したい”のために、これに取り組む。挑戦してるんだ。

そう考えれば、どんなことをしててもストレスを感じない。
やりたいな、じゃあしなきゃだめじゃん!みたいな自分突っ込みなノリで、
ポジティブにやっていけるんじゃないかな。

そして、そこから「自分で決めて、挑戦して、できた!」っていう達成感と自信が生まれる。

楽しいじゃん。
難しく考えて、意地になってたことが、なんだか解けた。

そして、実践。

帰り道。その場所から歩いて帰ってきちゃった!おうちまで♪

今までの私だったら、絶対にありえない。
きっとタクシーさえ使ってたんだと思う。

でも、彼女にもらった発想を使って、私。
東山に住むって決めたのは私。
そして、歩くのはエクササイズになる。
そう考えたことで、
去年は嫌だなぁって、よくバスを使ってた駅までの道以上の距離を、
にこにこ歩くことができた。

しあわせ。こんなところで感じちゃった。


なんだか、負けられない。
なんだか、もっと素敵な自分になりたい!

とりあえず、彼に言われた、「何で教育なのか。教育で自分は何をしたいのか。」
自分のねっこのところ。
私が思っていたよりも、もっと根っこの部分からだけど、
アドバイスを素直に受け止めて、がんばって考えてみよう。

がんばろう私。
周りにいてくれる、人。
私を笑顔にしてくれる、みんなに感謝!

高校の文化祭 

September 12 [Tue], 2006, 0:57
今日、テレビで長野の須坂高校という学校の文化祭を
ドキュメントにした番組を見た。

すべて自分たちの力でひとつのものを作り上げる。
そしてその体験から、それぞれの生徒が
集団で生きる学校という場でしか得られない、
”何か”を学んでいく。

そんな高校生の姿を、いいなって思った。
そんな機会を与えられてる、高校っていいなって思った。

高校の先生もいいな。
おもった。

そして、ボランティアでお世話になってる高校の先生から
英語教育をがんばろう的なメールが来た。
お世話になってる先生に、自分の英語に対する意欲が認められた結果だと思う。

ただ、なんかちょっとやぱーい感じがする男の先生を介しての連絡だったから、
気持ち悪い状況にならないように、うまく回避せねば。。笑
そんな力もつけましょうね、私。。

そして、ここ最近の自分について。

これだ!と思うことが、ちょうどタイミングよく現れること。
私って、本当にラッキーだなぁ。って思っていたけど、
それは、いま、私が自分の目を、ちゃんと私の心に向けられていて、
ちゃんと心のアンテナを張れているからなのかもしれない。

この4年間。恋にいっぱいいっぱいになっていた間に
私はどれだけのチャンスに気がつかずにきたんだろう。

そう怖くなったのと同時に、それができている今の自分が、
自分の関心をちゃんと把握して、そして積極的に動ける。
そんな自分が好きだ。

そう感じられるのが、すごくうれしい。

大丈夫。自信をもとう。
私は、私の力で、言われなくても、
道をしめされなくても、ちゃんと進んでいけるんだ☆

そして、人に対しても。
今度は自分が導いていきたいな。そう感じたときにも
これまでの私みたいな人はつくらないように、
この経験を忘れずにいよう。

がんばろぉっと☆

ぽちの日記から考えたこと。 

September 11 [Mon], 2006, 3:23
子どもの心に寄り添うこと。

ぽちの日記を見て思い出せたよ。ありがとう!

授業を通して、
「私にもできた!」という体験を通して、
輝く子どもたちを見るのがうれしくて。
もっと英語教師として力をつけたい。
そんな思いが、いつしか子どもたちから離れて、
教師としての自分の力だめしになっていたのかもしれない。

これから出逢う子どもたちに対して、
こうしてやりたい。という、教師の傲慢さではなくて、
子どもの心に寄り添い、そのとき必要なものだけを
さっと、でもしっかりと差し伸べられる。
そんな知識と力、そしてこころのある教師になりたいね。

なんだか今の自分にとっての原点、考えることができたよ。
ありがとうね。


私、mixiしてます。
そして、ぽちの日記がいつも勉強になるの。
今日は、そこから考えたこと。

続き。


教師。だからこそ、授業を魅力的に、楽しいものにしなくちゃいけない。
でも、ただのエンターテイナーでもいけない。

自分の用意した授業に対しての子どもたちの反応。そしてその学びの結果が
良かったからって、満足しちゃいけない。

教師の仕事は、子どもたちにとってしんどいだろう勉強を
いかに楽しくさせるか、その成果を出すことではない。

それは塾の先生でもいい。

学校の先生なら、
子どもたちがホントに、今、必要としてるものを、
ちゃんと把握して、それにきちんと答えていくこと。
そんな力と、それができるこころがいるんだろうな。

でも。

なんだか、私は自分の力試しがしたい。
自分がどれだけできるのか、挑戦したい。

その思いはどうしたらいいんだろう。

教師には、自分の力を試したい、という気持ちよりも、
真に子どものためを考えた、自分の意志とは違うところに存在する
子どもの心に寄り添りながらの援助。
それが大切だもん。

私自身のこころの満足をどこにもっていくか。

自分の人生の中での価値、それをきめる価値観。
自分にとってはそれが何なのか。

それを考えないと、答えが出せないと簡単に教師っていう仕事は選べない。

日経WOMANより。 

September 09 [Sat], 2006, 12:10
ここ一年、購読し続けてる日経WOMANを読んでいて考えたこと&感じたこと。
忘れちゃうのもいやだし書いておこっと!

★やらないかん。と思いすぎてた感じ。
通勤時間=エクササイズの時間。
だから、歩いて駅まで行くのも、歩かないかん、ではなくて、体力づくり。
この考え方って、なんだか主体的で、自分で決めてやってる、って感じがしていい。
そういえば駅まで徒歩11分のこの家も自分で選んだのになぁ。

★仕事をどんどん引き受けすぎない・詰め込まない。
自分が、今、やらないきゃいけない、仕事なのか。
これを考えて、全部をやらなきゃって思い過ぎない。
結局キャパを超えて、生産性、内容が落ちてくる。
まず今抱えてる仕事でどのくらいの時間がかかるのか、記録。
それぞれの仕事に対する集中度を振り返る。
それで、反省(笑)して、
これ以上抱えると、生産性が落ちるかも、、って客観的に把握してみる。
仕事を見直してみる→優先順位&取捨選択☆
これが大事なのね。。

★人生にメリハリをつける!(って私、考え方ふけてる!?)
やりたいことをどう自分の人生に配分していくか、考える。
あと5年は仕事に集中して、私生活ではやりたいことの20%をこなせたらいい。
10年後には、仕事をスローダウンして、私生活に比重を移す。
そんな風に考えればいいんだ!
こんな風に、自分で考えていくんだ。
目からウロコでございます。。

なんだか私は、”やらなきゃいけない”もしくは、
”やらされてる”っていう意識が高いんだなぁって思った。

全部自分で選んでやってきたことなのになぁ。。

意識改革だ!主体的にやってる感が得られるように、
”何か”をしよう!

そして、これからはじまるWEB教材のボランティア。
それが実質的にスタートする前に、自分のやり方を
一回ちゃんと振り返ってみよっと☆


そして、、lきっと今まで。
わたしの生活は、”FREE”な時間があることが大事だったんだと思う。
そうできる時間の余裕もあったり、環境にも恵まれていたし。

でも、社会にでて、働き出したら、そういう自分独自(笑)の時間の進め方とは
違うペースの中で生きていかなきゃいけないもので。。

自分にとってFREEの時間をもつことが大切なら、
”FREE”の時間を○時間もつ!っていう目標を作って、
あとはそのためにどんな風に時間を使って、仕事をこなしていけばいいのか。
タイムマネージメント、してみよう。

学生生活。ただ何かやりたいこと”ひとつ”に没頭する。
そんなふうに過ごしてきたからなんだろうなぁ。
何か複数のことに、対応しなきゃならないっていう感覚。
わたしにはなかったなぁ。。

なにかのために時間を”作る”感覚が私にはない。
いや、これなんだか言われたことあるやん。(笑)

これ、社会人になるための、私の一番の課題だと思う!
ファイトー☆おう!

面談おわって考えたこと。 

September 08 [Fri], 2006, 0:12
”なりたいものより、なれるものを選んでないか。”

今日見たCMで、今まで自分がぐるぐる回ってきたことがなんだったのか、
ちょっとだけ見えた気がする。

自分がなれるものについて。

UBCに留学してたとき、周りにいた友達が
既に将来を夢見てて、そのために既に行動してて。
(それがUBCへの留学であったり、、)

そんな中で、あせって、自分の将来目指す道は何なんだろうって、
考えた気がする。自分には何がいいんだろうって。

その中で見つけた答え。=”教師”。
そのときの”教師になろうかな”って言う気持ちには、
まだ??マークがついてたんだと思う。
ただのなんとなく前からそうだったし、みたいなものだったんだと思う。

それが自分の夢なんだって、
あせって照準を合わせて、その後の大学生活を過ごしてきた。
自分の中で、きちっと固まってなかったのに。
教師になるときに武器になるだろうな、必要だろうなってことに
どんどん挑戦してきた。教師には”なれる”ように。

だから、きっと教師になってからも、
自分の中に教師としての”軸”が見出せなかったんだと思う。
自分にとって、一番”なれそうなもの”を選んだだけだったから。

みんなが就活してるとき、
自分もしようかなってちょっと迷った。
ちょっとだけ、足突っ込んだ。

でも、先輩の”両立なんて、就活をなめとったらあかん”っていう言葉に、
”そっか。”ってすぐ、やめた。

あのときにもっと、葛藤すべきだったんだと思う。
自分が”なれるもの”を選ぶんじゃなくて、
わたし、あの時、”自分がなりたいもの”を改めて見つめなおすべきだったんだと思う。


、、しまったなぁ。。(”後悔先に立たず”、あら、私まさに体現中、、?)☆


そして、今の私。(その結果。)
二度目の学生生活中。

2年っていうパパちゃん&ママちゃんにもらった大事な時間の半分をもう使ってしまって、
その間に、わたし、何にもできてないなぁなんてあせってたけど、
私は自分の軸を探してたんだと思おう!
(いまだに定まってない軸だけど、、哀☆)

自分の中に”軸”があったら、多少の困難があっても大丈夫。
軸がぶれなきゃ、しんどい時でも余計な迷いが出ない。
思ったことにどんどんぶつかっていける。集中できる。
逃げ道がつくれない。じゃぁやるしかない。

そうだったんだ!!そういえば、そうやんなぁ!!
(A山先生、いってはったや〜ん☆)

いやぁ、半年間、無駄にしたかなぁって思ってたけど、
そんなこと、してたんだなぁ。気がついたよ。

よぉ〜し☆こうなったら。。。

なくしちゃった(自分で選んでね。)ぶんだけ、
私、これからの人生の間中使えちゃうような、

すっごい”自分軸”、探しちゃおっと!
ファイト!わたし☆

(あれ、タイトルと関係ない、、??  …目指せ。初志貫徹。)

面接。 

September 07 [Thu], 2006, 16:51
今日はこれからボランティアの面接に行ってきます。

学部時代にインターンシップでお世話になった付属校。
今度は、WEB教材製作のお手伝いです。

いやぁ。
前回に比べると、なんだか専門性が活かされる内容で、
私もきっと成長してるんだろうなぁ、なんて感じたり、
これは挑戦すべき!って思うことが今回もすぐ手に入った、
そんな私って恵まれてる&ラッキーだなぁと思ったり。

ワクワク。
どきどき。
緊張しながらそんなこと考えてた。

せっかくだからと思って、前回のインターンシップのときに
書いとめておいたものを読み返してみた。

残念ながら、毎日書いてた&コメントもらってた日誌はなかったんだけど、
事後報告書と、お世話になった先生へのお手紙(の原稿、、笑☆)を読んだ。

そしたら、
なんだかなぁ、

ゾクってした。

教採の面接で言ってた私の教育に対する理想も、
去年一年心がけてきたことも、
なんだかその報告書のなかに、その元みたいなものが入ってた。

すっかり、そこでのインターンシップでどんなことを感じたのか忘れちゃっていたけど、
それを見ていたら、教師としての私の基礎になってたもの、大切にしてきたことを、
このインターンシップから、先生とのお話の中から得ていたんだな。

そう思った。

そのインターンシップで得たものの大きさと、
お世話になった人たちへの感謝と、
無くしてた自分が積み上げてきたものに対する自信、
ちょっと取り戻した。

今回のボランティア。
前回みたいに、先生のお世話になったり、
子供とのかかわりがもてたりするわけではないけど、
しっかり、積極的にがんばってこよう。

そして、あれ以来お話していない、N先生に、絶対に挨拶してこよう。
そう思った。

周りの人に、支えられてる、
育てられてる。

がんばろう!わたし!

ただいま~☆ 

August 31 [Thu], 2006, 16:01
帰ってきました!!めちゃ暑いね!さすが、日本の夏。

バンクーバー、あの後もいろんなことがありました(>_<)

タクシーがスピードオーバーでつかまってみたり、
(MARINE DRIVEって制限50キロなんだって!)
早く着きすぎて、チェックイン開始まで6時間も待ってみたり、
(いつでもできるんじゃないんだね。。)
スーツケースの荷物が15キロオーバーで1時間も荷物つめなおしてみたり。。
(結局400グラムオーバーで通してくれたけど、、こんなに厳しかったっけ!?!?)

でも、とりあえず帰ってきた!
無事が一番☆

そして、さっそく昨日は去年の同期と飲みに行ってきたよ〜☆
はじめてビアガーデンで、夏を満喫☆
楽しかったぁ(*^-^*)/

でも、みんなは明日から2学期で、
夏休みもほとんど部活&仕事付けだったって。
私の夏と比べてみて、自分の浮かれ気分に気がつきました。

そして、去年の自分と比較して、
もっと時間を大切に使っていかなきゃって思いました。

ただ、だらだら過ごすだけの夏休みにならないように、
やれることをちゃんとやっていかなきゃ。

幸い私の夏休みはまだまだあるし、
実家に顔出してちょっとのんびりしてから
また、動いてみます☆
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mari-ngo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる