戴き物

  • 2008.07.06 [Sun] 20:53
メルタPL様から、戴いてしまいました!
メルタ御姉様の視線の先に居る子馬は、こんな姿なのですね。
ありがとうございます!

ゴスロリ浴衣だそうです。普段着ない服を見立てていただいて、
ふっくら丸顔の頬が、何時もより紅潮しております。あぁ…

視線の先にいらっしゃるメルタ御姉様を、私も描けたらいいのに、と
悔しい思いでいっぱいです。
本当に、有難うございました。詳しくは御手紙に厚い(暑苦しいw)思いの丈を
綴らせていただこうと思います。

PLより御挨拶

  • 2008.01.12 [Sat] 13:00
このブログは、某PBWサイトで活動する、
とあるキャラクターについて記述しております。

・PBW、なりきり茶等にご興味の無い方
・上記の遊びを知らない方、忌避される方
・18禁(男×女 乙女ゲーム位)の御話は苦手な方


…の閲覧は、多分あまり…というか、何も面白くないかと存じますので、
他の素敵なブロガーさまの処へ御出で下さいませ。

人間関係・仕事関係

  • 2008.01.12 [Sat] 13:00
≪御仕事周辺でのお知り合い設定の方です。
PL様(PC様)に感謝しつつ≫



≪銀鳳様≫≪メルタ様≫
 マフィアグループ『凰蘭会』の銀華公主こと
裴 銀鳳様と、「Veludo」のマダムとは既知の仲。
薄暗い仕事の方面での繋がりも深く、
金・仕事・情報、そして女達が行き来する。
ちなみに鳳蘭会の構成員であれば、
階下のサロンの飲食全て無料。
 その銀鳳様の経営する高級娼館、『diamante』の
売れっ子のお姐さんがメルタさん。
マダムからその立ち居振る舞いを見て、手本にしなさいと言われたり。
初めての二人きりのお茶会の席で、
見惚まくって大変な事になりました(笑)
(その間、PLが必死にマカロンの味と中味を
検索して考えていたのは、公然の内緒です)

いずれにせよ、煌びやかで美しい世界や姿の、
その裏には。凛々しい棘も爪も在って。
その世界を少しづつ伽耶子も勉強していっている次第です。


≪グエンドラ様≫
娘の勤務先である娼館と、マダム・グエンドラの経営する
地下闘技場とは、客と金が常に行き来する提携関係。
娘も偶に呼ばれて、マダムに御挨拶をしているようです。
マダム同士が御友達なので、伽耶子も安心して懐いております。
闘技場観覧ロルをやりたいので、どうぞ遊んで下さいませ!


≪棗螢様≫
伽耶子は知りませんが、大変に血生臭そうな(?)仕事をこなす
集団の首領様です。部下が娼館で散財した分をしぶしぶと
支払ううちに、何故か店のマダムに気に入られ、
帳消しにするから、などという口車に乗せられて、
ツケを溜めた客への取立てに従事させられたり、
恥ずかしいコスプレを強いられ、接客まがいをさせられたり。
身長やバストサイズが近いので、「傍に居て安心出来るお友達」(笑)
部下の慰安のために連れて来ていた彼女を見て、
「御店に来る男客さんに連れられて来ていた女の子」
と思い込んで、現在に至っているようです。

山奥の庵に住まう若夫婦様(と伽耶子が思っている)の台所を
お借りする創作料理の会等、多岐に渡ってお世話になっています。


≪ネイド様≫
初めはマダムから仕事として依頼をしていたようですが、
いつしか自分が溜めたツケを帳消しにするからとの
甘言に釣られて、取立てや密輸業の護衛にと
こき使われたりしていらっしゃるようです。
棗螢様、伽耶子の百合キュアコンビの創作料理の試食では、
毎回被害を被って立派に
そのお立場を勤められています。(感謝!)

まだ伽耶子の母親が居た10年程前から、現在に至る迄の
親子共々との顔見知りの間柄。
近所の御風呂屋に、一緒に連れて行ってもらっていました。


≪魅恋様≫≪プッタネスカ様≫
娼館「VELUDDO」を、外部の娼婦として使って下さるお姐さんたち。
御店が退ける時間に、三人で御茶を飲んだり、御菓子を摘んだり。
お菓子大好きで、店のシェフパティシェに懐いている魅恋様、
ふんわりのんびり、何時でもマイペースでいながら
ツッコミ鋭い(笑)プッタネスカ様です。


≪ウォン様≫
マダムの裏家業(密輸業)で店に出入りする用心棒さん。
店の従業員達がそう呼ぶように、伽耶子も「黄大哥」と
大抵の場合は、呼んでいます。
給与明細から天引きされる額について、いつかマダムと
話し合いが行われるのでしょうか。


≪ジグ様≫
初めは自動ピアノの修理、果ては娼婦さんの首飾り迄
直させられる羽目になった職人さん。
音楽好きなのを見抜かれて、階下の演奏会のチケットを餌に
マダムが仕事を言いつけまくっているようです。
腕利きな事は確かで、伽耶子にとっては魔法を見ているよう。
「マイスター」と呼ばわっては、彼の仕事に纏わり付いたり。


≪cc様≫
花街の娼婦が埋められる墓地の管理人さん。
マダムの古くからの知り合いが埋葬されており、
その代理で墓参した事が切欠での顔見知り。
セマタリーの秘密を教えてもらえるのかどうか…


≪渡ヶ瀬幸人様≫
ご本人曰く「御客様上がりで店の仕事を”手伝わされている”男」
店からしてみれば、「ツケを溜めまくった、ろくでなし男」
BDSM趣味の知り合いが多く、店主催の「スレイブナイト」系な
イベントの時には重宝すると、マダムも我慢しているようです。


≪ファウスト様≫2008年12月
娼婦さん達のマッサージから、サロンでのオカルト系演目の出演、
ツケを溜めまくったろくでなしからの臓器摘出と、
表裏仕事を請け負っていただいています。
珍しく伽耶子がお教えできたり出来るのは、年の近さから?(笑)でしょうか。


キャラクター紹介

  • 2008.01.12 [Sat] 12:00
【名前】    伽耶子   (藤村 伽耶子)

【ふりがな】   かやこ    (ふじむら かやこ)

【種族】    人間

【性別】    女性

【職業】    娼婦

【身長】    151cm

【年齢】    17歳

【3S】     78/54/79

【容姿】    華やかな娼館にあっては、十人並みの容姿。小柄。

 〔髪の色〕  くせのない黒髪。肩甲骨を隠すまでの長さを、
         日によって下ろしたり結んだり
 〔瞳の色〕  黒目がちで大きめの瞳
 〔肌 質〕  陽に当らぬ白い肌。年相応の弾力と吸い付く肌質。
 〔服 装〕  日によって変るので、ロル内などでフォロー。

キャラクター背景(プロフ記載のもの)

  • 2008.01.12 [Sat] 12:00
≪キャラクター背景≫

 娼館生まれの娼館育ち。
幼い頃より、母の仕事を見て育ち、16の年より己も、
当たり前のように娼婦として働きはじめる。
年も若く、特に取り得があるとは思われない為、客もあまりつかない。

見た目と同じく性格は控えめだが、芯は強く生真面目に取り組む。
相手から望まれる事が嬉しいので、期待に応えようと頑張りがちに。

 娼館の従業員同士、仕事仲間や近所の顔見知りには、
年相応の少女らしさも見せてはいるが、基本的には大人しめ。
だが感受性と性感は高めなので、客との行為中に上げる嬌声は、
普段との差異が激しい。それを指摘され泣いて恥ずかしがる有様。


 ≪娼婦の情報に不必要な、背景≫

平日の早朝、堕落街外部の高名な御嬢様学校のセェラー服纏う、
良く似た娘を見かける事もあるやも。

元は芸者だった母親は、裕福な実業家の後添いとして
数年前に身請けされ、此処には居らず。

仕事場について

  • 2008.01.12 [Sat] 12:00
 密輸でひと財産を築いたと噂の女主人が、
堕落街の青楼立ち並ぶ地区へと、
態々東国の居留地から移築した、マナーハウスを模したと思しき、
白塗り木造、二階建ての外観。

 1階はサロンとなっており、建物の外観に合わせた
アンティークなソファーやスツール、
テーブル等が置かれ、美しく着飾った娼婦達が、此処で寛いでいる。
受付の黒服からチェックを受けた客が、ここで女を見繕う。
開放的な雰囲気が受けてか来客も多く、接待での利用も有り。
堕落街らしく、人間の為りをした異種族等もちらほらと。
金とマナーさえ携えていれば、何なりと。

 雑談、飲酒、カードゲーム等、ただ遊んで過ごす事も可能。
女性の同伴者の有る男性や、女性客同士でゲームに興じたり、
寛いだりする姿も見られる。
サロンでは定期的にバンド演奏も有り、
ジャズやタンゴ等高名な楽団目当てで訪れる客も居るとか。
演奏が終れば、音楽マニアも楽団員たちも女達と戯れる。

 娼婦以外の従業員は、受付から給仕雑用のボォイにバーテン等、
全て男性のみ。年齢は小僧から老人まで、様々。
どうやらマダムの趣味らしい。


 2階は廊下の両脇に、小部屋が並ぶ造り。

御客と娼婦とは、空き部屋で好みの場所があれば、此処を利用する。
西側の、通りに面した小部屋の一つが、伽耶子の「住む」部屋。
押しの弱さ故、階下で働けぬ娘は、娼婦が足りない時に駆り出されるか、
滅多に入らぬ指名があった場合にだけ働き、
普段の時には住んでいるのか判らぬほど、ひっそりと暮らしている。

 ここで働く娼婦は、館に住む者も居れば、外に暮らし、
「時間で」通う者もいる。
街娼という危険と隣り合わせる立場の女性には、
避難所兼レンタルルームとして利用されてもいる。
 勿論、通いの娼婦は客を取れば店へ仲介料を支払い、
住み込みの娼婦ならば、売上から生活費と称した金を支払うのは、
全くもって当然。
 娼婦は皆、マダムの可愛い、孝行娘という次第。

御利用客様へのご案内

  • 2008.01.12 [Sat] 12:00
≪娼館「Veludo」からのご案内≫

職業上の守秘義務を遵守させておりますので、
御買上げ戴いた御客様(ロールしたお相手)について
名簿・回顧録等を記載させておりません。
密会・商談等でのご接待等、安心して御使い下さい。

また、娘に御客様のお名前を教える必要等も御座いません。

御客様側の出逢い(遭遇)リストへの掲載は、
この娼婦をお気に召しましたらご紹介下さい。

ロールスタイルについて

  • 2008.01.12 [Sat] 12:00
≪ロールスタイル≫

中〜長文迄。亀速。心理・情景描写有り。… と ―― 使います。
職業柄エロール中心となるかと思いますが、
日常ロールやドラマも大好きです。
同家業や歓楽街での仕事に携わる方など、
是非とも既知ロールで語りかけ下さいませ

※どんなエロルでも基本公開していますが、
御客様が公開NGの場合はクローズにて。
(お早めにご通達下さいませ(汗))


◆平日のリミットは午前1時迄となります。
休日前は頑張って午前2時(駄目)。
時間切れなどでロル途中になる場合が多いと思いますので、
継続を是非ともお願いしております◆

 ≪ロールNG≫

・2窓/多窓の方。
・1対1のPC茶中に、囁きでの他所との会話が2窓状態で続いている方
※2窓は此方には判りかねますため、此れは自己申告で。
囁きは誤爆にご注意下さい。

プレイスタイル

  • 2008.01.12 [Sat] 00:00
≪プレイスタイル≫

異性限定受け。娼婦として一通りの事は知識・実戦どちらか有り。
お相手はお客様としてのみ(常に金銭が介在する関係)をお願いします。
金銭さえ頂戴していれば、凌辱、淫語責め&強請、奉仕その他、
時には泣いて嫌がりながら、唯々諾々と命令に従います。
 ※直接表現・間接表現いずれもOK。好きになさって下さい。

◆御客様のご希望により、お名前を呼び分けいたします。お申し付け下さい
≪例:御客様/○○様/御主人様等の主従系統/
父兄等若干のインモラル系統/先生等の職業名称等々≫

 ≪プレイNG≫

■御相手様のNGに抵触する行為
■今後の営業に差し支える行為(切断・死に至る行為・妊娠出産)。
   回復可能な傷迄は問題無し。 
■「触手」「大量または巨大な虫」等、
   凡そ人間の想像範囲外な物はお控え下さい。
■直接・間接表現OKですが、擬音描写はなるべくト書き内でお願いします。
  ※接吻・口戯で言葉に擬音の混じるものは此方も描写しますが、
  その他の擬音描写はト書き内で
■魔法の概念は、凡百の娘にはございません。罹りません。