繰り返し 繰り返し 思い出すこと 

2006年03月15日(水) 0時50分
昔 片田舎に素敵なフレンチのお店があった。
広く ゆったりとした空間 静かにながれる音楽
値段も手頃、その当時には珍しかったので結構 繁盛していた。

しかし 10年後 お店は閉店した。

調度品にも こっていた時間を忘れさせてくれたあの店がなぜ?

そこには 本当の豊かさが、欠けていたようだった。

本当の豊かさとは・・・

お客様を 心からおもてなししたい、幸せな時間をすごしていただきたい、という
お店側の もっというとオーナーの気持ちが100パーセントでは、なかった。

料理が美味しかったなら それでよし、とする 天狗の経営者がそこにいたのだった。

「安くて うまい」 これを ウリにするのもOK ならば それに集中して店作りを
考えるべきだったのに、「安くて、うまい、けど ちょっぴりゴージャス」

これでは、店側の気持ちが どこにむいているのか 全くわからない。

いってみれば八方美人的な 店だった。

誰にでもいい顔は、終いには 誰にでもそこそこになり
ご贔屓にしてくださったお客様まで、うしなうことになるのだった。

レストランをオープンしているならば、美味しくて当たり前 
要は、その上で お客様に どう感じていただきたいのか そしてその気持ちを
スタッフ全員に 浸透させること 
それが、ゆったりと永く 幸せに 経営する 第一歩 のように思うのだ。

あれから6年・・・ いろんな経験をし、そのもとオーナーは、ブログを書きながら
ふと そんなことを思った。

自分への ご褒美・・・ 

2006年03月13日(月) 0時01分
去年のクリスマス商戦の記事に最近は女性が自分への
ご褒美として 高価な買い物をする、という内容の記事があった。

自分も 目の前に 人参をちらつかせ 目標の場所へ走った。
しかし ゴールすることはなく、人参も食べられずじまい。
なぜ?  その場所へは たいして行きたくは なかったから。

ある日 職場で「今月のPR商品」ということで 一つのも品があげられた。
事務職の自分には 違う区画でのことに思えたが珍しく力が入った。

どうしたら売れる?を考え続け 問い合わせの電話でも
入れられる限り その品をすすめた。
反応は? それほどでもない。
やはり電話トークでは 無理か・・・

そんな時 昨年 あるきっかけで手にいれた教材の中での
ロックノーブル社の 岩元氏の言葉を思い出した。
自分に売れ あっ!そうだった。

その日から いろいろ戦略を練った。どういう人が欲しがるか
どういう場面で必要とする?
その場面は どんなときに 作り出されるものなのか・・・
夢中だった。
その機会をひたすら待った。「おっっ!」
お客様に さりげなくその商品を提案した。
「あら、知らなかったわ。それはどうやって使うの?」
という具合に話が進み、その日の午後 営業マンが お届けした。

久しぶりに すがすがしい 達成感を味わった。
でも ご褒美は 欲しくなかった。
その代わりに もっともっと 知りたくなった 「マーケティング」なるものを・・・・

その夜 書店で マーケティングについての 本を 買った
これこそが 今の自分への最高のご褒美だった。







精神論だけじゃねー・・?A 

2006年03月11日(土) 1時57分
そのとき気がついた。自分はなーんにもやっていない
眺めるだけ、教材もきくだけ。実践はゼロ
これじゃ変わるわけがない。
ちいさな一歩をふみだそうと、仕事に活かせそうなことをいくつか
書き出し早速次の日からやってみた。

気がつくと、当たり前になっていた残業もしなくなった。
そのかわりに毎日の勉強がはじまった。
 
うっすらと「こうなりたい」自分が見えた。

精神論だけじゃねー・・・?@ 

2006年03月11日(土) 1時34分
職場の仲間が上司に注意されていた。うなだれて席に着くと
一言「精神論だけ言ってもさー」と つぶやいた。
「ん?」
でもその精神論も語れないようじゃね。と自分は横で思った。

書店にいくとノウハウを書いた本が平積みされている

一年あまり前、自己啓発コーナーに陣取って片っ端から手にとって
眺めるだけの自分がいた。強くなりたい変わりたいと・・・・ただ漠然と
思うだけの自分。ネットサーフィンをし、さまよっていた。

時間ばかりが過ぎていく  あせった。なんとかしなくては、と。

とりあえず、同意する 

2006年03月06日(月) 0時29分
 昨日は、子ども会の打ち上げがあった。この一年間で私にとってはめずらしく
会に参加した。父兄とのつながりも大切かと思ったのだ。
焼肉をたべながら、先生のこと、子供たちのことと色々話題に事欠かなかった。

こういう場面 必ずリーダーがいる。その人のふった話題でしばらく盛り上がるが
そのうち「ん?」と思うことにでくわす。まわりをみると、みんな深くうなずいたりして。

本当にそうそう、と思っているのかな・・・

そのうち話題よりも、まわりの反応のほうが、おもしろい。

でも飽きてきた。時間がもったいないな、そう思いはじめた。
この気持ちがでるころ、私のタイムリミットだ。

でも私だけじゃないのかもしれない。話しているリーダーも実はおんなじことを
考えているのかもしれない。とも思った。

 人は自分が話しているとき、大きくうなずいてくれると、すごく安心するようだ。
私の隣のお母さんは、すごく静かだった。彼女が少しでも自分の考えていることを
話だすことができれば、わたしもコーチングが、うまくいくのかな?なんて考えた。

恥ずかしいほど・・・ 

2006年03月03日(金) 23時57分
 ようやく北国にも春がやってきた。3月生まれの私にとって この時期が一番好きだ。
スタートが切れる季節だからだ。道端の汚れた雪山、 きりりと寒いのに青空はたくさんの勇気をくれるようだ。だから今、遠くに見ている夢を信じて進んで生きたいと思った。自分のビジネスを持つ・・・・
今までは恥ずかしくていえなかったが、今日の空をみていると、うそじゃないと思えるのだ。去年までとは違う。遠くの夢へ一歩一歩、  時にはちょっと立ち止まりまた進む。まっしぐらだ。信じよう。自分の可能性を。恥ずかしくなるほど自分を勇気づけて・・・何でも吸収しよう。
季節は春だ!

いろんなノウハウ 

2006年03月02日(木) 9時33分
パソコンを通して今、色んなビジネスが展開されている。「自宅で簡単 副収入」のようなうたい文句で稼げる場所を提供してくださるところがある、しかし自分がそれにのっかってみると、当たり前だが、そんなに簡単にはいかない。考えてみると、いや考えなくてもわかる。お金を得るということは誰かに幸せになる手段を提供してそれによるその方からの報酬なのだから、いままで適当に生きてきた私にそんなに簡単には手にはいらないんだと。

己の神を信じる 

2006年02月28日(火) 23時55分
 「己の神を信じなくて神仏にすがるなんて、おかしいよ」と、同僚が言っていた。なるほど・・・・確かにそうだと思った。では私の神は私に今、何をさせようとしているの?こんなにうじうじしているのも、何かを掴んで欲しいからなのか。ようやく気がついたことがいくつか最近でてきた。「優雅に生きていきたい。」そのための試練ならいくらでもかかってこい!と・・・でも期限は必要。じゃあ何年?うーん・・・とにかく今年は、走る走る。

民営化フェティバル 

2006年02月27日(月) 22時41分
 今年の10月から郵政公社は、民営化になる。どう変わるのか?世間も内部も意識の片隅に興味を置いているようだ。苦情の中には必ずといってもいいほど「だから民営化すればいいんだ」という。そうなったら、どういう風にしていくのか。あまりの組織の大きさに末端で働くものには、具体的なことは伝わってこない。

やっぱり 熱くなくちゃ 

2006年02月27日(月) 2時35分
 NHKの番組で「矢沢永吉」氏の特集があった。熱かった。ファンも矢沢氏も・・・・
いつのころから私は冷めてしまったのだろう。小学一年の運動会のとき絶対負けたくないと歯をくいしばって走っている写真がある。かわいくない、と思ったがでも、これが自分なのだとも思った。年を重ね、かっこいい=クールという式が私の中でできあがった。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ぷるん
» 繰り返し 繰り返し 思い出すこと (2008年10月06日)
アイコン画像よしと
» 繰り返し 繰り返し 思い出すこと (2008年09月30日)
アイコン画像酢だこ
» 繰り返し 繰り返し 思い出すこと (2008年09月27日)
アイコン画像隙間男
» 繰り返し 繰り返し 思い出すこと (2008年09月25日)
アイコン画像jilyouhou
» 繰り返し 繰り返し 思い出すこと (2007年03月09日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:march-22
読者になる
Yapme!一覧
読者になる