やっと分かった事

December 11 [Wed], 2013, 0:16

私は今まで家庭の事情で、幼少の頃から障害者の方や高齢者の方と沢山関わってきたんだよね。
そのせいか普通の人の"障害者の概念"と言うものを全く理解できないでいたの。
でも、その事を言葉に出来なくてずっとモヤモヤしてた。

今まで分からなかったけど、今になってようやく分かった。

私は幼い時から当たり前のように障害者の方を、一人の"人"として見ていたんだよ。
"健常者とは何か"を理解する前から障害者や高齢者と接してきたから、どうしても別の人として分けて見ることが出来なかった。

だから、"この人は身体に麻痺があるから障害者"とか"この人は知能の発達が遅れてるから障害者"とかって分ける人の考えを理解出来なかった。
だって、人は皆、感情を持っている人間でしょ?
動けなくても痛みを訴えるし、言葉を話せなくても他の方法で思いを伝えようとするし。
それなのに、どうして差別しようとするの?
"障害者"と"健常者"って区別してる時点で差別だと思う。

この考えを持ってるから、介護系の専門学校に入学したのに嬉しくなかったんだなって思った。
最初らへんの授業は、高齢者や障害者の理解から始まるから。
だからイライラしたし、わざわざ"障害者も一人の人間"って事を勉強するのが嫌だったんだよ。

やっと分かった。


たぶん、これが私の一番の長所だと思う。

"どんな障害を持ってる人でも、《障害者》として分けて見ずに一人の人間として見ることができる。"

介護の仕事では重要な長所じゃないかな?

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hoodoo
  • アイコン画像 誕生日:7月2日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:短大生・専門学校生
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/marble_tirol/index1_0.rdf