キャッシングの法改正について

September 23 [Fri], 2016, 1:19
二〇一○年の6月に改正された貸金業規制法により、様々な効果がありました。キャッシングの法改正が行われ、利率が低くなった分、キャッシングなどと言った審査が厳しくなりましたね。金融会社によっても利用者数が減少するといった影響も多少なりともあったんですね。これまで軽い気持ちでキャッシングをつかってきた主婦(人気雑誌「Mart」にちなんだMart主婦なんていう言葉もあるみたいですね)のキャッシングが、法律に影響で融資を受けづらくなり、借入金額に関しても制限がつきました。申込み者に融資をするかを判断する際には、今までは、金融会社が独自の判断基準で決める事になっていたのです。他の会社でどれだけ借りていようが、規制するものはなかったので、自由(自分ですることの責任をとれることをいうのかもしれませんね)にお金を貸す事ができてたなのです。審査のハードルが低い金融会社ほど、高金利(お金を貸したり、借りたりする際に発生する賃借料のことをいいます)の融資を行っていましたので多重債務者に取っては苦しい状況になってやすく、自己破産者が社会問題(労働問題や人権問題など、色々な問題がありますが、なかなか解決できないことが多いでしょう)にもなっていたものです。キャッシングについての法律が見直されたことで、借入金額の合計は年収の3/1以下になりました。もしも、年収が240万なら、キャッシングで借りていい合計金額は80万円までとなるはずです。これは1店舗(たくさんの商品の中から、好きなものを選んで買うというのが買い物の楽しさでもありますが、最近では通えるところにお店がない買い物難民も増えているそうです)だけではなく、改正後は各金融会社も情報を共有化して個人の債務を管理するようになっているのです。キャッシング会社も、審査をした際に、他のキャッシング会社の利用状況を確認して判断をします。総量規制が出来たことで、多重債務の可能性は減りましたが、その分、審査を受けたら融資を断られてしまうと言う方が増加してしまいました。基本としては無職の方には、キャッシングが可能でなくなりますので、失業中でお金に困っている人には融資する事は不可能になるでしょう。現金を調達したいといった時に頼りになる存在だったキャッシングだからって、法律の改正によって、借り入れが困難になっているのです。