今年もよろしく ♪ / 2016年01月01日(金)

新しい年のご挨拶です
今年もよろしくお願いします。
 
   
Posted at 06:30 / 私の日常 / この記事のURL
コメント(2)
新江の島水族館へ / 2015年12月05日(土)
12月4日
お天気は良いのですが、風の強い日にパソコン仲間と新江の島水族館へ行ってきました、
新しくなってからは初めてです。
海からの風は強く、砂粒が混じって顔が痛いくらい

今回の写真は、私の初スマホで撮った!!写真です
カラフルなサンゴや熱帯魚がお出迎えです。


”相模湾大水槽”イワシの大群が圧巻!飼育員のパフォーマンスも有ります。


長年クラゲの飼育に力を入れているそうで、幻想的なクラゲ空間!
ここでは”3D プロジェクション マッピング クラゲショー”も見ました
床や椅子に座って水槽と壁や天井に映し出される映像が素敵でした。



熱帯魚の色の鮮やかさには引き込まれます。

12月です、水槽もクリスマスの装いです!お髭の綺麗なキャラメルシュリンプ!
確かにクリスマスっぽいカラフルさでした。


イルカショーを見て(外のプールなので風が強くて寒かったですよ)帰路につきます。

久しぶりの水族館も興味深く楽しめました
勿論、おしゃべりも楽しく、お昼の「江の島小屋」のまかない丼も美味!


 
   
Posted at 21:33 / パソコン / この記事のURL
コメント(0)
サンフランシスコ観光 / 2015年05月10日(日)
4月16日(木)
爽やかな朝です、晴れ、寒いです3℃。。。
そう言えば華氏℉から摂氏℃へのアバウトな変換もノブさんから習いました、華氏から30ひいて÷2です、天気予報を見ている時に役に立ちました。
朝晩は寒い、部屋のエアコンは古い、なのに毛布一枚。。。アメリカ人と私って体感温度は全然違うんでしょうね。
ノブさんはあちらの体感を身につけたそうで、ズーッと半袖、半ズボンだったのが今日は長ズボンを着ていて、皆に「らしくない!」ってブーイング受けてました。
ヨセミテでは、リスと満開のハナミズキがお見送り!

バスでサンフランシスコに向かいます、所要時間約4時間、止まらなくなったノブさんの話付きでした。
アメリカで生きていくと決めた経緯、これまでの職業、今の生活、市民権を取った事、買った家の話、ゲイの話。。。。

途中のお土産屋さんで殻つきのアーモンドを買いました
これが初めて見るアーモンドの木、実はまだ収穫には早そうです。

途中のレストランで昼食、見事なハンバーガー、一口では無理そうなので、バラして食べました。

いよいよサンフランシスコの街並みが見えてきました。

半日の観光ですが、アメリカ西海岸の雰囲気を感じてみたいです。
サンフランシスコ湾

まずサンフランシスコの象徴、ゴールデン・ゲート・ブリッジ
サウス・プラザ広場の撮影ポイントから



バスに乗ってサンフランシスコの街並みが一望できるツイン・ピークス(標高300mの丘)から


坂の街 サンフランシスコを走るケーブルカー
長い坂から、ゆったりと走ってきます。



後は自由行動

フィッシャーマンズワーフ

ユニオン・スクエアの桜で終わりにします。


最後のお宿は、空港近くのホテル(ベストウェスタン プラス グロブナー)

17日11:15サンフランシスコ発 → 18日14:10成田着

お付き合い下さってありがとうございました
 
   
Posted at 21:52 / カリフォルニア / この記事のURL
コメント(4)
ヨセミテ国立公園・絶景めぐり / 2015年05月06日(水)
4月15日(水)午後
世界遺産「ヨセミテ国立公園 Yosemite National Park」は面積 3081㎢ で、シエラネバダ山脈の西山麓に広がっています、ヨセミテの気候は地中海性気候で、11月〜3月までは雨が降って、そのほかはほとんど雨が降らないそうです。
ここには年間350万人以上の観光客が訪れ、そのほとんどは公園全体の1パーセントにも満たない(約18㎢)ヨセミテ渓谷に集まるそうです。

ヨセミテ渓谷は、氷河に削られた白い花崗岩の絶壁、そこを流れ落ちる多くの巨大な滝、谷や木々の間を流れる川など、雄大な景色を満喫できる場所です、午後は、その絶景をノブさんの案内で超特急でまわりました。

≪ホテル・アワニー≫
ヨセミテ公園内にある3つ星ホテルです。
エルキャピタンの裾野に建ち、外見は石造りで周囲に溶け込んでいます、宿泊料金は非常に高価らしいけど、一見の価値あり!とかでノブさんのお薦めです。庭を散策し、先住民族独特の模様で飾られたロビーを見学し、ショップで帽子を買いました。

ビジターセンターでパンフレットを貰います(ここも日本語のパンフはどこもなかったです)。

向うに≪エル・キャピタン(El Capitan)≫が見えるビューポイント

バスを走らせて≪トンネル・ビュー (Tunnel View)≫
ヨセミテ渓谷が一望出来る園内最も人気の写真スポットです、ここからは人工物が一切見えず、道路ですら見えないように配慮されているそうです。緑の山々の向うに、ハーフドーム、ブライダルベール滝、エル・キャピタンが見えています。


≪ブライダルベール滝(花嫁の滝)≫
U字谷から流れ落ちる水が風になびいて花嫁のベールの様に見える事からその名がついているそうです、風が吹くと花嫁のベールが揺れます。


≪エル・キャピタン≫
ヨセミテ渓谷に入るとすぐに目の前に迎えてくれる世界最大の1枚岩、高さ1,000mの垂直な花崗岩です。ロッククライマーの聖地として有名だそうで、岩壁にクライマーを捜しましたが、まだ寒いからか、発見は出来ませんでした。壁に張り付いて寝るそうですから凄いです。

≪ハーフドーム≫
ヨセミテのシンボル的存在である巨大な岩壁で、標高2700m、円いドームを縦に半分にスパッと切ったような形をしています。
ヨセミテから流れ出すマーセド川、川に掛かった橋の上からハーフドームを撮影!

≪ヨセミテ滝≫
ヨセミテ渓谷にある739メートルのヨセミテ滝は、北アメリカ最大の落差を誇り、アッパーフォールFall (436m) と、ローワーフォール(97m) 、そしてその間のカスケード(206m) の3段からなり、今は雪解け水で迫力がありますが、8月になると殆ど水が無くなるそうです。

センティネル・ブリッジの駐車場からヨセミテ滝の全体を見る!ここからヨセミテロッジまで歩いて帰れます。

さらに滝に近づくコースは参加が希望性になります(疲れた人は帰る)、私は頑張って最後までつきあいます。一番近付くと3段目の滝のみが見えています、でも迫力満点、

ここで一旦ロッジに帰り、ディナーです。
夕食時、ノブさんと同じテーブルになったのでブログに書く許可を貰いました。
話に夢中でメインの写真を撮り忘れ(ローストビーフ、今までのように甘ったるいソースではなくて美味しかったのに残念)、写真はデザートです、プリンっぽい、上に固いカラメル、美味しかった、久しぶりの完食です。



夕食後はノブさんの秘密の写真撮影ポイントへ
≪夕日を浴びたハーフドーム≫が水に映って良い雰囲気です、でも、普通に撮っても明るさの差が有りすぎて上手く撮影出来ません、下の写真です。

勿論、ハーフドームだけ撮っても良い写真なんですが。

ここでノブさんのデジカメ講座
まず夕日を浴びたハーフドームだけを狙いピントを合わせます、次に水に映ったハーフドームも入れると、両方が撮れました。


有る時はウエイター、有る時はスーパーの荷物詰め、もちろんお土産選びも、大きな体で、身軽に動き回るスーパーガイド ノブさん!!惜しいのは植物系は余り興味ないらしい事です。
 
   
Posted at 16:40 / カリフォルニア / この記事のURL
コメント(5)
ヨセミテ国立公園・バーナル滝ハイキング / 2015年05月05日(火)
4月15日(水)午前
今日はヨセミテを堪能します、ヨセミテロッジからヨセミテ滝を見る!

ヨセミテロッジは 宿泊棟・レストラン棟・売店棟は離れているコテージタイプのホテルで、各宿泊棟には木の名前が付けられています、私の棟はLAUREL 月桂樹です、良い薫りがするかな?

ホテルの中

食事はカフェテリア方式(今まではバイキングでした)・・・朝食券は15ドル、ちょっと緊張します、少しオーバーしてたけど 会計の男性は笑顔でセーフ!って言ってくれた。

公園内は無料のシャトルバスが走っています。

バスに乗って≪バーナル滝 ハイキング≫約3時間 に出発です。
フロント棟前バス停8番で乗車、5分ほど乗って16番のバス停で降車、ミストトレイルと言われるバーナル滝への道。

ゆるい坂道を上るとバーナル滝が見えてきます。
橋を渡った先からトレイルが始まります。4月は雪解け水が多い時期なので、豪快なバーナル滝に会えるはずですが、名前の通りその水しぶきで濡れるかも知れないという事で、雨合羽もしっかり着込んでいます。


少しずつ傾斜がきつくなってバーナル滝の全景が見えてきます、滝つぼには虹がかかり、水量は例年より少な目だそうです

さらに、この滝の上に登ります
急な石段、細い道、岩のトンネル、最後の階段などはとても急でした。

到着です 滝の上は広ーい岩場です、滝を上から見るとこんな感じ、ちょっとヒヤヒヤ


更に目を上に移すとネバダ滝も見えています、が、私達はここがゴール、付近を散策したり写真を撮ったりします。

大きな岩のかげで見つけた花!

突然のカウボーイ?の登場、4匹の荷物を積んだ馬を引き連れています
何だろうと思ったら、ここはトイレ完備でしたので、その交換の為の荷物を運んでいたんです。騒ぐと馬が興奮する!って怒られちゃいました。
あと、時間的なものかリスがアチコチに出没、白い岩に薄茶色っぽいリス、見分けがつきにくいですね
ジャンプしてます。

帰り道は余裕です、ゆっくり写真を撮ります、滝からマーセド川に流れていきます。

ハイキングコースで出会う人は半分くらいは中国系の人でした、若く裕福そうな感じですが、愛想は良くなかったです。写真に偶然入って、外国の雰囲気を醸し出してくれる白人系の人は、だいたい目が合うと笑顔で挨拶してくれるのと対照的。日本人には会えなかったな
昼食も同じ食堂棟で、昼食券は18ドル

午後は絶景めぐりです。









 
   
Posted at 15:55 / カリフォルニア / この記事のURL
コメント(0)
ヨセミテ国立公園・ハチドリを見た! / 2015年05月04日(月)
4月14日(火)
今日も午前中はバス移動、シエラネバダ山脈の南部にあるセコイア国立公園から ヨセミテ国立公園へ向かいます。
車窓から、眼下に緑の山々を見ながら、山を越えると一面のオレンジ畑でその向こうには枯れ草色むき出しの丘。
更に進むと行けども行けども牧場、とは言え遠くに牛や羊が時々見えるぐらい。。。日本とは規模が違います。

途中のフルーツスタンドでトイレ休憩、獲れたての?果物と ロバもいました。

お昼は変な中華屋さん、味はまあまあ、『もっと作ろうか?』と親切です。。。丁重にお断りしました。

ヨセミテに着く前に、ハイキングがあります。
ヨセミテに隣接する ≪ハイトコーブ トレイル≫ 川沿い、2時間のコース。

今回、ここでだけ 多くの種類のワイルドフラワーを見る事が出来ました、雨が降らない、太陽は燦々、その中でも必死に咲いていた花

このトレイルで歩いてるのは私達だけ、誰にも会わなかったです、コースも余り整備されている感じではなく、気を抜くと危ない所も有りました、特に、やっとめぐり合えた花の写真を撮るのに夢中になってると危ないかも、お花畑はこんな感じです。

ここがゴール、後は来た道を帰ります。


途中、夕食は何故か「ヨセミテ ビューロッジ」内のレストラン、私達が2連泊するのは「ヨセミテ ロッジ」これがこのツアーの最大の売り!!です。

「ヨセミテ ビューロッジ」はヨセミテが見えるロッジです、国立公園外、当たり前ですが、「ヨセミテ ロッジ」は国立公園内で、公園内は新しいホテルを建てる事が禁止されています。
あと「ヨセミテ 近郊のホテル」と言うツアーになると車で一時間くらい走るそうです。

でも、このレストランで嬉しい出会いが!野生のハチドリを見たんです。
テーブルについて、ふと隣の建物を見ると小さな鳥が・・・えぇ、ハチドリ!餌付けしてるんですね、砂糖水を吸う時はエサ箱?に止まって、順番を待ってる鳥はホバリングしてます、もう、夕方なのにずーっといました、疲れると私の近くの木に止まって一休み羽音を聞けなかったのは少し残念でした。


私はハチドリって南米のジャングルに行かないと会えないと思ってたので大感激でした、夕方でガラス越し、良い写真は望めませんが、記念なので!
でも、添乗員は『あら、いますね〜』と無感動、ここのテーブルでしか見えなかったんじゃないかな、ガイドさんに聞いたら『一杯いますよ』と言う事です。

調べてみると、ヨセミテには何種類ものハチドリが居るそうです、そんなに多くの花が有るようにも見えないのに、だから餌付け?

夕食後、やっとヨセミテロッジに着きました、明日はヨセミテを堪能。。。出来るはずです。
 
   
Posted at 15:27 / カリフォルニア / この記事のURL
コメント(4)
セコイア・キングスキャニオン国立公園  / 2015年04月30日(木)
4月13日(月)
午前中は≪セコイア・キングスキャニオン国立公園≫へひた走ります。
今までの二日間は、砂漠!!と言う印象でした、さて今日は?車窓の風景の変化に良く現れています。
最初は5号線、茶色い地面がむき出しの山々、枯れた草、ヤシの木、糸杉、花崗岩むき出しの地層。。。雨が降ってないでしょう、その中を片道4車線の道路がまっすぐに伸びています、乗用車はハイスピードですが、トラックはゆっくり走っています。

山を越えるとサンワキン盆地に入り、左右にブドウ畑やオレンジ畑が現れます
さらにアーモンド畑、今 中国人がアーモンドを食べ出したので、オレンジの木を切ってアーモンドに植え変えている畑もあちこちに見えます、走っても走ってもアーモンド畑

やがて山岳地帯に入ります。緑が有り、野生のポピーを発見、写真タイム!
ガイドのノブさん初日の事を気にしてたのね、この位緑が無いと花は無理!です、ここが海抜1200m辺りです。

途中シシカバブ−の昼食、動いていないので食欲は有りません、ここもソフトドリンクは飲み放題。


移動に時間がかかっています、しかもこれから二つのハイキング
最初はジャイアントセコイアに会うために≪シャーマンツリー トレイル ハイキング≫
今年からヨセミテのジャイアントセコイアは立ち入り禁止で見れなくなったそうです(ノブさん情報)ここでしか見れない!!
ジャイアントセコイアは板にするとガラス状の繊維がひび割れるので使い道がなく伐採を免れたのです、木の特徴は幹の下がスカートのように広がっているのと、タンニンを含む赤みを帯びた幹の色です

その中で、地球上でもっと大きな木で、かつもっとも大きな生命体と言われる
「シャーマン将軍の木」樹齢はおよそ2200年


巨木の森!


もう夕方ですが、さらに
≪トコパ滝トレイル ハイキング≫に出発
白い花崗岩の巨石、手を加えていない森、今年は雪解け水が少ないとかで落差が大きいと言う滝も。。。それほどでも無いけど、 森の薫りに包まれて歩くのは気持ちよかったです。

馬酔木に似た低木の花

3日前は雪が降ったそうです、残ってます。

真ん中の白っぽい水の流れがトコパ滝


今日はセコイア・キングスキャニオン国立公園内の
「ジョンミューア ロッジ」標高1500m に泊まります。
ホテル内のレストランで夕食、ポーク&ポテト、付け合わせのズッキーニは味なし!

ロビーも良い感じです、暖炉が有って、でも もう遅いのでチラと見ただけ、自分の部屋へ


今思うととても残念!
折角の国立公園内ロッジ、散策とかしとけばよかった

明日はいよいよ今回のメイン!!ヨセミテ国立公園へ
 
   
Posted at 13:43 / カリフォルニア / この記事のURL
コメント(4)
チャネル諸島ハイキング / 2015年04月29日(水)
4月12日(日) 今日も晴れ!
ベンチュラからフェリーで、チャンネル諸島国立公園(Channel Island National Park )のうち一番大きい島 サンタクルス島(Santa Cruz Island )へ行きます。

添乗員さんが船酔いに注意!って言うんですが、海は穏やかに見えました。
ベンチュラから出発してすぐ、アシカのスポット、ブイの周りには乗り切れないアシカが泳いでます。

船の揺れは大きくなり、周りにも船酔いの人が出始め、私まで段々危ない感じになります。
イルカの群れ、クジラも現れ、その度に見やすいように近寄ってくれますが、私はチラと見ただけで、
机にうつ伏して ひたすら早く着かないかな〜と思っていました。
島が近付くと、水面に世界でもっとも成長の早いといわれるジャイアントケルプ(海藻)が見えています。
1時間くらいで到着です、船から降りればもう大丈夫。


サンタクルス島は無人島で、「北米のガラパゴス」とたとえられることもあるくらいで70種の固有種が有るそうです
船は満員、船着き場から見るとカラフルなカヤックが見えます、シュノーケリングやダイビングを楽しんだり、キャンプも出来るそうです。
私達はハイキング!≪スコーピオンキャニオン トレイル≫と呼ばれる3時間くらいのコースを歩きます、木陰が何も無いトレイルです。
船着き場が見える高台!

次々と船が来るところを見ると、人気の観光スポットでは有るんですね
かっての入植者の家も見えます。

途中でサンドイッチのお昼を食べ、ひたすら歩く、ガイドさんが早いのよね。


同じく花好きのツアー仲間と、これは許せる!と評価できた花!



昨日ほどではないけど、大した花にはめぐり合えなかったです。
島アサガオと多肉植物






入植者が植えたユーカリの木


唯一、島の固有種の島きつね(ISLAND FOX)猫くらいの大きさで、人は恐れる気配はなく、
地面を掘って何か食べてます。


帰りもフェリー、帰りは余り揺れることもなく無事 ベンチュラに到着

この日の夕食はバーベキュー味の牛とブロッコリー!
肉の厚さ!アメリカサイズです、特にブロッコリーは日本での一株がどんとそのままのってます。
皆で盛り上がりました。

ベンチュラ連泊
明日は7:30出発、明日は5時起きです!
 
   
Posted at 22:28 / カリフォルニア / この記事のURL
コメント(2)
春のカリフォルニア絶景ハイキング / 2015年04月26日(日)
4月11日〜18日
「春のカリフォルニア絶景ハイキング8日間」というツーリズムのツアーに参加しました、参加者22名!
私はアメリカ本土は初めてです。
パンフレットには広大な大地一杯にオレンジ色のカリフォルニアポピーの写真!
あれ?最初のパンフには「花と絶景…」となってるσ(^_^;)? 
その理由はすぐ解ります、このツアーはツーリズムの初めての企画です。

一日目は長いです、時差−16時間ですからね、今日の17時に成田を出て、日付変更線を越え、朝の11時ごろにロスアンゼルス空港に着きました、所要時間10時間、実際はもっと早く着きました。

空港でガイドさんがお出迎え、ガイドのノブさんは、アメリカにきて40年、半そで半ズボンの大柄な日本人男性です。
バスは大型で、一人で2座席とっても余裕あり(これはとても嬉しいですね、体も楽だし)トイレ付、ガイドも運転手(メキシコ出身)もほぼ全行程一緒です。


バスでランカスターへ、途中レストランで昼食、カリフォルニアの青い空です


現地の人もいっぱい来ているレストラン、水は出てきました、
ソフトドリンクは飲み放題、私たちはツナサンドです。。。頑張って半分は食べました。
昼食後、アメリカを散歩してみます、あまり現地の人は歩いていないけど、
可愛いリスがお出迎えしてくれます、胸がオレンジ色です、何匹かいました。


≪アンテロープループ トレイルハイキング≫
最初のハイキング、私達は時差ボケです、疲れてます。
バスから降りると 見渡す限りの枯れた野原、
カリフォルニアは干ばつで本当は3月位までは雨が降るけど、
今年は雨が少なく もう花期は終わった!!って、
エェー最初からそうくる (▼▼メ)




ビジターセンターで説明を聞いて、
大柄なスタッフが一緒にハイキングしてくれます(大サービスらしい)
風がとても強いので帽子を押さえながら、枯れた草原をハイキングしました、
サボテンが有るし・・・みな 口数少なく黙々と歩きます。

枯れた草が強い風にあおられてボールのように吹き上げられてきます、
ここは砂漠なんだね、運よく雨が降ると一斉に花が咲くんでしょう、
アメリカの広大さは実感できましたけどね。
必至で探した、ポツンと咲いていたカリフォルニアポピー!


その後バスで今日の宿泊地ベンチュラへ、2連泊です。
途中レストランで夕食(チキンと温野菜)、野菜と果物を補給するために
スーパーに寄ってリンゴとトマト、水を買いました。


ホテルは「ホリデイイン」、F2 アメリカサイズで部屋が広いのが良かったです
割と眠れました、明日は8時出発です。
 
   
Posted at 20:00 / カリフォルニア / この記事のURL
コメント(4)
今年もよろしくお願いします! / 2015年01月10日(土)
遅まきながら
2015年、今年もよろしくお願いします


新年の挨拶用の四君子の寄せ植え・・・梅の開花が間に合わなくて。
実は、年末から世話する人が風邪で寝込んで、お部屋に取り込むのが遅れました。
早すぎると蕾が落ちます、遅いと元旦に咲かないのです。

折角なので紅梅も


フランスではテロが起きています。
今年は少しでも明るいニュースが増えますようにと祈ります。
 
   
Posted at 09:11 / 私の日常 / この記事のURL
コメント(4)
P R
2016年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mao♪
読者になる
■プロフィール■
■まお♪■
■趣味■
★パソコンとジム通い★
パソコン教室で講師業
ジムではエアロビとリトモス
最近 格闘技系のファイドゥー
に夢中♪
ストレッチの必要性も痛感!
■家族構成■
子供:3人
(とは言え社会人)
パートナー:1人
最新コメント
アイコン画像mao♪
今年もよろしく ♪ (2016年01月03日)
アイコン画像サカイ
今年もよろしく ♪ (2016年01月02日)
アイコン画像mao♪
サンフランシスコ観光 (2015年05月13日)
アイコン画像権兵衛
サンフランシスコ観光 (2015年05月13日)
アイコン画像mao♪
サンフランシスコ観光 (2015年05月11日)
アイコン画像サカイ
サンフランシスコ観光 (2015年05月11日)
Google
Yapme!一覧
読者になる
  | 前へ  
 
Global Media Online INC.