実習終了 

October 17 [Fri], 2008, 20:25
5週間の研修生(4期生)の実習が終了したぁ!

迎え入れる前は
ほんとに大丈夫かという思いもあったけど

なんだかんだで
すごく勉強になったし(研修生の行動や記録を見ることも 相談していただくことも カンファレンスへの参加も)楽しかった

いい機会になりました!!

PALS講習 

September 28 [Sun], 2008, 20:09
昨日・今日とPALS講習に行ってきた!

↓以下の文章は、メーリスに流した文章


PALS、当然かもしれませんが・・・BLSよりずっと難しかったです。

講義やちょっとした実技演習もありますが、
予習をしてきているのが前提なので
とにかく CPA・ショック・呼吸不全のシュミレーションを、何例も何例も繰り返しました(少なくとも30症例以上はあったと思います)。
埼玉も、医師以外の参加は初めてとのこと。
28人の受講者のうち、5〜6人が看護師で、あとは医者でしたが研修医が多かったかもしれません。

看護師も、医者と分けられることはなく、
骨髄針挿入や挿管も、人形を用いて実施するし
シュミレーションでは、リーダーとして症状のアセスメント・診断・処置の指示まで行わなくてはいけないことに
最初はとまどいました。
でも・・・骨髄針や挿管、貴重な体験できて良かったです!施行者にとってどんな介助が必要かも感じることができましたし・・。
そして・・・・
CPAもショックも呼吸不全も・・・私は、そのような状況にでくわした経験が少ない方ではないと思っていたのですが、
シュミレーションをしてみると
全く有効な動きをできていなかったり、判断できないことを思い知り・・・撃沈↓↓しました。
そんな自分を知ったことで これからトレーニングを重ねる必要性を実感できて良かったです・・。
アルゴリズムを何度も繰り返すことで
嫌でも 薬(蘇生薬も初期輸液のボーラスも)の量や投与のタイミング、DCの電流やタイミングなど
覚えることもできました。

試験は・・・筆記はやっぱり薬や治療が多かったけど そんなに難しくはなかったかな。(再試になるかもしれないけど・・・)
実技は・・・のぶちゃんの言っていたように 2日間共にチームを組んできた皆にかなり助けてもらいました。
うちのチーム(7人)は、受講生二人が看護師でしたが、もう一人のナースマンはかなり優秀な方で、
明らかに、私が皆から最も心配されていました。
私がリーダーのときは
「CPR続行していてください。さっきのエピ投与から4分、VfはDC40Jで戻りましたが高度のSinusBradyなので、再度同じ量でエピ投与してください。準備してもらったリドカインは今回は使用しません」と伝えると、
「サイナスブラディーだけど、脈は触れないのでエピ続けて投与ですね?さっきと同じ量でOKと思います!」と
追加やOKをメンバーが出してくれたし、
外傷でのショックケースのときには メンバーから
「Hypovolemeaか出血か・・・もう一度評価してみますか?」とアドバイスしてくれたり
結局気胸と診断したのだけど「右鎖骨中線下第2肋間でサーフロー穿針してみてください」と指示したら「何Gにしますか?」と質問かえされ・・・
「う〜ん・・・太いサーフローで」と適当にしか返せなかったのに「じゃぁ●Gで刺します!」とサポートしてくれたり・・。
もぉ、感謝です(涙)
研修医くんたち・・・
今後、研修医たちが蘇生の現場でモタモタしても、私、イライラしたりしないで頑張って看護師としてフォローするからね、
と心に誓いました(笑)

と、いうわけで・・・・
波乱続きだったけれど、とっても勉強になりました!!

もりだくさん 

September 26 [Fri], 2008, 0:21
今日で、長かった6日勤終了。

今日は 日勤の皆、すっごく忙しかったけど
そんな中 申し訳ないけど別行動してた


まず、
午前中は 第1回目の研修生の実習カンファレンス
参加するのは
研修生2人、研修学校の教員と、実習指導者のNAOと看護師長。
始まるときは
どぉなることかと なぜか緊張しちゃったよ
研修生の方々の学び・記録も
教員の方のご指導も、
ものすごく勉強になりました

研修生受け入れ準備の段階で
実はちょっと へこたれそうになったけど
こんなに 自分の学びになるなんて かなりラッキーかも
残り1か月・・・
研修生にも 自分にも そしてスタッフにも
いい学びになるといいな


午後は、
「静脈注射」の院内研修に、教育委員として参加。
静脈注射の経験が少ないNAO・・・指導なんておこがましいのだけど

2人を担当したのだけど
とっても素直な方々で
手技も問題なく・・・ 即 合格としました。
おめでとう〜   これからも、頑張ってください


仕事あとは、
小児ユニットカンファレンス
外来チームは、他のチームに比べて 年も経験も多い人が多いから
意見が強くならないように・・とは思うけど・・・
難しいね


19時半からは、「●●市小児救急カンファレンス」
研修生のお二人もだけど、
小児救急認定看護師の2期生1人、3期生1人も参加してくださった。
で、
お互い挨拶・紹介
近くの地域で 仲間がたくさんできるって
とっても心強い
どぉぞ、
今後もお互い協力していけますよう よろしくお願いいたします

実習開始 

September 22 [Mon], 2008, 20:01
4期生の実習が今日から始まった。

なんだか・・・

自分の実習と同じくらいか
それ以上に
緊張したぁ

でも、なんとか初日終了。

オリエンテーション、もっと計画的にすればよかったかな・・・。

新たなデータ&プレゼン 

September 09 [Tue], 2008, 16:23
昨日、
H医師から、「異物誤飲」についてのデータが欲しいと外来に依頼。

いつか、事故・外傷もまとめないとなぁ・・と思っていたので、
データ収集のための用紙を夜勤中に作成

データを収集するのは大変だと思うけど・・・
皆で 何かのデータを集められて 何か、看護につなげられたらラッキーかも!



それから・・・

夜勤明けで

認定の研修生の受け入れについての申し合わせを
師長&局長に 説明

事前に資料も作成したのだけど

「説明するとき、早口よ。 あと、資料はページをつけた方がいいわよ」
と、局長からコメントいただいた。

すっごく納得したので、
落ち込みもしないし ムッともしなかった。

この機会で、こんな風にアドバイスしていただいて有難かったかも。

研修&EN会 

September 06 [Sat], 2008, 12:46
昨日、午前中は 職場で院内研修。(教育委員として、運営するために参加)

「看護研究」がテーマで
看護学部のN准教授が講師にきてくださった。

研修生にまじって 自分も真剣に講義聞いちゃった。
看護研究、やらないとなぁ〜・・・・

午後も研修参加したかったのだけど、

午後は本院で行われる
月1回の「エキスパートナース会議」に参加するため
大急ぎで本院へGO

本院まで2時間弱・・・。
ちょっとした旅です

エキスパートナース会議、
学会とかあったから3か月ぶりに出席したのだけど、
やっぱり
専門分野で働くエキスパートの方々はすごいなぁ!と圧倒された。

半分くらいは認定看護師さんなのだけど。

「腎臓(移植含む)」の方々は
日本(世界?)で初めての移植における治療に関わっていて、
知識を活かして患者・家族に看護を提供されていたし

「糖尿病」の方々は、フットケア外来で
認定看護師が参入し、診療報酬の点数がとれることになったらしい
そこに、
「皮膚・排泄ケア」や「在宅看護」の方々も協力体制整えてくれているし・・・

すごいなぁ。
いいなぁ。
こんなに専門家たちがチームを組んで協力していけたら
病院として、どんどん いい看護、提供していけるんだろうな。

感染、ジョクソウ に続いて フットケア(糖尿病)も、
認定看護師が点数とれるようになったもんね・・・

小児救急のトリアージも、結果を出していけるよう がんばらばくちゃ、だよね

たっぷり 刺激を受けてきました。




講習(小児2次救命処置)に参加するために購入しなくてはいけないのに
なかなか
見つけられなかった 参考書、
本院近くの 医学専門書店に売っていたので 即買い



「PALSプロバイダーマニュアル」
「ECC(救急心血管治療)ハンドブック2005」

認定証 

September 04 [Thu], 2008, 11:45
忘れたころにやってきたお届け物・・・・



認定看護師の認定証

なにやら ごっついケースに入ってきた





認定証のほかに、
バッチと 持ち歩けるような認定証のカードバージョン。

バッチをつけるかどうか・・って、研修のときの3期生メーリングリストにもまわってた。

本院のエキスパートナースの方々(20人くらい)のうちの、3分の1くらいが それぞれの分野の認定看護師さんなのだけど エキスパートナースのバッチと認定看護師のバッチ、2つ襟元につけていたなぁ〜。




でも、このバッチ重たそう・・・。

エキスパートナースのバッチは、必ずつけておくように命じられているからつけているけど、
このバッチは 家で眠っていてもらおうかな。

カードサイズに認定証は、名札に入れて 自分が認定看護師だって忘れないようにしておこっと

看護師免許証も、運転免許証やこの認定証のカードみたいに
カードサイズになればいいのにな。

日本外来小児科学会 

August 31 [Sun], 2008, 11:46
名古屋まで「日本外来小児科学会」行ってきた。

こんな学会の存在知らなかった。
勉強になるし、おもしろかった。

看護師もけっこう演題とかワークショップ出してた

3期生のりえちゃんが
トリアージについて発表してた。
お疲れ様〜

3期生4人で最前列で聞いちゃった。
質問までしちゃったしね

来年は、
私も何かどこかで発表しないとな・・・。

刺激になりました。

実習にむけて 

August 05 [Tue], 2008, 22:59
小児科看護師長と、認定看護師の研修生実習について ちょっとお話した・・。
学生実習とは全く違うものだから(資格持っている 経験豊かな方の研修だしね・・)
う〜ん・・・
「全くイメージできないんだよね」
という気持ちは、とっても分かるけど・・・
私だって
去年実習させて頂いただけだし
そんな質問攻めにされても・・・・

そぉやら、今度、看護局長・小児科看護師長・総合診療科看護師長・NICU看護師長など 
お世話になりそうな部署の方々に
実習についての説明をすることになるらしい。
はぁぁぁ
な〜んか えらいことになってきたなぁ

NAOは、去年 実習施設に恵まれ
すごく実習しやすくて 楽しくて いっぱい学べたから・・・
当然、今年は
自分にできることを精一杯やってお返しするのが 当然のことだと思っているけど・・・

モチベーションって保つの難しいよね

がんばれ、私!!(

指導者会議 

August 02 [Sat], 2008, 9:01
認定研修生の
実習指導者会議に参加してきた。

会議は、緊張した〜。

研修生さんたちとの話は 思いのほか楽しかった

懐かしいな。一年前・・
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:manta70seahog
読者になる
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント