越知山

June 25 [Sun], 2017, 14:21
越知山 (612、8m) 曇り 単独

 ハイキングの日バスの中で募集をしたが反応が無い。皇海山も声が出なかったので中止にした。 その後3名から問い合わせがあり早まったと後悔したが既に遅しである。もっと早く申し込んでくれないと計画が立たないよ。。。と、いう訳で一人でサッサと行ってきた。 去年から行こうと思っていたし、私的には比叡山の続きである。7時半に家を出たが登山口までたどり着けない。結局3時間かかり10時半に歩き始めた。地元の人から「上り3時間かかるよ」
と言われたが2時間で登った。というのも先行していた女性2名にくっ付いて歩いたから。とにかく速い。地元の人で手ぶらである。「お先にどうぞ」と言って下さるが追い越せない。息が上がってバテバテだ。泰澄が修行したとされる霊山で、標高は低いがアップダウン多く心身共鍛えられると書いてあった。山頂の近くにある越知山神社には大谷義鷹宮司(85歳)が滞在していらして、記帳してお祓いを受けた。暑くてガブガブ水を飲んだので補給を頼んだ。冷
たいお茶やお菓子が出てきた。ご飯が炊き上がったから食べていってとおっしゃる。おかずはいっぱいあるそうだ。残念だが、ここでモタモタ相手をしている暇は無いので断った。宮司さんから「ここへ歩いて登って来ようという気持ちが少女だ」と何度も言って下さり「少女?」こんな言葉をもらったことなんかないよ。こそばゆい。この社主が書かれた春、夏、秋、冬の越知山の想いのしおり等頂いて1時間10分でアッという間に下りてきた。車のところで汗びっしょりの着ていた物を全部着替えて帰ってきた。一人だとこんなに身軽で楽しい。最近、老いを感じ、限界を感じていた。
この山へ行く前日(17日)石川県勤労者山岳連盟50周年記念が歌劇座で行われた。講師は山岳写真家の志水哲也さんで「関係者枠で入れる」からとお誘いを受けノコノコと行ってきた。写真集などの販売も手伝った。そこで魚津から来ていた女性と会った。来月志水さんと源次郎尾根から劔へ登るそうだ。何度も一緒に行っているという彼女は私よりずっと年上だった。それなのにまだハーネスやピッケルの世界を楽しんでいる。 越知山で会った女性も70歳を超えているという。私は自分で年齢制限をしていたのだろうか? (中島)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こもんいくもん
読者になる
今年から「里山を歩こう」企画を始めました。
高い山はちょっと・・・という人も参加できます。 入会申し込みお問い合わせは 会長 坂田 sa_2mg@yahoo.co.jp または 阿尾 toyo@p2.tst.ne.jp まで。
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる