その症状ホントに更年期障害?

October 28 [Tue], 2014, 23:42
西洋医学に従事している者として
時に悩まされることがあります。


症状や状況から判断された病名に対して
治療が行われるわけですが
なかなか治らないケースもあるんですよね。


…という書き出しをしましたが
医学についてどうこう言える立場ではないので、そちらは専門家にお任せするとして、もっと庶民的なお話し。


人生45年も人間をやっていると
あちこちガタがきます。


女性の40代〜はホルモンのバランスが崩れる更年期障害が気になる年頃ですよね。


ちょっとした体の変化も
「疲れているのかな」
「年なのかな」
「更年期障害始まったのかしら」
など不定愁訴を抱えながらも
病院に行くほどじゃないわ、と我慢している方々も多いと思います。
(明らかな病気は別として)


病院に行っても対処療法のみで
薬が無くなればまた同じ事の繰り返し。
ならば病院に行っても無駄かなぁ…なんて。


私もその一人でした。


更年期障害ならそれをしっかりと受け止めて、治療をしっかりやって少しでも快適に過ごそう!と徹底的に検査してもらいました。
しかし、結果は意外なもので
更年期障害の治療を必要とする結果は一つも出ませんでした。
ちょっと嬉しい気もしたけど、じゃあこの不定愁訴は何って感じで。


そんな時、主人の病をきっかけに
とある東洋医学、いわゆる鍼灸院の先生に出会いました。


私の不定愁訴の原因は
お血にあると言われました。
腎臓も弱っていることも指摘されました。
(いつも検尿で潜血プラスになるので総合病院で腎臓内科にかかりCTを撮っても異常なしでした。)
その治療を施してもらったら
とても楽になりました。


45年もこの体を使っていると
まっすぐだった骨も歪むし
綺麗だった内臓も疲れてくるし
免疫力も衰えるし
肉体の物理的な部分で不具合が出てくるのも仕方ないんですよね。
疲れの原因はもしかしたら内臓の疲れかも知れません。


それを更年期障害だと思う、と諦めると
ただ辛いだけの時期を我慢して過ごさなくてはならなくなります。


西洋医学では判断の付きにくい症状の原因が、東洋医学で判明する事もあります。


私は西洋医学に従事していますが
我が身を守る為ならどちらも上手く取り入れて、体調をベストに持っていきたいと思っています。


西洋医学の進歩はめざましく
今では癌も怖い病気ではなくなりました。
素晴らしい治療をして下さるお医者様には感謝の気持ちでいっぱいです。
良いお薬もたくさんあります。


そんな中でも病気の内に入らないと
体を治す事を諦めている人がとても多い事も事実です。




いろんな方法もあるよ、っていうお話しでした











「秋の実ものを使って」アレンジ

October 25 [Sat], 2014, 22:43
私の入院や体調不良に続き
主人の入院・治療でここのところ
趣味はほとんど中止していました


でも私も主人も段々元気になってきたので
久しぶりにお花屋さんのアレンジに行きました


今日は秋らしいアレンジでした。
ツルのあしらい方がポイントです。
ツルと花のコラボレーションですね


完成形をイメージしていたら
ふと
高速道路の車窓から見える秋の山々が浮かんできました。


手付かずの山肌なのにとても美しく
調和が取れ、季節ならではの彩りが
懐かしくもありホッとするような
そんなイメージでした。


それを再現するのは難しいですが
私なりのイメージがあったので
作りやすかったです。
イメージが全く湧かない日が多く
適当にやっちゃう事も多いんです。
そんな作品はイマイチなんですけどね。


自分が気に入った作品が作れたので
そういう時は飾ってある玄関に
ついつい何度も足が向きます






久しぶりですどうなるかと思いましたが
充分楽しめて癒されました。


今後もイメージ作りを大切にしようと思います。

主人が入院!

October 04 [Sat], 2014, 18:00
9月30日(火)
夜9時〜ゴルフレッスンの日。
いつもより主人の帰りが遅くなった。


カッターシャツとスラックスのまま
2人分のクラブを車に乗せ
エンジンをかけ車内で待っていた。


いつもは食事をして着替えて歯みがきを済ませ、水筒にお茶を入れてからそれぞれ自分のクラブを担いで駐車場に出かけるのに、こんな事は初めてだ。


行きの車内で
その日の夕方から突然右耳の耳閉感と耳鳴りと自分の声が共鳴すると言う。
おまけに耳も聞こえない、と。


私は職業柄、それが何かすぐわかった。
でも本人がスクールに行くと言うから
その日のレッスンはそのまま普通に受けた。


自宅に戻り、夕食。
たまたまいただいた松茸を松茸御飯にして
おかずも秋らしいメニューにしてみた。
私の体調不良がやっとなんとか治ってきたので久しぶりにまともな夕飯が作れたと自己満足していたのに…。
耳がおかしくて最後まで食べれなかった主人。


とりあえず自宅にあったベタヒスチンメシル(めまいなどのお薬)を飲ませ
温かいお風呂に浸かってもらい
早目に寝かせた。


寝ている頭部にレイキを当ててみた。


翌朝具合を聞いてみると昨夜と変わらず。


朝イチで最寄りの総合病院にかかるように伝え、私は仕事に行った。


その日の午前中の仕事は鬼のように忙しかった。
後で思えば余計な事を考える暇を与えてくれなかったんだなぁと思った。





昼に仕事から上がってスマホを見たら案の定、即入院だって。
やはり「突発性難聴」でした。


安静と点滴の治療です。


4日目の今日になっても
まだ聴力は回復していません。


本人は至って元気で
ステロイドのせいか食欲全開で
差し入れを何がいいか聞くとほとんどが食べ物。
三食食べているのにこんなに完食したらドクターに叱られるぞ…


本などは目が疲れるそうであまり見ないです。何故か入院となると「本!」と思ってしまいますが、私も自分の入院に本を2冊持ち込んで1度も開きませんでした。


差し入れやお見舞いの本が山積みです(苦笑)


本人希望でノートパソコンと韓ドラDVDも持って来ましたが、あまり進んでないようです。字幕なのでやはり疲れるんでしょうね。


でも毎日売店で買うスポーツ新聞だけは熱心に見ています。


結局、好きな事をやっていたいって事ですね。家でもいつもやってる事がいいみたいです。


点滴は日に2回で
今日は土曜日のせいか朝1回だけだったみたいです。


昨日は便秘と胃部不快感で苦しんでいましたが、便秘薬を処方してもらい今日お通じがでたのでスッキリしたようです。


家でホットコーヒーをドリップして保温水筒に入れて持ってきたら喜んで飲んでました。


後何日入院するかわかりませんが、私としては治療の目処がつくまでは預かって欲しいです。自宅に戻るとタバコは吸い放題だし、仕事はバリバリやっちゃうし、不節制もするからです。


しばらく家と病院の往復ですが
なんとなくそんな状況も楽しんでやっています。
(そんな事言うと主人に叱られそうですが。笑)

ヤモリ現る!

September 23 [Tue], 2014, 21:44
多分ヤモリです。






脱衣所にいました
軽くピョンてなるぐらい驚きました。




前回は浴室にいて
その時もヒエッてなりました。


主人に逃がしてもらいました。


今日は主人は1人でゴルフレッスンに行っているので
とりあえずゴミ箱を逆さまにして被せてあります。




ヤモリは家を守る「家守」と言って
守り神なんだそうですね。
だから絶対殺生はできません。


そーっと逃がしてやりたいのです。


(主人はとても優しい人で害虫以外は殺さずに逃がします。)


私は触れません


早く帰ってこーい

プラセンタ注射

September 22 [Mon], 2014, 23:35
あまりの体調不良の為
久しぶりにプラセンタを打ちに行ってきました


今まではプラセンタを打たなくてもいいぐらい
体調はまずまずだったってことですね。


左腕に打ってもらいました。
ぽんぽんに腫れました


少し楽になりました。

その6 ジオン注射療法3日目

September 22 [Mon], 2014, 22:31
今日から出勤です。


晴れ晴れしく完治したよーと明るく顔を出したかったのですが
行くのが嫌でたまらない程体調が悪かったです


目眩と吐き気もするし
とにかくダルい。


これは痔や、痔の治療とは無関係に思えます。


肝心のお尻の方は
処方された下剤のおかげで便通は
まぁまぁです。


腹圧がかかると肛門内部に痛みが走ります。
我慢できる程度ですが、筋肉痛のような
嫌な痛みです。


目眩の薬を飲んだら少し楽になってきました。


午後の仕事も支障なくこなせました。


この体調不良は何なのでしょうね。
主人も心配しています。

その5 ジオン注射療法2日目

September 21 [Sun], 2014, 21:13
今日は日曜日なのでゆっくり過ごす予定でしたが、孫の子守りを頼まれて
何だか慌ただしい1日になりました。


今日はお通じがありませんでした。


根っからの便秘症でホント困ります。


お尻もまだ痛みがあります。
長い時間立っていると
肛門に圧力がかかって
何とも言えない不快感があります。


そのせいかよくわかりませんが
お腹も張って苦しいし
胃もずっと気持ち悪かったです。
オマケに目眩もフワフワしています。


体調が良くないと
機嫌も悪くなってしまいます。


それぐらい調子が悪いです。


私の体は一体どうなっているのでしょうか。


病気がちだし
年中体はダルいし
スカッと晴れた青空のような日は
数える程しかありません。


自律神経失調症なのかな。


それとも更年期障害なのかな。


不定愁訴のカタマリみたいな体です。


理由がわかれば腹もくくれるけど
不明というのが一番嫌ですね。


私の性格は白黒ハッキリタイプなので
時々行き詰まるんです。
時には曖昧に生きていかないとね。


お尻の話しから脱線しましたが
心も体もイマイチの1日でした。

iPhone 6 plus ゲット!

September 20 [Sat], 2014, 22:54
退院後、昨日連絡のあったソフトバンクに折り返し電話しました。


店内の混雑緩和の為、手続きの時間が
予約制になっていたのです。


夕方6時に予約が取れて楽しみにしながら
最後のバックアップもぬかりなくやったりしていました。


予約の時間になりいざ出かけようとしたら
激しい目眩に襲われて
たまたま家に居た娘に連れて行ってもらう始末です。


店員さんの説明も上の空で
早く受け取って帰りたかったです。
記念すべき日にダメなのは私の体調のみ。




なんとか持ち堪えて
自宅に戻り、休憩しがてら復元作業に取り掛かりました。


iPhoneを復元するのは初めてなので
いささか心配でしたが
うまくいきました。


アプリは100%移せなかったみたいですが
APPから拾えるので何も問題無かったです。


パスワードの暗号化がとても役に立ちました。




4Sからの6plusなので
画面の大きさの違いもあり
OSの進化もあり
小さな感動の連続です。


肝心の大きさですが
すでにもう慣れました。


私の手は女性では大きめです。
この記事は左手で持ち右手でフリック入力しています。


ただ、思ったより左手親指での片手フリックは可能です。
ちょっと持ち方にもコツが要りますが。


右手が全く使えない状態ではちょっと無理かな…。


ケースも付いていないので
まだ薄いからできるかもです。


触り始めて3時間近くになろうとしていますが
今4Sを見ると「ちっさい!」って思ってしまいます。


今でもやっぱり6plusにして本当に良かったと思っています。


とっても嬉しいご褒美でした。


(ヤプログの絵文字などが使えなくなってしまっています。ios8に対応していないのでしょうか…)







その4 ジオン注射療法翌日

September 20 [Sat], 2014, 14:15
ジオン注射をして初めての朝を迎えました。


昨夜の消灯は9時でした。
早いなぁ…と思ったけど入院説明の時にも
「そんなに早くは眠れないよね。」と事務員さんに言われていました。
個室なら別に守らなくても大丈夫という暗黙のOKみたいなものだな、と思いました。


ところが9時を過ぎた辺りからめちゃくちゃ眠くなってきて9時半にはウトウトしていたので、電気を消して爆睡しました。


ナースコールや扉の音で時折ビクッと起きましたが、朝5時半までぐっすり眠りました。


まぁ、私は基本どこでも寝れるし常に眠い人なので寝る事に関しては全く問題なかったです。




肝心のお尻の方は痛みがありました。
注射のせいなのか昨日悪化した痔のせいなのかよくわかりません。
もしかしたら効果が無かったのかと少し不安になりました。






起きてから洗面を済ませテレビを見ていたら朝食の時間になりました。




朝ごはんはこちら。


昨日の食事は夕方4時半だったので
お腹がペコペコでした。
完食しましたが、お味の方はやっぱり…


それから診察の10時まで自由時間です。
病院だからやる事ないし…
寝てるのも変だけど椅子がないから寝てる方が楽だし…
テレビを見ながらダラダラと過ごしてました。なんにもしちゃいけないって事は非常に退屈なんですね。


ようやく10時少し前にお呼びが掛かり
主治医の診察を受けました。


大腸内視鏡検査は全く異常無しでした。
さすがに痔の方はしっかり腫れていて
ジオンを注入した部位の説明を受けました。


診察が終わったら解放です


家に帰ったら、ベタだけど
やっぱり家が1番だな、って思いました。


お昼頃、急速にお腹が空いてきて
やたらガツガツといろんな物を食べてしまいました


娘が頑張った私にご褒美の
すやの栗きんとんと




ヴィタメールのマカダミアショコラを


買ってきてくれました。


再び食べ過ぎ(苦笑)




家に帰ってから1度お通じがありました。


恐る恐るでしたが
ほとんど痔が出ませんでした


効果あり


次の診察は一週間後です。


どんどん良くなりますように。



その3 ジオン注射療法当日

September 19 [Fri], 2014, 20:15
いよいよ手術の日になりました。


いつもの時間に目が覚めました。




手術と共に大腸内視鏡検査を行うので
それの前処置が大変です。


昨夜飲んだ下剤の効果を期待していたのに
夜中に腹痛どころか、起きてもお腹はなんともない…
嫌な予感。


氷水を一杯飲みました。
コーヒーもアイスで飲みました。


起きてから2時間ほどしたらやっとお通じがありました。
でも普通でした。
再び嫌な予感。


お風呂を入れて、ゆっくり浸かり
隅々までしっかり洗ってサッパリ。


予定通り9時ちょっと前に病院に行きました。


受付を済ませると病棟に行くように言われ
看護師さんの案内で病室へ。
個室でした


早速下剤を飲み始めました。



これをカップに一杯ずつ30分おきぐらいに
飲みました。
ガスモチン錠を2錠ずつを
始めと2時間後ぐらいに飲みました。


なかなかお通じが思うように出ず
廊下を歩き回るよう言われ
お腹を温めるホットパックを抱えながら
ウロウロしてました。
始めの2時間では目標に達する事が出来ず
ますます嫌な予感。


でも12:30頃から拍車がかかり
いい感じになってきました。


ニフレックは1.5リットル飲んだところで
もういいと言われ
検査着に着替えるように言われました。


お尻に穴の空いた紙パンツ。




上はスッポリかぶる膝丈の検査着です。


点滴が始まります。






ひとまずお通じの波もおさまり
いい感じに腸もからっぽで
テレビ見ながらマッタリ。
でもそもそも痔なので便のし過ぎで
めちゃ痛くなってしまいました。


14:30過ぎた頃にようやくお声がかかり
検査室へ移動。
以前に胃内視鏡検査をやったことがあり
同じ場所なのでドキドキはしませんでした。


ようやく先生に会えました
若くて優しい先生です。
前院長の息子さんでまだ30代ですが
すでにこの病院を受け継ぎ立派にやっておられます。
物腰が前院長先生にそっくりなので
何故か若いのにどっしりと安心感のある不思議な先生です。
内視鏡検査に長けていて検査センターを新設され、腕も確かなので全てをお任せする気持ちになりました。


さてさて、検査ベットに左側を下にして
横向きに寝ます。
足は膝を抱え込むように曲げます。
(お尻を先生の方に突き出す感じ)


元々刺さっていた点滴に
白い注射薬が加わります。
これが静脈麻酔です。
これ入ったら10秒持たず意識が無くなります。




次に気が付いたのは
ストレッチャーで病室へ運ばれた時。


うすらぼんやりと目をあけたら
周りに人が4〜5人いました。
おそらく私をベットに移すためにかき集められた人出と思われます。


「あ、目開いたね。」と誰かが言いました。


意識があるので自分で
うんしょ、うんしょ、と移動しました。


時計を見たらちょうど1時間経っていました。


そのあとはまたフニャ〜っとしてきて
1時間ほど眠りました。

目が覚めるやいなや
食事が来ました。
まだ午後4時半です。
が、最後の食事から22時間経っています。
食べろってことなんだよね?と思いながら
麻酔が残るぼんやり頭でとりあえず完食してみました(笑)



申し訳ないけど味はイマイチでした。


お尻が痛いです。
ちゃんと手術できたのかなぁ…
なんて思っていたら
食後のお薬の中に痛み止めがありました。


やっぱみんな痛いんだよね?


薬を飲んだら痛みが楽になりました。


そうこうしてるうちに
母と娘がお見舞いに来てくれました。


母は何かおやつでも買ってくると言うので
看護師さんに聞いたら
刺激物や繊維質のものじゃなければいいと言ってくれたので
チョコモナカジャンボをリクエストしました。


娘は用があるのですぐ帰りましたが
母は面会時間ギリギリの8時ごろまで
いました。
母もちゃっかりチョコモナカジャンボを食べていました。
大半が自分のゴルフの話しでした。
「いいだけ喋ったから帰るね」だって。
本当に面白い母です。
喋り出したら止まりません。


ようやく静寂が訪れました。


午前中、便を出すために
歩き回ったりマッサージしたりしたせいか
とっても疲れました。


お尻の方は
ちょっと外に出てしまった内痔核が
そのまま硬化しているみたいです。
ジオン注射は打つとすぐに効果が現れ始めるそうです。


これで辛い痔主生活ともオサラバですね。


9時消灯なので
適当に寝ます。












プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ピンキー
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/manpuku-meron/index1_0.rdf