日常の生活に役立つマナーが分かりやすく解説してあります(PR)

----------↓目    次(各記事へジャンプ)↓----------

1)お見舞いに行くときに持っていく金品は?

〇お見舞いの品は、どんなものが喜ばれる?不向きな品やタブーのもは?

 一般的なのは花と果物。ただ、花は病室の雰囲気を明るくして気持ちをなごませてくれる半面、お見舞いにはタブーとされているものがあるので注意が必要。

 果物も、病気によっては食べられないこともあります。

 おすすめなのは本や雑誌、CDなど。病院ですごす不安や退屈をまざらわすには最適。親しい友だちなら、好みを聞いて持っていくと喜ばれるでしょう。

 長期入院している人には、パジャマやタオルなどの実用品、公衆電話用にテレホンカードも。付き添いの家族にお菓子などを差し入れるのも、先方にはうれしい心づかいです。

〇お見舞いの品に不向きなもの

 鉢植え(根がついているものは「寝つく」を連想させるので×)
 椿(花が首から落ちるのが不吉なので×)
 菊(お葬式の花なので×)
 シクラメン(「死」と「苦」に通じるので×)

 その他(血の色を連想させる真っ赤なバラや、安静の妨げになるユリなど香りの強い花、葬儀を連想させる白一色の花束などもタブー)

〇お見舞いに現金を包むのは失礼?

 入院中は何かとお金がかかりますから、現金を包むのも喜ばれます。

 会社の同僚や友人なら、1人3000円〜5000円くらいを目安に。お金は、自無地の封筒か、左側に赤い帯の入った、のしのついていない袋に入れ、表書きは「お見舞い」にします。

 ただし、目上の人に現金を渡すのは失礼になる場合があるので、品物のほうが無難です。

正しい「お見舞い・お悔やみ」のマナー

よろしかったら下記バナーをクリックお願いいたします<(_ _)>
にほんブログ村 その他生活ブログ マナー・エチケットへ ブログランキング 人気ブログランキングへ

2)お見舞いに行くときのタイミングについて

〇友人が病気で入院中。お見舞いに行こうと思うのですが、事前連絡は必要でしょうか?

 親しい人が入院となると、すぐにでも駆けつけたいところ。でも、病状にょっては、お見舞いがかえって体にさわることもあるから注意を。まずは家族に連絡して、行ってもいいかどうか確かめるのが先決です。

 家族の了解がとれたら、「〇日の〇時ごろ伺おうと思っています」と伝えておくのがマナーです。伝えておけば、相手もそのつもりで待っていてくれるはずですから。ただ、事前連絡を入れたのに結局行けなかったのでは、病人に寂しい思いをさせるだけ。

 いつ行けるかはっきりしないときは「近いうちに」などの言い方で、日時までは指定しないほうがいいでしょう。

 見舞うときは必ず病院で決められた面会時間を守り、疲れさせないように1回30分以内で切り上げること。

 大人数で押しかけると、騒々しくて周囲の人にも迷惑をかけるので、いっしょに行くのは多くても3人までにして、話すときは小さな声で。携帯電話の電源を切るのも忘れずに。

〇お見舞いに行ったら、本人は眠っていました。起こすのも悪いし、どうすれば?

 寝入っている病人を起こすような行動は絶対ダメ。そのまま静かに休ませてあげましょう。

 病棟内の待合室などで時間をつぶして、しばらくたったらもう一度病室を訪ねてみるのがマナーです。

 それでもまだ眠っていたら、ベッドの脇にお見舞いの品と「また来ます」などのメモをおいて、後日出直すようにしましょう。

 付き添いの人がいれば、よろしく伝えてもらえばいいでしょう。

 お見舞いに行ったものの、たまたま病状が悪化して面会謝絶になっているような場合もあるかもしれません。このようなときは、家族に気をつかわせないように、すぐに失礼するようにします。

〇長期入院している人のところへは何度もお見舞いに行くはうがいい?

 ぜひ、行ってあげて!

 入院当初はいろんな人がお見舞いに来てくれますが、入院が長引くにつれて、だんだんと面会の人も減り、寂しい思いをしているものです。

 親しい友人であれば、こんなときこそできるだけ顔を出して、話し相手になってあげましょう。

 何度も行くのであれば、そのたびにお見舞いの品を持っていくと、向こうも気をつかいます。ですから、手ぶらで見舞ってもかまいません。

 ときどき本や雑誌を差し入れたり、食事制限がなければ果物などを買っていきいっしょに食べたりすると、踊病中の友だちも励まされ、心強いのではないかと思いますよ。

光触媒花束で空気リフレッシュ、お見舞いに最適

よろしかったら下記バナーをクリックお願いいたします<(_ _)>
にほんブログ村 その他生活ブログ マナー・エチケットへ ブログランキング 人気ブログランキングへ

3)その他お見舞いのときに気をつけたいマナー

〇病状について、こまかく質問してあげたほうがいい?
 お見舞いに行って病状を根掘り葉掘り尋ねるのは失礼。聞きかじりの知識で「その痛気は○○ですよ」などと言って動揺させたり、治療法に意見を述べたりするのも絶対にやめるべきです。

 もし相手が痛気の話をしたら、静かに聞き役に回るくらいにしていましょう。

 病気のときは相手も神繚質になりがち。見舞う側は深刻な話題は避け、趣味の話や世間話など、たわいもない話で気分を明るく変えてあげるのが思いやりというもの。

〇隣の県の友人宅が、地震のせいで火事にも見舞われた。何か手助けをしたいのですが。

 相手が災害の被害にあった場合は、可能なかぎり早く駆けつけることが大事。荷物の運び出しやあと片づけなど、手伝うことはたくさんあります。

 被害が大きくて当面の生活場所にも因るようなら、自宅につれてきて休んでもらったり、食料や衣類などを提供します。

 先方はショックを受けていますから、こういう場合はこちらから積極的に援助を申し出てあげて。

 また、非常事態には、なんといっても現金が役に立ちますから、すぐに渡して当座の足しにしてもらいます。

 被災地が遠く、すぐには行けない場合は、まずは電話で安否の確認を。電話も通じないときは、テレビやラジオなどで情報を集め、連絡がとれしだい必要なものを聞いて、宅配便などで送ります。お見舞い金も郵送します。
*やさしいピンクの花と白いバスケット白いバスケット2【お見舞いの花】【あす楽対応_甲信越】

お見舞いのやさしい花たち
よろしかったら下記バナーをクリックお願いいたします<(_ _)>
にほんブログ村 その他生活ブログ マナー・エチケットへ ブログランキング 人気ブログランキングへ

しゅうとめ解体新書

しゅうとめ解体新書

しゅうとめ解体新書

価格:1,155円(税込、送料別)

しゅうとめ解体新書
江崎由紀子 著
文芸社ビジュアルアート

嫌われ嫁は、いい姑になれる。不幸な姑たちのエピソード×自立した姑になるための指南エッセイ。文芸社ビジュアルアート出版文化賞ノンフィクション部門優秀賞作品。嫁姑問題のさまざまな惨事を見てきた著者による、姑事情をつづったエッセイ。

第1章 姑たちのあわれな現状(もとの母子関係に戻れる日―笑子の話2/嫁に好かれないのが姑である―隣の藤井一家の話/利用されるだけの姑―知人の娘A子の立場/おたくの息子、そんなにモテません!―S子とH子の言い分 ほか)/第2章 いい姑になるための心得(マザコン家庭に嫁はいらぬ/嫁は感謝すべき対象である/テイクを求めているうちはダメ/うぬぼれてはいけない ほか)

これが正しい「お見舞い・お悔やみ」のマナーです

慶弔マナー研究会

本書では、通夜、葬儀・告別式、法要に参列する場合と、葬儀を出す場合の両方の立場から、基本的なマナーを、図やイラストつきで解説した。日本で多数派の仏式ばかりでなく、神式やキリスト教式についても、説明。さらに、お見舞いやお悔やみの手紙の例文もあげている。

第1章 通夜・告別式に参列するとき
第2章 仏式以外の通夜・告別式に参列するとき
第3章 仏式の通夜・葬儀・告別式を出すとき
第4章 仏式以外の通夜・葬儀・告別式を出すとき
第5章 お見舞いのマナー
第6章 お悔やみ・お見舞いの手紙のマナー
P R
カテゴリアーカイブ
これからFXするならサイバーエージェントFX