マンナンヒカリの特徴

March 18 [Sun], 2012, 3:20
マンナンヒカリはコンニャク精粉を原料にした
粒上の食品です。


これを普通のお米に混ぜて炊くことで、
4倍にふくれあがり、炊きあがったご飯の量が
2倍になります。


原料がコンニャクなのでカロリーも
25〜33%カットされるので、
ご飯の量を減らさなくても無理なく
カロリーカットできるのが特徴なんです。


コンニャクというと臭いや食感が気になりますが、
マンナンヒカリはほとんどお米と変わらず
違和感なく食べることができるんです。


マンナンヒカリには、カルシウムと白米の11倍もの
食物繊維が含まれているもの嬉しいですね♪


マンナンヒカリの炊き方は簡単で、
洗って水を切ったお米1合に
マンナンヒカリ75gを混ぜて、
お米2合分の水で炊くだけです!


あまったご飯を冷凍保存できるので無駄になりません!


⇒ マンナンヒカリの詳細はこちら!