えっ、どうしましょ…!?

2005年09月29日(木) 0時29分
福岡市では10月からゴミ袋が有料になる。
さっそく今日ゴミ袋を買ったが、なんと値段が10枚で450円。

今まで100円くらいで買えていたので、あまりの高さに「贅沢品は買うの我慢しよう…。」という気分になりかけたくらいである。
買わなければ生活ができないので買ったが、かなりの痛手であった。

これからは袋が一杯になるまでゴミを詰め込んで出したい。
と同時に、9月のごみ収集はラスト一回あるが、可能な限り家の物を捨てていきたい。

捨てるといえば、小学2年のころを思い出す。
みんながかっこいいチャリに乗っていたので、私も新しいチャリが欲しかった。
親に頼むと、「今の(チャリ)が壊れたら買ってやる」と言われた。
しかし、当時の私の脳の処理では「壊したら買ってやる」というメッセージにしか受け取れず、スト2のボーナスゲーム並にがんばって壊そうとしたのが懐かしい。

結局チャリを壊そうとして親に怒られた。
私に子どもができたら間違いなくクソガキであろう。
ガラスを割ったり、メガネ君に無理矢理崖のぼりをさせて足がガクガクなるのを笑ったり、人の家に木の実を投げ込んだりとイタズラしまくるだろう。
その都度担任に怒られるに違いない。

しかし、私も大人になりきれる自信がないので心配である。
「よしお父さんと一緒にピンポンダッシュやるか!」などの発言を夏休みの絵日記に書かれ、担任に怒られるような気がする。

小学生の靴についているローラー

2005年09月28日(水) 1時19分
よく小学生が靴の裏のローラーで滑っている光景を目にする。
彼らが転ばないのが不思議である。
(私が小学生のころはそんな靴はなかったが、運動神経が限りなく悪かったので、私はスーパーのショッピングカートを押しているときに、カートごと転倒したことがあった。豆腐の汁が出て大変であった。。。)

未来チックで21世紀っぽいが、彼らがこのまま育つと、大人もみんなローラーですべる世の中になるに違いない。
むしろ、ローラーなしの靴が珍しくなるかもしれない。

ローラーなしの靴がなくなってしまえば、運動神経に乏しい人はもちろん、太った人にも不都合がやってくる。
太っていれば、ローラーが靴の中にめり込んで行くこと間違いない。
私的には、今現在でも、太った小学生のローラーはめり込んでいると思う。

完全に太っている人ならネタにもできるし、ローラーなしの特注靴を履くことになるだろうが、問題は小太り君である。
一般世間ではデブと位置づけられているが、デブ業界ではガリガリと認識される小太り君が特注の靴を履くと、デブ業界から「おまえみたいのが特注履くとは許さん」と、いじめの対象になってしまうだろう。

だからといって、ローラー靴を履くと、ローラーがめり込んでみんなからいじめられるだろう。
(靴の件だけでなく、小太り君はデブとしていじっていいのかわからず、対処に困られるため、陰口を叩かれ、結果的にやはりいじめられる可能性がある。)

いじめられっこは、下校中にいじめっこから道端のウンコを無理矢理踏まされるのが常であるが、そうするとウンコがローラーの細かい部分に入り込んでしまい、「洗うのが大変」ということで母親からもいじめられる原因になりかねない。

結果的に細かいところへ入り込んだウンコを取り除くことができず、靴にウンコ臭が残り、学校でますますいじめられることだろう。

以上に見たように、ローラー靴はいじめを引き起こす可能性を秘めている。
ローラー靴の普及で、学校や職場でいじめられるのはあなたかもしれない。
だから今日は普通の靴を履ける喜びを感じる日にしよう。

24にハマる日々

2005年09月26日(月) 0時16分
海外のドラマ、『24』のシーズン3にハマっている。
「20th CENTURY FOX」のマークを見すぎてノイローゼになりそうなくらいである。
16話まで見終わったので、残り8話が楽しみで仕方ない。

24は、予想できないようなまさかの展開の連続が、スリルと興奮を生み、かつてないほどの人気を集めている。
私的ではあるが、今見た中では、次々と事件が進みまくるシーズン3が一番面白い。

24マニアに対して、かなり低い声で「キース(人名)」と言うだけで爆笑が取れることは間違いない。

ところで、昨日作ったキムチ鍋が大失敗であった。
自分なりに考えた結果、失敗の原因は大きくわけて2つ。
1.糸こんにゃくを生臭いまま入れた
2.白菜が高かったので、キャベツを入れた

1について。
自炊のブランクが長かったため、糸こんにゃくが生臭いことをすっかり忘れていた。
洗わずに直に入れたため、キムチ鍋のスープの味が無効になり、糸こんにゃくの汁の味になった。
しかも1袋全て入れたため、全体積の半分が糸こんにゃくになり、最悪の結果となった。

2について。
高くつくのが嫌だったのでキャベツを入れた。
煮たキャベツのクソマズイ味が鍋全体に広がり、前述の糸こんにゃくの味とで口の中で悲劇のハーモニーを奏でた。
しかも、最近、感想文にある焼肉屋に憧れていたので、キャベツの切り方もロールケーキ的に切ってしまい、食べにくさもかなりのものとなった。
(焼肉屋の感想文→http://lumpende.gozaru.jp/yakiniku.htm)

リベンジしたいので、明日もキムチ鍋にしたい。

やってもうた

2005年09月23日(金) 23時45分
とっておきの面白写真が多数あったが、全部壊れたSDカードに入っていたことを思い出し、非常に悔やまれるばかりである。
特に、図書館という緊迫した場所で、なぜか駅弁用のお茶いれでお茶を飲んでいたオタクの写真を撮ったのが懐かしい。

(駅弁用のお茶入れがわからない人はこちら→http://www.ne.jp/asahi/frog/hh/osaka2.html)

このオタクを撮るのは、爆笑しながらの作業だった。
バレないように撮るスリルも楽しかったが、やはり普通に変わり者を目の当たりにしているのが楽しかった。

友達とこのオタクについて話し込んで、ふと気がつくとオタクは帰っていた。
しかし、よく見ると、彼は机に駅弁用のお茶入れを忘れていた。
もちろん、命くらい大切な物を忘れた彼の反応を想像したりすると、面白くて仕方なかった。

面白さのあまり、お茶入れにかなり接近して携帯で写真を撮っていた。
人も少なかったので、かっこつけて机に寝そべったりしながら撮りまくった。

次の日に忘れ物コーナーにお茶入れがないか調べていた彼の姿を見ながら「あいつ一生懸命探しちょ〜!!」とバカにしたのが懐かしい。

あの写真の光景も、もう2度と見れない一生の思い出になってしまった。
とはいえ、食堂や図書館には想像を絶するレベルの個性あふれる人材が豊富なので、次からがんばりたい。

胃の痛みに注意

2005年09月22日(木) 23時53分
久々にソフトバンクの圧勝が見れた。
今日負けていればロッテと1ゲーム差になっていただけに、価値ある1勝である。
この調子で打ちまくって5ゲーム差つけてほしい。

ところで、20日に体調を崩した私は、薬局の店員に薦められた大人用風邪薬を飲んだ。
だが、飲み方が悪かったようで、夜は夜メシのかなり後に飲んだ。
おそらく、あまり胃に物がない状態であったために以下に起こる不幸が訪れたのだろう。

次の日(21日)起きると、胃がやや膨らんだ感じがあって苦しかった。
朝から昼にかけては違和感くらいで済んでいたが、だんだん痛みを帯びていき、胃が破裂しそうな感じに発展した。

胃の痛みはとどまることを知らず、胃薬の効果は皆無であった。
夜になって寝ようとしても、仰向けになると破裂しそうなほど痛かったので、うつぶせの特殊な体勢で寝ざるを得なかった。

それでも、あまりの痛さに何度も起き、特に22日のAM3時には、死を予感させるような痛みに襲われ、「パーン」と体が破裂するのではないか、もしかして弁当に針が混入されていて胃に突き刺さっているのかなどと考えた。

今日の朝、起きると大きな痛みは引いていた。
ただ、(食べ物にとっての)胃の入り口付近が痛かった。

昼に一人でマックに行った。
(ルンペンが出没するマックだったが、彼女は夜ンペンなため、夜にしか出没しない。)

炭酸飲料を避けたとはいえ、食べている途中で急に大きな痛みを感じ、毒殺される人のように、一人でマックのテーブルでもがき苦しんだ。

もちろん、周囲からの視線はルンペンを見る目つきであった。
「こいつ…。さては昼ンペンだな!!」という疑惑の目でもあった。

視線に耐えがたくなったので、食事を済ませてすぐに帰ろうとしたが、人が多く、ゴミ箱のところにも人がいて、人を押しのけてあわててゴミを捨てようとした。

しかし、周囲の期待の目を背負ったからか、手が滑ってしまい、トレイごとゴミ箱に入れてしまった。

言うまでもなく、ゴミ箱から拾い物をする私の姿を目撃した人々の目は「やっぱりね。。。このマックは昼にもルンペンが出るね。。。」という目であった。

みんなも薬の飲み方・胃の痛みには気をつけよう。

セリーグファンには面白くない内容

2005年09月21日(水) 23時09分
ソフトバンクがすっかり失速気味なので、今年もプレーオフで負けるイメージしかできない。

プレーオフに出てくるのはロッテと西武orオリックスだろう。
ロッテにも西武にも弱く、オリックスには最近負けが込んでいる。

最近の連敗や苦戦を見る限りでは、2位と5ゲーム差はおろか、1位通過も危うい。

早く打線が復調し、勝つイメージをファンに与えてほしい。
とりあえず、今の状態では、松中選手の2年連続の三冠王しか期待するものがない。

ところで、10月以降、「ケンさんツアーズ」を開催したい。
これは、ケンさんと一緒に天神や西南大をはじめとする福岡のオシャレな雰囲気の場所へ乗り込むツアーである。

ツアーの参加資格
服装編
・シャツがヨレヨレであること
・Tシャツの襟を立てていること
・髪型はヘルメットであること
・肌着をTシャツと間違えること

生活編
・飲食は、瞳を閉じて味わいながら行うこと
・肯定するときには「うむ」や「ラジャー」を用いること
・夜、港で日本刀を振って精神を統一すること
・ごはんを食べたあとは、たくあんで茶碗を洗うこと
・食後にはケーキやフルーツポンチを、おやつにはチップスターを食べること
・日本酒を飲むときは、飲み終わっても「おかわり」と言うことなく、注いでくれる女の子が気づくのを待つこと

おそらく、西南大等に乗り込むと、目がしみたり体のあらゆる部分が痛くなったりするだろうが、それがツアーの醍醐味なので、痛さを楽しんでいきたい。

ただ、西南大にもマニアックな輩がいるかもしれない。
もしそんな輩がいたなら「やっと援護が来たか」と思って話しかけてくるに違いない。
「ずっと一人で耐えてたんだよ…」という苦労話を聞かされることになりそうなので、こう言って話を断ち切りたい。

「まんだらけで会おう」

まんだらけは、天神で精神的に戦死したマニア達が祀られる一種の神社である。
「生きて帰れなくとも、まんだらけで会える」という思いがあるからこそマニア達は天神へ繰り出せる。

しかし、天神のオシャレな人々は、Q大学長のまんだらけ参拝に難色を示している。
「Q大がマニア傾化する」「マニアの天神侵略の反省が足りない」といった批判を繰り返す。

まんだらけの近くにメイドカフェができるらしく、脅威は増すばかりである。
天神のお店が全部マニアックなお店になる日が来るかもしれない。

うなされる日々

2005年09月19日(月) 23時14分
最近、悪夢をよくみる。
ふと気がつくと、高校にいて、怒られる状況にあるパターンが主である。

運動会(≒アリラン祭)の訓練に間に合わず、校舎の影でこっそり見ていたり、体操服を忘れたりするパターンである。
間違いなく体育教官室でボコボコにされるだろう。

少しでも校則に反すると、それに見合う以上の暴力となって帰ってくるのが常であった。
木の棒で叩くことも当たり前であったが、気に入らない生徒に対しては、強く叩きすぎて木の棒が折れたそうだ。(もちろんその生徒は流血。)

今これを書いている私もこれがバレるとボコボコにされそうで怖い。
そう、おかしな校風に気づきながらも、みな教師からの報復を恐れて何も言えずにいたのであった。
また、堂々と威圧してくる教師に対して、「彼らのやっていることは正しいのではないか」と思い込んでしまうということもあり、なかなか告発には至らなかった。

そのせいか、今のところ私は暴力で逮捕された教師を一人しか知らない。

しかし、忘れたくて仕方ないのに、夢に出てくるというのはどういうことだろうか。
今からでも戦いを挑むように神なる者が導いているのだろうか。
戦いに挑むとなると、知らない女の人に声をかけるのとは比べ物にならないくらいの勇気がいる。

やはり本気でなんとかするのであれば、現場を総括する上層組織に就いて圧力をかけ、人事異動などによって再建していくしかないだろう…。

ところで、今日のソフトバンク戦は最低な試合であった。
最近打線が湿りまくっているだけに、改善の見られない姿にあきれるばかりである。
まあ、生卵事件があったときよりは断然マシであるが。
(生卵事件についてはこちら→http://www4.nikkan-kyusyu.com/da/hawks1000/998.htm)

オシャレな雰囲気に憧れて・・・

2005年09月16日(金) 21時02分
今日は天神に服を買いに行ってきた。

やはり天神はイケメンが多く、「俺もこんな人になりてえ…」と思わされる人ばかりであった。
何もしないままでは、憧れに近づくことはできないので、何かカッコイイことをしようと思い、何をするべきか1日中考えてみた。

考えに考えた末、たどりついたのが、「愛する人に詩を作ってプレゼントする」という結論であった。
しかし、ニートごときの私に詩をプレゼントする相手などいるわけもないので、今日のこの日記に綴ってみたい。

私から愛されている人になりきって、ゆっくりとした気分で読んでみてほしい。

都会に灯る唯一無二の光

 天神に買い物に行く俺
 服を見るために入ったお店にはハゲ店員
 
 服を見るためだったのに
 ハゲを見てばかりで

 彼はつむじからハゲていくタイプ
 終点はカッパ
 今はまだ直径8センチ
 ハゲが広がりすぎて全部なくなるといいね

 ハゲ頭 ハゲ頭 ハゲ頭

 やっとの思いで服を見たのに
 気づけばハゲ店員に接客されている俺

 「ハゲを笑ってはいけない」
 その道徳が俺を苦しめる

 笑いたい
 笑えない

 笑いたい
 笑えない

 売っている服がカッコイイだけに
 笑いたい
 「みんな違ってみんな良い」
 そんな当たり前の道徳的な概念がこの時はなぜか面白くて

 ハゲ頭 ハゲ頭 ハゲ頭

 気づけば我慢できずに噴き出している俺
 「十人十色」という言葉を思った瞬間だった

 人は誰しも個性があり
 その個性は色として例えられる

 彼に与えられた色はハゲ色
 はだ色ではなくハゲ色

 色は特定の光を反射することで生じるけど
 彼はハゲ頭で光を反射させてハゲ色を生じさせてる
 都会のネオンでは表せない
 ハゲだけの色

 ハゲ頭 ハゲ頭 ハゲ頭

 ハゲ頭 ハゲ頭 ハゲ頭・・・

これで私もイケメンに近づくことができたに違いない。

マジでやばいかもしれん…

2005年09月16日(金) 0時44分
今日も福岡市内の某図書館へ行ったが、かなりヤバかった。
自習室内で、おっさんがずっと「ちょっと待って!!」を連呼しながら荷物をまとめていた。

おっさんは誰かと一緒に来ている感じではなかったが、ひたすら一人複数役の会話をしていた。
自習室で一人の声が会話となって響き渡る様子は変人以外の何も連想するものがなかった。

(だが、よく考えてみると、私も脳内ではよく会話をしている。高校のときなどは風呂場で自分のボケに大爆笑しまくった思い出がある。)

変人が去ってまもなく、またしてもベルナルドが出没した。(9月7日参照)
席を探すふりをして、獲物(男)を探していた。

目を合わせないように気をつけていると、ベルナルドは第二自習室へ入っていった。(私は第一自習室)
第二自習室へ入った後も、盛んに出入りしてはキョロキョロしていた。

その後、ベルナルドを忘れて勉強していたが、ふと気がつくと、ベルナルドが第一自習室へとポジションチェンジしていた。
そして、私の席の隣にあった忘れ物をわざわざ手に取り、「これ違いますか?」と声をかけてきそうだったので、逃げた。

みんなも飢えたホモには気をつけよう。
また、大金や権力が手に入ったら魔性にも気をつけよう。
(「俺だけは特別だ」と思ったら手口にはまっています。本当に気をつけ魔性…。)

★★ローカルネタ★★

今日のフジテレビの「とんねるずのみなさんのおかげでした」という番組の食わず嫌い王というコーナーで、芸人トリオのロバートが出ていた。
ロバートが門司出身なのは地元ではあまりにも有名だが、今日は番組内で北九州について語っていた。(編集されていたので20秒くらい)

北九州弁(「ちゃ」をつけてしまう)の話の後に、ガラが悪いって話になって、馬場(緑の髪)が「バイクに乗って赤信号で待ってたら、『ちょっと貸せや』って言う奴が出て来て盗まれます。」って話をしておもろかった。

久々に業者話

2005年09月14日(水) 23時37分
たまにはストライク話をやっていきたい。

私のおばちゃん好きは留まることなく勢いを増している。
今日などは、道を歩くおばちゃんの目尻のシワにときめいてしまった。

最近のおばちゃんクイーンは、先日の衆議院議員選挙で比例で当選した藤野真紀子氏である。
下に写真をアップした。

<img src="http://www.geocities.jp/localumpen/fujino.jpg">

どう見てもかなりのストライクである。
私の悪い癖だが、ストライクすぎる人を見るとなぜか絶望的な気分になってしまう。
ついつい「もうだめや」という意味不明な弱音を吐いてしまう。

今回も例外ではなく、かなり絶望的な気分になってしまった。
選挙のニュースごときで絶望的になるのは、これが最後になるに違いない。

このストライクが55歳というのが信じられない。
年齢的には「おばちゃん」から「おばあちゃん」の境界に差し掛かろうとしているのに、おばちゃんになりたての美しさである。

九大ファンタジーで私をワチのパーティーに参加させるかどうか決まってないが、もし参加させるとすれば、おばちゃんにすぐ誘惑され操られてワチをボコボコにするに違いない。

ところで、やっとSDカードが戻ってきた。
戻ってきたのはどうやら新品である。
一生懸命撮ったレッサーパンダの写真や箱崎探検の写真などが全部なくなってしまった。

まあでもマイナスに考えていても仕方ない。
SDカードをメーカーに送っていた期間に撮った写真はUPできるので、門司の写真やニート的日々のコーナーを充実させていきたい。
2005年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maniac2006
読者になる
Yapme!一覧
読者になる