大喜びで承諾

November 01 [Sat], 2014, 9:19

けれど、一方では宮澤賢治も、この花巻温泉建設のプランには一役、
買っているのです。

「それがわたくしも花壇をつくってゐる/花巻温泉の遊園地なのだ」とあるように、
賢治は、一九二七年四月から、花巻温泉の花壇を設計して、それを施工しています。

実弟の宮澤清六氏の回想では、
それは賢治が.農学校の教師をやめた直後の「元気一杯の頃」で、
「よほど前からその辺が気に入つてゐた彼は大喜びで承諾」したということでした。

現代で温泉は癒しの部分と湯治の部分がある。
特に都会に住んでいると、自然に触れる機会が少ない。
機会を作り、積極的に温泉にいく意味はある。
最近いった長野の蓼科のホテルにあった温泉がよかったので、
一例としてあげておく。
http://www.takinoyu.co.jp/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mangd
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/mangd/index1_0.rdf