移動しました 

November 13 [Sun], 2005, 20:37
移動しました

下記です。


漫画喫茶日記

うしおととら 

November 06 [Sun], 2005, 22:00
藤田 和日郎 作 うしおととら

妖怪関係漫画ですが、ただ退治するとかではなく
主人公のうしおという少年が、
すごく真っ直ぐに、あやかし達に向き合ってるのが、
好感がもてます。そして、妖怪なんだけど、うしおを助けちゃう
とら・・・めちゃカッコイイ。また、とらに好意をもってる人間の女の子と、
かまいたちという妖怪が、かわいいの!
話もかなり長いんだけど、
だらけたとが無くて、一気に読めます。

ヤマトナデシコ七変化 

November 06 [Sun], 2005, 19:46
はやかわともこ 作 ヤマトナデシコ七変化
別冊少女フレンドに連載中。1-14巻
主人公のスナコちゃんは、超美形4人の男の子と暮らしているんだけど、
全然こびてなくて、女の子が前面にだしてないんだけど
いい子なの。女の子にモテル女の子って感じ。
絵も綺麗だし、丁寧。
ぜひ、どなたでも、一読をお勧め。
うちの息子も愛読者です。

河惣 益巳 その1 

November 06 [Sun], 2005, 2:10
河物 益巳さんのご紹介。

花とゆめコミックスでかなり出されてるかたです。
ジェニーシリーズが一番好きです。
傭兵をしていた女性で、結局、公爵までなっちゃうんですが、
ありえなーい!ってくらい、都合よく話が運ぶという感じもするんですが、
なんだか好きです。
河惣さんの書く主人公は、みんなかっこいい。
ジェニーもサラディナーサも胡蝶も。



職業・殺し屋。 

November 05 [Sat], 2005, 21:37
職業・殺し屋。<

いいのよ。これ。人間のぎりぎりの侠気を超えた人たち。
実際いたらやだけど、殺人依頼サイトって、ホントにありそうね。
蟷螂ってコードネームの殺し屋がお気に。
エロいんだけど、グロい。
それがまた、適当に気持ちいいんだー。
最近のお気に入り、ベスト10に入ります。


脂肪という名の服を着て 

November 05 [Sat], 2005, 17:20
安野 モヨコ作 脂肪という名の服を着て
太っているのから、いじまっれる
太っているから、彼に愛されない
太っているから、友達がいない
そういう考えでダイエットするのが、以下に危険で、
あやうい事か
この本では、感じさせてくれます
ダイエットするのが、当たり前で、方法も腐るほどあります。
誰でも手軽にやれます。でも、ダイエットする前に、キチンと自分で
なぜ、ダイエットしたいのか、痩せなくてはいけない理由はなにか。
どうして痩せなくてはならなくなったのか、その原因は?
こうゆうことに、きちんと向き合っていかないと
とんでもないことになり、とりかえしもつかなくなる!
ってこと。
本のなかで、登場人物のひとりが、
また太ってしまった主人公をみて 言います

「たぶん 繰り返すわね。だって、身体じゃないもの。
心がデブなんだもの。」


少女コミック 一条ゆかりその2 

November 05 [Sat], 2005, 16:15
さて、一条ゆかりワールドの紹介です。
一条ゆかりは、私の好きな作家のひとりです。
最近昼ドラで デザイナー をやってますね。
一回見ましたが、まあ 1.2巻の漫画を40回分で
やるんだから、脚色は必要ですね・・・・ってとこです。
前に砂の城が昼ドラになったときも、がっかりでしたし。
キャストもそうですが、ストーリーがいじくられすぎでした。
5愛のルール」が完全に完成されていたら、
昼ドラになりそうです。
「5愛のルール」は1975年5月から12月まで連載されてました。そのころのりぼんといえば、
完全な少女漫画で、
読者も10代対象。 なのに、広告代理店が舞台なんです。
コピーライターとか、デザイナーとか、
今では当たり前の職業ですが、
糸井さんが有名になる前(?)ですもん。
話題が先行ってる!って思いました。
こんな世界もあるんだーって 子供心に感心したのを
覚えてます。
一度読んでみてください。
30年まえの漫画だとは、思えないです。
ちっとも、褪せてないんです。
一条ゆかりワールドは、どれも、
何年経っても古くならない、
何度読んでも飽きない、新鮮さと魅力が
あるんです。


少女コミック 一条ゆかりその1 

November 04 [Fri], 2005, 18:09
少女コミックとして分類しきっていいかどうかは
微妙ですが、
一条 ゆかりさんの漫画をご紹介します。 私が、小学校の頃でした。
付録付雑誌りぼんに連載されていた、
「おとうと」を読んで、ひどく印象に残りました。
当時まだ話題にも上らない、近親愛がテーマだったからです。
姉が弟を溺愛するとう話なのですが、
家族依存症の私は、自分に弟ができたら
かなりの確率で、こんな風になるだろうなぁ。などと
思ったものでした。
多分一条先生は、20代前半だったのでは
ないかと思います。なのに、この内容!
今考えても、ストーリーの制作力に驚かされてしまいます。




大好き漫画喫茶その5 

November 03 [Thu], 2005, 22:57
よく出没するお気に入りの漫画喫茶

都立大学駅前:カフェヌーベル都立大学駅前支店 です

良いところ

1.カフェコーナーの店内が明るい。窓があるので圧迫感が無い。

2.テーブルになっている席があるので、資格の勉強とかも
 出来ちゃう。

3.料金が安い。8時間で1500円パックは破格。

4.漫画は最近新刊をバシバシ入れてる。

5.以外に年代ものの漫画がある。

6.飲み物のコップがでかいので、
 お替りしに行く回数が減っていい。

BOOなところ

1.完結までそろってない漫画がある

2.スタッフの人が漫画に詳しくない。

3.テーブル席は夜になると、部分照明が無いので
 暗い。

4.ポイントカードが、前はあったのに
 無くなっちゃった。

5.少女漫画が少ない。流行りものはあるが、
 万引きされるのか、そろってないものもある。


ここは、かなり前から良く通ってます。
仕事とが乗らないときや、資格試験の勉強室にも
使ってました。
サッカーのW戦のあと、
どッかの広告会社らしき人とトルシエが
ここのテーブル席でしゃべってました。
店の人に聞いたら、本物っていってました。

テーブル席はカフェ代わりにも使えます。
しゃべっても可なので、昼間は主婦が集ってたりして。
ブースは最近何席か出来たみたい。
真ん中に大きな液晶テレビがあって、
衛星放送が見られる席があります。
毎日8時間は必ず「いるおっさんがいます。

大好き漫画喫茶その4 

November 03 [Thu], 2005, 20:06
よく出没するお気に入りの漫画喫茶

五反田:まんがらんど です

良いところ

1.スタッフが親切で感じがいい。

2.漫画の数がそこそこあるし、雑誌のバックナンバーが
 多い。

3.漫画が整理されてる。

4.店内が明るい。

5.ポイントがたまると割引がある。60pで700円引き。
 カードに有効期限が無い。

6.ちょっとしたオープンスペースがあり、
 ブースに座りたくないとき、便利。

BOOなところ

1.トイレが男女いっしょ。

2.漫画の棚が分散されて配置してあるので、
 見つけにくい。

3.20時すぎると、自販機のドリンクが有料。
 無料のはお茶関係だけになる。

4.ブースの入り口がカーテン。ちょっと貧乏くさい。

ビルの4階にあるので、見つけにくいかも。
4階の他のテナントがサラ金っていうのも・・・
駅前だから仕方ないか・・・
ちょこっと1-2時間マンが見たいときに行きます。
以外に古い漫画があったりして、おもしろい。


P R
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/manga-comics/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:manga-comics
読者になる
Yapme!一覧
読者になる