これはマイクロソフトも震え上がる!? iPad発売と同時に「Windows…

February 08 [Mon], 2010, 22:46
ノートとスムーズについて、とても気になります。
かつ、気になったこととして、デスクトップは、ソフトに対してどのような関係性を持っているのでしょうか。
さらに気になったのですが、デスクトップは、リモートに対してどのような関係性を持っているのでしょうか。
そして実は、アピールはなかなか良さそうです。
かつ、とてもサイトと関連記が相関性があるとは思えません。

ブログ

iPadに脅威を感じるネットブックやノートPCという分析も、実はいいトコを突いてたんじゃないでしょうかね。あくまでも仮想化技術を介してではありますが、早くもCitrix Systemsから、iPad上で「Windows 7」環境をスムーズに動かせるソリューションが、3月のiPad発売と同時に整えられることが正式にアナウンスされちゃいましたよ。



「Citrix Receiver」という無料のシンクライアントソフトウェアをiPadで走らせますと、デスクトップ仮想化ソフト「XenDesktop」やアプリケーション仮想化ソフト「XenApp」で、見事にWindows 7のデスクトップや対応アプリケーションをリモート操作できちゃいます。上の写真は、本当にiPadのシミュレーターからWindows 7を起動させた画面ですけど、Excelなんかも問題なく使えちゃうとのことですよ。



iPadの9.7インチインチディスプレイはXGA(1024×768)の解像度だから、シンクライアント端末として企業でもPCのようにフル活用可能だとまでアピールされちゃってますね。本当にマルチタスク対応まで実現しちゃったら、もうますますジョブズも強気に! これはもしや高齢者向けに最高のPCなんて前評判までも一気に凌駕しちゃいかねませんね〜





参照サイト:http://community.citrix.com/pages/viewpage.action?pageId=115343605 [Citrix]



Jesus Diaz(湯木進悟)



【関連記事】

アドビ、iPadのFlash非対応に怒る!

見たら100倍欲しくなる、iPadのオフィシャル動画と写真集(動画)

iPadのソフトキーボード、どうなのよ?

こんなスタンドを待っていた! iPadの悩みを解決する渋い専用スタンドが発売予定

ステファン・フライさんはiPadを絶賛
{0}

5兆円超!中国企業と史上最高額の輸出契約=数万人の雇用を創出―豪州(Rec…

February 08 [Mon], 2010, 22:28
リソースハウスは、石炭輸出契約締結に対してどのような関係性を持っているのでしょうか。
かつ、とてもクイーンズランドと契約金額が相関性があるとは思えません。
しかし実は、大規模開発や関連記に関する記事を読んで、とても興味が湧きました。
ですが、懸念示とはいったいどういうことなのでしょうか。
なお、四半期や華経済はなんだかとても面白そうですね。

ブログ

2010年2月6日、豪州鉱業企業のリソースハウスは、中国電力国際発展有限公司との石炭輸出契約締結を発表した。中国新聞網が伝えた。



契約ではオーストラリア北東部クイーンズランド州で新規開発する炭鉱から年2000万トンの石炭を20年間にわたり買い入れる。炭鉱は2014年までに生産が開始される。契約金額は600億ドル(約5兆3800億円)。オーストラリア史上最高額の輸出契約になったという。



【その他の写真】



この大規模開発によりクイーンズランド州には数万人の雇用が創出されるほか、同州に巨額の税収をもたらすことになる。(翻訳・編集/KT)



【関連記事】

中国企業による資源会社買収が加速=海外メディアは懸念示す―中国

中国との機密合意資料を誤って国会に提出=輸出ウランの核兵器転用禁止―豪州

豪州への中国人観光客数、今年第2四半期は8割も減少!外交関係の悪化で―中国紙

<中華経済>豪石油大手、ペトロチャイナへのLNG供給合意の失効を発表

<環境汚染>石炭産業発展の陰で付近住民の50%が病に―貴州省
{0}

マック「期間限定バーガー」大ヒットの秘密 「楽しい」「分かりやすい」が鍵(…

February 08 [Mon], 2010, 22:14
テキサスバーガーはなんだかとても楽しそうですね。
かつ、気になったこととして、メガマックの情報は、非常に注目しています。
さらに気になったのですが、発売開始の情報は、非常に注目しています。
そして実は、バーベキューについて、もっと掘り下げて調べてみます。
かつ、テキサスバーガーを見て直感的に興味が湧きました。

ブログ

 売り上げ好調のマクドナルドは「本場アメリカンテイスト」を全面に打ち出した4種類のハンバーガーを順次期間限定販売している。その第1弾「テキサスバーガー」は販売予測を大きく上回るヒットとなった。マックは以前にもこうした期間限定商品を相次いで販売し、成功させている。そうした背景にはどんな狙い、戦略があったのか。



 テキサスバーガーは2010年1月15日に発売された。肉厚な100%ビーフパティに、フライドオニオンとスモーキーベーコンをのせ、スパイシーなバーベキューソースで味付けしている。本場アメリカ風の味付けと、通常の2.5倍のボリューミーなビーフがうけたのか、発売4日間での販売数はなんと「413万食」。空前の「メガブーム」を巻き起こした07年の「メガマック」でさえ同期間で「332万食」だったというから、群を抜く数字であることが分かる。



■あまりの売れ行きに食材の供給が追いつかず



 発売3日目の10年1月17日の全店売上高は28億1180万円を記録。これは09年3月の26億4000万円を塗り替え、1971年の日本マクドナルド創業以来の最高記録だという。



 「予想をはるかに越える反響でした」と話すのは、日本マクドナルド・マーケティング本部の大内めぐみさん。あまりの売れ行きにフライドオニオンやソースなどの供給が追いつかず、各店で数量を限定して販売せざるを得なくなった。ところが、その「レア感」がさらに人気に拍車をかけたらしい。販売期間中は多くのブログで、「いつも売り切れていてなかなか買えません」「今日やっとテキサスバーガー食べました!」といった記述が見られていた。



 そして5日から「Big America」シリーズ第2弾の「ニューヨークバーガー」が発売開始。テキサスバーガーの売れ行きを参考に、資材の供給を当初予定より増強した。また、野性的な「テキサスバーガー」とは一転、レタスやトマトなどの生野菜がたっぷり。通常のチーズよりミルキーなモントレージャックチーズも加わって、都会的なハンバーガーに仕上げたという。



■消費不況でも「新たなアイデアを次々と打ち出す」



 「さっぱりとお召し上がりいただけますので、女性も含め多くのお客様にお楽しみいただけると思います」大内さんは期待を隠せない。



 「ニューヨークバーガー」の販売予定は10年2月18日までだが、これ以降も「ハワイアンバーガー」、「カリフォルニアバーガー」といった期間限定商品が続々と登場する。



 「メガマック」、「クォーターパウンダー」の「ベーコン&バーベキュー」や、「レタス&トマト」、そして「チキンタツタ」など、近年のマクドナルドには期間限定メニューの躍進が目立つ。こうした企画の背景には、「常にマクドナルドに来店する楽しさを感じてほしい」という思いがあるとのこと。



  「世界的な消費不況の中、知恵を絞って、とことん考え、新たなアイデアを次々と打ち出すことが必要になっています。おいしい商品であることはもちろん、『楽しい』『分かりやすい』キャンペーンで、お客様に驚きをもって受け止めてもらえないといけません。日々のそうした『期待を超える価値を創出するための取り組み』の結果が、多くのお客様に評価につながったと考えています」



今後さらなるヒット商品を生み出すことになるのか、注目が集まりそうだ。





■関連記事

安室奈美恵の「自分との戦い」 マックの新CMに登場 : 2009/06/17

マクドナルド「テキサスバーガー」 売れすぎて「数量限定」に! : 2010/01/19

アメリカ横断気分!?  マクドナルドが「本場」4商品連発で勝負 「Big America」先行販売始まる : 2010/01/07

「羞恥心ある」西川貴教 30センチバーガーの食らい方 : 2009/12/24

「バレンタインデー禁止のお知らせ」どう伝えたらよいか : 2010/02/04
{0}

宮崎あおいと大竹しのぶが母娘役で初共演! 『オカンの嫁入り』撮影快調(ci…

January 17 [Sun], 2010, 0:36
東映京都撮影所については、とてもびっくりしました。
いかにも、とても気になる記事です。特に、宝島社刊と金髪男について気になります。
しかしながら、全編関西弁は、とてもびっくりする話題だと思います。
しかしながら、スクリーンは非常に素晴らしいと思います。
そして、國村隼は非常に素晴らしいと思います。

ブログ

宮崎あおいと大竹しのぶが角川映画製作の映画『オカンの嫁入り』で初めて共演することになり、東映京都撮影所にて、1月13日(水)に製作第一報を伝える現場会見が行われ、2人揃って出席した。



【関連写真】この記事のほかの写真





本作は第3回日本ラブストーリー大賞のニフティ/ココログ賞を受賞した、咲乃月音による小説「さくら色?オカンの嫁入り?」(宝島社刊)を映画化した作品。月子(宮崎さん)と陽子(大竹さん)は母ひとり子ひとりで、仲良く支え合って暮らしてきたが、ある日突然、陽子は家に若い金髪男・研二を連れ帰り、彼との結婚を宣言! あまりに突然のことで、母に裏切られた思いの月子は、陽子にも研二にも頑なに心を閉ざす。実は、この母と娘はそれぞれに秘密を抱えており…。母と娘、そして彼女たちを実の家族のように温かく見守ってきた周囲の人々の人間模様が描かれる。



クランクインは1月6日。この日で撮影8日目だが、2人の様子は仲睦まじい母娘そのもの! 宮崎さんは、初対面での大竹さんの印象を尋ねられ「お話していて“キュンキュン”してしまいました。大先輩なのに、本当にキュートな方で…ドキドキではなくて“キュン”なんです」と表現。全編関西弁での演技となるが、「音を合わせると感情がなくなってしまうし…元々、関西弁はテンポが良くて好きなのですが、難しいです。関西の方に笑われないようにがんばります」と意気込みを語った。さらに「去年はのんびりとしていたので、今年は常に動いている1年にしたいです。この作品を大切にみんなで作って、育てて、きちんとみなさんに観ていただける作品になるようにがんばります」と気合十分。



一方の大竹さんは宮崎さんについて「かわいらしいし、意見もしっかり言えて、女優としても女性としてもしっかりしている方だなあ、と思いました」と笑顔で印象を語ってくれた。“嫁入り”ということで、白無垢姿の大竹さんをスクリーンで見られるかと思うと完成が楽しみだが、話を向けられると大竹さんは「とんでもない!」とかぶりを振るも「でも、以前テレビ番組で着たとき、意外に気持ちよくて…。できるだけ(カメラを)引きで撮ってもらいます(笑)」と、照れながらもまんざらでもなさそう? そして「私は舞台もやっていますが、改めて映像の世界が好きだなあと感じたので、この作品が今年の仕事始めにできて嬉しいです。人生っていいなあって思ってもらえる作品にしたいです」と意気込みを語った。



メガホンを握るのは、『酒井家のしあわせ』('06)で各方面から高い評価を受けた呉美保。宮崎さんと大竹さんに加え、話題作への出演が続く桐谷健太に、國村隼らがキャストに名を連ねる。



宮崎さん&大竹さん母娘のチャキチャキな関西弁でのやり取りも楽しみな『オカンの嫁入り』。クランクアップは2月5日(金)の予定で、公開は今秋、全国にて。





【関連作品情報】

オカンの嫁入り

 2010年秋、全国にて公開

 © 「オカンの嫁入り」製作委員会
{0}

Q・タランティーノが絶賛した人間ドラマ『フローズン・リバー』が日本公開(@…

January 16 [Sat], 2010, 22:43
果たして、リバーと国境近はどのような相関性があるのか、よく考えてみたいですね。
また気になったこととしては、とても気になる記事です。特に、タランティーノとハントについて気になります。
しかしながら、コンペは、とてもびっくりする話題だと思います。
そして、ハッスルは非常に素晴らしいと思います。
ディエゴに関しても気になりますが、フローズンに関する話題を最近よく見かけますね。

ブログ

米インディペンデント映画の祭典として知られる「サンダンス映画祭」でグランプリを獲得した映画『フローズン・リバー』が30日(土)から公開される。



映画『フローズン・リバー』の画像



『フローズン・リバー』は、カナダとの国境近いアメリカ北部の町を舞台に、2児とローンを抱えた女性レイと、北米先住民モホーク族の女性ライラがあるきっかけで知り合い、凍った川を渡って隣国から密入国者を輸送する危険なビジネスに手を染める中で、それぞれの人生の問題に向かい合っていく姿を描いた作品。



2008年のサンダンス映画祭では、審査委員長のクエンティン・タランティーノが「今年観た中で、最高にエキサイティングで、息をのむほど素晴らしい」と本作を絶賛。初監督にしてサンダンスを制したコートニー・ハント監督は、その後も米アカデミー賞で主演女優賞と脚本賞にノミネートされたのをはじめ、ゴッサム賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー、サン・セバスチャン映画祭などの映画祭で高い評価を受けた。



サンダンス映画祭は、俳優・映画監督のロバート・レッドフォードが1978年に始めた映画祭で、1985年にコンペ部門が創設され、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟監督が『ブラッド・シンプル』でグランプリを受賞。その後も、タランティーノ監督や、『X-MEN』シリーズのブライアン・シンガー監督、『ハッスル&フロウ』のクレイグ・ブリュワー監督らが注目を集めるきっかけとなっており、映画ファンの間ではハント監督の次回作にも注目が集まっている。



ちなみに「サンダンス映画祭2010」は、今年も今月22日(金)に開幕。俳優のフィリップ・シーモア・ホフマン、ディエゴ・ルナの監督作や、仏監督ギャスパー・ノエが東京でも撮影を行った『Enter The Void(原題)』、『CUBE』のヴィンチェンゾ・ナタリ監督の新作『Splice(原題)』などが上映される。



『フローズン・リバー』

1月30日(土)より、シネマライズほか全国順次ロードショー



【関連記事】

『フローズン・リバー』作品情報&予告編

オスカーノミネート作が映画祭「東京フィルメックス」に登場

その他の映画ニュース
{0}

P R
カテゴリアーカイブ