【 更新情報 】

スポンサードリンク

お香典の金額と葬儀マナー

お香典の金額と葬儀マナーとしは、お香典袋の書き方なども亡くなってからの日数によって違います。
仏教の場合、人は亡くなってから霊になるといわれています。
通常、葬儀マナーとしてはお通夜か、間に合わなければお葬式に出席しますが、その場合、亡くなってすぐですのでお香典ではなく「御霊前」と書いても良いとされています。これが亡くなってから49日経つと霊ではなく仏様になると仏教では考えられていますので「御仏前」になります。

また、お通夜などに参列した場合、お香典やご霊前ははだかで現金(金額)をもって行くのはご遺族に対して失礼にあたりますので、葬儀マナーを守るなら、袱紗にお香典(お付き合いの度合いで金額が変わります)をいれるか、無い場合は小さめのふろしきやハンカチなどに包んで持っていくようにしましょう。

お通夜や葬儀の際、お香典は受付で預かる場合と、仏前にお供えする場合が多く、葬儀マナーとしてはご遺族に直接お香典を手渡しするのはマナー違反となります。

お香典の郵送と金額マナー

お香典の郵送と金額マナーとしては、死の連絡がきたら家の住所や斎場を聞いて急いで弔電を打ち、お香典は現金書留でお悔やみの手紙とともに送ります。

お香典を郵送する場合は金額マナーとしては5万円以上のお香典はできるだけ郵送ではなく、直接持っていくというものです。5万円以上のお香典というと通常、身内の方になりますので、直接持っていくといいですが、どうしても郵送する場合は必ず現金書留にしましょう。お香典を郵送で送る場合、葬儀に参列できなかったことへのお詫びやお悔やみの言葉などを添え、故人の冥福を祈る気持ちを伝えると良いでしょう。また、

遠方などで法事などに行くことができない場合お香典の金額マナーとしてはやはり現金書留でおくるのが一般的ですが、お供物なども一緒に送ると良いでしょう。法事などにお供物を送る際のマナーとしては果物やお花、故人の好きだったものを贈るのも良いでしょう。

現金書留でお香典を送る際は丁寧に宛名や住所を書くようにしましょう。

お香典の金額マナーとお返し

お香典の金額マナーとお返しは、元来「半返し」という風習が昔からあります。
例えば、1万円のお香典の金額を頂いた時、お返しはマナー通りにいけば、5,000円相当の品物ということになります。お香典を頂いてからのお返しも以前はお茶やタオル類、洗剤などが主流でしたが、現在のお香典の金額に合わせたお返しとしてはお米や寝具類、カタログギフトというのも増えてきました。

お香典のお返しのお品は悩む場合もあるとは思いますが、お香典で頂いた金額の半分を目安にするか、高額な場合は3分の1くらいの金額のお品を買うようにします。お品も、上記のもののような比較的簡素なものをお返しするようにし、お歳暮やお中元の時のような生物やアルコール類は贈らないようにしましょう。

インターネットやカタログなどでお香典のお返し専門の業者などもありますのでそちらを利用すると、お香典の金額に応じた商品を多数掲載していますのでお返しにとても便利です。こういう業者ですと、相手に対してのお礼状のようなものも頼めますので、遠方の方にはお香典の金額マナーにあったお返しの他にお礼状もつけて贈るようにしましょう。

お香典の金額と服装マナー

お香典の金額と服装マナーはご遺族の方々に失礼のないようにしましょう。一般的にお香典の金額マナーとしては奇数の数字の金額を入れるのが常識となっています。
お香典は札で千円・三千円・五千円・一万円・三万円といったように入れます。
三万円を超える場合は五万円・十万円という金額になります。お香典に入れる紙幣は向きや上下を一緒にして折れ曲がっている場合は綺麗にのばしていれましょう。お香典袋の中袋に金額を「壱・参・萬」という風に漢字で書き名前も書きましょう。

三万円以上の金額を入れる場合は正式な水引がある香典袋を準備するのが金額に応じたマナーとなります。お香典のほうをマナーどおりにしても、服装がおかしければ、いけません。近親者に不幸があって駆けつける場合は、服装は地味目なものなら普段着でも構いません。葬儀用の喪服も準備しておけば、一緒にもっていきましょう。

友人・知人がご遺族から直接連絡を受けた場合はお通夜の場合でも喪服を着ていくようにしましょう。お香典をお通夜で持っていく際には袱紗にいれるのを忘れないようにしましょう。基本的には親族以外は喪服で行くようにしましょう。

お香典の金額マナーとお付き合いの度合い

お香典の金額マナーはお付き合いの度合いによって違います。

最近では参列者の負担を軽くするため、地域でのお香典は一律にするところもありますが、お香典の金額マナーはお付き合いの仕方によってかなり変わってきます。

例えば亡くなった方が近所の方だったり、友人・知人だった場合や仕事の同僚や部下はお香典の金額マナーとしては相場は5千円ほどです。
これに対し、親類や祖父母などのお香典の金額マナー的相場としては1万円、兄弟では年代によって違いますが3万円から5万円程がお香典の金額マナーとして相当といえます。

これが両親となるとお香典の金額マナーとしは10万円となります。このようにお付き合いやなくなった方との新密度などでお香典の金額が違うのが世間一般のマナーですが、宗教などによっては、このようなお香典という習慣が無い物もあります。
葬儀などに行く前に判るようならば、事前に亡くなった方が何の宗教に入ってらっしゃるのか調べておくと、お香典袋なども宗教などで少し違いますので良いでしょう。
P R
カテゴリアーカイブ
  • seo