cygwinの日本語化 

November 12 [Wed], 2008, 15:14
1.デフォルト C:\cygwin\home\(自分のユーザー名)\.inputrc
set kanji-code sjis
set convert-meta off
set meta-flag on
set output-meta on

2.C:\cygwin\home\(自分のユーザー名)\.bash_profileというファイルに
if [ -f ~/.bashrc ]; then
. ~/.bashrc
fi
を追加。意味はいまいちわからないので後で考える。



3.
/etc/profileに追記

export LANG=ja_JP.SJIS
export TZ=JST-9
export JLESSCHARSET=japanese-sjis
alias ls='ls --show-control-chars --color -F'

参考サイト
http://hogeo.jp/blog/memo/2007/10/cygwin.html

http://programnet.hp.infoseek.co.jp/coloum/cygwin.html

http://pinoki.la.coocan.jp/wiki/?Cygwin%2FInstall%2F%C6%FC%CB%DC%B8%EC%B2%BD

HDDバックアップ 

August 31 [Sun], 2008, 12:21
#dd if=/dev/hda of=/media/sdb1/backup.dd conv=sync,noerror
dd: opening '/media/sdb1/backup.dd': Read-only file system

#mount -o rw,remount /media/sdb1
これでリマウントしてあげる

(参考)http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1440591


#dd if=/dev/sda of=上記と同じ
/dev/sdaの中にCentOS4.4のデータが保存されている

成功------------------------------------------------------------------------------------------------------
バックアップ
#dd if=/dev/sda | gzip -c | split -b 4000m - /media/sdc1/CentOS4_4_gz.

リストア
#cat /media/sdc1/CentOS4_4_gz.* | gzip -dc | dd of=/media/sdc1
これだとdd: opening "/media/sdc1" :Is a directoryと表示されるので

#cat /media/sdc1/CentOS4_4_gz.* | gzip -dc | dd of=/media/sdc1/CentOS4_4.
と適当に作ってあげる

(参考)http://www.hogera.ne.jp/~arisa/blog/2007/04/post.html

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
最終的に
バックアップ
#mkdir /mnt/usbhdd1
#mkdir /mnt/usbhdd2
#mount -t auto /dev/sdc1 /mnt/usbhdd1
mount: mount point /mntuubadd1 does not exitst

#mount -t auto /dev/sdc1 /mnt/usbhdd1
#dd if=/dev/sda | gzip -c | split -b 4000m - /dev/sdc1/CentOS4_4_gz.
split: /dev/sdc1/CentOS4_4_gz.aa: Not a directory
#dd if=/dev/sda | gzip -c | split -b 2000m - /mnt/usbhdd1/CentOS4_4_gz.

リストア
#cat /mnt/usbhdd1/CentOS4_4_gz.* | gzip -dc | dd of=/dev/sdc1
これはエラーが出た。
Input/output error

エラーの際
#umount /mnt/usbhdd1
これでアンマウントする
#rm -rf /mnt/usbhdd1
そして、ディレクトリをもう一回消して
#mkdir /mnt/usbhdd1
ディレクトリを作成
次に
#fdisk /dev/sdc
ここでパーティションを二つに分ける
パーティションナンバー1に12000m、残りを2に
#mke2fs -j /dev/sdc1
以上のコマンドを行ってからマウントし直す。

リストア
#cat /mnt/usbhdd1/CentOS4_4_gz.* | gzip -dc | dd of=/dev/sdc2


(参考)http://collie.low-temp.sci.yamaguchi-u.ac.jp/~ashida/comp/usbhdd.html
(参考)http://nabechan.org/~nabe/diary2/archives/155-unknown.html

drac 

May 02 [Fri], 2008, 2:59
:vi /etc/rc.d/init.d/dracd
この中の
/etc/rc.d/init.d/functions
に当たるものはdebian系では
/lib/lsb/init-functions
にあたる。


/lib/lsb/init-functions をinit.d以下にfunctionsでコピー。

phpコンパイル 

February 19 [Tue], 2008, 0:39
phpのコンパイル

#apt-get install build-essential
で必要なパッケージをインストール

次に
:/home/manager/temp/php-4.3.9#
の下のディレクトリにconf.shを作る。
その中身は
:/home/manager/temp/php-4.3.9# vi conf.sh
#!/bin/sh
./configure \
--with-apxs=/usr/bin/apxs \
--enable-roxen-zts \
--enable-zend-multibyte \
--with-pgsql=/usr/local/pgsql \
--with-mysql \
--enable-track-vars \
--enable-mbstring \
--enable-mbregex \
--with-gd \
--with-png-dir=shared \
--with-jpeg-dir=shared \
--with-zlib-dir=shared \
--with-zlib
~



これを
:/home/manager/temp/php-4.3.9# ./conf.sh
でコンパイル。

コンパイルすると色々とエラーが出るので、エラーにあわせて必要なものを
インストールしインストールしたものをコンパイルして、またphp-4.3.9の
コンパイルを始める。
これの繰り返し。

まあがんばれ、俺。

phpコンパイル 

February 16 [Sat], 2008, 22:37
:/home/manager/temp/php-4.3.9# ./configure
を実行すると
checking lex output file root... ./configure: 1: lex: not found
configure: error: cannot find output from lex; giving up
このようなエラーに遭遇した。

この解決策としてflexとbisonの両方をインストールする必要がある。
phpのコンパイルにはこの二つがいるらしい。

コンパイル
:/home/manager/temp/php-4.3.9# ./configure
:/home/manager/temp/php-4.3.9# make
:/home/manager/temp/php-4.3.9# make test
:/home/manager/temp/php-4.3.9# make install

./configureがコンパイルして
makeでmakeファイルを実行してインストールするものを作る。
make testで作ったものをテストして
make installでインストール。


コンパイルに失敗した場合・・・
# make distclean
設定ファイルを消す作業



昼間のコンパイル
'./configure' '--disable-short-tags' '--enable-bcmath' '--enable-dom' '--enable-exif' '--enable-force-cgi-redirect' '--enable-ftp' '--enable-gd-native-ttf' '--enable-mbregex' '--enable-mbstring' '--enable-soap' '--enable-sockets' '--enable-xml' '--with-apxs2' '--with-curl' '--with-curlwrappers' '--with-freetype-dir=/usr' '--with-gd' '--with-gettext' '--with-gmp' '--with-jpeg-dir=/usr' '--with-kerberos=/usr/kerberos' '--with-ldap=shared' '--with-mcrypt' '--with-mhash=/usr/local/lib' '--with-mime-magic' '--with-mysql=shared,/usr' '--with-openssl' '--with-pear=/usr/share/pear' '--with-pgsql=shared' '--with-png-dir=/usr' '--with-snmp' '--with-ttf' '--with-xpm-dir' '--with-zlib' '--with-tidy' '--with-pdo-mysql=shared' '--enable-zend-multibyte'

php4.3.9 

February 16 [Sat], 2008, 19:16
OpnePNEを使うにははphp4台 MySQLは4.1か4.0でないといけないらしい。
せっかく最新バージョンを入れたが無駄だった。
まあ嘆いてもしょうがないのでphp4.3.9 MySQL4.1を入れ直そう!

まず
#apt-get remove php5-dev php-pear php5-cgi libapache2-mod-php5
でパッケージの消去

次にphp4.3.9のパッケージを探す。
http://www.php.net/releases/
のサイトに過去のパッケージが揃っている。

http://museum.php.net/php4/php-4.3.9.tar.gz
がphp4.3.9のURL である。

#wget http://museum.php.net/php4/php-4.3.9.tar.gz
でパッケージをダウンロードする。

:/# ls
bin etc lib opt sbin usr
boot home lost+found php-4.3.9.tar.gz srv var
cdrom initrd media proc sys vmlinuz
dev initrd.img mnt root tmp
:/# move php-4.3.9.tar.gz /home/manager/
bash: move: command not found
:/# mv php-4.3.9.tar.gz /home/manager/
:/# cd
:~# pwd
/root
:~# cd /home/manager
:/home/manager# ls
Desktop php-4.3.9.tar.gz


php-4.3.9.tar.gzがrootにダウンロードされたので自分のディレクトリに移動。

:/home/manager# mkdir temp
:/home/manager# mv php-4.3.9.tar.gz temp
:/home/manager# cd temp
:/home/manager/temp# ls
php-4.3.9.tar.gz
:/home/manager/temp# gunzip -d php-4.3.9.tar.gz
:/home/manager/temp# ls
php-4.3.9.tar


mkdirでtempファイルを作ってまたその中にzipファイルを移動。
それはmanagerの中に大量のファイルがあり、いじってしまわないように
作業用のファイル内で作業するため。

:/home/manager/temp# tar -xvf php-4.3.9.tar

これで解凍終了。

apache2 

February 10 [Sun], 2008, 18:11
今日はapache2の基本設定
だけど全然終わらん・・・汗

その理由として初めてviを使ったから。
全てキー入力で編集するviに悪戦苦闘。
ってか慣れるのに時間掛かりそう。
まあ、ちょっとずつやっていくさ。

:/etc/apache2# cd conf
bash: cd: conf: No such file or directory
:/etc/apache2# mkdir conf
:/etc/apache2# ls
apache2.conf conf.d httpd.conf mods-enabled sites-available
conf envvars mods-available ports.conf sites-enabled
:/etc/apache2# cd conf

:/etc/apache2/conf# ls
httpd.conf
:/etc/apache2/conf# cp httpd.conf ../conf.d
:/etc/apache2/conf# ls ../
apache2.conf conf.d httpd.conf mods-enabled sites-available
conf envvars mods-available ports.conf sites-enabled
:/etc/apache2/conf# ls ../conf.d
charset httpd.conf
:/etc/apache2/conf#


mkdirでconfファイルを作りhttpd.confからconf.dにコピー
基本的にhttpd.confでapache2の設定を行いconf.dにも必要であればコピーするのがいいかも。

sshdのインストール 

February 07 [Thu], 2008, 19:19
今日初めてのサーバー構築
さあどうなることやら・・・

ubuntu7.04の話
sudo apt-get install sshdじゃあインストールできない。
sudo apt-get install openssh-serverだとインストール可能
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:manabelob
読者になる
2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる