大好きだもん。 

July 10 [Sat], 2010, 12:48
今日から、小説書いていきます。



今日は第一話です。



雨の日の朝、目を覚ますと、前にはかっこいい男の子がいた。



【へっ??誰???なんでわたしの部屋にいるの??】



そのかっこいい男の子は、私の幼なじみの健介だ


学校でも人気があり誰もが恋をする、私もそのうちの一人だ


【おい。琉依学校行くぞ】



【えっ??まだ7時20分だよ??ってえっ??】


【まだじゃないぞ。もうだぞ‼‼‼】


【キャ〜‼‼‼送れちゃうよぉ】


【だいじょうぶかよおまえ。】


もう、もう少し早めに来てよ。


てか、琉依って誰って思った??


琉依は、私の名前。


私の叫びを聞いて妹の美華だ。


【お姉ちゃんうるさい。何言ってるの??】


【美華、今何時??】


【6時20分だけど】


【えっ??6時なの??】


【健介は??いないの??】


【健介いないよ。なんでいるのよ】


【えっ??じゃぁ今のは夢??】


【じゃないの??もううるさいんだから】


【ごめんなさい。】


夢だった。


なんだか恥ずかしいね。


てか、こんな夢見るのは、昨日の事があったからだもん。


えっ??何があったかって??


それは・・・・・・



今日はここまで。


また今度ね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美恋
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
恋中の美恋です。
まだ未経験なのでアドバイス等よろしくお願いします。
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる