助けて!110番した時の位置情報自動通知は携帯スマホも?

May 26 [Thu], 2016, 10:35


110番通報時。
携帯電話やスマホでの通話は、警察に位置情報が自動通知されています。


携帯電話各社のHPにはその旨の通知がされています。いたずら目的は確実にバレます。もちろん犯罪抑止にも繋がりますから良いサービスです。

ところが。

■ 発信者の位置情報が提供されているなのになぜ?

2016年5月にはアイドルが刺傷される事件が起こりました。問題はどこにあったのか?

実は2015年6月に、法改正がありました。

法律の内容は、


●携帯電話やスマートフォンの発信者の位置情報について

●本人への事前通告なしに警察が取得することが可能になる



というものです。これは犯罪に使われる電話の割り出しにも役立ちます。

もちろん今回のような刺傷事件について、被害者が緊急電話で110番したときにも採用されています。

一方。

アイドルが刺傷した事件について、一番の問題は


●場所の確認がされず自宅に向かってしまった


こと。ただし、アイドル刺傷事件について、110番で即座に現場に向かっていたとしても、通信が襲われている最中ならば、間に合わなかった可能性が高いです。


しかし、発信者の居場所が特定できることが広く一般に周知されていれば、


●110番を被害者が目の前で行った時、加害者が思いとどまる可能性もある


ということです。
抑止力としても使えるシステムであって欲しい。そう願います。


■ いつ被害者になるか?わからないからたちが悪い

被害者はいつ自分が被害者となるのか?わかっていれば、ある程度の対応はできます。

残念なのは、いつどこで自分が被害者となることが、確実に予想できないところです。

ストーカー被害ならば、身の危険を強く感じています。しかし、いつどこでどうなるか?正確に把握することは難しいです。

大切なのは加害者に被害行為を思いとどまらせること。


抑止力としてこうしたツールも出ています。
万が一の備えをするのも大事な護身ですね。