秋桜 

November 06 [Tue], 2007, 2:24
耳もとをちょっと冷たいでも心地よい
そんな風が吹く季節

風邪ひいたなんていうからさ
心地よさがうしろめたくなるじゃんか


そばにいてもいなくてもそんな変わんない
それは誰かの強がりで
隣にいてもさみしいときがあるし
同じ気持ちなら離れていればなおさらで


だからって別にすべてを占めてたくはない
君には君の色があって
私には私の色がある
混ざりあってそれが綺麗なら素敵だと思うんだ
それがあんな優しい色をしていたらいいと思うんだ



かぼちゃのお化けがあっという間にいなくなって
街がキラキラ輝いてきて
でも

待ち行く人は眉間にしわ
働きすぎじゃないですか


気づかないうちに大切なものを失わないように
ちゃんと周りを見渡してみよう
冷たい季節はきっとほら
あたたかさに気づくためだよネ?


そう気づくのは簡単
君の笑顔が見たいから
私は笑顔でいよう
それが連鎖したらいいななんて
咲いて欲しいんだ秋桜の花言葉


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mami
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1985年11月5日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
ふとした瞬間に書きたくなる詩の書きとめ場所が欲しくて始めました
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
アイコン画像イトユリ
» 秋桜 (2007年11月15日)
Yapme!一覧
読者になる