四十九日を終えて‥

September 14 [Wed], 2016, 13:00
四十九日忌は極楽浄土に旅立つ日。

お経の最中
“あぁー、もう家の中から。私の傍からいなくなっちゃうのかな。”
って思うと涙が止まらなくなってしまいました。

でも・・なんとなくだけど、ケンタは家のどこかにいる気がします。
毎日くるみことみに「ケンタどこ?」って聞いてる(笑)
まぁ二人とも無反応ですが・・・


私は、特に信心深いとか、仏教徒でもないですが
ケンタの初七日・三十五日忌・四十九日忌、
全て終えました。
子供達とくるみ・ことみを毎回連れて。




キャリーバッグのなかにいるよ♪


本位牌に魂入れしてもらいました。

一見ケンタのためにしてるようでも
本当は、ケンタのためだけにしているのではなくて
私自身のためにしてるのかな…
ケンタのために何かしてあげたい、という
気持ちを満たすために。

「まぁーた、法要でお金かかっちゃたねー!高いよね!」
と子供たちと話してても
ケンタのためにお金を使ったという事実が嬉しくて、
笑顔になってる(^^ゞ

“ケンタのために花を買う”
“ケンタのためにお供えのジャーキーを買う”
どれもこれも、ぽっかり空いた穴を埋めるために
自分のためにしてるんだよね。

まだまだ心のコントロールが出来ず…
ふとした瞬間に
「え!今、なんで泣けてきちゃうのー!」って
こともあります(^_^;)

亡くなった水曜日のお昼〜12:15は
毎週、かかさずお骨を抱っこしています。
最後の一瞬しか抱けなかったから。
寂しかったよね。

毎日寝るときは、
最後にケンタを包んでいた
私のTシャツ&タオルを
ケンタがいつも寝ていた私の右腕に
抱いて寝てます。
(アンモニア臭すごかったのに、徐々に薄れてきてる)


あ、でも、日常は普通に送ってますよ♪
小学校も幼稚園も始まり、秋は行事が沢山あり
忙しくしています!

ケンタ生涯最後のお散歩。
抱っこだったけどね。
7月5日撮影。



もっとキレイに撮っておけばよかったね。

【感謝】・・そして一ヶ月経ちました。

August 20 [Sat], 2016, 15:00
ケンタが旅立って、
メッセージやお花が届きました。
本当に本当に嬉しく思います。
ありがとうごさいました。

こんな素敵な出会いをくれたのも
ケンタのお陰。
ケンタありがとう。
ケンタの飼い主に私が選ばれて
よかったです。
私人生の中で一番の幸せだよ。



今日でちょうど一ヶ月経ったんだね。
一ヶ月も抱いてないなんて・・
なんか一年くらい経ってしまった気がするよ。

でもね、
あの匂いを思い出すことが出来る。
特徴のあるくぐもった吠え声を
思い出すことが出来る。
ふわふわの毛の感触も
ことみと喧嘩して怒る声も
すべて思い出すことが出来るよ。

いつまでも忘れませんように。。

お別れ。

August 19 [Fri], 2016, 23:00
【ケンタのことを語る場がないので
私の独り言として・・記録します。】



くるみ、何を思ってる?
13年も一緒にいたんだよ。
若い頃は仲良かったよね。
ケンタのことを慕ってたよね。
一歩下がって着いていく良き妻でしたね。
ケンタのこと、忘れないでね!



ことみはケンタが老いてきたら
急に強くなっちゃって・・・
取っ組み合いのケンカしてたね。
でも心の中では、ケンタが一番強いって
思ってたんだよね。




私に抱かれて宝塚動物霊園へ。
意に反して30分程で
あっという間に着いてしまった。

木の棺に入れてあげました。
真っ白なお布団・枕と
三途の川の渡し賃「六文銭」つきです。

人間同様のお葬式でした。
棺の上に魔物から守る
“守り刀”を置いて
お経が始まり・・

そして・・火葬場へ。
お骨も拾いたかったので
個別火葬にしました。

喉が渇かないようにと、
コットンで水を口元につけてあげて・・

紙のコースターのようなものに
飼い主さんの匂いをつけて
入れてあげてください、と言われ
ケンタの鼻先に置きました。

最後は旦那・ソウタ・リコ・くるみ・ことみ・私
の順番でキスをしました。
棺のふたを私が閉めました。
名残惜しく・・小窓を開いて
ケンタの顔を最後の最後に見納めました。


一時間で火葬がすみ
皆でお骨を拾いました。
とてもキレイな骨で、
一つ一つ丁寧に説明していただきました。
ここの霊園にしてよかったです。



なにか察してたのかな?
葬式から火葬が終わるまで
一回も吠えることなく、
いいこにしていたね。


私達なりにだけど・・
ちゃんと送ってあげれたと思います。

葬儀は残された飼い主のためにも
あるものなのかな。
ケンタの死をちゃんと受け入れるために。

・・・・・・きっと、今ごろは
目も見えるようになって
若いころのように、元気な体になって
大好きなおやつも食べて
走り回ってるよね!!

7月20日水曜日・永眠 A

August 17 [Wed], 2016, 13:00
【ケンタは強くてカッコイイ子でした。
いつまでも、そのイメージを持っててほしいので
息絶えた姿の写真の顔部分は載せてないです。】


ケンタが息を引き取ってから
まず旦那に電話。
電話口で二人でそりゃー泣きました。
思えば、旦那と同棲したと
ほぼ同時にケンタを
お迎えしたよね。。。


そして、病院へ電話。
カテーテルを早くとって
キレイな身体にしてあげたい‥

先生からも、
「本当によく頑張った。
12月に腎不全になり、何回も復活して
戦い抜いて力尽きた、という感じでしょう。
意識も朦朧としていたので
痛みは少なかったと思います。
…お疲れ様でした。」
と。

午後4時、子供達と一緒に病院へ。

キレイになったケンタは
病院の棺に入れられ、おやつ、花束も
添えられてました。

この日も暑かったので
冷房ガンガンかけて、アイスノン置いても、
明日火葬することを勧められました。

ケンタだけを受け入れるかのように
いつも混んでるのに、なぜかその時だけ
患者さん一人しかいなかった。

先生は私の車が見えなくなるまで
お辞儀し見送ってくださいました。

帰宅し、やっと抱っこできる。
ヘルニアになって、一年以上仰向けになれなくなって
つらかったね。

やっとやっと、ケンタの大好きな仰向けしての
赤ちゃん抱っこが出来たね。
ママもこの抱っこが大好きだったよ!

火葬のことは、まったく調べていませんでした。
健康な時なら、ともかく・・
死んだあとのことを考えるなんて
縁起が悪いし、ケンタに悪くて。。。
(でも、今思えば、亡くなってから火葬するまで
限られた短い時間しかありません。
PCやスマホで探してる時間があるなら、
亡骸を抱いて、顔を見ていたいですよね。
前もって探しておくほうがよいと思います。)

なので、病院から頂いた数枚のパンフの中から
宝塚動物霊園を選びました。


最後の夜。
冷房19度にして、アイスノンも置いて
私は冬物のお布団&パジャマで。
棺から出して添い寝しました。


明日にはもうこの身体を抱っこすることもできない。
このフワフワな毛に顔を埋めることもできない。
可愛い肉球を触ることもできない。

ずっとずっと、今が続けばいいのにって思いました。
明日火葬するなんてイヤと。
でも、可愛いケンタ。カッコイイケンタ。
この綺麗な身体のまま旅立たせてあげるのも
愛情ですよね。

棺には
家族の写真。私・ソウタ・リコからの手紙。おやつ。おもちゃ。
と折り鶴、352羽。

12月に腎不全になってから暇をみつけては
子供たちと折ってました。
千羽折れなかったね。
千羽折れてたら、もう少し一緒に居られてたかな?
ごめんね。

ケンタには、この洋服を引っ張り出して。。

Iラブmamaなんて洋服着せないでよー。
マザコンだと思われて天国でモテなくなっちゃうでしょ!
とでも言ってるかな?

いいの。ケンタは私だけのもの。
あの世でも誰にも渡さないよん!

7月20日水曜日・永眠

August 16 [Tue], 2016, 14:00
7/20

夜中2時間おきくらいに、寝返りさせる。

朝4時・・・口から茶色い唾液が出始める。

目ヤニも拭いても拭いても出る。

朝6時・・・圧迫排尿させようと左手で胸を抱き
右手で膀胱圧迫。

私の左手には、か弱いながらも「トクットクッ」と
心臓の鼓動が伝わっていた。

その「トクッ」が急にゆっくりになり
止まりました。

「ケンタ!ケンタ!」
寝ていた子供が起きるほど、叫びました。


5秒後・・・
止まった心臓がまた動き始めました。

(このときのケンタの気持ちを代弁すると・・・

  「やばいな。ママがいるときに逝っちゃうと
   ママ、耐えられないかも」

とでも思っていたのかな?)

このとき、私は死を覚悟しました。
ケンタの死を受け入れる覚悟しました。
そして、もうこれ以上苦しむことなく逝かせてください。
と神様にお願いしました。

この日で小学校は修了式。幼稚園は22日が修了式。

言い方変えれば、日中ケンタと二人っきりになれる
最後の日。

だから、この日を選んでくれたの?ありがとうね。
何回復活してくれるの?ありがとうね。

幼稚園のお迎え時間まで、家事なんてせず
ずっと、話してたよね。

私のエゴで、「絶対ケンタを死なせない!」って気持ちは
ケンタにつらい治療させてしまった。ごめんね。
薬ばかり飲ませて、ごめんね。
そして、絶対絶対に生まれ変わったときは
また私のところに来てねって。

気がつくと11時40分。
幼稚園のお迎え時間。

まだ神経症状は起きていない。
ケンタの「ハッハッ」とういう息使いを確認し
車を飛ばす。



12時15分帰宅。

真っ先にケンタ確認しました。
え・・お腹が上下に動いてない?
慌てて抱っこすると

「フゥッ・・・」と息を吐きました。


一瞬ホッとするも……
もう一回息を吸うことはありませんでした。
心臓も止まったまま。

12時15分 永眠。


無意識で私はケンタの鼻をくわえて
人工呼吸した。
(今思えば、生き返らせて
これ以上苦しい思いさせようとした自分がいやです。
でも、ほんと無意識でしてしまいました。ごめんね。)

次は心臓マッサージ・・・できなかった。
ここで我に返りました。
このガリガリの骨と皮だけの
ケンタの胸を目の当たりにして。

十分頑張った。
苦しみから逃れて、眠って欲しいって。

この間数分です。
気がふれる・・とはこのことなのか?
狂ったように、泣き叫んで
「ケンタのばか」「なんで死んじゃうの」とか
色々叫んでたようです。
後にリコが言ってました・・
リコも狂ってる私のそばでワンワン泣いてました。



ねぇケンタ。
帰宅するのを待っててくれたの?
最後の最後、抱っこされるのを待って
逝ったの?
やっぱり最後はママの腕の中で・・って思ってくれたの?
そう思っていい?
それなら、すごく嬉しいよ。


亡くなる数時間前。


生前最後の写真。
10時45分(亡くなる1時間半前)
なぜか、ことみが寄り添う。
何かを察知していたのかな?


覚悟はしてましたが、やっぱり突然でした。
神経症状がでてなかったので
「今日」ではないと思ってました。
ギリギリまでの、皮下輸液とカテーテルでの水分補給で
毒素が中和されて神経症状が
起こらなかったとすれば
苦しみを軽減できて
輸液・カテーテルをしてよかったと思えます。

7月19日火曜日・亡くなる前日

August 15 [Mon], 2016, 13:00
ケンタの記録です。

7/19

明らかに弱ってきてました。
「ケンタ」と耳元で呼ぶと
全身でびくっと驚くようになる。
尿毒症の神経障害がきたのか?
耳の神経が過敏になってるのか?
可哀想なので小声で囁きながら
撫でる。
撫でると瞬きをするので、
「あぁ、生きてる。まだ生きててくれてる。」と
安堵する。


4時間おきの栄養補給と
3時間おきにぬるま湯を20CC
ゆっくりとカテーテルで挿入。

ロイヤルカナンの高栄養パウダーでした。

7/19 AM9時 
この時はまだ昏睡状態ではなく、
目を開けて横たわってました。



午後になると、
呼吸がすごく辛そうで、口呼吸になる。
息を吸い込む・・・が、
吐くときは、もう胸の圧力だけで吐いてる。
「ふ〜っ」ではなく、「ふっ」と。

舌が出っぱなしになる。
シリンジで水を舌に垂らしても
反応ナシ。


尿毒症状態?。
息がとても臭う。
ケンタのそばを通るだけで、アンモニア臭が鼻につく。

目ヤニが止まらなくなる。白いゼリー状。

嘔吐止めを打ってないのに7/15以来嘔吐なし。

おしっこは垂れ流し状態。

下半身完全麻痺。

7/17・21時にドロドロ下痢少量した以来、
便がでていない。
夕方、圧迫排尿&排便のyoutubeを見ながら
試みる・・・

成功!
枝豆5個分でました!
私って介護の素質ある?!

がりがりのケンタのお腹を揉みながら
肛門へ便を導くのは
骨が折れないかと怖かったけど、
毒素がどんどんたまってしまうほうが怖い。

おしっこも、垂れ流してるけど
古い尿が膀胱に溜まってくと危険なので
圧迫すると・・・チーーーッと大量。

私は一緒にいられる時間が残り少ないことを
察知していたけれど。
でも認めたくなくて・・・

尿毒症末期、脳に毒素が回って
痙攣・震え・奇声などの神経症状がでたら
もうもたない、と言われてました。
まだ、そこまで陥ってない。
希望はある!(と思いたかった)

「明日午後イチで病院行って
圧迫排便&排尿を正しく教えてもらおう。
あと、目薬ももらおう。」と決めました。

まだ幼稚園・学校があったので朝イチは無理でした。

あれから3週間

August 14 [Sun], 2016, 13:15
もう3週間なのか・・
まだ3週間なのか・・

楽しかった思い出のほうが断然多いはずなのに
最後の苦しい数日間のケンタしか
思い出せません。

それでも、

ケンタがいなくても、朝起きて食事し家事をして仕事に行ってる。

ケンタがいなくても、くるみことみも変わらずご飯を食べている。

ケンタがいなくても、子供たちは元気に遊んでる。

ケンタがいなくても、ママ友と笑顔で話せる自分がいる。

普通に時間が過ぎていく。


でも、ケンタがいないから、家の中がガランとして見えます。
TVの音も、子供の騒ぎ声も、どこか遥か遠くから聞こえてくるような。

ぽっかりと心に穴が開いてあいてしまった感じです。
うまく表現できないけど、喪失感。空虚感。なのか・・
世の中が白黒TVになった感じです。

夏休みの旅行?
ケンタがいないのに??
ケンタが死ぬのを待ってたみたいに?旅行?
ケンタがいない旅行なんて楽しくない。
(なのでお盆はくるみことみと私で、のーんびりしてます。)



なんで死んじゃったの?

一日のうち、何回も言ってしまう言葉です。
あんなに頑張ったケンタに申し訳ないけど、言ってしまう。

それでも、徐々に、ケンタのいない生活に慣れていってしまうのかな?

いつの日か、何年後か、何十年後か
私が死んで、虹の橋で再会したときは

「ケンタがいなくて、死ぬほどつらくて、寂しかったけど
それでも生きたよ!自殺とかしないでちゃんと生き抜いたよ!」

って言ってやるのだ!
褒めてよね!ケンタ。

そして、看病で構ってあげられなかった
くるみ、ことみ、子供達、には
もっともっと愛情を注いであげよう。
今はくるみを失うのがこわいです。だってもう13歳。
どうか、まだまだ、ずっと一緒に過ごせますように。。。


「カメラ目線」の最後の写真。
2016.7/6(亡くなる2週間前)

こんな老犬、いません!!かわいすぎる!

ケンタありがとう

July 20 [Wed], 2016, 14:18
ケンタ、今日亡くなりました。

本当によく頑張ってくれました。

私の誇りです。

大好きだよ、ケンタ。ずっと、愛してる。

BUN201…

July 19 [Tue], 2016, 9:56
昨日の血液検査で過去最高
BUN 201

意識朦朧してます。

昨年12月最悪時でも192

下半身も一昨日午後から、突然麻痺しました。
だらん、と。
一昨日の朝は立ち上がることは出来なくても
私が立たせてあげれば、踏ん張れたのに。
ヘルニアの悪化です。

カテーテルで流動食流してるときは、立て抱っこです。
終わったあとも、5分は
立て抱っこ。
嘔吐しないように。
これがいけなかったのかな?
ごめんね。ごめんね。

もがいて、立とうとしたりしてる。
腎不全でしんどいのに。

「たとえ、あと1日しかもたないとしても
最後に歩かせてあげたい」
…と訴えました。
効くか分からないけど、ステロイドを打ってもらいました。
この注射一本で寿命が縮まることはないと言われたので。

できることは、
皮下輸液と経鼻カテーテルで水分補給。

入院は先生からも勧めないし
私もいやです。
もう一分一秒離れたくない。

経鼻カテーテル、大噴射

July 16 [Sat], 2016, 22:08
朝一番で担当の先生にお願いしました。
平常心だったはずなのに
私ったら、感情的になってしまい、

このままじゃ死んじゃう(涙ポロポロ)

と、訴えてました。
朝一から重い飼い主でスミマセン。

チューブ装着後、パウダー流し
経過をみたいというので
一旦家に帰り、午後一番で迎え行きました!


ほんと、ケンタのいない家はさみしくて…
家事をやってしまえばいいのに
ネットで老犬のことや下痢のこと
色々検索してしまったり
次ページ、次ページには、きっと良い情報があるんじゃないかって。

たった数時間なのに
♪会いたくて会いたくて震える♪西野カナ

ってことないと思ったら、あるんだ。
ケンタに会いたくて心配で
病院に床擦れしないようにタオル敷いて下さい
と連絡までしてしまった。


で、
ケンタはすんなりとチューブ挿入でき、
診察中も流し方や支え方を実践で
教えてもらいました。

眉間にシワがよってる風で怖い顔だけど‥
チューブを皮膚に縫う方法ではなく
接着剤でとめてもらいました。



で、さっき自分でやってみたのですが、
大失敗!
鼻先でチューブが折れ曲がってしまい
シリンジ先が外れて
3メートル大噴射。
少しカーブをゆるやかにするために
引っ張ってしてみたら、なんとか入りました。


最長で二週間入れっぱなしできるそうです。
衛生面でも気になるので、体重の増え具合で
一旦はずしてもらおうか考え中です。

とにかく、とにかく、嘔吐しないことだけを
祈ります!

一回の量は20〜30mlが限度。
1日200mlしたいので…
3時間おき、くらいです。
挿入後、30分は嘔吐しないか確認してないと駄目なので、
早朝4時から起きます!がんばる!
っていうか、朝からケンタ起こしてごめんね。
でも頑張ろうね!
2キロ超えたら、お散歩行こうね。
もっともっと、一緒にいようね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mami-chi
読者になる
まみち〜B型大好き チワワのケンタ15歳くるみ13歳ことみ8歳 2009年4月颯太出産2010年9月莉子出産現在兵庫県に生息中
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
P R
月別アーカイブ