保健師求人で知ったこと

February 03 [Fri], 2012, 14:17
私は2歳児の母です。

うちの子供、他の子に比べて言葉の発達が遅れている気がするんです。
一応単語はいくつか言えますが、まだ文章にならないというか、何を言っているかわからないことが多いのです。

本人も一生懸命話そうと頑張っているのですが、なかなか通じないため、癇癪を起こすこともしばしば。

私も疲れるし、正直このままで大丈夫なのかと不安になってきました。

そこで区の健康保健課に電話をして話しを聞いてもらいました。
保健師さんが話を聞いてくれたのですが、心配なら一度保健課にいらしてくださいと言われ予約をすることに。

後日保健師さんに直接話を聞いてもらい、その後簡単なテストを子供にしてもらいました。

カードを見せて、これは何?と聞いたり、絵本を読みながら、いろんな質問をしてくれました。

答えられないこともありましたが、私が想像していた以上に受け答えができていて、正直驚きました。

保健師さんから、言葉は人それぞれなので、お母さんが焦らないであげて下さい。
特に問題は無さそうですので、今は様子をみましょうと言われました。

また言葉を引き出す方法をいくつかアドバイスしてもらえて、大変参考になりました。

プロの方だけあって、さすがだなぁと感心し、また、プロの方から焦らず様子を見てあげて下さいっと言われて、少し安心できました。

保健師さんって凄いなぁ〜と思い、家に帰ってから保健師さんについて調べてみました。

すると保健師さんって国家資格なんですね。
沢山お勉強された方だから、あんな風に適格なアドバイスができるんですね。さすがです。

そして 保健師 求人 を見てみると、いろいろな所で活躍されているということを知りました。

学校、企業、保健所などでいろいろな相談やアドバイスをしている仕事なんですね。

また 保健師 求人 には倍率が高い職種だということも書かれていました。

やはりどんな時代でも国家資格が必要な職種は安定しているので人気なんですね。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まめちゃん
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mamemame789/index1_0.rdf