サーマスラブが設置されました 

March 31 [Sat], 2012, 10:05


3月29日にサーマスラブが施工されました。

これが施工されたサーマスラブです。


サーマスラブとは土壌蓄熱式床暖房のことです。

深夜電力を使って基礎下の土を暖め、その輻射熱で部屋全体を暖めると言うものです。

サーマスラブについては不安に思うところが多々あります。

土を暖めるということはシロアリの対策をしっかりしておかなきゃいけないよね?とか

深夜電力を使ってパネルを暖めるのですが、深夜電力はこれから先も安いのか?

機器利用割引というのもこれから先も続くのか?とか。

基礎の下に埋めるので、断線などのトラブルがあった場合は修理ができません。

1坪10万のこのシステムが数年で壊れてしまったら悲しすぎるーーー

実際、パネルの施工を見てきましたが、とても単純な構造なので長持ちしそうだと思いました。

私はとても寒がりなので、サーマスラブで過ごす冬がとても楽しみです。

サーマスラブに対して不安もたくさんありますが、期待も大きいです。

基礎工事始まってます 

March 24 [Sat], 2012, 0:45
3月23日から基礎工事が始まっています。



今日は生憎の雨でしたが現場に行ってきました。

私が現場に行くと必ず雨。

雨は降って無くても曇りとか・・・。

いつもどんよりしているイメージのある現場です。

ここにこれから死ぬまで住むことになるのかと思うとちょっと心配です。

よく晴れた日に行って確認しなくては。


親からもらえる土地なので贅沢をいったらバチがあたるけど、もうちょっと良いところに建てたかったな・・・。


順調に工事が進むと、上棟は4月の半ばになります。

上棟までに、部屋の仕様をすべて決めないといけません。


そろそろ、壁紙やコンセントの位置を確認しておかなくては!!

旦那と相談をするも、家に興味が無いため


『オレに聞かれても・・・』


的なことを言われ終了。


コンセントはここにつけておくと便利って所あったら教えてください。


はぁーーーーーーーーープレッシャー

地鎮祭終わってます 

March 22 [Thu], 2012, 23:49
前回、分家申請が終わったと言うところでストップしていますが、3月10日に地鎮祭が終わりました。

あいにくの天気でしたが、いい思い出になりました。

雨降って地固まるってことで雨もいいよね!とお決まりのせりふをお母さんが言ってたけど、やっぱり天気がいいほうがいいなーーーーーー


地鎮祭をしたあたりからどんどんプレッシャーを感じています。


どんなプレッシャーかと言うと、4月の半ばまでに部屋の仕様をすべて決めないといけないからです。


先週末にB社に行って建具などを決めてきたのだけど、旦那は仕事が忙しくて休めず、私一人で決めるというね・・・なんていうのかなープレッシャーです。


外壁や外壁の色、屋根の色、サッシの色、フローリングの色、建具の種類と色などなどを決めたのだけど、決めることが多すぎてもう最後のほうはもう白でいいです。建具は全部同じでいいです。

ってすごい適当になってしまった・・・


今、どんな建具でどんな色にしたか答えろって言われたらまったく答えられません・・・


こんなに適当じゃまずいよね・・・


とりあえず、今週末ショールームに行って確認してこようかと思います。


旦那仕事休みかなーー???


このまま、私一人で全部決めちゃったら、旦那は家に愛着も出ることもなくローンを払うことになってしまいそうだし、私自身も、自分で決めているというプレッシャーに耐えられそうもありません。


なんでいろいろ決めなくちゃいけない時に旦那仕事いそがしいのかなーーーーーーー





予定通りならば今日から基礎工事開始の予定です。


子どものプールがあったから基礎工事の様子を見てこれなかったけど、明日は行って様子をみようと思います。


そうそう、悩んでいたサーマスラブですが、導入をすることにしました。


サーマスラブにすることによって、あの煩わしい灯油を給油する作業がなくなるといいのだけど・・・サーマスラブだけで200万オーバーの高価な暖房器具になるので活躍してもらわないと困っちゃうよ!


しかし、地中に埋めてしまう電化製品に200万か・・・30年は壊れずにいて欲しいものです。



本当に200万かけてよいものだったのかな・・・決めちゃったのにまだ悩んでいるというアホです。


地盤は杭を打つこともなく済んだので地盤改良のお金がまるまる浮いた♪


積水ハウスや大和ハウスだと、地盤改良だけで150万の見積もりだったから地盤改良で浮いたお金をサーマスラブにあてたと考えると安いかな?



とりあえず、ステキな家になるように建具などもう一度考えてみようと思います!


がんばらねばっ!!

やっと 

March 01 [Thu], 2012, 23:02
先週、分家申請がおわりました。

やったー!!

去年から続いた申請、書類の提出やら、父親に確認することなどのストレスから開放されるー!


と思ったのだけど、父親からのストレスは家を立てるまで続きそうです・・・はぁ。。。



分家申請が終わったので、これから建築確認申請です。


間取は決まっているので、今週の月曜日に申請をしてくれたそうです。


建築確認申請は半月ほどでおわるそうなので、終わったらすぐ建築に取り掛かれるように柿木の撤去作業をお願いしました。


柿木の撤去作業を日曜日にするということなので、さっそく近隣挨拶に行ってきました。


家を建てるところは実家から少し離れたところなので、近くに誰が住んでいるかまったく分からず・・・


ドキドキでしたが、とても良い人たちばかりだったので一安心です。


何年も夢のように思い描いていたマイホーム建築が実現しようとしています。


うれしいやら怖いやら複雑な気持ちです。

見積もりでました 

February 07 [Tue], 2012, 0:14
前回の記事でスケルトン階段のことを書きましたが、とうとう見積もりでてきました。


なんとっ!!120万っ!!!!!


標準との差額が120万ってことなので、本体価格がいくらかわからないけど、やっぱり100万超えでした。


なんだかんだで、かなりの予算オーバー。。。


スケルトン階段はあきらめようかな・・・


それよりサーマスラブをあきらめようかな・・・・


サーマスラブを止めると200万の削減。


B社のモデルルームでサーマスラブを体験し、サーマスラブの良さを知ってしまったので絶対導入するって決めたけど、やっぱり高いな。。。


サーマスラブは基礎の下の土壌にスラブを敷くのでもし壊れた場合修理が出来ません。


サーマスラブ自体、とても単純な構造でなかなか壊れるものじゃないと説明されたけど、修理が出来ないものに200万は払えないよな・・・


しかも、土壌を暖めるということはシロアリ寄ってこないかい?という不安も。


土の温度が高くなるとシロアリが住める環境ではなくなるから大丈夫と言われたけれど、いまいちぴんとこない。


でも、あったかかったな・・・家中どこにいても暖かいなんて最高だよね。


でも高気密高断熱を売りにしている会社で家を建ててもらうのだからサーマスラブなんて必要ないかな?



とにかく寒いのが苦手なのですごく悩む。








間取り2 

January 04 [Wed], 2012, 1:17
だいたいの間取が決まってからも、間取の研究は続けていました。

どこにテレビを置く、階段の下は収納を作る。

など、頭の中で想像したり、時にはマイホームデザイナーで同じ間取を作ってみてみたり。

そうすると、間取の問題点が見えてきました。

リビングの角に階段をつけて階段を見せるように吹き抜けにした間取りを考えていて、リビングには大きめの吐き出し窓、リビングに和室、ダイニングがくっついているので、壁がとても少ない間取になってしまっていました。

だから階段の壁にテレビを置くしかなくなってしまっていたのです。

階段はできればスケルトン階段がいいなーと思っていたのですが、スケルトン階段にしてしまうとテレビはどこに置けばいいの??ってなってしまうのです。


今の階段でスケルトンにした場合、テレビが階段下に入らないことが判明しました・・・


どうしよう・・・と悩んでいると、住友林業でもらった実例集でそれを解消できるリビング階段を見つけました。

もうこれしかないっ!吹き抜けにテレビを置くのは音の問題もあるけど、かっこいい!これだっ!!!!


と言うことで、さっそくB社に相談すると、この階段は扱っていないから使うのが難しいかも知れません。


と返答が・・・


とりあえず、階段はこれしか考えられない!と思っていたので取り扱いのメーカーを教えて見積もりを取ってもらうことにしました。



それがこのスケルトン階段です。

この値段が高いこと高いこと。

見積もりはまだですが、100万超え確実でっす。


階段に100万って。。。。


注文住宅って恐ろしい。


どうなることやら・・・

大変な分家申請 

January 04 [Wed], 2012, 0:59
分家申請は間取が大体決まったあたりの9月半ばから始まりました。

分家申請の前段階で書類が必要なのでそろえてくれと言われて、法務局やら区役所やら市役所やらに何度も通うことになりました。

分家申請の前段階っていったいなんなのっ?分家申請をするにあたって、事前に相談&調査が必要とのことで、その調査をするのに必要な書類を集めて欲しいってことなのだけど、その書類の多いこと、そしてその書類の難解なこと。

聞いたことも無いような単語が出てきてさっぱり分からない。

役所で聞きまくっても分からないこともあったりで、とても疲れました。

月曜日にB社から連絡があり、火曜日に役所まわり、木曜日に書類を提出。

提出してから数日してまた必要書類の連絡があり、翌日役所まわり、書類を提出を何度も繰り返しました。

分家申請の書類には、家系図なんかもあってこんなの本当に必要なの??って思うものも。

そして、市街化調整区域外に土地なんか持ってた日にはその土地についていろいろ聞かれたり、その土地についての書類をたんまり用意させられたり・・・もう嫌がらせですか?ってくらい。

そして、なんだかんだでやっと去年の暮れに申請書類をすべて出し終わって、農政委員会の審査待ちまでこぎつけることが出来ました。

この審査が2ヶ月かかって、審査が出た後に分家申請も降りるのであと2ヶ月は家を建てられません。

そして、分家申請が降りた後、家をすぐに建てられるわけではなく、確認申請をしないと家が建ちません。

なので、どんなに早くても家の完成は6月末ごろとなるそうです。。。


長女の入園には間に合わず、毎朝車で30分の距離を運転して幼稚園に通わせることになりました・・・


はぁ・・・・もうちょっと融通きかないのかい?って思ってしまいます。

大慌てのフラット35s 

January 04 [Wed], 2012, 0:50
私達が間取りを決めていると、B社の社長が来て

『ローンはどちらでするつもりですか?』と聞かれました。

私達はどこでローンを組むかまでは考えていなかったので、決めてませんと答えると、フラット35がお勧めですが、今月末で締め切りなんですよね・・・

だから今週中に書類を書いて、必要書類をそろえて手続きしちゃいましょう!!と言うことになり、大慌てで書類を書いて、市役所に必要書類を取りにいき、なんとか申請に間に合うことが出来ました。


もーーーーー子ども二人かかえて市役所とか法務局とか大変。

1人はよちよち歩きの1歳児、反抗期まっさかりの3歳児を連れて書類を書くことがどんなに大変か・・・

書類を書いていると、1歳児はどこかに消えてるし、3歳児は早く帰ろうとダダをこねるし・・・

3歳児の声がしなくなったなーと思うと1歳児とハイハイをして遊んで手や足、服なんか真っ黒にしてるしね。

これは1人では無理!と思って旦那に応援を頼んでも、旦那は仕事が忙しく手伝ってもらえず・・・


大変な思いをしたおかげか、ローン審査も無事に終わりってホッと一安心。

間取り 

January 04 [Wed], 2012, 0:32
ハウスメーカーを決めたのが去年の8月。

まず、間取の打ち合わせから入りました。

自分の希望の間取を設計士さんに伝えて、1週間後に間取が出来上がってくるという感じで進んでいきました。


私達が希望した間取は


1.玄関にウォークスルーのシューズクロークが欲しい。

2.トイレの扉は玄関から見えないこと、リビングの壁から離して設置すること。

3.リビング階段と吹き抜け

4.脱衣所にはバスタオル、パジャマ、下着などを置ける大型収納があること。

5.1階で生活が完結する間取であること。(お風呂や洗面所、キッチン、リビングは1階)

6.1階に大き目のファミリークロークを作ること。

7.1階にリビングと続きで和室があること。


の7点でした。

そして出てきた間取は・・・


大手ハウスメーカーで出てきた間取とほとんど一緒!!

もしかしたら、遊び心のあるおしゃれな間取が出てくるかなって期待していたのです。

やっぱり私達の希望の間取だとこうなっちゃうのかな・・・って思ったので、だったら自分達で希望の間取を書いてみようと思いました。

そして、マイホームデザイナーを買って毎日よる遅くまで間取の作成をしたのです。

間取りを作るのって本当に難しくて、階段の位置を決めると2階の間取も決まってきてしまうので変な位置に持っていけないし、すごく悩みました。

1階にシューズクローク、ファミリークローク、お風呂、洗面所、和室、リビング、ダイニング、キッチンと盛りだくさんなので、1階がどうしても大きくなってしまい、2階が小さくなってしまうのも大変なところでした。

1ヶ月半かけてやっと理想の間取みたいなものが見えてきて、間取を決めることが出来ました。

間取を決めるのがこんなに大変なんて・・・

これからドアやらお風呂、クロスなど決めなきゃいけないことだらけでもっと大変なんだろうな・・・センスない私にできるか不安・・・。

B社に決めるまで 

January 03 [Tue], 2012, 23:52
高気密、高断熱の家を建ててくれるところを探していた私に旦那が『神奈川の注文住宅』という雑誌を買って帰ってきてくれました。

旦那は家を建てるからにはアフターメンテナンスをしっかりしてくれるところや家を建ててからも潰れない会社がいいと言っていたので、必然的に大手ハウスメーカーしかないのかな?と思っていたのだけど、ちゃんとしたところを選べば、工務店でもいいじゃないか!とお互いの意見が一致しました。

そして、その雑誌に私の目を引く会社がありました。

それがB社です。


へーベルハウスのへーベルウォールがいいと思っていたのと、現場吹き付け発泡の断熱材を使っているこの2点でもうここしかない!と思いました。

しかもホームページにはこと細かに工法が書いてあり、どの説明も納得がいくものでした。

そして、屋根の断熱をしっかりしているというのもポイントが高かった。


ハウスメーカーを回っているとき、屋根裏部屋の暑さがとても気になっていました。

せっかくお金をだして屋根裏部屋を作るのに、こんなに暑いんじゃ使えないじゃん・・・って思ったのです。


ほとんどのハウスメーカーは屋根断熱ではなく、天井断熱なのです。

天井断熱ということは、屋根と天井の間に暖かい空気がたまってしまうので2階ってものすごく暑いよねってことになってしまうのです。

だから屋根でしっかり断熱をして暖かい空気が入ってこないようにすることがとても重要なのです。

冬の寒さも辛いけれど、近年の夏の暑さったら異常です。

冬も夏も快適に過ごせる家というのがB社なら出来る!と思いました。


そして雑誌を買ったその翌週、B社で話を聞くことにしました。


B社に行って、ますますB社で家を建てたいという思いが強くなり、私の親にハウスメーカーは地元の工務店B社にすると言いました。


そしたら私の父親がもーーーーー大変。


大手ハウスメーカーにしろっ!!!と怒り始めてしまったのです。

私としては、たくさん勉強していろいろ考えた結果、B社しかない!と思っていたので頭が真っ白になってしまいました。

母親からも、父親の言うこと聞かないなんて親不孝な娘!お父さんのメンツも考えなさい!!と言われてしまいとても悩みました。


親のメンツって・・・一生の大きな買い物は親のメンツでするものなの?

納得いかない家作りをしてローンを払うのは私達、それって幸せかな?親のせいでー!!って思ったりしないかな?


ばかり考えていました。


でも、母親の『お父さんが、大手ハウスメーカーで建てろっていうんだから1千万くらいぽーんっと出してくれるわよ!だからしのごの言わずに大手にしなさいっ!』と言われて、1千万だしてくれるならいいか・・・と大手ハウスメーカーで見積もりを出してもらうことになったのです。


高気密高断熱はこの際あきらめよう!


とまで決心して、見積もりを出してもらったらまーびっくり。


建坪39坪で外溝工事も込みで4000万越えの見積もりが出てきました。

これにはびっくり。

親に1千万出してもらったとしても3千万超えてるー

家だけで3千万を超えた見積もりでびっくり。


土地は貰えるから、2400万くらいで家を建てられたらいいなーって思っていたのだけど、やっぱりハウスメーカーおそろしい・・・

自分達の希望する間取だと予算を軽くオーバーしてしまうことになってしまったので、予算以内だとどんな家になるのかをメーカーに出してもらったら建坪30坪で提案をされました。

夢も何にも無い普通の家なのに3000万の見積もり・・・もう打ち合わせしているのも苦痛でした。

しかも、ぽーんとお金を出してくれるはずだった親も、入るはずのお金が入らなくなったからお金は出せないと言われ、じゃーもう、大手じゃなくていいじゃん!

自分達でローンを払うんだから好きな家を建てたい!好きにさせて欲しい!!とお願いしてやっとB社で建ててもいいと言うことになりました。


ここまで1年かかってようやく親を納得させることができました。


早く親が納得してくれたら分家申請をもっと早く始められたのにな・・・という気持ちはあるけれど、このステップを踏んでおいてよかったなと思います。

父親はまだ納得していない部分があるみたいだけど、親と喧嘩をしたまま家作りなんてしたくないし、絶対に成功しないと思います。


長い間、勉強してここって決めたハウスメーカーで家を建てられることになって本当によかった。
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mamekoro56
読者になる
Yapme!一覧
読者になる