「セレモアつくば」でも取り扱ってるのに驚いた 

2005年10月07日(金) 15時56分
 宇宙葬


人類はこれまで死後の世界を解き明かすべく様々な宇宙観を模索し続け、お蔭様で密教から顕教まで世界に何万という宗教が存在しております。
今日もどこかのクサクサした所で説法が行われていることでしょう。
アレは邪教、これこそ真理。なんて言うけど本当に正しい宇宙観は存在するのだろうか。
我々は死後、いったい何処へ行くのだろうか。

まぁグダグダ悩んでも仕方ありません。それもロケットでふっ飛ばしましょう。
ついに科学万能の現代において、人類は物理的に宇宙へ散骨する時代を迎えたのです。

宇宙観の解明と実際に宇宙に飛ばすことは全く違う訳ですが、ともあれそんな素敵な企画供養が存在するようです。

http://www.uchusou.com/


1997年の第1回打ち上げは成功。
翌年も引き続き2001年までに4回の打ち上げ。
しかし、4回目の打ち上げロケットは大気圏外に達したものの、地球周回軌道に乗れず断念。
戻ってきたのか、爆発したのかは謎。

そして4年のブランクを空け、今年10月に再度打ち上げにチャレンジだとか。

爆発してもなお貴重な体験だろう。
むしろ俺が遺骨なら爆発しちゃった方がちょっと面白い。
打ち上げ成功、地球周回の末、当ても無い宇宙の彼方に飛んで「星になったね」などと言われるのも悪くは無い。
しかし、大気圏で爆発して地球全体にバラまかれるのも一興だ。

宇宙旅行か世界放浪か。
どちらにしろ、生前願ってもなかなか出来ないことである。

ビチョビチョ 

2005年10月06日(木) 17時45分
雨漏りの日

今住んでいる家で初めて雨漏りした。

母はナッツを口に運ぶ手が止まり、父は頓珍漢な方にタライを運んで露が薄毛に容赦無く直撃。
私は何気なくフィッシュマンズを流した。

これがまぁ合うことこの上ない。


 ♪意味なんか無いね〜意味なんか無い 
  いまにも僕は〜 
  泣きそぅ〜だよ〜


なんでしょう、あの抜け出せない不幸を楽しむ足音のようなリズム。
ヒタヒタと、それでいて軽快。

そこに雨漏りが叩くウツなパーカッションが交わり、フィッシュマンズは時代を超えて我が家の不幸と一体となったのだ。

雑巾掛けすら楽しくなるというものだ。
いいじゃないか。

山・滝・岩・もしくは自然と同化した巨大建築物 

2005年09月29日(木) 15時48分
イサムノグチ展

美術館で作品を見る時、常に一つのコンプレックスが付きまとう。
「芸術を理解している人の視点だったらどう見えるのか」
ということ。

得てして美術展は不親切。
その作品がどういう意味でどういうものかを一個一個説明したりはしない。「感じて!察して!」が基本スタンス。
まして抽象芸術に至っては「ほぇー」と情けない声を上げて終わることもしばしば。
あとから分厚い本で詳細を知っては「わかるかコンチクショウ!」と激昂し、高いのでそっと本を戻す。

作者とのレベルが近ければ近いほど、たった一つの作品から受ける情報量は精密かつ膨大。
しかし知識・経験・実践いずれも無しのつぶてなので、せめて時間をかけて素人目に気付くものを余す事無く拾おうとする。
よって足は棒となる。
だって、ねぇ、お代は千ナンボもしますし。
学生時代は良かった...

ともあれ、今回はそれがかなり成功した。
イサム・ノグチ展の見どころ「エナジー・ヴォイド」。

山に見える
滝に見える
海岸線に切り立った崖に見える
水が流れたっておかしくない
苔がむしたっておかしくない

人々が圧倒される自然物の要素を全て理解して抽象化したかの様に見えるその巨大な彫刻は、今日のために運ばれて来たに違いないが、何十年、何百年も昔からそこに在ったかのような錯覚を起こさせた。
是非生で見て頂きたい一品。

清澄白河から東京都現代美術館に至るまでの道に点在する
「帰んないで!もうすぐだから!」
と言わんばかりの案内板の数も微笑ましい見所。

確かに遠い。。

全く関係者ではないが 

2005年09月20日(火) 22時22分
フリペ祭り

たぶんこれに行ってきます。
http://www.fp-data.com/

平日のみ開催の明らかにマスコミ関係者の為の祭典。

全く関係者ではないがコミケ感覚で行ってきます。

ダンディ坂野じゃないよ 

2005年09月02日(金) 2時29分

Tanoshii “Tachikawa”


何が嬉しいってもうとにかく嬉しいったら嬉しいので鼻や右の口角から汁が出るのである。

最近買った本「たのしい中央線」(太田出版)

昨今、再燃焼を見せる“中央線文化”を取り上げる本は数知れず。東京人、散歩の達人、その他ムックなど様々。

そのほとんどは東京〜市ヶ谷の近代文化エリア、高円寺・中野のハードコアパンクエリア、西荻・吉祥寺のモッサリお洒落エリアが中心。
そして付け足しのように「あと国立と立川」が巻末に紹介される程度だった。

バカヤロウ!と。

こちとら立川がベースに人間出来てんだ!と。

荒涼と貧乏とのんびりと暴力と無節操とのんびりの街をもっと見て!凝視して!離さないでぇっ!!

と、わたくし心の底だけで唱えておりました。

素晴らしいよ、「たのしい中央線」。
だって巻頭記事がいきなり立川だもん。
サイバラとゲッツ板谷だもん。悶。

「アイデンティティの無いステキな街」
本当だよ。ステキだよ、おまえさんは。

そんな訳で皆さん、「たのしい中央線」を読んで週末は立川で特に何をするでもなく無駄に過ごして下さい。

チャイナと盆で頭がもっさり 

2005年08月18日(木) 5時07分
お盆盆

昨日、一昨日と渋谷に行って気付いた現象。

 きのうの渋谷→いつも通りかそれ以上の人だかり。
おとといの渋谷→お店がわかりやすいワってほど人が半減。

みんな16日に帰ってきて、残りの1日は休日として利用したようだ。

当たり前だがつくづく実感した。
やはり東京は全国から人が集まって出来た街なのだ。





後輩が中国に留学

なので送る会開催。久々に幹事。
「中国行くのに韓国料理かよっ!向こうで食えそうJAN!」
というM江氏の早速のツッコミに新鮮さと懐かしさ有り。
そういやそうだ、さすがツッコミのプロである。
ともあれ美味しけりゃいいのです。

ろくでなしブリーフ 

2005年08月14日(日) 0時15分
今日はやることがまるで無かった


そんな日は無性に海外青年協力隊に行きたくなるが、
あのポスターの笑顔が嫌だ。


さて、そんな折、
「マゾなヤツは得てしてそんな自分が大好きだ。」

と言われてしまったが、私が思うことは唯1つ。

当たり前だ。

じゃなけりゃそんな性分になりゃしない。

ああそうさ、自分が好きさ。
最近ヤプログに広告が入るようになったが、
何故か俺だけ「LaPommeのTバックをお探しなら楽天市場へ!」なんて広告さぁ。

でも何だか無性に悪くないぜっ!!!!!!!

Tバックで女が上がるのなら、やはりフンドシは再考察されてしかるべき。


さて、皆様の雑学を無駄に増やします。

讃岐、稲庭などは広く知られたうどんブランドですが、実は武蔵野もうどんの名産地です。

特に東村山は知る人ぞ知る有名どころ。

実際、高校生になって地元以外の地域にうどん屋が少ないので驚いたほどです。
ウチの裏もうどん屋です。

その歴史を紐解けば、元々東京中西部武蔵野台地は関東ローム層の堆積により水ハケが良過ぎるんですね。

すると米が育たないんですね。

でもって代わりに麦なんですね。

よってウドンが盛んなわけです。

てことはその中でも特に盛んな東村山が如何に米の育たない土地だったということがわかります。
年貢の時期には負のオーラが漂ったことでしょう。

ウドンを打つのは良いストレス解消だったのかもしれません。

以上、ヒマすぎて薀蓄でした。 

see you next Tバック。

総天然色 

2005年08月11日(木) 23時03分

超高度経済成長マッサカリの中国の膿

その報道されない一面。
http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/archives/2005-06.html

全くケミカルを恐れない御国柄なのか。
というより、単に誰も主体的に環境改善に乗り出さないのだろう。

国を自分と繋げて1つのものと見れるか否か。国が有って自分が有ると言う意識。
更に言えば国を「政府」という単位で捕らえるのではなく、自分が生まれ育った「土地」としての国の感覚。
日本が高度経済成長期の公害から立ち直れたのは、この感覚が強いからではないだろうか。日本のどこかで起きている問題が自分と無関係ではないと感じられることが大事だ。

中国においては、その広大さ故に国のどこかで起こる問題を、1つに繋がった自分の土地での出来事として捉える感覚が無いのかもしれない。
日本人がこれを見て「なんとかしろよチャイナぁぁ!」と思うように、中国人が中国を同じ様に見ていたら解決は無いだろう。
もっとも、この様な事態をマスコミが自由に報道することも出来ないのならば知る由も無いだろうが。

日本企業の中国進出は沿岸となる広州を中心に大手企業が工場の開発を進めている。
その近辺(特に人材の関係から内陸部)には当然その下請けとして中国の工場も出来るだろう。危険はこれからも増し続けるのだ。
日本企業の監視の目は果たして下請け中国企業にまで回るだろうか。





変なものも見つけた


マイケル in 1メガ前後
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=15250


ラオウのニコニコラジオ
1回目
2回目
3回目



今日はこの辺で。

左手にはタオル 

2005年08月09日(火) 2時02分

ドナドナ




チャリンコ的バイク、黄緑トモスが売られていきました。
ランクルの旧車に縄で縛られ運ばれていく。
最後までオシャレなやつだった。

落札者が「もうすぐ着きますから〜」と言ってから一時間。
ウエットティッシュ4袋使って最後のお手入れ。
炎天下に視界が青くなってよろめくまで気付かなかったよ、全然「もうすぐ」じゃねぇってことに。
そんぐらい、やはりコイツは可愛かった。
愛情表現出来てなかったけど。


去年ヤフオクで引き取って
ナンバー無いからペダル漕いで桜新町から駒沢まで行ったさ。
歩いて20分なのに40分かかったさ。
駅前にガッチリ繋いで、不安な気持ちで駅の階段降りるのです。

なつかしやなつかしや。

まだ馴染まぬ後輩を無理矢理載せて走ったさ。
246泣きながら(乾燥で)走ったさ。
あの子の家にも行ったさ。
何故か箱根にも行ったさ。
パンクしたのは俺の尻だ。

なつかしやなつかしや。

世田谷ナンバーが珍しかったのか、東村山でパクられたさ。
稲城大橋でパンクして死にそうになったさ。
勝手に府中本町のマンションに放置して電車で帰ったよ。
二輪廃棄場にも連れてかれたさ。
車に乗せたら倒れてガソリン漏れたさ。
乗るたび余計に金かかったりどっか壊れたりしてた気がするよ。

なつかしいや。


それにしてもあのアバターってヤツは嘘だね。

アバターによると落札者は「初めての九十九里で人生決めちゃいました的な論毛池池サーファー」風。
実際来たのは安田大サーカスだった。太い方。

何より俺のアバターも嘘だ。



沐浴を邪魔されたジョージハリスン。

アイテムにふんどし(orブリーフ)が無いのが残念。


生まれて初めて処方薬を使い切ったよ 

2005年08月07日(日) 4時08分

取調べる


「ほぼ間違いなく大腸菌性胃腸炎ですね。一応検便しときましょう。」

と医者から告げられ、ションボリしながら便を採取するべくWCへ。

と言っても来る前にしちゃったので相当量のコスモと時間を使い、ようやくお気持ち程度にアイツが出た。

これまでの僕らの関係と言ったら互い違いが常であり、
いつだって僕はドアの向こうを志し、アイツはこれから海に出る。
湿っぽいのは嫌いだよ。なんて言って互いの健闘を祈り、お別れのレバーを引くのさ。
旅先のバスで知り合ったバックパッカーの様に。

それが今日は俺がお前に用が有るというのだ。
「お前にテロリスト容疑がかかっている。」
なんて言えやしない。もとは同胞、気マズイ。

「流さないのか?」
と、アイツが言ったか言わぬか、俺はスプーンを差し込んだ。
突然のことにアイツは酷く抵抗し、なかなかすくえない。
てこずればてこずる程、救いの無い時間と距離は積み重なる。

採取しキャップを閉める時にはもう、お互い優しい顔など出来なかった。
歴然とした力関係、明確な上下関係。
他人にすら戻れない。
ただの人間とその排泄物。

もう情など通わない。
ただ「流す」ためだけにレバーは引かれた。

関わらないからこそ在りえた友情か。


医者は正しい。
僕もまた正しい。
そしてアイツも悪くはない。

すべて、病気が悪いのだ。



と思ったら四日後、検査結果「反応なし」。

我らの悲劇は空回り?
そして一体この六日間、僕の腸を苦しめたのは何?


2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
おことづけ
アイコン画像BlogPetの島倉千代子
» 「セレモアつくば」でも取り扱ってるのに驚いた (2007年08月05日)
アイコン画像島倉千代子
» ビチョビチョ (2007年07月28日)
アイコン画像BlogPetの島倉千代子
» 「セレモアつくば」でも取り扱ってるのに驚いた (2007年07月09日)
アイコン画像BlogPetの島倉千代子
» 「セレモアつくば」でも取り扱ってるのに驚いた (2007年07月02日)
アイコン画像BlogPetの島倉千代子
» 「セレモアつくば」でも取り扱ってるのに驚いた (2007年06月25日)
アイコン画像BlogPetの島倉千代子
» 「セレモアつくば」でも取り扱ってるのに驚いた (2007年06月18日)
アイコン画像BlogPetの島倉千代子
» 「セレモアつくば」でも取り扱ってるのに驚いた (2007年06月11日)
アイコン画像BlogPetの島倉千代子
» 「セレモアつくば」でも取り扱ってるのに驚いた (2007年06月04日)
アイコン画像BlogPetの島倉千代子
» 「セレモアつくば」でも取り扱ってるのに驚いた (2007年05月28日)
アイコン画像BlogPetの島倉千代子
» 「セレモアつくば」でも取り扱ってるのに驚いた (2007年05月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mamejiru
読者になる
Yapme!一覧
読者になる