白い部屋 

January 17 [Thu], 2008, 20:33
沈黙と静寂で包まれた、真っ白で清潔な四角い部屋。部屋の真ん中に、彼女は横たわっていた。
真っ黒な目は白い壁を映すが、本当は何も見ていない。
そこにあるのは、ただ深い、深い闇だけだった。
長い黒髪をひきずりながら重い体を起こすと、彼女はゆっくりと窓際に向かった。

薄いカーテンに手をかける。そっとカーテンを開けると、オレンジ色の暖かな光が部屋一杯に広がった。
目が眩んで瞳を閉じると同時に、彼女の目から一筋の涙が零れると、頬を伝い、灰色のカーペットに染みを作った。
――嗚呼、私の世界はこれで終わりなのだ。

ヴヴヴ。
鈍い携帯のバイヴ音で目が覚めた。部屋は先程とは違う静寂で自分を包み、闇が身体を包む。
「自分の部屋なのに、おちつかないね。」
ポツリと零した言葉に帰ってくる返事は、無い。いつも自分の隣に居た人を、とても遠く感じる。
彼女は小さく笑うと、首だけ動かして周りを見回した。
そうか、全部捨ててしまったんだっけ。
お母さんの形見のオルゴールも小さい頃おじいちゃんから貰って大喜びしたピアノも、大好きなアクセアリーも、思い出も、自分自身も全て、全て捨ててしまった!
ごめんなさい、ごめんなさい。
――今の私には、必要の無い物だから。
「…行かなくちゃ」

----
今日はここまで。



短編 暗い空の真下でふたり。 

January 16 [Wed], 2008, 20:33
暗いそら。暗いもり。
そこで君は泣いている。
いま、いま僕も行くよ。だから、どうか死なないで。


彼の目の前に広がる光景は、一瞬で炎に包まれてしまった村々。
そして、沢山の人間と紅、あか、アカ。
木切れの様に倒れているのは、血に染まった元、命を持った者たち。
「っ…」
足元に纏わり着くものは、昨日まで笑顔で話しかけてくれた村人。
知っている顔も、知らぬ顔も、皆目を見開いて、力なく息絶えている。
彼の揺れる銀色の髪の隙間から見える赤色の瞳が、震えた。
「リン…!」
彼は軽く舌打ちをし、眉をひそめ真っ赤なマントを翻すとその光景を背に村のはずれに走っていった。

「!」
村のはずれの森に入り、少し走ったでふと、彼が足を止めた。
目の前に横たわっているのは、オレンジ色のドレスを着た黒髪の美しい少女。
少女は目先に倒れている大男を殴り倒し、力尽きたのだろう。綺麗で小さな手は真っ赤に染まっていた。
「…リン……?」
返事は、ない。彼の目が大きく開かれた。
「リン!?…リンッ!」
彼はすぐさま少女――リン――に駆け寄ると、リンを抱き寄せた。
彼女の左胸には、大男が握り締めている槍で貫かれたのだろう、生々しい傷があった。傷口からは止まる事なく、鮮血が流れ出ていて、彼の服を一瞬で紅く染める。
「……クロ…ウ…?」
風の音でかき消されそうな細く、小さな声は彼の耳に届いた。
「っ、リン!リン、死ぬな、…リン!」
彼――クロウと呼ばれた少年――は、リンの小さく骨ばった肩を揺らした。
リンの目がゆっくりと開かれる。
震える深いスカイブルーの瞳には、頬から涙を零すクロウが映っていた。
――嗚呼、もう、これは自分の知っている゛リン゛ではないのだ。

「あのね…」
一言喋るたびに口から血がゴプッと溢れる。
クロウはいとおしそうな目でリンを見つめ、次の言葉を待った。
長い、永い時が流れた様に感じた。
「私、幸せだったの。…クロウと一緒に居れて、とっても幸せだったの…」
――本当に嬉しかったのよ?あたしだけに見せる笑顔が大好きだった。
リンはそう言うと、肩で大きく息を吐き、ニコリと笑った。
その笑顔はとても悲しそうで。
リンはクロウの白い頬を震える手で、優しく撫でた。
クロウの頬がべっとりと血で汚れる。
「…泣かないで」
その瞬間リンの体が震えた。血はまだ流れ続ける。
「リン、愛してるよ、愛してる。…だから…っ」
か細い声で言葉を吐き捨て、クロウは必死に笑顔を作る。
とめどなく流れる涙が頬を、顎を伝い、リンの頬に落ちていった。
「…クロウ…あのね…、あたし…も…」
リンはそこまで言うと、満足した様にもう一度悲しく笑い、息絶えた。
ダランと垂れたまだ暖かいリンの手を握ると、クロウは何かを小さく呟くと、リンをそっと地に置いて森の中えと消えていった。

愛している君は何処へ?
きっといつもみたいに散歩して、ひょっこり帰ってきて、笑顔を見せてくれるのかな。
愛してる、あいしてる、アイシテル

愛してるよ?とても。

こっそり移転☆ 

January 16 [Wed], 2008, 20:17
こんばんわ、紫映です
こっそりと楽天から移転してきました。

私が書いていく文章は、人に吐き出せない様な事ばかりなので、
もし知り合いの人がこのブログを発見しても、何も言わずに普段どおり過ごしてくれたら嬉しいです
こんな事書いてると知られたら、友達に嫌われそうで

もし、ブログ友達ができたらうれしいなぁ。
よろしくです
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:紫映
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1993年6月26日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 白い部屋 (2008年10月19日)
アイコン画像真那斗
» 白い部屋 (2008年10月16日)
アイコン画像猫男爵
» 白い部屋 (2008年10月12日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 白い部屋 (2008年10月07日)
アイコン画像RAOSU
» 白い部屋 (2008年10月05日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 白い部屋 (2008年10月02日)
アイコン画像ikumi
» 白い部屋 (2008年09月27日)
アイコン画像ハム太郎
» 白い部屋 (2008年09月20日)
アイコン画像えびふりゃー
» 白い部屋 (2008年09月18日)
アイコン画像MASA
» 白い部屋 (2008年09月14日)
Yapme!一覧
読者になる