産後の抜け
2009.10.06 [Tue] 18:47

赤ちゃんが産まれて2、3ヶ月後くらいに、すごい抜け毛を経験したことはありますか?
初めての方は、”何この抜け毛〜!”って驚かれると思います。
私もそうでした。
慣れない子育てに奮闘している中、シャンプーの時はもちろん、日常生活の中でも、自分がいた場所に必ず毛が落ちているのです。
”私、こんなにストレスを感じているのかしら?”なんて悩んだりしたものでした。

でもこの産後の抜け毛、ちゃんと理由があるのですね。
中にはそんな経験はしていないって人もいるようですが、だいたい60パーセントの人が産後の抜け毛を経験しているそうです。

妊娠中は出産準備のために、女性ホルモンが多く分泌され髪の毛の寿命が長くなるそうです。
ところが産後は逆で、ホルモンのバランスが急激に通常の状態に戻ります。
今まで寿命が長くなっていた髪の毛も、突然成長がとまってしまうため、一時的に抜け毛が多くなるそうです。この抜け毛にはちゃんと名前が付いていて、”分娩後脱毛症”と呼びます。

そしてこの抜け毛、時間がたつとちゃんと髪の毛が生えてくるので安心してください。
”こんなに髪の毛が抜けて、私大丈夫??”と心配になってしまいますが、大丈夫です。でも、元通りに戻るまでの時間には個人差があるようです。
1ヶ月くらい抜け毛が続き、すぐに生えてくる人もいれば、半年後、中には1年後に生えてくる人もいます。知り合いに、3年くらいしてやっと生えてきた、という人もいました。
私は3回出産経験がありますが、1人目、2人目はすぐに生えてきたのですが、3人目は半年たって、やっと少しずつ生えてきました。(現在3cmくらい伸びています)
どうしても抜け毛が気になる人は、それに対応した薬やマッサージなどあるようなので、試してみても良いかもしれません。

髪の毛が生えてくる時期もまたやっかいで、毛がつんつんした状態になります。
特に前髪は、とてもおかしな感じです。(周りの人にはあまり分からないようですが・・。自分ではとっても気になります。)
美容院などで相談して、できるだけつんつん状態が分からない髪型にしてもらったり、前髪を増やして隠してみたり、色々やってみました。
が、やはり気になりますが・・・。

出産という大きな仕事を終えて、元通りの体に戻るまで、少々時間がかかるのですね。
髪の毛が抜けてしまっても、一時のこと、とあまり気にしすぎない方が良さそうです。

男の子のおちんちん
2009.10.01 [Thu] 20:44

子育てをしていると、分からないことがいっぱい出てきますよね。
男の子をもつお母さん、おちんちんについて疑問に思うことって多くないですか?

私には3人の男の子がいますが、おちんちんについては分からないことだらけでした。

育児書を読むと、おちんちんはむいて洗ってあげましょう、とあります。
”むくって何??おちんちんってむけるの??”と、
疑問に思いながらも、息子のおちんちんを自分なりにむいてみようとしましたが・・・。
嫌がられるし、簡単にむけそうにありません。
困って主人に聞いてみたのですが、”どうだったかなあ”って曖昧な答えしか返ってきません・・・。

自分なりに調べてみたところ、おちんちんは小さい子はむけないのが当たり前のようです。
皮を引っ張ってみて、おちんちんの先端(亀首)が出てこなければ真性包茎、出てくれば仮性包茎と区別されます。
赤ちゃんはほぼ100%真性包茎、乳児は80%、幼児は60%です。
大きくなるにつれて自然にむけるようになります。

なので、子供の包茎は何もしなくても、自然にむけるようになるまで待つのが良いようです。
ただ、おちんちんはやっぱり清潔にしておかなければいけません。
皮と亀首の部分の間に隙間ができているので、中にたまった汚れや垢を洗う必要があります。
むいて洗わないと、亀首包皮炎になってしまう恐れがあります。

でも、あまり神経質にならずに、むける所まで優しくむいて洗ってあげてください。
たくさんむけなくても、大きくなったらいつかはむけるので少しずつむいていけば良いです。
石鹸を使うと、石鹸が隙間に残ると良くないので使わないでくださいね。使った場合はしっかりすすぎます。

そして、むきっぱなしは良くないようです。むいた後は戻しておいてくださいね。

今6歳になる長男は、お風呂の時に自分でむいてシャワーをあてます。
大切なところだから、綺麗にしておこうねって清潔にしておく習慣をつけてあげると良いですね!

赤ちゃんのお食い初め
2009.09.29 [Tue] 19:47

赤ちゃんのお祝い事には色々ありますよね。
子育て中の忙しい時期に、いろんな儀式があって大変ですが、それぞれちゃんと意味があります。

お祝い事の1つ、「お食い初め」は、生後100〜120日目に、赤ちゃんが一生食べ物に困らないように願う儀式です。
離乳食の開始時期で、赤ちゃんに始めて食べ物を与える儀式ですが、実際、赤ちゃんはまだ食べられない物が多いので、食べさせるまねだけで十分です。

正式に行う場合は、双方の両親、親類を自宅に招いて、赤ちゃんの祝い膳を用意し、親類の中で一番長寿の人が赤ちゃんを抱きます。
この時、男の子は男性に、女の子は女性に抱いてもらいます。
そして、赤ちゃんを抱いている人が、赤ちゃんに食べさせるまねをします。
祝い膳は、鯛などの尾頭付きの焼き魚とお赤飯、お吸い物と歯固め用の栗を添えるのが一般的です。
赤ちゃんが実際に食べられるように、重湯やジュースを用意しても良いですね
ですが現代では、ここまできちんとするお家は少なくなってきました。
儀式を簡素化し、祖父母と両親、もしくは両親だけでお祝いするお家が増えてきました。
祝い膳も、お椀のかわりにベビー用食器、お膳のかわりにベビーラックを代用したりして、皆がやりやすいように行っています。

私の家では、家族3人だけでこぢんまりと行いました。
お赤飯とジュースと、簡単なおかずだけです。
どんな方法でも、子供の成長や幸せを願う気持ちは昔も今も同じです。
自分達がやりやすいように、皆が満足できるお食い初めができれば良いですね。

育児ストレスについて
2009.09.27 [Sun] 14:29

赤ちゃんは可愛い。こんなに可愛い我が子を授かって、とっても幸せだなって思っているのだけど・・・。
イライラしてしまったり、時には怒鳴り声をあげてしまったり。
自分でもどうしようもなくなってしまうこと、子育て中のママは誰しも経験していますよね。
楽しそうに育児をしているように見える人でも、きっと誰もがこのイライラ感を感じているはずです。
自分だけ?なんて決して思わないでくださいね。

まだ言葉が話せない赤ちゃんは、気持ちを伝える為によく泣きます。
でもいつも泣き声を聞いているママは、それがストレスに感じてしまう事も多いですね。
家の中だけじゃだめだ!と外出しても、赤ちゃんと一緒だと荷物も多いし、赤ちゃんが泣くと周りの目が気になるし、帰ってくるとどっと疲れが・・・。
育児にはストレスはつきものです。
子育て中のママはみんな感じているものですが、どんな人がストレスを感じやすいのでしょう。

まず真面目で完璧を求めてしまう人はこの育児ストレスを感じやすいです。
良いママとはこうだ!と「あるべき姿」と「現実」の間のギャップを感じてしまうのですね。
ちょっとくらい、ずれていても良いのです。子育てって、自分の思うようにはいかないものです。
「こうある姿」は考えずに、その時その時、自分なりに頑張っていれば良いのです。
時には、手を抜いて休憩しちゃっても、それもまた良しです。

また、育児は自分の自由な時間が少なくなってしまうので、「どうして自分は育児ばかりしているのだろう。」と
目標が見つからなくなってしまう人も、答えが見つからずにストレスがたまってしまいますね。
育児は立派な仕事です。誰しもができる仕事ではありません。
貴重なお仕事ですね。
少し力を抜いて、育児に対する見方をちょっと変えてみてくださいね。

育児ストレスの発散法(その1)
2009.09.23 [Wed] 23:27

子育てって本当に大変ですよね。
赤ちゃんの時はどうして泣いているのか分からなくなるし、幼児になってくると今度は自我が出てきてなかなかこちらの言うことを聞いてくれないし・・。
そんな中で家事は毎日毎日続きます。

自分の思い通りに動いてくれないのが子供。それは分かっているのだけど・・・。
子育てにストレスはつきものです。

そんなストレスは発散させてやらないと、心身共に疲れてきて、ますます子育てが苦痛に感じてしまうようになりますよね。

育児ストレスを発散させる一番の方法は、自分を日常から解放してやることです。
子供を少しの時間だけでも誰かに預けて、自分の好きなことをする時間を作ります。
なかなか難しいかもしれませんが、1ヶ月に1回でも、パパや、両親、無理だったら託児所などを利用しちゃっても良いと思います。
「子供を預けて遊びに行くの〜?」なんて言う人もいるかもしれませんが、気にしない!決して悪いことではないですよ。ママの心の健康は子供の為でもあるのです。
思い切って預けてみましょう。

1人になったら、さあ、好きなこと!・・・っていつも子供と一緒のママは何をしたら良いか、
すぐには思いつかなかったりしませんか?

私の場合、エステ、岩盤欲、マッサージ、買い物、ランチ、喫茶店などに行っています。
エステや岩盤欲、マッサージはまさに身も心もリフレッシュ!という感じでお勧めです。
ランチや喫茶店に一緒に行ける人がいれば、ゆっくり座っておしゃべりを楽しみましょう。
もちろん、自分1人でお茶するのも良いです。
長居しやすいお店に入って、本でも飲みながら好きなお茶を飲む・・・なんて、とってもお洒落ですね。

お出かけする時は、しっかりお洒落することを忘れずに・・・!
普段のママは活動しやすいようにラフな格好でいることが多いと思いますが、せっかく日常から離れる時間。
いつもとはちょっと違った、子供に「ママきれい!」って言われちゃうような格好で、はりきってメイクもしっかりしちゃいましょう。

リフレッシュして、お家に帰ってきた後は、子供がいつもよりとっても愛おしく感じると思いますよ!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mamatoakachan
読者になる
2009年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる