ママチカのりか最後の日 その2 

2005年05月22日(日) 3時13分
私がママチカをやめる理由は、小学校の先生になって今年一年は研修があり、とても忙しくなるからということが一番です。現実、平日や休日に関係なく仕事ばかりしている生活に変わりました。今の私はやはり先生といってもひよっこなので、たくさんすることがあるのです。(よくこんなで受かったなと自分で思う。ほんとに)   教科指導、パソコンや習字、ピアノ、・・・・私は特に優れてできることはまだありません。だから今は、先生として頑張っていけるように自分の力を付ける時だと私は思っています。毎日35人の子どもと奮闘中。泣きたい日も多々あります。いろいろあるけど、でもやっぱり子どもが好きです。

今、バンドから離れて淋しいです。そう思えるのはさっかとゆきちゃん友達になり、ママチカを続けられてよかったからですね。

ありがとう。さっか。
ありがとう。ゆきちゃん。

そしてママチカを通して知り合ったみなさん、お世話になった方々、どうもありがとうございま
した。最後のライブはみんなが温かく送り出してくれて嬉しかったです。

宣誓 子どもの心に残るような先生になりまーす。

ということで、ひとまずさようなら。みなさん、ママチカまいこ・ゆきこをこれからもよろしく!

ママチカのりか最後の日 その1 

2005年05月22日(日) 1時44分
ママチカのお友達、お世話になった皆様へ

5月7日 北方バードマンハウスで私は最後のライブをしました。実際、ママチカを辞めることの実感というものは,辞める2日前くらいまで全然わきませんでした。でも、前日のママチカ練習で、「この世界を」を演奏している時に、自然と涙が出ました。「この世界を」は、ママチカの曲の中でも私が特に好きだった曲だったからでしょう。この曲は、けしてすごい演奏力を持っているわけではない私たちが、表現したいところを精一杯形にできている曲だと思います。いつも、最後三人で歌う時などはとても気持ちがよかったし、心を込めて歌えてました。

一見、見た目も性格も違う私たちだけれど、こうしてずっと長い間一緒に頑張って来れたことを誇りに思います。普通なら、ちょっとブランクがあいたり、気が合わないところが出てきたりしてすぐにバンドが無くなっていきます。私自身ママチカ以前にバンドをしていて、無くなっていくのをたくさん見てきたし、経験もしてきたので、そういうものだと思っていました。ところが、ママチカは本当にずっと続いてきました。その6年間というあいだ、どれだけ多くの出会いをさせてもらったでしょう。ママチカがあったから、素晴らしい人たちと知り合えました。本当に感謝しています。
→(その2へ続く)


今日の出来事 

2005年02月27日(日) 17時47分
 どうしよう。昨日の夜12時すぎから、今日の昼ぐらいまで携帯のウェブがつないだままになっていた。昨日ちょっとみただけで切ったはずが、今日の昼に見てビックリ。ちゃんと切れてなかった。約12時間つないだままだった。いったい次の料金請求はいくら来るのだろう。

 友達に話したら、「高い社会勉強したと思ったらいいやん」と言われた。そりゃ今度からは、必ず切ったか神経質になるぐらいチェックするようになるだろうけど、12時間もだなんて。悲しすぎる。ついてないですわ。あ〜

 弟が「それにしてもよくバッテリーがもてたね」と言った。その日は珍しく充電もばっちりだったのだ。しかも次の日が仕事ならばかならず目覚ましに設定するから携帯を寝る前に開いたはず。なのにおやすみだったから、ほっぽっていた。しかも昼近くまで寝てた。悪条件が重なった。

でも起きたことはしょうがないよね。次からは気をつけるとしよう。みんなも気をつけてください。あっ、でもこんなこと、みんなはまずしないだろうね。



ところで、ところで、最近の私のブームは、給食で出たおいしいおかずを家で作ってみること。母やすこも参加しての、母子クッキング〜!!です。けっこうおもしろい。実は学校の職員室に給食の献立で出てくる料理のレシピがあるのを最近知ったのです。気に入ったのはメモして持ち帰り、家でクッキン〜です。

やすこと呼ばれて57年 

2005年02月26日(土) 2時25分
母と子の会話1

朝のテレビの芸能情報を見ていて芸能界に意外と詳しいお母さん。知りえた情報は私に随時教えてくれる・・・

母「今、沖縄の男の人たちのグループが人気なんてねぇ。」

私「誰たちのこと?」

母「ほら、オレンジオレンジっていうグループよ。」

私「・・・・。」

 〜中高年の人には仕方ないと思えるまちがいだ〜




母と子の会話2

母「今日ね、竹下のおばちゃんが車の中に鍵をつけっぱなしで閉めてしまってね、「ジェーフォン」呼んだってよ。」

私「おかあさん、それを言うなら「ジャフ」なんやけど。」

母「へっ、そうなん?」

 〜車のことで困った時、携帯の電話会社を呼んで何をしてもらえるというのでしょう〜
   
  お母さんの携帯はAUだから、他の会社のことはよくわからないんだね。


 母やすこのおしい間違いはこれからも続く

遅刻という悪魔 

2005年02月22日(火) 0時57分
私は遅刻の常習犯です。というか「でした。」何か用事があって出かける前には、私だって、みんながやっているように時間を逆算して用意を始めます。なのに約束の時間に10〜30分、もっと遅刻することがとても多いのです。

なぜ遅くなるか?それはやはり着替えです。たいしてたくさん服があるわけでもないのに、この下にはこれがあわないとか、ああだこうだと、着替えまくるうちに時間は瞬く間に過ぎていき、予定出発時刻を過ぎてしまいます。

遅刻が確定して目的地に向かうときの、あの焦りや、自分のだらしなさに対する嫌悪感はたまりません。私の遅刻癖は、今に始まっていません。高校の時もぎりぎりに行動する女でした。一緒に学校に行く友達が、5分前行動をするステキな人だったので、私はいつも待たせてしまったり、先に行ってもらったりすることがよくありました。だから朝はいつも遅刻気味。お母さんにバスの通る先のバス停までよく送ってもらったもんです。

その私もママチカの練習に遅れるのが当たり前になってきた時、やはり悲しいものを感じました。お金を払って練習するのにこんなに遅刻ばかりしじゃ、うまくなるわけないし、お金も無駄にしているとおもったのです。(気付くのが遅い。)その他の場合でも、遅刻したりする自分がとてもダメだと思ったのです。
遅刻していいことなど一つもありません。人にも迷惑かけるし、自分の気持ちもダメになる。

そんなこんなで、今年の私の目標の中に 「遅刻をしない」を入れました。目的地には遅くとも5分前に辿りつくようにと決めました。今のところ、ぎりぎりが多いですが、大幅遅刻はしていません。年が明けた仕事初めの日、朝方まで仕事をしていて一眠りして起きてみたら、なんと出る時間でとびだしたこともありましたが、セーフでした。

遅刻をしないのはとても気分がいいものです。続けられるように、よい習慣になるようにがんばってみます。

昨日、友達と遊ぶ約束をしていて、待ち合わせをしたら1時間待たされました。不思議と腹が立ったり、イライラしませんでした。だって「今まで私がしてきた遅刻によって待たされた友達の分を考えたらこんなのちょっとにすぎないなぁ」と思ったからです。逆に償いみたいな気持ちでチョコンと待っておりました。

今まで私に待たされた人、いえいえ私を待ってくれた人、 どうもすみませんでした。

2月6日 

2005年02月06日(日) 2時36分
年末から仕事のオニになっていて、それも無事に終わり、今学校は3学期を迎えて大忙しです。今日久しぶりにたくさんねました。たくさんねると夢ばかり見ます。相変わらず変な夢ばかり。

一歳位の赤ちゃんが出てきて、田んぼで私はその赤ちゃんと遊んでいます。わたしの不注意で赤ちゃんがこけて、顔にすり傷ができてしまいました。傷ができてかわいそうだったけど、どんな風になってもやっぱり赤ちゃんはかわいいのです。私の赤ちゃんではないようです。昔働いていた保育園の同僚の先生が出てきました。lなぜ田んぼで赤ちゃんと遊んでいるのでしょう。
昨日田んぼで凧揚げがしたいと思ったから田んぼが出てきたのでしょうか。
仲のいい友達に赤ちゃんが生まれたからでしょうか。

私にもこころ踊るようなことが起きるといいんやけど・・・・。
心が踊りません。いらない気をつかいすぎて、疲れます。いつからこんな私になってしまったんだろう。

食欲を満たすため、とりあえずトマトを今から食べることにします。

東京プラーン 

2004年12月03日(金) 22時56分
今日は門司駅に行った。東京行きのチケットを探しに・・・。
なんで東京に行くかというと、今年教員採用試験に合格した人のための祝賀会が私の大学でおこなわれるのでそれに参加するためだ。

とはいえ、実はお金がないので、行くのをためらった。ネットでJALのチケットを調べたが、購入時期が遅いので、安いのはもうない。航空券だけで5万はかかる。そこで「旅行会社のホテル込みの航空券だったらどうかな」と思って門司駅へ行ったのだ。

たくさんのチラシがあった。いいのがあった。ホテル一泊と航空券で3万8千円。
よし、今日は調べだけと思ったが、東京行きを決意した。意気込んで店員さんに申し込んだ。希望通りのプランはあと一席だった。ぎりぎりうまくいった。

代金全額は無理としても、一時金ぐらいは払えるやろうと財布を空けた瞬間びっくりした。500円くらいしかない。しかも門司駅の駐車場代もいるので全部とられては困る。「あの〜500円しかありません。おろしてきます。」と言ったら、店員さんが「3日以内くらいに持ってきたらいい」と言ってくれた。よかった。帰りがけ、ケンタッキーの前を通った。いつもよりもすごーく食べたいと思った。グゥ


    私の今回の東京プランはこうだ!
24日 終業式  →夜 北九州空港より出発 → 新宿に泊まる
25日 大学へ行く → 祝賀会 → 夜 ヨネの家に泊まらせてもらう。
26日 ぶらぶら@ 決めてない
27日 ぶらぶらA 決めてない  → 夕方 羽田空港出発

今年は教育論文を書かないといけないので、帰ってきたら仕事の鬼になります。
ヨネやいろんな友達に会いたいな。会えるかな。

人間 

2004年11月13日(土) 17時04分
新潟の地震や兵庫の水害では自然の怖さを思い知らされた。
そんな被災地のために義援金の募集がなされている。あの状況を見て、少しでも役に立てばと義援金をしようと思った人も多かったんじゃないでしょうか。

しかし、そこにつけこんで、メールや郵送での偽義援金集めがおきているとニュースで知った。本当に苦しんでいる人々がいて、その力になりたいという人がいるというのに、どうしてそこで人のお金を騙し取ろうとする人がでてくるのか?悲しすぎる。

これに似た話で、被災地では壊れかけた家屋から、金庫などを盗むという事件もおきている。
窃盗団のしわざでは?と言っていました。

さらに、墓苑で、墓石を壊しまくられるという事件が起きている。倒されて壊れた仏の頭を、墓の中央にわざと置いていたり、骨壷がむざんにみえたりするほどぐしゃぐしゃに墓が破壊されていた。塔婆もたくさん折れていた。

確実に人が苦しんだり、悲しんだりしているのを見て、なんとも思わない人や喜ぶ人が増えている。

人間てこわい。
この先の日本や、私たちの暮らしを考えるだけでこわい。

せめて、痛い思いをしている人たちを苦しめないでほしい。

首とちょんまげと欲望 

2004年10月18日(月) 23時56分
少し前の話になるけれど、
運動会の練習のとき、あまりの暑さに普段髪を結ばない私も、二つ結びなどしてみた。
二つのしっぽを揺らして、体育館に行った。子どもたちというのは大人をよーく見ている。
すぐさま一人の子どもが、
「ナカシマ先生が髪の毛結んどる!」
「わぁ、ほんとや〜」とか反応する。
あれこれ出た意見をふんふんと聞いていると、活発なNちゃんが衝撃的な発言をした。

「先生、ろくろ首みたい」

「あはは、そーお。」などと言葉を返したが、実は内心傷ついた。
私だって好きで、首が長くなったんじゃないのよー。
首が長いことは自覚しているよ。
昔、着物を着る時には、髪の毛を上げるので首の長いのが強調されて嫌だった。

高校生のころはいろんな髪の毛をしていたけれど今はまず結んだりしない。
結ぶのは、家にいるとき前髪を結ぶぐらい。
じゃりんこチエのようにちょんまげにしたり、パイナップルのように豪快にまっすぐに結んだりする。ちょっと変かもしれんけど、結ぶとなぜか気持ちがひきしまる。本当はいつも前髪をむすんでいたい。しかしこの年になって外で前髪を結んでいたら、どう見ても変人です。

なので、わたしは結局結ばず、いつもありきたりの髪の毛をしているのです。
もし結んで生活していたら、もっとシャキシャキと行動するのりかかもしれない。

首の話からそれたけど・・・
私は身長が168センチメートル位あって、そのうちに占める首の割合はかなり高いのではないでしょうか。ちなみに胴体も長い。168と言って思い出すのは、ミズキ アリサです。身長は同じくせにどうして、こうも体のバランスが違うのだ。私の首の長さと胴体の長さを多少けずり、その分を足にすれば、きっとミズキスタイルになるのでしょう。

まぁしかし、こんなふうに人間欲望に振り回されますが、「五体満足で生まれたことに感謝しないといけません。」と母が言いました。

「上ばかり見ちゃいけん。下を見なさい。」 と ばーちゃんが言いました。
下を見なさいというのは、自分より大変な境遇に置かれている人を見て、それよりもましだと思いなさい、というわけではありません。そんな欲望よりももっと大事なもんがあるんよという意味だと思います。

だから、首が長くてもいいのだ。ろくろ首でいいのだ。

「くま」との戦い 

2004年10月16日(土) 0時03分
最近疲れると顔にくまができる。午前中はないのに、午後になって鏡を見るとびっくりする。ひどい時には、目の上にも下にもくまができる。たぶん私は目がくぼんでいるからこんな風になるんだと思う。(いや、年のせい?)上にも下にもくまができる人はそうそういないでしょう。自慢できることじゃないけどね。

このくまを消すために、目の周りを指で優しく押していく。顔を洗う。それでも治らない時は、寝るしかない。だからくまができている時には、友達に会いたくない。

もしこの先、好きな人ができて平日の仕事が終わった後にデートしなくちゃいけなくなったら、私は困る。こんな顔を好きな人に見せられない。仕事は早めに切り上げて、走ってベットに入り私は少しでも寝るでしょう。そしてデートに出かけます。
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像はぁああわわぁあわ!!!!
» ママチカのりか最後の日 その2 (2009年09月29日)
アイコン画像clomid
» ママチカのりか最後の日 その2 (2008年10月10日)
アイコン画像lexapro
» ママチカのりか最後の日 その2 (2008年10月10日)
アイコン画像rimonabant
» ママチカのりか最後の日 その2 (2008年10月10日)
アイコン画像geodon
» ママチカのりか最後の日 その2 (2008年10月10日)
アイコン画像zetia
» ママチカのりか最後の日 その2 (2008年10月10日)
アイコン画像adderall
» ママチカのりか最後の日 その2 (2008年10月10日)
アイコン画像flonase
» ママチカのりか最後の日 その2 (2008年10月10日)
アイコン画像propecia
» ママチカのりか最後の日 その2 (2008年10月10日)
アイコン画像xeloda
» ママチカのりか最後の日 その2 (2008年10月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mamaticanorika
読者になる
Yapme!一覧
読者になる