あなたはどうしますか?

July 06 [Thu], 2017, 10:58
嘘をつかれたほうはいつまでも覚えていますが、ついたほうは時間と共に必ずその記憶が薄れていくものです。真実は常に一つしかないのです。そこのところを上手についていくのです。彼に不快感を与えない程度にさりげなく間いただしていくのです。

彼がどんなに記憧力がいい人でも、そこに嘘があれば必ずズレが生じます。必ずボロが出るものなのです。さあ、ここからが問題です。嘘がパレました。そのとき、あなたはどうしますか?

アクセサリーの何かには神経を使っているかもしれない

June 06 [Tue], 2017, 11:12
よれよれに近いスーツを着ていても、アクセサリーの何かには神経を使っているかもしれない。高級品ではないが、時計は自分が非常に気に入っているものかもしれない。自分としては、人に誇るべきもの、または内心では得意になっているものがあるはずだ。

それが何であるかは、その人をよく観察していれば、すぐにわかる。会話のはしばしに、自分に興味があることに関する話が出てくる。それを覚えておき、そこに焦点を合わせて、相手を観察したうえで、ほめるのである。

ビヨンセの曲でノリノリ!

May 06 [Sat], 2017, 11:03
 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の体操選手ヘイリー・モゼッツ(21)の演技が、ネット上で大きな話題を呼んでいる。ビヨンセの楽曲を使用した彼女の演技の得点は驚異の9.975という数字をたたき出し、中には10点満点をつける審査員も。さらに、その演技を収めた動画はネット上で400万回以上再生されている。海外メディアMailOnlineが報じた。

 モゼッツの演技が決め手となり、UCLAはアリゾナ大学に勝利。彼女の演技は高得点を記録しただけではなく、ビヨンセの楽曲『Formation』『Partition』『Single Ladies』を使用した演技で大いに会場を沸かせた。

 演技の中でモゼッツは、ビヨンセのミュージックビデオの動きを一部そのまま取り入れながら、素晴らしい体操技をきめていく。楽曲が変わるたびに観衆からは歓声や叫び声が聞こえるが、最も観衆が反応したのはモゼッツの完璧な演技だったと言えるだろう。

 演技を終えた後、モゼッツはDaily Bruinに対し「本当に、本当に床演技がうまくいって嬉しいです。間違いなくこれまでで最高の演技でした」とコメントしている。

訪問する国の案内書を読んで、研究しておく必要がある

April 06 [Thu], 2017, 11:19
日本では許されていることでも、そこでは絶対にしてはならない、とされている場合もある。「言ってはいけない」とされていることも多い。特に、宗教的な背景から、使ってはならない語句とか、絶対にしてはならない行為とかがある。

その国独特の習慣を「知らなかった」と言えば、許してはもらえるだろうが、一旦与えてしまった悪印象を拭い去るのは容易でない。あらかじめ、訪問する国の案内書を読んで、研究しておく必要がある。

自分にとって最も償頼できる最善の友だったことがわかるかもしれない

March 07 [Tue], 2017, 15:46
真剣に求めてぶつかって見ると、今まであまり好きではなかった父あるいは母が、自分にとって最も償頼できる最善の友だったことがわかるかもしれない。どちらかの親が子を溺愛するあまり欠点がわからなくなるという危険性は、この場合は確かに少ないであろう。

 真実の友情と呼べるようなこういう習慣を両親にもってもらうのは、初めはかなりむずかしいかもしれない。両親はわが子の欠点を認めたがらず、ましてそれを正すことなどはしたがらないかもしれない。