和解からデコ一転、結局KARA解散へ 

February 16 [Wed], 2011, 13:06
 契約問題に揺れる韓国の女性5人組デコグループ「KARA」に解散の可能性が再浮上した。複数の韓国メディアによると、メンバーのニコル(19)、スンヨン(22)、ジヨン(17)が14日、所属事務所「DSPメディア」との専属契約の無効を求める訴えをソウル中央地裁に起こした。3人は先月19日に契約解除を申し出、一時は和解へ向かうと見られていたが、交渉は決裂。関係修復は極めて困難な状況となった。
 和解ムードから一転、KARAを再び激震が襲った。
 韓国の中央日報によると、3人は訴状で「DSPメディアは6か月の報酬として86万ウォン(約6万円)しか払わなかった」と主張しており、「毎月14万ウォン(約1万円)の報酬しかないのは不当だ」と主張している。また「昨年1月から6月までの音源販売収益が4億1000万ウォン(約3050万円)だが、この時にかかった活動費は3億9000万ウォン(約2900万円)と聞いた。活動費が過度に多い」とも訴えている。DSPメディアはこの訴えについて「対応策を協議している」とコメントしている。
 3人は先月19日、事務所に対し、専属契約の解除を求める文書を提出し、マネジメントを中断するよう通告。しかし、先月28日に5人で仕事を継続することを確認、和解の方向に進んでいるとみられていた。今月3日に来日、テレビ東京系ドラマ「URAKARA」の収録などをこなし、13日に韓国に帰国したばかりだった。帰国直後の訴訟騒ぎに、ユニバーサルミュージックやテレビ東京など日本サイドも一様に驚きを隠せず、関係者の1人は「まさに寝耳に水。一体どうなっているのか」と困惑気味に話した。
 来日にはスンヨンとジヨンの親も同伴し、日本で話し合いを継続していたが、最終的には決裂したと見られる。事務所関係者によると、あるメンバーの母親が事務所に対して強硬な姿勢を貫いており、報酬など待遇面の向上、マネジメント体制の変更を要求しているという。今回、訴訟に加わっていないギュリ(22)とハラ(20)はデビューからKARAを育ててきたDSPメディアに恩義を感じているとされており、メンバー間の亀裂は修復不可能な状態に陥っているようだ。
 聯合ニュースは、今回提訴した3人は「日本での活動は予定通り続ける」と発表したと伝えた。「URAKARA」が全12回中5回分の収録を残しており、エステサロン「TBC」とのCM契約も今月始まったばかり。途中で解散すれば莫大(ばくだい)な違約金が発生する恐れがあり、活動を継続せざるを得ない状況だ。今週中には再来日の予定だが、東方神起のように分裂状態のままの仕事再開となりそうだ。
 ◆東方神起の場合は? 09年8月、5人のメンバーのうちジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が、所属事務所「SMエンターテインメント」との専属契約効力停止を求める仮処分申請を裁判所に提出。分裂状態ながらも活動を続け、結局10年4月、5人での活動休止を発表した。ユンホとチャンミンの2人は、11年1月に東方神起として活動を再開。一方、ジェジュンら3人は「JYJ」として10年9月から活動中。
 ◆KARA分裂騒動の経過
▽1月19日 スンヨン、ニコル、ハラ、ジヨンの代理人が精神的苦痛などを理由に、所属事務所「DSPメディア」に対して専属契約解除を通告。ギュリは加わらず、ハラは申し出撤回。
▽22日 ドラマ「URAKARA」収録のための来日をキャンセル。
▽25日 離脱派側と事務所側が初会談。
▽26日 事務所側が騒動の“黒幕”に法的措置を取る意向を示す。
▽28日 離脱派側と事務所側が5人での活動継続に基本合意。
▽31日 新曲「ジェットコースターラブ」のジャケット撮影を行い、仕事再開。
▽2月3日 「URAKARA」収録のため5人そろって来日。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mamalikelove
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる