お知らせ 

2006年01月06日(金) 2時05分
ブログを移すことした。
今度からは、こっちに書くことした。
http://blog.goo.ne.jp/malko_x2000/

あけましておめでとう 

2006年01月03日(火) 15時17分
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年の正月も嫁の実家ですごす事となってしまいました。
嫁の実家に行っても、何を話すことも無くボーっとしている、自分はきっと不評なんだろうなと思う今日この頃。

さて、1月1日に嫁と張り切って、自転車に乗ってユニクロに服を買いに行きました。
が、以来腰が痛くて動けません。
腰痛再発><

1月2日に早々に退散しようと思っていたのですが、動けないため、大変遺憾ではありますが、いまだに嫁の家にいます。
1月3日から会社なのに…

腰痛はいいとして、書き遅れましたが、自転車を買いました。投資額は約4万5千円。
マウンテンバイクと、ロードバイクを足して2で割ったような感じの自転車で、俗にはクロスバイクと呼ばれています。
前の部分に、サスペンションを装備しているが、マウンテンバイク程タイヤが太く無く、泥除け、スタンドも標準装備の自転車です。
今まで3回会社まで通勤しています(約1時間半)
そういえば、昔、父と共用で全アルミ式のものすごく高いロードバイクを買った。
確か、小学生の頃だったはず。
父は、隣町の会社まで自転車で行くので使っていない時に私が使っても良いということで、当時では破格の値段の自転車を買った記憶がある。
その頃といえば、変則6段式のいろんな電気スイッチを装備した(方向指示器まがいのものや、サイレンが鳴ったり…)、サイクリング車が全盛期で、自分もそういうブラックのサイクリング車がほしかったのだけど、ロードバイクに乗る羽目になってしまった。
ふと思い出せば、父は会社に2,3回自転車で行ったきり、2度と自転車に乗ることが無かったような…

今日はここまでにして、また次の機会に自転車についての話を書こうかなと思う。
とにかく、明日は会社いけるように今日は静養しよう。

ニュースを見て 

2005年12月13日(火) 21時06分
忙しかったプロジェクトからも開放されて、最近は研修に出てのんびりとした日々を過ごしている。
普段見なかったニュースも、しばらくぶりに見るようになった。
最近、立て続けに幼い子供を誘拐したり殺したりする事件が多いんだなぁと。
ニュースといえば、子供が殺されたか、マンションが偽装だらけだったとか、そんなニュースばっかりだ。
そんな中で、1件のニュースが心にひっかっかった。
小学生の女の子が、23歳の大学生の塾講師に刺し殺されたそうだ。
事件後、逮捕された大学生が、子供に「きもい」と言われてかっとなって刺し殺したのだと供述したそうだ。
ニュースを見ると、当り障りの無いコメントが飛んでくる。
塾側の対応で防げなかったのかとか、かっとなったくらいで人を殺せるものかとか。

「きもい」という一言は、人に殺されるくらいにひどい言葉なんだよな。
人によっては黙って我慢するか、聞き流すかしてくれるかもしれないけど、人によってはやっぱり殺さなきゃ気がすまないような心無い言葉なんだよね。
殺されて当然とは、決して思わないけど、全人格を否定して、相手に逃げ場を作らないような一言を言うということは、やはり殺されるかもしれない可能性を秘めている。

殺されなかったら、この子は知らなかっただろう、相手の男がどんなにひどい言葉をかけられたのかを。

殺した男が変であるというよりも、「きもい」と言って、何か被害を受けた場合に、「きもい」と言った人間が、非難されない世の中が変な気がした。

行き違い 

2005年11月19日(土) 3時09分
よくあることなのかもしれないが、親類との関係について意見が食い違った。
うちの夫婦間で、もっとももめる事項の一つだ。

今回の直接の食い違いは、妻の側の母親が、平日に来て子供に買い与えたおもちゃやら、洋服やらについて、いつも悪口を言う私についてだ。
いい洋服とかおもちゃとか、毎週のように買って、金がもったいないだの、養育費につかったほうがいいだの、いろいろと妻に向かって言っていたのが原因だ。
妻からすると、洋服とかおもちゃとか、いろいろ買ってもらっているのだから、ありがとうとお礼をいうべきなのに、なぜいつも文句をいっているのかといいたくなるらしい。
ましてや、母親は子供を好きだからやってくれているのに、、ひどいと。
もうすこし、相手の気持ちを考えられないのか?と。

まぁまぁ確かにね。
妻には、じゃあ、母親が毎週のように来て、1万円を子供に与えても、毎回ありがとうと言うのか?
そうじゃないだろうと言った。

でも、本質的な原因は、こんなことじゃないんだよね。
あくまで表層的な問題であって。
要するに妻の母親は、「自分達夫婦に必要の無い何か」を押し付けてきたわけだ。
抽象的な書き方をしたけれども、例えば宗教だってそう。
相手は良かれと思って、やってくれるのだが、そんなものは、「自分達夫婦に必要の無い何か」であって、ありがた迷惑になりかねないものなのだ。
つまり、言いたいのは、ほしいと言わない限り、勝手に「何か」はくれるな。
もしくは、必要かどうかを、前もって聞いてからくれ。

と、言いたい。。

不規則な生活 

2005年10月19日(水) 1時14分
今週末が山場ということで、先週はせっつかれながら、大忙しだったけど、そのおかげで、今週はちょっと楽になった。
本日は所属長に会っていろいろ話をした。
会社の方針として、ますます能力主義としていくそうです。

がんばった人が報われる。
ポジティブに受け取ればこういう風に考えられるんだろうけど、自分の場合どうしても、がんばらないと、落ちこぼれていくという、ネガティブな捕らえ方をしてしまう。

公務員的な職業について、のんびり生きたかったなと思う今日この頃です。

仕事の一段落 

2005年10月16日(日) 23時34分
来週、納品になるので、今週は多分鬼のように忙しいと思う。
やっと今の客先での仕事も一段落着くと思う。
終わり頃は、仕事が適当になってきたと思う。
良くない兆候だ。

最終的には、良い状態といえない状態で、客先を離れることになりそうだ。
お客の自分に対する評価は、中の下くらいだろうか?
多くの反省点が残る仕事だった故に、いろいろ考えることも多い。
今後の自分の進む道が未だにイメージできていないのが不安ではあるが…

2年間ばかり仕事したが、終わりの3ヶ月くらいの上手くいかなくなってきた時期については、次に生かすことにしようと思う。

いずれ、反省点をまとめる予定だ。

父になる 

2005年09月14日(水) 0時41分
先日、突然、父になった。

生まれたての我が子を見たときは、ジーンと来た。
まさか無感動な自分がこんな風に思うとは思っても見なかったのだが、ガラス越しに自分の子供を見たときに、うれしさのあまりジーンと来てしまった。
初めて抱いた我が子は、頼りなかったけど、暖かく生きてるんだなということが実感できた。

子供の頃に見た絵画。
男の横に忠実に自分を慕う動物(馬と鹿の中間の架空の生物?)が眠っている。空は満点の星。場所は切り立った崖の中腹。
地平線に続く荒野。
男は、じっと遠くを見ている。

我が子を見たとき、ふとこの絵を見たときと同じ気持ちになった。

IT業界 

2005年08月08日(月) 4時29分
この業界に身をおいて、はや5年が経とうとしているのだが、本当にみんな良く働く。いい意味でも、悪い意味でも、馬車馬のように働いていると思う。
ほとんどみんな、馬車馬のように働くから、なんだか、それが普通に思えてくる。

この間、父と話す機会があって、有給を取りつらい環境はおかしいとか、残業を社員にさせるのは間違っているという、議論になった。
確かにそうなんだが、残業しなきゃ、たぶん納期に間に合わないという現実がある。

みんなが残業して、必死こいてがんばれば、納期に間に合うだろう。
納期に間に合えば、何も無くみんな万歳なわけなのだが、納期に間に合わなかったら、どうなるのだろう?
自分に跳ね返ってくるのだろうか?
そもそも、自分の仕事とは、何なんだろうか?
一体全体何を目的に働いて生きているのか?

根は深い。
いろいろな要素が絡み合って、結局馬車馬のように働くように、詰んでいる気がするのだが、よく考えてみるテーマのようだ。

佳境 

2005年08月02日(火) 3時22分
プロジェクトが、ついに佳境に達した。
もともと、数ヶ月前から、やばいやばいといわれてきたプロジェクトだが、今回ばかりは本当にやばい。
とはいえ、数ヶ月間、リーダー達は何もやってこなかったわけで、これはこれで不思議だ。
お祭り騒ぎのプロジェクトを見ているのは好きだ。
結局、大変なことになって困るのはリーダー達なわけで、今の僕は慌てふためく責任者達を眺めている。
怒鳴り散らしている姿も、客観的に見るとかなり滑稽だ。
茶番だなぁとふと思う。

ところで、昨日のアクセス数が40件近くあった。
一体誰が....

なんで出来ないの? 

2005年07月28日(木) 0時33分
今日、プロジェクトで何度となく聞いた言葉だ。
言葉を発している主は、人材派遣会社の社員さん。
部下に対して、何度となく同じ言葉を吐いている。

そんな言葉を吐かれている当人はというと、とても悲しそうな顔をしている。

ただ、何というわけではないのだけれど、こういう風景を今日は何度と無く見聞きしていた。
それは仕事だからしょうがない風景なのだろうし、見ていてどっちが悪いとも思わないのだけれども、ただ、救われない風景だなぁと思ってしまう。
何も無い関係。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:malko
読者になる
Yapme!一覧
読者になる