マラサダ

November 20 [Sun], 2011, 17:58
9月の3連休一発目ははるたん二次会の打合せと、
わんぴーすとあちゃそと遊んだかんじでした


はるたんの打合せは経費削減のためコメダで…
その後駅前の中華に移動して余興の打合せしたけど、
右往左往してやっと決まってきてみんなにすごく感謝です…



わんぴーすはマリンフォードの頂上決戦のところで
泣きすぎてどうにかなっちゃいそうでした
エースが好きという王道面食い道をやはり進んでおります
ゾロだって何か二年ぶりに会ったら首筋が太くなってて、
結局ゾロ大好きが再燃して結局ミーハーな自分に気づきました
らぐーな行ったときエースの処刑台のところで写真をとったけど、
読んだ今だったらあんな悠長に撮れんわ



あとは久しぶりにあちゃそと会って、
2人の思い出の大大大好きなマラサダを一緒に作った
発酵がけっこうあって、38℃で40分というのに苦労した
もう夕方でぜんぜん暑くないし、車の中で発酵させたよ
発酵すると大きくなって柔らかくってすごくきもちい


揚げて砂糖とかシナモンとかつけて食べた
本物のほうが5億倍うまかったけど、
シナモンのやつがけっこう後になってハマって
もっと作ればよかったと後悔したので、
また作ろうって思います

最大の敵

November 18 [Fri], 2011, 19:49
仕事中にとしくんから連絡が入り、
パパが会社でまた倒れたとのこと
念のため自分も時間休をもらって病院へ行きました


向かってる途中でもう意識戻ってるって連絡があった
迷惑のかけ方が常識を逸脱したことばかりで、
ほんとに毎日としくんと一緒にむかついてるので、
もうこれ以上迷惑かけるなって苛つきながら向かいました



いざ病院に着いたら「顔も見たくないし口もききたくない」って
思ったけど渋々カーテンをあけると、笑顔のパパがいました。
少しごめんと言ったかんじに見えたけど
やっぱり顔を合わせたり会話したりすると、
尖ってた関係が和らぐなあと今日も思った。


でも、ほんとに毎日うざくてむかついて、
存在だけでもむかつくくらいになってきてる
義姉まほちゃんが「よく一緒に暮らせてるよ〜、
実の娘でも絶対無理だもん、よく我慢してるよ」
って言ってくれるときだけ癒されます
まじで引っ越したいけど、モネがいるから、
アパートとか無理だし…



それにしてもとしくんはパパに優しくしてて、
私は絶対そんな気持ちになれないから理解に苦しんだなあ
(最近は怒りすぎてシカトしてますけど)
自分の親だと違うんだろうね
でも、その親のせいでとしくんはぐれたんだけどね
ぱぱが違う人だったらとしくんはもっと楽しい立派な人生を
送ってこんなに苦しまずに生きてこれたのに、
そう思っただけでも私は絶対に許せないけど、
自分の子供を不幸にするなんて絶対に許せない。
変わるなんて期待してないけど、
もう少し改善してもらえるようがんばります

わんぴーすになった日

November 16 [Wed], 2011, 19:33
としくんがはるたんの結婚式の余興でわんぴーすをやる
ということで手伝ったりしていました
としくんは容姿性格ともにそっくりなニコ・ロビン


かつらを買ってかぶってみたら、
ロビンよりだいぶ長かったので、洗面所でカット
しかし、まっちゃんの大日本人みたいなことに
ま・じ・でこわかったから



それから私のホットパンツを履かせてみたが入らん
フレアのミニスカートを履かせたら入った
キャミソールもちゃんと着れた


あとはとしくんが飲み屋で働いてたときの
テンガロンハットとウェスタンブーツを着せたら
めっっっっちゃニコ・ロビンや〜〜
かわいい〜〜〜
あとはロビンの巨乳さが足りないと思い、
私のババシャツを胸に何枚か詰めといた


でも肩幅みるとまじこえ〜〜
しかも「うわ〜〜!」っておばけみたいに
襲いかかってきて怖さと気持ち悪さで
恐怖の叫びと爆笑が入り交じったパニックを起こした
笑いすぎて腹ちょー痛かった


翌日撮影のためりょうくんの店へ
皆、各々に準備してきたブツを少しずつ
装着し始めると、すげ〜〜〜
みんなちゃんと似てるかんじ
こうじくん(ウソップ)の服のぱつぱつ具合や、
あきひろ(ブルック)の気合い&こだわり&喋りまでそっくり、
まあくん(サンジ)のかつらがぜんぜん本物と違うこと、
などすごくおもしろかった



りょうくんがその場で作ったサニー号とか、
小電々虫とかポーネグリフとかすごい上手
私はれんくん(ゾロ)が一番似てると思ったな〜
私はなんか急遽チョッパー(ぬいぐるみ)の声で
登場することになって少しは役に立てたかしら


でもね、撮影日が週はじめの月曜で、
しかも終わったの夜中の1時とかで、
もうくたくたになりながら眠りました

探偵はバーにおる

November 14 [Mon], 2011, 19:11
としくんと休みがかぶったので一緒にモネの散歩行ってきた
モネは暑さに弱いらしく、ちょっと熱中症みたいなかんじで
えらそうにしてたから少し短めのコースで
それにしても今年の9月でも昼間に歩くと暑いもんだね


で、汗かきすぎて銭湯に行った
いつもあちゃそと行くところへ少し遠出して、
ゲルマとか酸素バー一緒にやって楽しかった
血行にいい生活を送ろうとがんばっているので、
今日はとてもいいかんじでした



それからタイ料理やさんへ
前あちゃそと行ったときはそんなことなかったのに、
今回は店長の態度がすごくうざくて、
「こういう風に注文されると出すのが遅くなるんですよ」とか
注文した後も「この頼み方だと…」とダメ出ししに来たり。
そもそもオープン時間にバイトしかいなくて、
自分は遅れて来といて何?ってかんじだし〜
バイトの子にいちいち注意してる声も全部聞こえてくるし、
めっちゃ居心地悪かったし、最悪な店と思った


でも、哀しいかな、飯はむっちゃむっちゃ旨くて、
また食べたくなるような味なのです
ランチタイムは忙しくていちいち文句言いにこなそうだから、
行くならランチのときに行こうかな



それから前日から行こうねと約束していた、
探偵はばーにいるを観に映画館へ行った
やっぱりデパートの中って寒くて、
靴下はちゃんと持ってきたのに上着忘れた…
(もう何百回この失敗を繰り返してるんだろうか
それでめっちゃがんばって安い上着探して、
何とかユニクロで790円のカーディガンをゲット


映画を観るときあったかい飲み物飲みながら観るのが
最近なんだか好きですが、昔は夏にあったかいものなんて
飲んだことないっていうか冬でもほぼ冷たい茶だったから、
最近になって上着や温かいものを好んでいるあちゃその気持ちが
すごく分かるようになってきたのです



肝心の映画ですが、私はおーいずみ洋と松田りゅーたが
まじで大好きなので、基本おもしろく観ることができました
ススキノの裏社会とかそういうのも大好きだし、
でもバイオレンスなシーンが多くて、
映画館だと殴る音とかでかいし恐かった


ヒトは嫌な映画みると快楽的なホルモン(ドーパミンとか?)が
抑制されて、いい映画を観ると分泌が増えるという。
最近そういった元気の素となるホルモンをいっぱい出して
仕事とか休日とか楽しく過ごそうって心がけてるから、
嫌なものをわざわざ観るのはよくないなって思って、
バイオレンスなシーンは途中から目を背けて
いいところだけ観るようにしましたワラ(意味な…)



でも悪役が高嶋(弟)だったので思わず笑ってしまいました。
無理だよー無理無理
君はヒルトンでずっと働いてればいいよ
最後はやっぱり泣いてしまい、切ない物語でした。
私は普通に温かい環境で暮らしてて幸せだなあって思いました

記念日

November 12 [Sat], 2011, 17:11
9/4は結婚記念日でした
結婚式をやったのが土曜日だったから、
土曜日にディナーへ行ってきました
本当は旅行とか行きたかったけど、としくん仕事なので…


色々調べたけど、近場がいーかーってなって、
隣の町内にある古民家イタリアンにしたよ
としくんチョイスで奮発も奮発の1万円こーす



フォアグラにキャビアにトリュフに手長海老に松茸に
鮎、牛サーロイン、まじ王道ゴージャス堪能できました
フォアグラの脂っぽさがまじで好きや
しかも絶対バルサミコが一番合うって自分は思う。
今回はそれに白桃&黄桃がついてて、たまらん〜
建物もすごく好きな感じだったけど、
味というか質がけっこうよかったから、
これからもたまに行きたいな〜


記念日や誕生日などあまり頭にないとしくんが
なんとプレゼントを買ってくれたと言う
黙ってられないらしくて前日からうれしそうに
「ぷれぜんと買ってきた」とばらしまくっていた
何だろうと楽しみにしてたら、
私が今とてもハマっている漫画、
「ママはてんぱりすと」を買ってきてくれたのでした
チョイスに癒されました
としくんありがたまきん



でも、入籍記念日(式の5日前)は完全に忘れてて、
夕飯も昨日の残り、しかも1品は腐ってたという…
もう普通の日以下のかんじとなりましたちーん


お父さんとお母さんと叔母さんもメールくれました
去年の今頃を思い出すと、準備でつらかったことが
真っ先に思い浮かんできてうえ〜ってなり、
式とか二次会はみんながいっぱい感動してくれて、
なんかみんなの心が盛り上がってくれたのが
一番うれしかったことを思い出しました
早く仲良しな人々の結婚式に参加したいなあ〜〜

はるたん、漫画、つぶやき

November 05 [Sat], 2011, 23:25
(だいぶ過去の話なのでもう今はないです)
はるたんの二次会の打合せ、結婚式の打合せが続いてます
私は結婚式でないのに、なぜ。とたまに思う。
りょうくんの店(かりや)か二次会会場(めーえき)で打合せ
私ととしくんに課せられた課題(余興考案)
今私の最大の悩みの種です
時間がもうないのに決まらない、でもどんどん時間は過ぎてく
これが本当に苦痛でけっこうブルーになります


でも、私たちの結婚式では肉体の限界を超えるような
たくさんの余興やプレゼントをみんながくれました
だから、私たちもがんばらなくちゃって思います
でも、いかんせん才能がないから超絶苦戦だよ…



りょうくんが心配してくれてよく助けてくれます
りょうくんとばんばんへ飲みに行って案をどんどん出して
練って何とか少し希望の光が見えてきました
私たちぜんぜん戦力にならなくてまじごめそです


わんぴーすの他に夏休みはまった漫画があります
それはママはてんぱりすとという漫画で、
漫画家の人が赤ちゃん(ごっちゃん)を育てる奮闘記です
これを読んでると、ごっちゃんのことが大好きになります
そして漫画家のあきこ先生はもうすっげい実物かわいかった!!
(yahoo画像検索より)
ごっちゃんはお母さんがいないとき、
お母さんのことブタと呼んでいるみたいだけど、
あれがブタだったら世の中の女は何になるんだろう…
トドとか…??
とにかくすごい笑えることがたくさん詰まっている漫画です



あとは今流行中のテルマエを1個だけ借りてみました
おもしろかったけど、2個目から借りようか迷い中
それより早くわんぴーす読まなければだしね
ついに最新巻まで貸してもらったのでね
この前仕事をちと手伝ったお礼におみやげをいただきました
もともとほぼかなづちだからいいんだけど、
これ食べて晴れてゴム人間になったら、
バス!っと辞表出して海に繰り出します


そして楽しみにしていたこいつを購入しました〜
大好きなろはん先生
久しぶりに会えてうれしかったです
早くNEWもりおー町読みたいなあ
まじでわくわくする4



この前昼寝したら7年ぶりにワゴンのバイトの
ヘルプに入るという夢を見ました
集合時間を何時間過ぎても辿り着けなくて、
めっちゃ疲れました
当時遠いな〜と感じていたパチ屋も今やどら近所です
二度とやりたくないバイト1位だなー


ななほに百均のつけまつげについてる接着剤を使うと
死ぬって言われて、突っ込みたいところがたくさんあったけど、
危険ということはわかったので、新しいのに替えた
絆創膏と同じ接着剤で安心安全と書いてありましたので

モルディ部6〜滞在3日目から帰国〜

November 02 [Wed], 2011, 19:54
ツアーから帰ってきてホテルへ
もうチェックアウトしてるから部屋には行けず
ホテル内にシャワールームがあるってアリさんが教えてくれて
シャワーを浴びている内に最後のサンセット見逃した〜
そしてシュノーケルセット返さなかんのに、
気づけばダイビングセンター閉店してたみたいで、
すごく焦ったけど大丈夫って言われたみたいで、
なあたんありがとん


シャワールームから出るとすっかり夜になっていた
9時集合だったから、夕飯食いにレストランへ
海老が食いたいって思って唯一あった海老の料理を
注文することにしたんだけど、
一皿30$だったからさぞかし良い海老が出てくることを
願っていたらなんかちっちぇー海老が4匹のみちーん
タンドリー味でうまかったけど、寂しかったね


滞在中すごくお世話になったアリさん
一緒に写真が撮りたくて夕飯前に偶然会えたから、
写真をとろうとお願いしたけど、
出発前に絶対会えるからそのときにしようって
で、結局出発前はアリさん他の客の対応で忙しそうで、
写真撮れずに帰ることになりました


3日間の滞在費&ツアー費&食費など全部の精算をしたところ、
15000円くらいしか使ってなくて安心
すごく安旅になったわーほんと
おみやげ買ってないのがでかいね


帰りのマーレ空港までのボートはすごく静かで、
船員さんとかもめっちゃ無言で、行きとの違いをすごく感じた。
マーレ空港に着いてからおみやげ屋さんを散策
欲しいものがまじでない(バリで買ったものばかり&バリよりかなり高い)
あと、ちょこれーとは他国からの輸入品で、
しかも暑いから一旦溶けて白く固まったものが多いから、
買わないほうがいいって各方面(?)から聞いていたので、
ほんとに買うものがなくておみやげは断念
唯一としくんへのおみやげとして、
滞在中まじでうまいと思ったカレーの粉を買ってった


帰りの飛行機もマーレ→チャンギ(シンガポール)で、
帰りは座席が窮屈なところだったせいもあって、
すごく長く感じてつらかったな〜〜
でも、ジバンシイのポーチに入った靴下と歯ブラシが
どっちの飛行機でももらえた
やっぱシンガポール航空はVIPやね〜
はんきゅう電車という映画を見てたが寝てしまい、
最後起きてがんばって見たけど、間に合わずでした


帰りはすごく寂しかったけど、
新幹線であっという間に地元へ着きました
モルディヴは砂と海の色が本当にきれいで、
同じ地球とは思えないような気分でした
いつかとしくんと一緒に行きたいなーって思います

モルディ部5〜滞在3日目〜

October 31 [Mon], 2011, 20:05
3日目
最終日ということもあって、朝食ビュッフェのボーイさんが
とても寂しがってくれて悲しくなりました
でも、しっかりとチップは請求されました
他のボーイさんも覚えてくれてて、
寂しいと別れを惜しんでくれました
「ななほゆきー」と声をかけてくれる従業員の人もいて、
ほんとにいろんな人と別れを惜しみました
いろんな人と触れあえたこともこの旅でうれしかったことの一つです
絶対にまた来るからね!!

朝食を食べてすぐに愛らんどほっぴんぐへ出発
愛らんどほっぴんぐとは他の島にほっぴんぐするということです
まずは 漁民の島に移動しました
イスラム教なので露出は避けた格好でと言われてて、
着いてすぐに上着を着てトレンカを履こうとしたが、
私たち以外誰も着込もうとする素振りなく、
トレンカを半分履いた状態でみんな移動し始めたため、
「ちょっと待って〜」と半分トレンカを履きながら歩くという、
情けないかんじになってたら一緒に行ったツアーの外人さんたちが
めっちゃわらっとった

漁民の島はめっちゃローカルなかんじで、
建物のかんじとかわくわく
おみやげはまじでバリと売ってるもの同じだった
でも、バリよりずっと高い
客引きもアジアと同じようにすごく、
ある店では「出会えた記念だからあげる」と、
女の人がタダでポストカードをくれたの

小さな店で、買ってあげんと可愛そうみたいな
雰囲気になって買わせる商法だと思うけど、
どうしても欲しいものがなくて買わずに店を出ました
アジアに何度か行って強くなった

それから別のリゾートへ行って、
もちろんやることはと言えばシュノーケリング笑

それから私たちのリゾートのすぐ隣にあるクダバンドスっていう
めっちゃ綺麗で有名な無人島に行って砂浜でお昼ご飯
それからはやっぱりシュノーケリング
クダバンドスはすごく砂が真っ白でほんときれいだった
結婚式があるみたいで、ヤシの葉でバージンロードを作って、
会場を設営してました
モルディヴ挙式ほんとに憧れる〜〜〜

それからまた別のリゾートに移動
ここはすごい大型リゾートだった〜
水上コテージがすごいいっぱいあって、
見学しようと歩いてたら、従業員の人が
「ここらの管理してる者だから部屋の中見せてあげる」
ってゴルフカーみたいなのに乗っけて連れてってくれた
そのコテージはほんとにほんとにゴージャスで、
大きな露天風呂に部屋のでかさもはんぱねー、
しかも何部屋もあって驚きのセレブ感でした

それからやっぱりまたシュノーケリングをやってると、
「こっちにもっといいポイントがあるよ」って
お兄さんが教えてくれて、そっちに移動
すごいたくさん魚がいっぱいいてびっくりだった〜

このツアーには私たち以外にもう2組日本人いました
1組は昨日のシュノーケリングツアーにもいた家族
小学生の男の子が今日のツアー中によく話しかけてくれて、
船の中ではずっとその子と喋ってました
しかも、その子があちゃそ在住の市の子だとわかり、
お母さんは私の市で働いてるんだって〜
すごい偶然だよね
あとで一緒にホテルのプールに入ろうって約束したけど、
プールで会うことができませんでした
でも、最後の最後にぷーるにいるその子を発見できて、
またおー○かのイオンで会おうね!と約束して別れました

もう1組はおじさん2人
最初はチャイニーズだと思ってました
漁民の島でちょっとした隙に現地の人と仲良くなって
一緒に煙草吸ってたりして、
さぞかし旅慣れした人なんだろうなって思ってたけど、
どこでも誰にでもめっちゃ日本語で挑んでてすげえってなった
しかも、天才バカボンのTシャツ着ててかわいい
その2人の会話から「泳いでこりん」という聞き慣れた言葉が…
もしかしてと思って声をかけると、
やっぱりここいらに住んでるってことが分かった
会社は私の住んでる市にあるって言うし!
ツアーにいた人偶然みんな近くに住んでて、
なんかとても運命みたいなものを感じてうれしかったです

帰りの船が出発するが、
寝て待ってたイケメンガイドさんをなんと置いていってしまう
という笑える出来事が起こり、戻ってガイドさん拾いに行きました
その後も何もなかったようにすましているガイドさん最高でした


写真の青いシャツの人がガイドさん

モルディ部4〜滞在2日目〜

October 29 [Sat], 2011, 19:36
翌朝、朝食ビュッフェで昨日のボーイさんと話し、
名前覚えててくれたよ(ゆかだけど)

モルディブではオプショナルツアーのことを
エクスカーションって言うらしく、
この日はシュノーケリングトリップを申込み、
翌日は1DAYアイランドホッピングを申し込んだ
他に行きたいツアー色々あったけど、曜日が合わず…

スノーケリングのセットを借りるのに
いろいろと大変だったけど、何とか借りて、
ツアーに出発しました
アリさんがいてくれるツアーでうれしかった〜

船で海に出て海に飛び込むんだけど、
すごく勇気がいりました
でも、飛び込んじゃいさえすれば、
すごくきれいな景色がいっぱいあって、
すげ〜〜〜ってなりました
ガイドさんが私たちが一番不安げと察知してくれ、
ずっとついててくれたというか、
ガイドさん&アリさんにずっとつかまって
シュノーケリングしておりました

私はいつもの通りなあたんより先に飽きて、
もう疲れたと言って船に戻った
その頃からなんかすげえ気持ち悪くなってきて、
次のポイントに移動してる間もげえしちゃうかと思った
それで、次のポイントでのシュノーケリングは中止して
船で横になって寝ていたんだけど、
金髪の男の子も同じように酔って横になってて、
仲間がいてちよとうれしー
なあたんが戻ってくるとウミガメ見れたよって言ってた
いいなあ〜〜〜〜〜

ホテルに戻ってまた風呂に入り、体を温める
風呂の栓が抜けなかったりして、困ってアリさんに言うと、
アリさんはすごく優しい人で外国ではあまりいないタイプ
というか日本の感覚に近いような優しい丁寧な人でした

それから昼飯〜〜〜
今日はソフトタコス&ハードタコスという
メキシカンな料理を食べました
味はメキシコっていうよりチャイニーズに近い、
オイスターな味がしました

それから島内で2人シュノーケリング
救命胴衣がないから浮き輪につかまってやったら、
足がつかないような何mも先まで底が見えない、
深いところまで行くことができて、
すごい興奮しました
ああ、ダイビングやりたいなあってすごく思ったけど、
それは恐くてできませんでした

浅いところに珊瑚がいっぱいあって、
多分珊瑚でだと思うけど、足を擦りむいた
としくんが海でやったけがはちゃんとしないと、
膿んだりするから気をつけてといつも言っていたので、
傷自体はほんとに軽いものだったけど、
従業員の人に絆創膏ありますかと聞いたら、
水上スポーツセンターに案内してくれた

そこでファビオさんなど数人の男の子たちと出会い、
こんなん大丈夫、ほっとけば治るって言われ、
消毒してもらいたかったけど、伝えられず、
絆創膏だけしてもらいました
(帰国してからすりむいたところがだんだん腫れてきて
かゆみとかも出てブツブツになって恐かった)
それからファビオさんたちといろいろ喋って
パソコンでマンタとかシュノーケリングでの写真を
いっぱい見せてもらったりして、
いつの間にか仲良くしてもらいました

海に入ったら寒くなる&じめじめになるので、
また風呂に入って、だいぶ長いこといました
なんかよく覚えてないけど、なあたんが
尻まる出しでタタターっと横歩きしてたりして、
もうすごい爆笑した

それからサンドバーに行ってバナナミルクシェイクを頼むと、
なんと南国なのにバナナ売り切れって言われて衝撃
なんで〜〜〜〜〜〜
ステージで子供たちが音楽に合わせてずっと踊ってて
すごい楽しそうにのってました


それからやっと腹が減ってきて今日は違うレストランへ
おすすめって店員さんに言われたメニューを注文しました
バスマチライスをスパイシーな香辛料で炒めたやつに、
野菜とか肉をヨーグルトで和えたやつと一緒に食う
うまいのか…と不安になったが、
この旅一のうまさでまじで衝撃でした

風呂に入ってて気づいたけど、2人ともすごい焼けてる
シュノーケリングのため裏面だけ見事に…
あと、2人とも便秘がひどくて苦しんでました

モルディ部3〜滞在1日目〜

October 10 [Mon], 2011, 13:20
翌朝、まずは朝食バイキングに行きました
ボーイは滞在中ずっと同じ人がついてくれて、
私たちの名前もだいたい覚えてくれました
毎日喋るので、少し仲良しになりました
モルディブの男の人たちは大抵何でも
口説き気味の口調だということがわかりました
(日本語ガイドのアリさん除く)

朝食のカレーがまじでまじでうまい
さすがインドやスリランカが近いだけあって
めっちゃうまい。チャパティにつけて食った


それから島をぐるっと一周した
とかげにすごくいっぱい会います
触ったりはできないけど、なぜか写真に撮ったりする
余裕や嫌いじゃない感はありました。
モルディヴは100個以上の島で出来ていて
1つの島に1つのホテルが建っていて、
島内にはホテルの経営する店以外は何もないです
レストランもスパもダイビングセンターも
全部ホテルのやつしかないから、
お金も最後にまとめて払うという仕組み
島も狭いから一周なんて1時間もかからない
それでも私たちの滞在したとこは大きめらしい

島の真ん中には従業員の人たちの家とかがあって、
そこを通るとめっちゃローカルなかんじ
子どもたちもいるし、モスクもあったし、
調理場からココナッツミルクのカレーのいい匂いがして、
そのときすんごいしあわせ〜って思った


ビーチスポーツは高くて断念して、
とりあえず浮き輪膨らまして部屋の前の海で泳いだ
きれいすぎて浮いてるだけでも楽しい

すぐに体が冷えて2人で風呂入った
あったかくて気持ちがE〜〜〜〜


それからレストランで昼食
ナシゴレンとサテ、パッタイという
タイ料理をチョイスしたけど、
量が多くて次からは2人で1個と決めた
普通にうまかった4
飯食ってたら夕立がきて一瞬で止んだ

それからスパで無料の肩マッサージがあって
少し時間があったので、テニスやっちゃいました
職場のポロシャツ来てアピールしときました
テニスむっちゃ楽しかった
モルディヴ来てまでかもしれんけど、
あれはやってよかったわ〜〜
全セットゆったんの勝ちでしたけどね
テニスやってたら虹も出てて綺麗だった〜
でもボールがカビててまじ手が臭くなった
「めっっっちゃくせえ!」をそれぞれが連呼しまくってました


それからスパにいってマッサージ
すごく日本に興味を持ってくれる女性スタッフ×2で、
私が「きもちい〜〜」って喜んだ日本語に
ものすごい興味を持って爆笑してて、
「きもてぃEー」って店員さんも連呼してた
いろいろお話してすごい楽しい時間だった

そうして夕焼けな空になってきたので、
サンダウナースバーというBARに行って
夕日を見ながらお酒を飲みました
すごーく綺麗だったけど、あっという間に
夜に変わっていきました
あと海を見下ろすと、その辺はベイビーみたいな
鮫がいっぱいいてすごいかわいかった(害は一切なし)


夕飯はココナッツミルクのカレー
米がパスタみたいな米で不思議なかんじだよ
多分バスマティライス
慣れてくるとうまいっていうか、向こうのおかずには
普通の米よりこっちのほうが合っててうまかった
カレーもむっっっちゃうまかったよ〜〜

それからサンドバーでイベントがあると聞いてたけど、
疲れて行く気になれず、部屋に戻って就寝しました
THANXXX☆
アイコン画像あちゃそ
» マラサダ (2011年11月23日)
アイコン画像ユータン
» 探偵はバーにおる (2011年11月19日)
アイコン画像ユータン
» 探偵はバーにおる (2011年11月19日)
アイコン画像あちゃそ
» 探偵はバーにおる (2011年11月19日)
アイコン画像みー
» 探偵はバーにおる (2011年11月17日)
アイコン画像
» 探偵はバーにおる (2011年11月14日)
アイコン画像みー
» 探偵はバーにおる (2011年11月14日)
アイコン画像
» モルディ部6〜滞在3日目から帰国〜 (2011年11月06日)
アイコン画像
» モルディ部6〜滞在3日目から帰国〜 (2011年11月06日)
アイコン画像
» はるたん、漫画、つぶやき (2011年11月06日)
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
MaiL

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/maliburepublic/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる
P R
★わたしについて★
将来の夢:夢博士
 
電話出る率:★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
だいすきなもの:
ダンス・まんが・ひっぷほっぷ・夏・ココナッツ・お酒・おもちゃ・サスペンス
 
ももいろ・おとこのこ:
ジェシー&かねこ(らいず)
 
すきなおさけ:
まりぶ・べいりーず・ラトマト・芋焼酎
 
すきなにおい:
りんご・バリのにおい・赤ちゃん・ありゅーるオム・チャンダン
 
すきなえいが:
不思議の国のアリス・千と千尋・トトロ・ぺいふぉわーど・蒲田行進曲・三谷作品・Vシネ
 
きらいなたべもの:
アスパラ・ぐりんぴーす・豆腐よう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユータン
  • アイコン画像 趣味:
    ・サスペンスだいすき
    ・ダンスだいすき
    ・まんがだいすき
読者になる