ことば 

February 15 [Sat], 2014, 21:27
弱い自分を変えたくて。

強くなりたいなって思いながら毎日まいにち、生きてるかんじ。

望み通りにいかないこともたーくさんあるけど、

それすらも受け入れてずんずん前に進む力がほしいんです。



ことばの力ってのは、

とても偉大だなと思い知らされました。

2013年。

この半年で一番多く使った言葉はたぶん、

「有り難う」で

次がたぶん

「頑張ろう」。



僕は、ちょっと油断すると、いろんなことを「当たり前」の事だと思ってしまうから。

そうじゃないんだって、文字通りね「有り難い」事なんだって、心がけるようにしてます。



そして、いままでなんでもかんでも周りの環境や他人のせいにして、

自分のこと守って、傷つかないように甘やかして逃げてばっかりで、

でも、そんなのがほんといやで、

本当に抜け出したくて、

だから、

今の自分の状況の、一切の責任を自分で負うようにしようじゃないかと、

そういう気持ちから「頑張ろう」と言い聞かせています。



すぐに周りからわかるほど、目に見えて変われるもんでもないと思うけど、

でも、内面的に確実に変わってきていると思うなぁ。

そして、デンマークに行ったことは本当にいい経験になった。

「hygge」って言葉がもつパワー。

感謝です。



逆に

自分が言った

素直じゃない、嫌な、ひねくれた、意地悪な、嘘みたいな言葉たちは

自分の口から出た瞬間、すごい力で自身に取り憑く、とでも言えばいいのか。

地球はまぁるいから、自分に還ってくるんだよね。

結局自分が苦しむとでも言おうか。

だから、本当にできるだけ口にしないとこからはじめて、

そのうち、そういうことを考えることすらなくなるようにすんだ。



もう、本当に消えてしまいたいという気持ちが

何度も何度も押し寄せて、

苦しくて苦しくて仕方がない日々だけど、

それと同時に

周りの人の優しさ、温かさ、気遣いとかをすごく敏感に感じる事ができて、

つらい思いしてるぶん、学んで成長しなきゃなぁという感じです。

そして、学んだ事や頂いた物事は、ちゃんと周りに還していきたい。

誰か大切な人が辛いときには、力になりたいし、

ハッピーなときには、一緒に楽しくなりたい。

そういうこと、出来る人になれたらいいなぁ。

なっぺ。




涙腺がね、本当におかしくて、

これ書きながらも

ほんとうに頭おかしくなるほどぶわーってなってたりもするけど。

まぁきっと、だいたいは相変わらずの僕です

親友が座右の銘にしていたフィリップ・マーロウの台詞。の原文。

If I wasn't hard, I wouldn't be alive.

If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.

ぼくも噛み締めてます。

僕にとっては、

強く、優しい存在になって、大切な人のそばにいられたらいいなって。

ただそれだけ。でも十分、偉大で立派に僕は感じます。

叶えるために、自分で動けますように。

drømme om  

September 30 [Mon], 2013, 23:36
前言撤回せねばな。

夢を仕舞い込むことはない。

実現できるように、

いつでもイメージできるように、

言葉にしていこーっと。



うじうじしてんのがいーちばんよくないよね。

さて写真。



コペンハーゲン中央駅からすぐの遊園地「チボリ公園」を見つめるH・C・アンデルセンの像。

アンデルセンは週に一度はこの公園を訪れて、物語の構想を練っていたとか。

僕もすごく気に入ってしまい、

何度でも入場できる「cOPENhagen card」を購入したのをいいことに

滞在中3回も訪れました。

かのウォルト・ディズニーもディズニーランドの参考にしたようです。

前の日記にかいた"hygge"を強く感じたのもこの場であったりします。

いいところ。





アンデルセンの物語『人魚姫』をもとに作られ

ちょうど100年前、1913年8月23日に完成し公開された像。

「世界三大ガッカリ」として有名だとか。

たしかにこぢんまりとそこにいた感はあったが

しかし、ガッカリするかどうかは、心の持ち様、

ちなみに@

この像を作らせたのはビール会社大手「Carlsberg」の2代目社長Carl Jacobsen。

劇場で『人魚姫』のバレエをみて感激して作らせたとか。

ちなみにA

人魚姫のはずなのに、モデルの女性の脚が美しすぎたため、彫刻家が脚の姿を残したらしい。

のちに彫刻家Edvard Eriksenはモデルの女性(上記のバレエのプリマドンナ)と結婚。

そんなエピソードなんかを知ると、なんかいいですね。

周りには「がっかりしてきたー」とか言ったりしたけど

実はがっかりしてません。

さて、どんどん進もう。

hygge 

September 29 [Sun], 2013, 1:48


あなたに見せたい景色ばかり。

あなたと一緒に食べたいものばかり。

あなたの隣で歩きたい道ばかり。

あなたと飲みたいお酒ばかり。



"hygge"

実際に行った人にしかきっとわからない

その国独特の言葉の意味を

しっかり肌に感じて

日本の、僕の小さいアパートに持ち帰ってきました。



僕の夢。

上手く、さよならなんてできるはずないけど。

今は一旦しまって。

新しく手に入れた靴と一緒に

少しずつ前に歩いていこう。

明けましておめでとう 

January 14 [Sat], 2012, 1:12
昨年の目標の

到達具合をみて、

そして今年も目標たてるんだ



昨年は、

目標としてた週に1冊の読書。

達成率約8割。

でもいいんです。

数としては達成できなかったけれど

質はよかったはず。

小説ばかりじゃなくて、

新書やら、ナントカカントカの入門書やらを

だいぶ読み、

そして実践したりと、

血の通ったというか、

肉となりほねとなる本との付き合い方ができた、

そう思います。



あとは、いろいろほんきにならなくちゃな







さてねるか

なえばー!! 

August 21 [Sun], 2011, 23:54
去年のFUJIに行った後に
次のFUJIへの誓いを立てていたが
今年のFUJIは…


予定が合わずに1日しか行けなかった…


がしかし

一日いけただけでもよかったよ。

詳しくはまた更新しますー




あけ 

February 07 [Mon], 2011, 19:15
明けましておめでとうございますー

もう2月だけど



1月が早くも終わってしまった

今年は週に1冊は本読みたい

ただいま絶賛遅れ中

まだ4冊



あとはからだ鍛える。

健康に気を付ける。

お金ためる。

たくさん音楽聴く。



そしてなにより…

これはナイショー



ま、将来が楽しくなるように自分にたくさんいろいろ投資したいなー



facebookおっぱじめました!!

全然使い方わからんけどね…

知り合いの方でやってるひといたら、

フルネーム(ローマ字)で検索してください


そしていろいろ教えて




んでは今年もよろしきゅー

12がつー 

December 06 [Mon], 2010, 21:42
ひさしぶりに

日記



そうそう

もう12月。

なんだかよくわからぬまま2010ねんが終るけれど。

なんだかよくわからぬままいろいろ予期せぬ方向に事が運んでおりますが。

その場で「やってみたい」「面白そう」と思ったことを

あんま深く考えずにやってみた。

なんだかなんとかうまくいくもんです。

そしてお金はないけど(笑)楽しい毎日です。

体だけは壊さないように気をつけてみるー

というわけで

今年の残りと来年も

よろしくー

丸い地球で季節を感じて歩いてみようか 

October 05 [Tue], 2010, 2:20
心が荒れているー。



嫌なこと
むかつくことばかりが思い出される。

こんな時間に起きてるからだろうか

自分の姿が表れてんだろうな。

深呼吸して

胸のもやもや吐き出して

そして寝よう。



一生懸命やっている人を誰がバカにできるだろう。

誰が人の生き方にケチつけられるだろうか。

僕は自分のことすらできてないから、

ぃやになっちゃうよ〜

たいやきくん



この場は、

僕にとって言いたいこと言える数少ない場なのです。


ありがとうSEASONs

たまには言います

本音。



嘘つかずに素直でいられたら

僕の回りの世界はきっといまよりすこしばかり醜いものになってたろうけど



もう少し楽だったんじゃないかな。



ドラえもーん

苗場にただいま 

August 06 [Fri], 2010, 2:33


今年もFUJIにいってきたぜ。

前夜祭と1日目だけだったけど。

すげー楽しめた。

Them Crooked Vulturesが見たくて行ってきた。

むしろそれだけのために行ったといっても過言ではないくらい。

そして予想通りやばいライブだった。

ライブってこうだよなぁって思った。よくわかんねーけど。

FUJI ROCK '08 @FIELD OF HEAVENのLETTUCEに並ぶ

すげーライブだった。

ジョンジー。デイヴ。ジョシュ。

生きた伝説をこの目で見られたのが幸せ



今年は、いろいろ予想が的中して楽しめたFUJIでした。

テイラーのとこでデイヴが乱入とか予想してたおかげで5メートルくらいのとこでデイヴのドラム見られたわ。

ふらんくざっぱのせがれはやっぱ変態だったりとか。

そしてBEARDYMANも期待通りすごかったな。

LOCAL NATIVESのハーモニーもすごく綺麗だったし。



予想外だったことは

superflyが思ってた以上に歌がすごかったこと。

あんまり歌うまくないという評判も聞いてて

CDでのあの歌唱力をライブで1時間とかキープできんのかなって不安に思ってたけど

そんな不安が吹き飛ぶパワフルさだった。

声を張らない時もちゃんとボーカルが前に出てきてたし。

ただ何を歌ってんのかはわかんなかった。


あとCORINNE BAILEY RAEのライブが

ジャズバーみたいなしっとりした雰囲気の中で行われてたのがびっくりで印象的。

さすがコリーヌ。FUJIであんな落ちついたステージ作るアーティストがいるとは思わなかった。


あとはMUSEが予想外に、すごく微妙だった。

CDでは結構好きだからライブが微妙に感じたのは完全に俺の好みの問題。

一般的に見たらすごく出来のいいライブはしてたけど。

best live act in the world todayとか受賞したっつーから

ライブに期待しすぎたせいもあり、おれはがっかりだった。

マシューが相当な完璧主義者みたいだから

ライブはああなって当然なのかもしれないけど、なんかPVみてるみたいだったなー。

捉えようによってはすごいことなんだろうが。

次に見るときは先入観なしで楽しめそうだ。



そんなんもあって

最後はやっぱりFIELD OF HEAVENに行ってしまった。

HEAVENは誰が出てるとか関係なしに、とても雰囲気良くて好きなんだな。

モニターも派手な照明の演出もなく、「生」って感じもすごくいい。

ちなみにCharさんでしたが。

生スモーキーで爆笑してしまった。

あーたのしかった 笑

特に連絡とってない後輩たちと偶然鉢合わせて乾杯できたのもめっちゃ楽しかったな 笑



早く来年にならないかなー

来年こそは

再結成したPHISHがまたFUJIに来てくれることを期待。

そして来年のFUJI楽しむために3つの誓いを立てたので

それをちゃくちゃくと実行していきたい。

夢の彷徨い 

July 16 [Fri], 2010, 2:16
切ない夢。

夢から覚めて、

夢の内容思い出しながらの
うきうきした気持ち。



夢。

学校。

教室、それも大学のようなおっきい教室じゃなくて、

中・高の頃のような教室

もう二度とは訪れない日々。

実際にも小・中・高とだいたいいつもクラスで一番早く登校してた自分だけど、

夢の中でも早く登校し、

同級生が来るのを待ってる。

連休明けみたいな、久しぶりの再会って感じ。

俺は今のまんまの俺で。

実際の同級生たちが少しずつ教室に集まってくる。

ワイシャツの白が朝の光に眩しく洩れて。

みんなとの久しぶりの再会にわくわくしてる。

1時間目の用意しなきゃって。

ざわつきが止まない教室。



いつまでも子供でいたいのかーーー!笑

よしっ、こうなったらとことん大人にならん!笑

Yapme!一覧
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
comments
アイコン画像ひろゆき
» 明けましておめでとう (2012年01月19日)
アイコン画像mariner
» 明けましておめでとう (2012年01月18日)
アイコン画像ひろゆき
» 苗場にただいま (2010年09月04日)
アイコン画像mariner
» 苗場にただいま (2010年08月08日)
アイコン画像ひろゆき
» さっき  見た  あれは… (2010年07月02日)