【 更新情報 】


←すごく癒されます

国内ならここが最高です
>>クラブメッド・カビラビーチ

Jモルディブ4日目 ノーチャージディナー

今日の夕食は、カンドゥレストランで昨日予約をしたフレンチディナー。
ノーチャージ・ディナーです(無料)
有料のはこのノーチャージのディナーにロブスターが付きます。
いつもと違うコースのディナーなのでちょっと贅沢な気分です。
ま、料金はオールインクルーシブなんですが・・・

この日は、メインダイニングはロックがテーマ?なんでしょうか。
入口にエレキギターが。


毎日テーマが違うんですよね。
ほんと毎日毎日すごい。

そろそろ辺りもいい雰囲気になってきたのでそろそろディナータイムです。




【カンドゥレストラン入口】



1杯目はビール。
いつもは自分でサーバーから入れてたんですが、カンドゥでは持ってきてくれます。
ワインも陽気なウェイターがすぐに注いでくれます。
4,5杯飲んじゃいました。


まずはスープ。


そして前菜


メイン料理


最後はデザート


味はどれも満足。
雰囲気もすごく良くて、最高でした。
ただ、ちょっと暗くて写真が手ブレばっかりです。


料理が足らなかったら後でレストランに何かつまみに行こうかなって
思ってたのですが、十分足りました。というか飲み過ぎたのかも。

ライブもやってました。この空間での生ライブはすごくいい。
ちょうどバラードが流れてたんですが、なんか時間がゆっくり流れてて・・・あー最高。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
にほんブログ村

Iモルディブ4日目 【午後】首都マーレ観光

昼からはモルディブの首都マーレ観光に行きました。
政治・経済の中心で貿易港ともなっている島です。

申し込みをしたマーレツアーには
1組に一人案内してくれる方がついてくれるので安心して観光することができます。
日本人は私たち二人だけでした。

ジェットコースターのようなスピードボートで30分。
いきなり目の前に現れました。

【首都マーレ】


すごく異様な光景です(この写真じゃわかりにくいかもしれませんが)
周りにはなーんも無いのに。
この島は島中ビルだらけ。しかもカラフル。
いっぱいにつまったおもちゃ箱から飛び出しているみたいな。

世界一人口密度が高いんだとか。

島に到着するとすぐにガイドさんが寄ってきました。
向こうの人って結構小柄な人が多いです。

挨拶を交わしたらすぐに観光案内。
日本語ペラペラなんですごい驚きました。
後で聞いたんですが、モルディブ語、英語、インド語、日本語、イタリア語の
五カ国語話せるって言ってました。

何カ国語も話せる方が給料もいいんだそうです。
雇う側からしてもそのほうが得ですしね。


観光名所が何カ所かあるのでそこを順番にまわっていきました。

ガイドさんから
軍の建物だけは写真撮ったらダメって言われました。

【お墓】


サンゴを削って造られているんだそうです(大きいほどお金持ち)
今はサンゴを採ることができなくなってますが昔はサンゴだったらしいです。
家の壁もサンゴのところがいくつかありました。

【モスク】


町の中はSONYとか有名ブランドのお店やおしゃれなカフェがありました。
途中休憩に寄ったカフェはオシャレでフレッシュマンゴージュース飲んだのですがすごい甘くておいしい。

以外だったのは物価が高くて日本とあんまり変わらない。
でも給料は高くなのでガイドさんが借りているマンションも月7,8万するので3人で部屋を借りているみたいです。

【市場】


【魚市場】



それにしても、町中がバイクだらけ。あらゆるところにバイクが駐められてあります。原付でも十分かと思うんですが、もう少し大きなタイプのばっかり。


1時間もかからないくらいで、主なところは見終わり、それからおみやげを買いに行きました。
ガイドブックに載っていた「花まる子」。なぜか日本語。ぼったくり価格でした。
怪しい店員につきまとわれ、変な日本語でコレイイヨ、ヤシの実のこれの、貝殻のこれの、・・・これの・・・
これのこれのばっかり言う変な店員でした。



左がガイドさん。こんど、日本へ日本語の勉強に来るらしく、大阪にも寄るみたい。
いいとこ紹介してって言われましたが・・・大阪城や通天閣、USJくらいしか思い浮かばない。
水族館ある?って聞かれたので海遊館ってのがあってジンベイザメもおるでって教えましたが、モルディブにいて水族館に行きたいものなんでしょうか?
ペンギンはいませんが、自然のジンベイザメとかみれるのに。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
にほんブログ村

Hモルディブ4日目 シュノーケリングツアー

4日目は、昼からモルディブの首都であるマーレ観光を予約していたので、
朝はシュノーケリングに行きました。もちろん無料です。
この日の朝食はルームサービスを頼んでみました。

【朝食】


モルディブに来てから、前半のんびりとしていたので結構日程が詰まってきました・・・
明日でこの楽園ともおさらばしなくてはいけない。
来たときは丸4日もあるって思っていましたが、ほんまあっという間でした。

ボートで10〜20分くらいいった所でシュノーケルをするのですが
予約の必要はなし。
時間に桟橋へ行けば参加できるとのこと。


30分前に行ったら結構人がいます。
午後にもこのシュノーケルのツアーはあるので、午前は空いてるかなって
思っていたのですがそんなことはありませんでした。

初めての人は泳げるかどうかテストがあります。
テストといっても20mくらい泳ぐだけでした。

シュノーケルのセットを借り、いざ出発です。
そういえば、島から離れるのってこれが初めてでした
来たときは夜だったので海が全然見えなかったんですよね。
すっごい色です。


【ボート内】


15分くらい行ったところでシュノーケリング開始。
初めてのシュノーケルでドキドキしてましたが、沈む心配は無いので安心です。
それに、海がキレイなんで底まで見えるってのも怖くない。
日本の海って少し深くなると真っ暗なんでそれだけでちょっと恐怖。

最初は結構深い場所でしたが、少し泳いでいくと浅いところもあるので
珊瑚を踏まないように注意しながら泳いでくださいとのこと。
大きな珊瑚や熱帯魚がたくさんいます。


ちょっと水が濁ってるみたいな気はしましたが、でもかなり視界良好です。

珊瑚の端はすっごく深い。崖みたいになっていて、さすがに底は暗くて見えません。
ここはちょっと怖かった。


あっという間に時間も終わっちゃいました。

【おつかれさま】


こんなに楽しいなら早く行っておけばよかった。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
にほんブログ村

Gモルディブ旅行3日目 夜の浜辺でのディナー

スパが終わって、ちょうど18時ころ。
ふと前をみたらカウンターに人が並んでました。
無料のディナーの申し込み18時からやったのをすっかり忘れてたんです。

カンドゥレストランは毎日オープンしていないので今日逃すともう
行けないかもしれないのであわてて列に並びました。
結構な人が並んでたのでちょっと心配でしたが無事予約完了。


浜辺を見るとテーブルがずらーっと並んでて、料理の準備をしている。
もしかして今日はアウトドア?

そういえば夕方スタッフが浜辺でなにやら組み立ててたがあれはテーブルやったわけですか。

日が落ちだんだん暗くなってくるといい雰囲気になってきた。
オレンジ色のランプで浜辺一体がぼんやりと幻想的に照らされ
向こうのほうからライブ演奏が聞こえてくる。
テーブルに着くと浜風と暗闇から波の音。

 




今までに体験したことのない雰囲気でのディナーですごく気持ちが良かったです。
海から吹く風も心地よく日本とちがって全くベタベタしないし、虫も全く寄ってこない。

こんなことを日本の海でしたらすごい虫になりそう。
少し飽きてきた夕食でしたが外で食べるとまた違った。
ワインボトルとビールをテーブルに持ってきて二人で乾杯をし大満足の夕食でした。


向こうの方からなにやら歓声が上がっているので何かなとみていると
スタッフが白いナプキンを頭の上でグルグル振り回しながら近づいてきた。
ちなみに真ん中に写っているのが村長です。


すごい盛り上がって周りのみんなもブンブン振り回して大歓声のなかパーティーが終了しました。

【パーティー後】



その後、GOショーが近くであったのでちょっとみましたがお遊戯会みたいで楽しかったですよ(笑)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
ほかのリゾートへ

Fクラブメッドカニフィノール3日目 バリ式エステ

夕方になって明日のスパの予約をしに。

【クラブメッドスパ入口】


新婚特典だったバリエステで一人50分のコースです。
価格表みたらなんと1万円近くしていました。とりあえず予約だけ行っとこっかとエステのカウンターに行ったら「イマカラデモイケマスヨ」となんとか聞き取れる日本語で言われたので、急でしたがやってもらうことにしました。今後の予定も埋まってきたのでちょうどよかったです。



【待合室】


まず4種類のオイルから好みのを選ぶんですが、説明が英語なので二人とも
「はぁ」「へぇ」
としか言えず。
唯一「Relax」だけ聞き取れたので奥さんはそれ。
僕は香りでオイルを選びました。


【スパルーム】


部屋に入ると
「パンツイチマイニナッテクダサイ」
といわれたんでそれに従いうつぶせ。

エステ初めてでしたが気持ちいい。
もっとくすぐったいのかと思ってたんやけどいい気持ちでした。
ただ、仰向けになって余分なものがついたお腹まわりのマッサージは無理でした。
50分もあっという間に終わり体中がオイリーになりましたがいい時間を過ごせました。



スパはすごくよかったです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
ほかのリゾートへ

Eクラブメッドカニフィノール3日目 島を散策

ちょっと時間もできたので島を散策しに。
ぐるっと一周まわっても20分くらいって聞いてたので行ったことない場所とかを見にいきました。

巨大チェス

小さい子供人気でした。

ホテルタイプの部屋



とりあえず、海岸沿いに歩いて行きました。


歩いて20分とはいえ砂浜を歩くのって結構しんどい。

うつぼ?みたいなの発見


島の中にはサッカーグラウンドがありました。でも誰もいないので大きな鳥が数羽占領してました。



あと、滞在中にバドミントンとかダーツの試合もしてましたが
あの風の中じゃバドミントン無理でしょう・・・
ダーツの距離も異様に近かったし。

島の奥の方にはクラブメッドで働いている人達の宿舎や浄水施設などがありましたが
一般人は立ち入り禁止になってました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
ほかのリゾートへ

Dカニフィノール3日目 サンライズ

サンライズの写真を撮ろうと思い今朝は早くに起きてみました。
モルディブの日の出時間とかわからないのでとりあえず6時に起床。
奥さんも無理矢理起こしつきあわせることに。

だんだんと出てきました。




【ベビーシャーク】

【エイ】

撮影も終わり朝食へ。
【本日の朝食】

ツアーデスクへ行き、マーレショッピングとシュノーケリングツアー、それと水上飛行機での遊覧飛行を申し込みました。
シュノーケリングは毎日の午前と午後の二回だったけど
マーレショッピングは曜日が決まっているみたいで水上飛行機も毎日じゃなく飛行機会社の予定によっては飛ばないらしい。さらにどっちも何人かは集まらないとダメみたい(何人かは忘れました)で、当日のお昼にツアーデスクに決行するかどうかと時間を聞きに来てくださいとのこと。
シュノーケリングは予約いりませんでした。

でも、今日の遊覧飛行は人数も集まったので決行するから、お昼になったら時間を聞きに来てくださいということでした。
それまでまたシュノーケリングをして、お昼になったので遊覧飛行の時間を聞きにツアーデスクへ。
16時からってことだったのでとりあえずビールを飲みに(昼食です)

でもそのころからだんだんと雲行きがあやしくなってきた。
食事をしようとレストランに入り席に座ったと同時に雨が・・・

でも10分くらいしたらパッとやんでしまった。


ただ、空が曇っていたのでこれで遊覧してしたくない。
二人で3万円以上かけて行くのに曇り空じゃあんまりやん。
遅めの昼食をすませ部屋に戻ってカメラの準備をしていると部屋の電話がなり、遊覧飛行は中止になったとの連絡があった。
キャンセルの手続きをしにあとでツアーデスクへ行かないといけなくなったが、このまま飛んでも何も楽しめないから助かりました。

日程変更になるんだけど、明日はマーレショッピングがお昼から入ってるので無理。。。
結局最終日の夕方からになりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
ほかのリゾートへ

Cカニフィノール2日目【午後】

お昼の時間くらいになったのでとりあえず昼食を食べに。
デザートに目が釘付けになりながらも、とりあえずパンと生ビール(カールスバーグ)。


クラブメッドでは昼からビールやワインが飲み放題。ワインはボトルごとテーブルまで持って行って飲みます。
ジュースは、オレンジ、グァバ。
あとミルクや炭酸ジュース(コーラとかスプライト)があるのですが、炭酸ジュースはどれも炭酸が半分くらい抜けてる。
微妙・・・

たらふく食べたのでゴーグルとシュノーケルを買おうとブティックへ・・・
・・・高い!
6千円以上してる!
高い!高すぎ!
でもほかにお店もないので仕方なく買いました。

部屋に戻り海へ入ることに。
もちろん水上コテージから。
それ、ジャーンプというほど深くないのでハシゴで海の中へ。

びっくりするくらいの透明度。そしてすぐそばに魚がいる。

ゴーグルつけて顔を沈めるといるわいるわ。大群が。


30mほど歩けば珊瑚礁で
ちょっとのぞけばすごい世界が。上からのぞいてるだけじゃ全然わからなかったけどこりゃすごい。


何時間でもこうしてぷかぷか浮きながら海の中を見ていることはできそうだけど
シースポーツもしてみたいのでとりあえず反対側の浜辺へ。

泊まった方の海よりも反対側の海のほうが青かったんですよ。
でも魚はこっちのほうがたくさんいました。
【反対側】

泊まった水上コテージの反対側(桟橋があるほう)には
セーリングやウインドサーフィンもしたかったのですがとりあえず簡単なシーカヤックに乗りました。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
ほかのリゾートをみる

Bモルディブ カニフィノール2日目【午前】

朝10時に集合して日本人G.O.から施設の説明を1時間ほど受けました。

と、その前に朝8時ころ起きカーテンを開けると
じゃーん!

って、透明なのは伝わるかと思いますがあんまりキレイに写ってません。
ので窓からじゃないですが
じゃーん!


期待通りの海!
これよこれ。

テンションかなりあがってました・・・
なんせめちゃくちゃ透明な水。
ちょっと向こうは青い海。
そして海を歩く美女・・・ん?
あれ?
上半身水着、着て無くない?
まじっすか。
モルディブってそうなん?
え?
とにかくめちゃくちゃ美人でした。5日間見てきた中で一番だったと思います。

とまあ、さらにテンション上がりました。
海に入りたい気持ちを押さえてとりあえず朝食を食べにレストランへ。

レストランへ行くまでもあちこち見ながらだったので時間かかりました。
暑さは全然ですが、日差しは朝からきつい。首がジリジリと焼けていくのがわかりました。
朝食を軽く食べ(パンがおいしい)説明を受けるために集合場所へ。
ここでわかったのですが、シュノーケリングツアーに申しこむとゴーグルやシュノーケルを貸してもらえるが
それ以外では貸してもらえないことが判明。
えらいこっちゃ。
オールインクルーシブなんだし、貸してもらえると思っていた二人。
仕方ないのでブティックで買おうかと。せっかくここまで来てシュノーケルがないと来た意味ない。


説明が終わったのて撮影しながらいったん部屋に戻ることにしました。
とその前に、支払いを楽にするためにデポジットカードを発行してもらいました。


ちょっと水上コテージ内を紹介。

【バスタブ】              【洗面所】           【シャワールームとトイレ】









つづく・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
にほんブログ村

A1日目マーレ空港〜カニフィノールに到着

耳がまた痛くなりながらマーレへ到着。
関空〜クアラルンプールは日本人の添乗員がいたけど、マーレまでは日本語一切なしなので意味わからず。
乗って少しすると夕食の時間。
【夕食】


マーレは小さな空港なので歩いて中へ。飛行機出たらやぱり南国だけあって暖かいというかなまぬるい。
荷物をとって入国手続きを済ませ外へ出ると出迎えの人がわんさか。

現地人が寄ってきたんでちょと警戒してると「どこ」って聞かれたので「Club Med」と答えると11番のカウンターに行ってといわれた。なんや案内の人やったんや。

行くとクラブメッドの日本人G.O.のあんずさんに案内され全員が集まるまで待つことに。夜なので海のキレイさが全くわからないけどちょっと海をのぞいてみるとライトが当たっているところが透けている!
周りには10名くらいの日本人と外国人が何人かいました。集まったのでスピードボートに乗っていざカニフィノールへ。
乗るとすぐに、ここでもおしぼり渡された。
このスピードボートいろいろな人がもう乗りたくないとブログに書いてたのでどんなもんかとおそれていたけどそれほどでもなかった。ちょっとしたジェットコースターくらい。自分の中ではディズニーのビッグサンダーマウンテンくらいだと思う。辺りは真っ暗なので何もわからなかったけど。

カニフィノールに到着し、ライトアップされた桟橋などにちょっと感動しながらレセプションへ。レセプションというのはフロントみたいなもんで、両替や荷物を預かってくれたりします。常時じゃないけど日本人G.O.もいるので安心です。
と、ふと桟橋から海をのぞくとベビーシャークやエイ、魚がライトに集まってきていました。到着して初めてみた魚がサメやらエイだったんでちょっと驚きました。

【別の日に撮影した桟橋】



レセプションに行くとG.O.達がお出迎えしてくれ、またもやおしぼり。
ついさっきもらったばかりなのに。
こういうもんなんか?

施設などの説明は明日の朝にしてくれるということで
簡単な説明だけを受けG.O.に部屋まで連れて行ってもらいました。
村長は陽気なイタリア人でした。クラブメッドを一つの村と仮定していて、支配人の人を村長って呼んでいるんだそうです。

レセプションから水上コテージまでは結構な距離があるように感じました。
夜で真っ暗だったのもあるかもしれませんが、水上コテージってどれも同じに見えるし外出したら自分の部屋まで戻ってこれない気がしたくらい。
部屋に入るとフルーツやシャンパンがおいてあり、天蓋付きベッドの上には、バスタオルをハートの形にして飾ってありました。


【天蓋付きベッド】



BARが夜の1時過ぎまでは開いているって話だったのでビールでも飲みに行こうかと思いましたが迷いそうなのでやめておき、辺りの写真を撮ることにしときました。時間は24時くらいだったけど日本時間でいうと朝の4時。
そろそろ寝ておかないと。
【夜の水上コテージ】


朝起きて窓を開けたとき、海のキレイさに驚く準備だけして寝ることにしました。。。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
にほんブログ村