ロビンソンクラブ 水上ヴィラ その1 

2011年02月04日(金) 10時24分
モルディブ・ロビンソンクラブ、水上ヴィラ室外編



ロビンソンクラブ・モルディブの水上ヴィラ

ロビンソンクラブでの正式名称はラグーンヴィラです。


nansui達は、テラスが北西向きの1116号室でした。

夜になると、桟橋上のこのナンバープレートにライトが当てられます。
暗い中で部屋を探すのに大いに役立ちました。


上空写真でみますと、水上ヴィラはVの字状の桟橋に並んでいます。

水上ヴィラの部屋番号は↑このように付けられていました。
先端は、2ベッドルーム+広いプール付のスイートルーム

ちなみに、メインレストランダイビングセンターです。



まずはテラスの様子から・・・

ガーデン家具は、リクライニングベッド、テーブル+チェア、パラソル
コクーン(繭)型の可愛いガーデンベッド


コクーン型ベッドでお昼寝しました。天井があるのって落ち着くのね・・・
家のテラスにも欲しくなりました

壁にあるドアからバスルームへ出入りできます。
ガラス窓の向こうにはバスタブ。


東屋風の屋根の下に、ジャクジータブ。
日中でも、日焼けをあまり気にせずにジャクジーを楽しめました

テラスはウッディー&白いファブリック類でこざっぱり感アリ。


左隣の見え方は、こんな風に壁・・・ですが
右隣は、ラクーンベッド辺りから身を乗り出すとあちらのテラスが丸見え。

※お隣さんがテラスにいると気マズイです、のぞき見はやめましょう


桟橋から、テラスの一部が見えていたりも。
スッポンポンな姿でテラスを歩き回りたい人は、視線に注意です


海に下りる階段は、しっかりした作り。
とはいえ、海水に浸かりっぱなしの下段はやはりヌルヌルでした。


水上ヴィラの《テラス》って、リクライニングベッド×2の存在感のせいで
どのリゾートでも手狭なイメージを持っていたのですが
ロビンソンクラブのは違いました・・・文句なしの広さ!
写真からの印象より、実際はけっこうな開放感があります

ちなみに、文句ありありのテラスは○○リゾートの。
のちにこの旅行記(ブログ)に登場します・・・




次回は、ロビンソンクラブの水上ヴィラ・室内についてです!

ロビンソンクラブ・モルディブ旅行記、TOPページはこちら

ロビンソンクラブ ビーチヴィラ その2 

2010年11月30日(火) 9時03分
モルディブ・ロビンソンクラブ、ビーチヴィラ室内編



うーん。。。ビーチヴィラの室内の画像のうち
朝の自然光で撮った数十枚が見当たらない
消去した記憶がないので、どこかのフォルダにあると思いますが。

とりあえず、今回は今ある画像を載せますね
自然光のが見つかったら、こっそり差し替えます。

ちなみに、リゾートインした夜中に朦朧意識で撮影したので
アングルに適当感が漂っているものばかりですが。


      


ベッドまわりの雰囲気。壁にかかっているのは木製の壁飾り。

ベッドのまわりを囲む木枠に、足をぶつけないかとヒヤヒヤで
nansuiはこのタイプがとても苦手

そういえば、ヴァドゥとバロスのベッドも同様に木枠ありました。
ダーリンはバロスで足の指をぶつけて唸っていたっけ。
見た目はお洒落ですが、足元に注意が必要特に寝起き!


ベッド上には、ビーチタオルとバスローブ+スリッパ。

その他、リゾートからのウェルカムメッセージとともに
モルディブのココナッツ菓子と
モルディブでポピュラーなおやつ(ヘディカ)のうち
《グラ》というのが1袋。(たしか、6個位入っていました)

※グラ(GULHA)とは、ココナッツ、ツナ、チリなどのスパイス等を
小麦粉と混ぜあわせ小さな団子状にして、油で揚げたおやつ。

材料によってすごーく辛いのや、歯が立たないような固いのもあり。

帰国後、この頂いたのをお土産として食べてみたら
歯が欠けそうなほど固くって、噛み砕くのを断念しました


ベッドのまくら元から、テラス側を見た感じ。

ベッドの向こうにあるテーブル上には
リゾートからのサービスでお夜食が。お皿の内容はこちら

左手にはテレビ、ミニテーブル+イス2脚あり。


ベッド頭側の壁の裏側に、電気ポットやエスプレッソマシンなど。

荷物を広げやすい大きめカウンターは、かなりGoodでした


フラッシュありで、逆アングルから。

写真の手前、黒い箱の中に冷蔵庫あり(中身なし)。
ミニバーはオーダー制。これだと商品管理がしやすく
ゲストも好きに冷蔵庫を使えて良いと思いました


バスルームの入り口に、広いクローゼットスペース。

この写真ではわかり難いですが、かなり大きなクローゼットで
両サイドも扉付きの収納庫になっています。
数時間だけの利用だったので、ここは使っていません。

棚には、セキュリティBOXとライフジャケット。


半オープンのバスルーム。ドアを開けて広さにビックリ!

鏡にチラッと映っていますが、シンクは2つ。
ダーリンと背を向けて顔を洗ったのが、新鮮でした


フラッシュありで、トイレの部分。

蓋付きのカゴは、使用済みのタオル入れ。


写真はありませんが、トイレ正面にガラス扉のシャワー室。
ハンドシャワーでしたが、ヘッドが丸タイプじゃなくて細長く
ジョーロみたいにお湯がドボドボと出てきて、少し不満でした


洗面台の向こうに、ジャクジータブとオープンシャワー。



こちらのオープンシャワーは、レインシャワー。

今回は使っていないので、使用感わからず・・・


ジャクジータブの上は屋根付き。で、なんとなく残念。

突然のスコールや雨の時は屋根があると助かりますが
夜は星空が見えにくくなるので、ウーンという感じです。

ぶら下がっている照明が、線香花火に見えたnansuiでした


今回宿泊したこちらのタイプのお部屋は
お隣とコネクティングルームとして使えるようになっていました。
玄関から室内に入ってすぐのところにもう1つドアがあって
ドアの向こうには隣室とつながる内廊下があったようです。
nansui滞在時は、このドアは鍵がかかっていました。



さてさて。ビーチヴィラの滞在時間は7時間ほどでしたので
堪能したとはいえませんが、nansui家にとって
このビーチ泊はなかなか貴重な体験でした

というのも、モルディブでは水上ヴィラ泊が恒例で・・・

nansuiが虫の類に少々アレルギーがあって
なるべく接触したくない思いで、ビーチ泊を避けていました。

でも、ロビンソンクラブでビーチ泊を体験したことで
モルディブのような島では陸上で寝起きしたほうが
より自然体で過ごせるような気がしました。


今後は水上ヴィラのない島も滞在候補に入れようと思います。
でもでも、やっぱり虫は嫌だなァ・・・特に蚊とゴ○



次回は、ロビンソンクラブの水上ヴィラについてです!

ロビンソンクラブ・モルディブ旅行記、TOPページはこちら

ロビンソンクラブ ビーチヴィラ その1 

2010年11月29日(月) 18時18分
モルディブ・ロビンソンクラブ、ビーチヴィラ室外編



少し前置きで・・・

ロビンソンクラブは、ビーチヴィラ1泊+水上ヴィラ4泊で宿泊しました。

当時のビーチヴィラはAタイプ、Bタイプの2種類ありまして
たぶんnansui達が泊まったのがAタイプ。

今回、ブログ作成にあたってロビンソン公式HPを見たところ
Aタイプが《ビーチバンガロー》とカテゴリー変更になった様子
ちなみに、Bタイプはビーチヴィラのままです。

今回は、宿泊当時のままでビーチヴィラとして写真を載せますが
旅計画の参考に目を通してくださる皆様には
こちらのお部屋は《ビーチバンガロー》と思って頂きたいです
何だかややこしくて、すみません。。。


      


nansui達が到着日の深夜から明朝まで過ごした
ビーチヴィラ《1205号室》の表札。

ルームナンバーの下の四角いのはお掃除サイン。
この↑写真は緑色で、下のつまみを左にすると赤色に変わります。
緑色は『お部屋をお掃除してください』のサインです
この表札&サイン方式は、水上ヴィラと共通。

夕食に出る時、うっかり赤色のままだとターンダウン無し。
特に記念日等はベッドメイキングが受けられなくなるので、注意!


島の内側通路からみた、玄関の雰囲気。

玄関から見ると1棟2室ですが、壁がくっついているのは玄関辺りだけ。


ビーチ側(テラス側)から見ると、お隣とはある程度は離れています。

広くはないけれど、チェアに座って寛ぐには十分なテラススペース
ベッド型リクライニングチェアの前にあるのは、足洗い用の水入り壷。


この時、お隣は未使用でした。

テラスの間に植木があるので、モロ見えではない感じです


1205号室をビーチから見たところ。

灌木前の白いパラソル+ビーチベッドは、1205号室専用のもの
パラソルはnansuiが開いてみたものの、(非力で)重くて途中で断念。
実際はもっときれいに傘が開きますよ。


目の前の海。ドロップオフがすぐそこ!

1205号室は島の北側にありました。
テラスからビーチに出て右手を見ると、メインジェッティが見えます。
左手にずんずん歩いていくと、砂洲と水上ヴィラがあります



次回は、ロビンソンクラブのビーチヴィラ・室内についてです!

ロビンソンクラブ・モルディブ旅行記、TOPページはこちら

ロビンソンクラブ2日目 午後〜就寝 

2010年11月20日(土) 19時22分
ロビンソンクラブ・モルディブ、2日目・午後〜就寝まで



nansuiが荷解きでバタバタしている最中に、ダーリンはジャクジー満喫

湯船サイズは、身長180センチ位のダーリンが入ってつま先が出る感じ。


その後、お友達カップルとメインジェッティ辺りでシャノーケリングしようと
そそくさと水着に着替えて、ヴィラを出発。


玄関先を出てお友達のヴィラ(1117)を見ると、テラスの一部が丸見え

ヴィラの白壁が、ラグーンの色が反射してペパーミントグリーンに見えてました。


ジェッティ脇のビーチからドロップオフまで、泳げばあっという間の距離。

この時は雲が多く、太陽ガンガンなお天気でない為、水温がちょっと低くく
おまけに濁り気味・・・でしたが、水面からサンゴが透けてみえて感激


体が冷えたり、濁りがあったり魚もあまり見れなかったので
メインジェッティ辺りで1時間ほど遊んで、海から出ました。


※シュノーケリング、水中についてはまたの時にまとめて載せます。


海から出て、ビーチで一休み

モルディブ恒例で、ダーリンはグラビアモデルごっこしてました(苦笑)


それから、メインプールのプールバーに寄って、カクテルを一杯

他ゲストがいなかった為、プールは貸し切り状態でやりたい放題・・・


NASA号(勝手に命名)に乗ったまま、カクテル飲んだりして




美しいラグーンを前に、プールで遊ぶのはモルディブで初体験!

今までプールはいらないと思っていたけれど、プール遊びもなかなか楽しく
ここでも1時間ほど過ごして、17時半すぎにヴィラへ帰りました。


シャワーを浴びて、少しのお昼寝・・・
そして本日のメインイベント?、ガラディナーの身支度を



今晩の夕食は、ガラディナーの『レッド・ナイト』

※毎週金曜の夜は、赤または白をテーマカラーにした
アペリティフやコースディナーが振舞われている様子。

で、nansui達の滞在中は赤の日に当たりました!


ドイツ人スタッフの○○君(照明係)を真ん中に、記念撮影
イケメンの彼は気さくな人で、ダーリンのお気に入りでした

しっかし、↑この写真・・・モルディブで撮ったと思えない
都内のラウンジ&バーのパーティ時みたいです。


ピンクのドレスがお似合いの、お友達Rちゃんと


お友達カップルとは日頃からよく夕食をご一緒する仲ですが
着飾った(仮装?)このレッドナイトは、かなり盛り上がりましたね

※レッドナイトの食事については、またの時にまとめて載せます。



食後はメインバーに戻ってディスコタイムーーー
なのに、ゲストの大半がお部屋へ帰ってしまいました。

フロアで踊るゲストがおらず、DJがなんだか可哀想と
ダーリンとお友達A君が、DJブースに乱入。

「ちょっと、選曲が悪いよ・・・」と言ったとか言わなかったとか


22時を過ぎた頃から猛烈な眠気がきて、うつらうつら。
22時半にヴィラへ帰り、シャワーを浴びて即行ベッドに撃沈




次回は、ロビンソンクラブのお部屋・ビーチコテージについてです!


ロビンソンクラブ・モルディブ旅行記、TOPページはこちら

ロビンソンクラブ2日目 午前中〜 

2010年09月21日(火) 21時48分
ロビンソンクラブ・モルディブ、2日目・午前〜部屋移動


nansui、8時30分起床
とりあえず顔を洗って朝食へ行く身支度。

寝ているダーリンを起こさないように
そーっとカーテンを開けてお天気チェック。

すると、雲は多いけれど、雨が降った形跡は無し。
雲間からうっすら陽が射していて、ひと安心しました


今日は、10時半〜11時に水上ヴィラへ移動です。
朝食へ行く時、玄関外にスーツケースを出しておけば
ポーターさんが取りに来てくれ水上ヴィラまで運んでくれる予定。

ということで、昨晩スーツケースから出した荷物や着替えた服を
スーツケースに押し込みつつ・・・ダーリンを起こしました。

ダーリンが身支度中に、nansuiは猛ダッシュで室内外の撮影

そして、9時半すぎにビーチヴィラとサヨナラして朝食へ



ロビンソンクラブのメインレストラン『リーフ』、ブッフェコーナー。

すぐさま目に入ったのは、カウンターの所々に置かれた酒樽
中身はカラで、ディスプレイとして毎日定位置にありました。

いつかのイベントでゲストが飲み干した残骸かもしれませんけれど
思わず「何これーーー!」と声を上げてしまいました



ラグーンが見える席で、美味しい朝食

※ロビンソンの食事については、またの時にまとめて載せます。

今回のモルディブは、出発から帰国までお友達夫婦と一緒でした
なので、毎食とも4人でテーブルを囲んで、ワイワイと


10時半を過ぎ、ビーチヴィラ玄関に放置したスーツケースが
気になりだしたところへ、GROスミコさんがやってきました。
たった今、ポーターが取りに行っているとの事。

朝食を終わらせて、レセプションで一旦チェックアウト。
ビーチヴィラの鍵を返却し、水上ヴィラの鍵を受け取りました。



スーツケースは電動カート、nansui達は徒歩で水上ヴィラへ。

ダーリンがnansuiのバッグを持ってくれましたが・・・似合わない


雲が多いけれど、ラグーンはキレイなラムネ色

レセプションからnansui家の水上ヴィラ《1116号室》までは
写真を撮りつつで徒歩約10分でした
ちなみに《1116号室》は桟橋の奥のほうで、サンセット側です。


水上ヴィラの玄関ドアを開けると、この光景が・・・

ロビンソンクラブ・水上ヴィラの第一印象は、広ーーーい


ガラス戸越し、テラス左手にジャクジータブ発見
ビーチヴィラのとタイプが違って、サイズも大きめ!

すでに水が溜められていました。
ダーリン、そそくさとジャクジーへ行き、水温チェック。


水は、高い外気温でぬるま湯状態になっていました。

露天風呂大好きなダーリンは、ニンマリ顔


nansuiが室内の撮影と荷解きで忙しくしている間、ダーリンは
持参のMacノートでアメリカ方面とやり取りしつつ、テラスで一服。
※ロビンソンクラブの無線LAN速度は、ダーリンによると「普通」との事。



次回は、ロビンソンクラブ・滞在2日目、午後〜夜編です。


ロビンソンクラブ・モルディブ旅行記、TOPページはこちら


ロビンソンクラブへ到着・・・ 

2010年09月21日(火) 6時33分
ロビンソンクラブ・モルディブ、夜中のチェックイン



マーレから約55分のフライトを終えて、無事カーデッドゥ空港に到着!

機内からタラップ降りると、目の前に平屋の小さなターミナル。
都会から田舎に来たーーー!という感じがしました。

ターミナルに入る前に、振り返って機体をパチリ

この後、《アイランド・アヴィエイション》モルディビアン号はガン島に向け
星降る空へ飛び立って行きました


カーデッドゥエアポートへようこそ




ホントに小さくて素朴なターミナル・・・で、暗いし、蚊が多い!

※画像は少し明るく修正してあります。


空港の外へ出ると、売店脇の原っぱに大きなスクリーンが。
映すはもちろん、サッカー・ワールドカップ
近所に暮らす人々が集まって、静かに観戦してました。


今晩到着のゲスト6人、空港スタッフとボートクルー数名
休日を終え戻ってきたリゾートスタッフらしき人と一緒に
ゾロゾロとボート乗り場まで徒歩移動。

少々距離があるので、電動カートがあれば・・・楽かと

とはいえ、綺麗に舗装された歩きやすい道。
まーっすぐ歩いた突き当たりがボート乗り場でした。


ロビンソンクラブ・ソマベイ号

ここはモルディブなのに、何でソマベイ(エジプト)なの?と
一瞬思ったけれど、ロビンソンクラブはソマベイにも
リゾートがあるので、そちらから持ってきたのね・・・と勝手に解釈


ここの船着場もカーデッドゥ空港同様にうら寂しい感じ
とにかく早くリゾートに移動したいと思ったnansuiでした。


夜中とはいえ、結構なノット数で約20分の快適クルージング。

ボート右前方に、暗闇に煌々と光る白っぽい電灯がみえたので
ローカル島かプランテーション島と思ってぼんやりしていたら
そこがロビンソンクラブ・モルディブで、ビックリーーー
到着の瞬間を動画撮影したかったけれど、間に合わず・・・

遠目にみた感じでは、何だかリゾート島に見えませんでした
ダーリンは数百メートル先から水上ヴィラが見えていたとの事。
nansui、目が悪いので・・・



メインジェッティ上にある水上ラウンジ。




レセプションに行く前、水上ラウンジでウェルカムドリンクを

日本人GROのスミコさんが持ってきてくださいました。
ドリンクのフレーバーは・・・忘れた

ドリンク片手に、レセプションへ。
レセプションのソファに座り、スミコさんとチェックイン手続き。
それからすぐに、この晩だけ泊まるビーチヴィラへ案内されました。

今回は、到着日だけビーチヴィラで
2日目からは水上ヴィラというプラン
で申し込みました。



天井高く、広々としているビーチヴィラ!居心地良かったです

※ビーチヴィラ内外の写真は、またの時にまとめて載せます。


嬉しい!お夜食のサラダとツナサンド
フルーツプラッター&オーストラリア産スパークリングワイン

国内線ラウンジの軽食&機内のファッジバーで満腹でしたが
せっかくだからとサラダ1.5皿、ツナサンドは2つ頂きました。
ツナサンド、パンはフカフカ、味付けも美味しかったです。

日本を発ってから食べてばかりで、お腹ポッコリ


オープンスペースにあるジャクジーバスタブ


シャワーを浴びて、ジャクジーに少し浸かって、この日は終了



次回は、ロビンソンクラブ・滞在2日目編です。


ロビンソンクラブ・モルディブ旅行記、TOPページはこちら

ロビンソンクラブ到着まで 国内線移動 

2010年09月20日(月) 20時33分
ロビンソンクラブ・モルディブ、マーレから国内線移動



2010年6月某日、UL直行便にてディレイなくマーレ空港到着
直前まで雨が降っていたのか、路面が塗れてて湿気がスゴい。

到着ゲートを出て、リゾートカウンターへ。
ロビンソンクラブのスタッフと共に、国内線ターミナルへ徒歩移動。


国内線の出発は23時30分。カーデッドゥ経由ガン行きの便。
UL直行便利用ですと、待ち時間が3時間ほどあります。


とりあえず国内線のチェックインを済ませ、スーツケースを預けて
国内線ラウンジに手荷物の一部を置かせてもらい
それからマーレ観光に行きました。

あ、国内線のチェックイン時、体重測定がありました!
カウンターの荷物重量を計る台にちょこっと乗るだけですが
久々の体重測定にドキドキしたnansuiでした。


首都マーレのメインストリート、チャンダニー・マグ

いつもは人と走るバイクで混雑しているのに、ガラガラ・・・
サッカー・ワールドカップの試合日だったので
皆がホタ(大衆食堂)やカフェ等、テレビのある場所に集まっていました。


日本人観光客におなじみのSTOスーパーマーケット

薬品棚で、タイガーバームの赤(温感タイプ)を発見!
試しに買ってみたところ、シナモン+ハッカの香りがいい感じ
ちなみに、日本の薬局には白(冷感タイプ)しか売っていません。

その他、いつものディルマの紅茶と、スパイス類をしこたま購入。

マーレに1時間半ほどの滞在で、空港に戻りました。



国内線のラウンジの入り口。
ターミナル自体は簡素な建物ですが、このラウンジはなかなか豪華

冷房が効いていて照明も暗め、ゆったり寛げるスペースでした。
※ラウンジ画像は少し明るく修正してあります。


ラウンジ内の薄型テレビも、サッカー試合を放映。
お金持ちそうなモルディビアン3人が観戦&談笑中でした。




軽食のブッフェコーナー

オープンサンドやピザ、フルーツ等のフィンガーフード10種類ほどと
カップ麺(トムヤムクン味、チキン味)、アイス&ホットドリンク各種。
冷えたノンアルコールビールもあり

環境がなせる業か、ノンアルコールビールでほろ酔いに
軽食もアレコレ頬張って、お腹イッパイで眠気に襲われはじめた頃
ロビンソンクラブのスタッフのお迎えで、搭乗ゲートに移動・・・



国内線の搭乗待合室です。

診療所の待合室のようですね
搭乗時間ギリギリまでラウンジにいたので、ここには座っていません。


モルディブの国内線は初めてなので、記念撮影を

左手の青ビニール袋は、STOスーパーで買ったお土産


機材は、ダッシュエイト・300

nansui達は、一番前の席でした。


リアーナ似でボーイッシュなCAさんが、救命胴衣の説明中。

ベルトのバックルが、イルカの形をしていて可愛かったです


飛び立ってしばらくしばらくすると、おやつとドリンクのサービスあり。
紅茶とフィリピン産チョコ・ファッジバー、お口直しのフォー(木の実)

夜中にフォッジバーはどうかと思ったけれど・・・・・・完食



次回は、カーデッドゥ&ロビンソンクラブ上陸編です!

アダーラン・プレステージ・オーシャンヴィラズ 

2010年08月05日(木) 2時40分

2010年6月末〜 空港からボートで30分、北マーレ環礁にある
アダーラン・プレステージ・オーシャンヴィラズへ行ってきました。

リゾートHP↓
http://www.oceanvillasmaldives.com/



旅行記、現在作成中です!

ロビンソン・クラブ・モルディブ 

2010年08月05日(木) 2時27分

2010年6月末〜 赤道真上・ガーフアリフ環礁にある
ロビンソン・クラブ・モルディブへ行ってきました。

リゾートHP↓
http://www.robinson-maldives.com/



旅行記、現在作成中です!

リーティビーチ (目次) 

2010年04月29日(木) 17時35分
モルディブ リーティビーチリゾート

Reethi Beach Resort
http://www.reethibeach.com/




 nansuiの旅行記 もくじ 


※本文中の情報は、2009年10月時点のものです。

日本→モルディブ首都マーレまで
http://yaplog.jp/maldives/archive/44

水上飛行機に乗る
http://yaplog.jp/maldives/archive/45

水上飛行機から見た景色
http://yaplog.jp/maldives/archive/47

水上飛行機を降りて、リーティ上陸まで
http://yaplog.jp/maldives/archive/48

リーティビーチへチェックイン
http://yaplog.jp/maldives/archive/49

リーティビーチの水上ヴィラ、その1
http://yaplog.jp/maldives/archive/50

リーティビーチの水上ヴィラ、その2
http://yaplog.jp/maldives/archive/51

リーティビーチ、滞在1日目・午後〜
http://yaplog.jp/maldives/archive/52

リーティビーチ、滞在1日目・夕食〜就寝
http://yaplog.jp/maldives/archive/53


続きは随時追加中です。