【一眼カメラ用】調光機能付き LED マクロリングライト

August 25 [Mon], 2014, 10:35
LEDライトでストロボのように光るのではなくて、
スイッチを入れるとずっと点灯しているので画像を確認できます。
40倍でも十分な光量が確保されており、影もできずに使い勝手がいいです。

最弱にすれば直視してもなんとか耐えられるレベルまで下げられます。
最強にすればかなりの明るさになります。
ファインダーを見ながら露出の調整が出来るのもいいです。

取り付けがやや面倒ですが、目視しながら撮影できるので大変良いです。


世界最小・最軽量15倍高倍率ズーム

August 11 [Sat], 2012, 20:18
タムロン初のAF駆動方式PZDを搭載した 世界最小・最軽量15倍高倍率ズーム

フィルター径62mmという驚異的なコンパクト化と、質量450gの軽量化を実現した世界最小・最軽量な「15倍」高倍率ズームレンズです。

AF 駆動に「定在波型」超音波モーターを採用し、タムロンの一眼レフカメラ用交換レンズでは初となる新AF駆動方式「PZD(Piezo Drive)」を開発。AF駆動時の高速化と静音化を実現しました。

性能面での向上を図りながらも軽量・コンパクト化を実現した高付加価値・高倍率ズームレンズです。

携帯性と操作性に優れていますので、日常のスナップはもとより、旅行・登山・スポーツなど、アクティブな撮影シーンもこれ1本で快適に撮影できます。

驚異の15倍ズーム

June 22 [Fri], 2012, 18:08
広角域から望遠域まで、
「15倍」の幅広い焦点距離をカバーするこの高倍率ズームレンズは、
小さなボディで、撮影者に新たな写真表現の可能性を与えます。

望遠域では、
カメラの存在を意識させずに運動会の子供の表情を捉えたり、
近づきにくい野生動物に迫って迫力ある写真を記録。

広角域では、旅先の広大な風景を一枚に写し込むなど、
さまざまな撮影を楽しむことができます。

そして、その全てを、鮮鋭な描写力で、美しく残します。



デジカメで撮るマクロ

January 24 [Sat], 2009, 1:12
デジカメで花や昆虫、食玩やフィギアといった比較的小さな物を撮影するときには
マクロ撮影という方法が役立ちます。

コンパクトデジカメの場合、一番簡単なマクロ撮影方法は、カメラ自体に付いている
マクロ撮影機能を利用することです。

大抵のデジカメに、マクロ撮影に切り替えるスイッチやボタンがあるので
それをマクロ撮影モードにあわせます。

メーカーによって、マクロ撮影に強い、弱いというのが多少はあるようです。

評価が高いのはリコーで、新しい機種だと1cm、
少し古い型でも3cmくらいまで近づいて撮影できます。

ただ、今はどのメーカーもマクロ撮影の技術が上がっているので、
よっぽどこだわらない限り、どのメーカーを選んでも差し支えないでしょう。

また、一眼レフの場合は、マクロ撮影専用のレンズを取り付けるほうが良いようです。

マクロ用レンズには大きく分けて2種類あり、
値段は張るが(5万円前後が多い)性能は良い「マクロレンズ」と、
マクロレンズより性能は劣るが、3,000円ぐらいから買える「クローズアップレンズ」があります。

ちょっとこだわって撮影したい方は、これらのレンズを使ってみてはいかがでしょうか。


>>マクロ撮影


1眼レフを使ったマクロ撮影

January 24 [Sat], 2009, 1:04
1眼レフを使ったマクロ撮影

1眼レフをマクロ撮影で利用したいと思っておられる方は結構いらっしゃると思います。

1眼レフの場合、コンパクトデジカメに付いているような「マクロ撮影モード」を使っても
被写体に接近できる距離は限られているので、専用レンズを使う必要があります。

予算に余裕がある方はマクロレンズを使うと良いでしょう。

安くても4〜5万円しますが、画質がきれいで、通常の撮影にも使えます。

レンズの種類によっては、被写体からある程度距離があっても大きく撮影出来るので、
昆虫等の撮影にはマクロレンズが向いています。

もっと低予算で、手軽にマクロ撮影を楽しみたいという方は、
クローズアップレンズというのを使うと良いかもしれません。

レンズに取り付けるフィルターレンズで、数千円で買うことができます。

ただし、マクロレンズに比べると画質は劣り、被写体の中心部分はピントがあっていても、
外側にいくにしたがってボケてくるということもあります。

通常の撮影の時にはクローズアップレンズは外さなくていけないという手間もありますが、
マクロレンズよりも場所は取らないので、持ち運びには便利です。

どちらの場合も、画像がぶれやすいので三脚を使って撮影するようにしましょう。


>>1眼レフ


マクロ撮影 クローズアップレンズ

January 24 [Sat], 2009, 0:41
このマクロ撮影という方法を使うと、きれいに写真を撮ることができます。

マクロ撮影をするにはいろいろなやり方がありますが、一番簡単なのはカメラ自体に付いている
マクロ撮影モードを利用する方法です。

カメラ自体にマクロ撮影に切り替えるためのスイッチが付いていたり、
撮影メニューの選択項目に含まれていることがあります。

携帯電話のカメラにも大抵マクロ撮影や接写撮影機能が付いているので利用してみましょう。

他にも、カメラにマクロ撮影専用のレンズを取り付けるという方法もあります。

本格的に、きれいに撮影したいという方はマクロレンズを使うと良いでしょう。

ただし値段は高く、5万円前後のものが多いです。

そこまで高いのはちょっと・・・という方は、クローズアップレンズというのを使ってみると良いでしょう。

マクロレンズに比べると性能は劣りますが、値段は1万円を切るものが多いので、
手軽にマクロ撮影を楽しみたいという方は、クローズアップレンズがオススメです。


>>クローズアップレンズ


P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/makurosatuei/index1_0.rdf