2006年03月04日(土) 19時39分
気づいたら3か月も放置。。。
特に理由はないス。
いやあ、順調なロンドン生活だったってことか。

でも最近はそのロンドン日本人コミュニティーに少々
嫌気がさしてきた、というか。
とってもせまい。

日本よりも、とっても日本的なこの小日本は
狭いだけにみんな繋がっていて、自分から出ている日本人
つながりの糸を辿って行けば、ロンドンを大きく一周して、
また自分に戻ってくる。
だから日本人関連の噂はあっというまに広がるし、
たくさんの日本人とつるんでいても、本当に信頼できる人は
ほんの一握り。日本人とつるまなきゃいい話だけど、
完全に隔絶されたところで生きていくことは、ここ
ロンドンでは無理なはなしなのだ。
もちろん、いい出会いもたくさんあるよ。

うーん、異国にきて日本人関連でいらつくとは
思わなかったなあ。
でも結局は、自分次第で周囲の人たちも変わってくる
もんなんだし、すべては自分がまねいていることなのかもしれねえ。

そろそろ毒抜きにジャパンにでも顔だそうかな。
温泉とかつかって。

お久! 

2005年12月12日(月) 11時10分
こんばんわ!
 
今日、靴の命とも言える Last(木型)を
コードウェーナーズ卒業の先輩(年下!)から譲り受けました。
普通なら、ロンドンよりさらに北のnorthamptonの工場に予約して、
赴いて40ポンド以上出して自分のラストを買いにいくところを、
2つで35ポンドでゆずってもらえた!
しかもいい感じのラストを。
ほかに白いレザーと色見本のレザー、あと装苑をただで。
ラストをもつことができて非常に満足。

ラストをくれた24才の青年は
高卒でイギリスに乗り込んで来てる人。
ぼくよりもちろん靴に詳しくて
いろいろ丁寧におしえてくれました。
弟子にしてください!

続 I am Sam 

2005年11月15日(火) 9時47分
最近、こっちの知り合いに サムと呼ばれるようになりました。
そして面倒臭いのでつい呼ばれて返事してしまいます。

靴の学校の友達に紹介された、こっちで靴を作っている有名な日本人のひとの
ショップ兼アトリエに最近入り浸っているんですが、ぼくは靴やファッションの知識に
疎かったんですが、そこには有名な会社のパターンナーの人やバイヤーのひとがいたり
します。けっこうそれで最近感じたんですけど、この環境ってすごい
恵まれてるなーって。お店に置いてあるものもスゴくよくって、今日も仕入れた
ばかりのチロル帽子をかぶってご機嫌でした。

そこで何故かサムって言われるんだけど、そのデザイナーさんに偉い人だと知らず、
今まで「基本、考え方中学生じゃーん」とか言ってました。たぶんあんまりこれからも
変わらないんだろうけど。。
でも「サムは明日のお好み焼きパーティー来なくていいから」なんて言われると、
気にしてもらってる喜びなんかあって。
ロンドンはコミュニティーが狭い分、一線で活躍している人との距離なんかも近くて
刺激が多いですが、こんなに素敵な人たちに囲まれてて、最近富みに幸せです。
今まで早く日本に帰ることばかり考えていたけど、最近はロンドンもいいかなー
なんて。
そのためには自分がいかにこっちで迫力のある生き方をするか、に
かかってくると思うんですが。。

英語恐怖症 

2005年11月13日(日) 9時55分
最近ひどく感じます。

英語を目の前にするとじたばたしてしまって。
家に帰って、あの時、あー言っとくべきだった、とか
あの人、こう言ってたんじゃないかって。
後悔の日々。

昨日もバスを待っていたらパツキンのおねいさんに、
話しかけられて、突然のことで動揺して、sorry? って返したら、
which direction ってかろうじて聞き取れたので、For liverpool st.
って言ったら、別の地名に聞こえたらしく、今度はリバプールの「リ」に
イントネーションを置いたら、何とか通じた。
その後も「出身は?」とか「日本とロンドンて文化が似てる」とか
「今日、とっても寒くない?」とか矢継ぎ早に話しかけられて、
(これってナンパ?考え過ぎ?)yeah とか i think so とか貧弱な
英語しか返せないぼくはいたたまれなくなって、そそくさとバスに
乗り込んでしまった。
考えてみれば利害関係なしにヨーロッパ人女性に話しかけられたのは
初めてかもしれない。

今日は今日で、バスに乗っていて、途中下車したくて、バスの運ちゃんに
「do you mind getting off here?」と言って降ろしてはもらえたけど、
これって、(あなた)ここで降りる?っていってるんだよね。
言いたかったのは「do you mind my getting off here?」
これも合ってるか怪しいもんだけど。。

あー早く人間になりたーい。

cramp 

2005年11月12日(土) 10時38分
うれしはずかしこむら返り初体験。

つーか、ありえない激痛で目が覚める。
体が膠着していたので寝ぼけながら、これは
俗にいう金縛りではないか、とニヤリ。
(そのあいだも激痛は続く)
体は動くのでこむら返りだと気づく。
寝ぼけながら激痛に耐えること30分。
足をひきずりながら語学学校へ。

足が痛くてテストの点が悪いよ。

授業が終わり足を引きずり南下。
友達の誕生日を祝いにVauxhallへ。
名前忘れたけど、イタリアの小皿料理とワインを堪能。

酔っぱらったままナイトバスで一路リバプールストリートへ。
途中、デンジャラスで悪名高いElephant&Castle(エレキャス)
でバスが止まる。
と、無数の警官隊が「動かないで!」と言いながら押し寄せ、
身分証の提示を求められる。バスの外を見やるとさらに大勢の
警官がバスを囲んでいる。ぼくの質問の「what's happening?」を
無視し、警官隊はバスを降りて行った。何事も無くバスは発進。
こえーよ、エレキャス。

思い出した。酔っぱらったら、バスの2階に座るのは危険だと
誰か言ってた。殴られてものを強奪されるらしい。
もう遅いか。気をつけようっと。

満ちる 

2005年11月11日(金) 13時21分
ラマダンは一週間はほど前に明けていたよう。

今週はreading週間といってassessment(査定)があるので
大学の授業はおやすみです。

そのせいか生活もだらけていて、午後の語学学校も
サボりがちです。試験対策コースでつまんないってことは
あるけど、理由にならんな。

なにか小さなちからがはたらいている気がします。
いや、オカルトじゃあないですが。

夜中目が覚めて草を食みたくなったり、
家の大掃除を始めてみたり。
空間がいっぱいにされてゆく感じ。

イギリスの時間の流れに敏感になっているのかな。
とりとめもなくなってきたので。

yo men 

2005年11月07日(月) 7時14分
昨日はムサビ会で知り合ったご近所さんの家に焼き芋を食べに。

早くついてしまって、暇だったのでそこに住むフランス人とおニャン子
クラブのコンサートDVDを見る。「会員番号の歌」が秀逸だった。
秋元康のスゴさを初めて実感。となりのフランス人も釘付けだった。
途中フランス人がこれはコンペティション
なのか?とか質問を何度か投げかけてくるも、英語を考えるのが面倒で
すべてyeahと答えてしまう。自分で英語の勉強の機会をつぶしています。。

焼き芋の会は酒と芋を食べ放題で、会費がたった2ポンド。
隣の家に遊びに来る感じで、何も手みやげを持ってこなかったため、
肩身の狭い思いをしながら、たらふく酒を浴びる。
7、8人でこじんまりとした会を想像していたら外人(彫りが深い)を
含め80人近く集まっていた。

芋にうしろ髪ひかれつつも、泥酔の状態で友達の誕生日パーティーの
会場へ。バスに乗ったはずだけど記憶がない。。
芋会でも一緒だったピクゾー氏とここで再会。改めてロンドン狭!
ベトナム料理をいただく。うまー。そしてここでも飲む。ヤムヤム。。

その流れで二次会(三次会)へ。
いつものごとくビールをたおす。
機嫌がいいので全く慌てず、
「Can I have a towel?」と言えた。
そんな問題じゃない。

そして今日、二日酔いで、日曜なのに早く起床。
前々から行くと決めていたマーケットのために。
ここ(イーストエンド)はマーケットの宝庫で、週末とも
なれば、至る所に激安のマーケットが開いている。
ブリックレーンマーケット、スピタルフィールズマーケット、
サンデーアップマーケットとはしご。
普段押さえ込んでいた物欲がはじけ、

作業用エプロン 1ポンド
セーター 12ポンド
シャツ2枚 35ポンド
ネクタイ 5ポンド

を買い、大満足で帰路につく。
途中、シャツを買った店で、でっかい黒人店員に「Yo! Boss.
How long have you been in London?」と聞かれ、何故か
Sightseeing.. と嘘をつく。

おわり


写真は、ダブルデッカー2階最前列で移動中のもと思われる。(泥酔)

mau 

2005年11月04日(金) 9時00分
つい先日、ムサビ卒業生の会に参加してきた。

ロンドンに来てまでムサビかよ!と思いながら、
きな臭さ満載のこの会にはムサビからデ情の教授だとか
日本画の教授がヨーロッパの提携校周りの途中で立ち寄るとかで、
久々おごってもらえる、その思いだけでチャイナタウンへ。

とてもちゃらい感じの面子を期待していたけど、ムサビを卒業したままの
しっとりとした学生がたくさんいた。
長い事学生を続けるのは人が思うよりもきっと苦労が多いはずだ。
割と最年長気味の脱サラしたぼくは勝手に学生の苦労を想像してみた。
ほんとおせっかいな話だ。

久々にひとのおごりでたらふく食ったその会は結構新しい出会いが会って。
それも当たり前で、一人を除いて全員初めましての人たちだった。
どれだけ自分が学生時代に狭い中を生きてきたかを改めて実感。
それに結構な人数がご近所さんであることが判明。うちから2ブロック先
なんていうご近所さんもいて、帰りはそこでお茶をごちそうに。
近く焼き芋大会があるそうです。もちろん酒もって参じます。

ロンドン日本人コミュは割と狭そうです。
何か悪い事とか下手にできません。

Muslim 

2005年11月03日(木) 5時31分
前からイスラム教については少し勉強していて、今、
ロンドンもイスラム圏の中にすんでいたり、クラスメートに
ムスリムがいたりと、日本じゃなかなか見れないものとか見る
ことができます。

今、ムスリムはラマダーン月で、いわゆる断食(サウム)の期間です。
クラスメイトのパキスタン人に「お腹すいたねー」と言ったら
今ラマダンだからだめなんだ、と当たり前の感じで返されました。
日があるうちは食事はもちろん、大声や口論も慎まなくてはならない。
(そういや最近夜になると近所がうるさくなる)
ラマダーンが明けると断食明けを祝う大祭が盛大に行われるらしい。

ここ最近、近所の散髪屋にムスリムの男たちがわんさか押し寄せて
来ているのも断食明けが近いしるしかもしれない。
女性はよく髪を布で覆う人たちをよく見かけるが、たまに道の角から
目だけを出して全身黒ずくめの女性が出てくると、ぎょっとしてしまう。
日本じゃ占い師の衣装のイメージのそれだ。そうやって厳格にムスリムの
慣習を守ってる古い世代もいれば、簡単に髪だけ隠してジーンズ姿に
ヘッドフォンで音楽を聴いている若いこが歩いているのも、いかにも
ロンドンらしい。

ムスリムの生活をしたいとは思わないけど、自分に全く縁のない「宗教」
についてしることは非常に面白いし、それが国のなりたちだとか、世界地図を
把握するカギにもなる。
そういや、年末に行くエジプトもイスラムだなあ。

1ポンド護身法 

2005年10月27日(木) 8時29分

最近恐い話をよく聞きます。
というか自分からリサーチしてるんだけど。
ロンドンを東西南北で分けると、西やら北やらはいわゆる高級住宅地が
多く、治安は良いとされています。ぼくが住んでいる東はあまり良いとは
言えないまでも、悪くはないと言った感じです。比較的安いので、外国人が
よく住んでいる。
以上はテムズ川以北のはなしで、こと南に関して言うと、イギリス人も
低所得層が多く住んでいるこの地域は非常に危険とのこと。
知り合いが拳銃を突きつけられ、金を取られたとか、シェアメイトの
友達が因縁をつけられ殴られ、顎がくだけた、とか。(日本人の話です)
そういう危険な地域に行くと、小銭をくれと言いよってくる人が多いらしく、
護身用に1ポンドをポケットに入れておくといいそうです。下手に断ったり
すると何を持ってるかわからないし、財布を出そうものなら身ぐるみ剥がされる
ので、さっと1ポンドを渡して去るのが、一番の護身なのだと。
意味は分かるが、意味わからん。
現実感がないけど、さぞ恐ろしい状況な気がする。
少し不気味だった、このムスリムに囲まれた生活にも何も感じなくなってきたし、
もっとロンドンに長くいると、そんな危機感も薄れてしまうんだろうか。

騒がしいロンドンに住まずに、少し離れた郊外に居を構えるイギリス人の
コミュニティーに数ヶ月住んだ人の話。
そこは高級住宅地で、しかもあからさまな白人優先主義の地域で、
ある日窓辺で、ラーメンを食べていたら、通りすがりの白人に
「fuckin' Chinese!」と叫ばれ、(その子は日本人)その日から毎日家に
石を投げられたらしい。他にも、街を歩いていて汚い言葉を罵られることは
日常茶飯事だし、怖い目に何度もあったとのこと。

やっぱり日本にいるのがいちば、、、
ロンドンで吸収できるものはすべて吸い付くぞー
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像せが
»  (2006年03月16日)
アイコン画像マクラシ
»  (2006年03月15日)
アイコン画像せが
»  (2006年03月10日)
アイコン画像ヤマだ
» お久! (2005年12月26日)
アイコン画像もりもり
» お久! (2005年12月26日)
アイコン画像まさぱん
» お久! (2005年12月20日)
アイコン画像fuji
» お久! (2005年12月18日)
アイコン画像iga
» お久! (2005年12月13日)
アイコン画像もり
» 続 I am Sam (2005年11月22日)
アイコン画像ぱんつ
» 続 I am Sam (2005年11月17日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:makurakun
読者になる
Yapme!一覧
読者になる